かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

走れ☆バンドマンのジャケット写真

2017.05.17

category : C-C-B

comment(4)

 こんばんは。

 今月13日に放送された「おぎやはぎの愛車遍歴」という番組でC-C-Bの「走れ☆バンドマン」のジャケット写真が取り上げられました。

ogiyahagi.png

 CDやレコードのジャケット写真に車が映っているものを紹介するというジャケドラというコーナーがあり、そこでジャケット写真に車の写真が使用されているこの「走れ☆バンドマン」が紹介されました。
 紹介している時に矢作さんや小木さんも「カッコ良いジャケットだね」ということをお話されていましたが、このジャケット写真カッコ良いですよね。これまでのC-C-Bのアルバムのジャケットの雰囲気とはガラッと変わっていて、世間の人が持っているC-C-Bのイメージとは大きく違うものかもしれません。この写真を見て、小木さんが「もっとポップじゃない?C-C-Bって」という発言もありましたしね。
 取り上げられたことも嬉しいですし、BGMとしても『走れ☆バンドマン』が流れていて、番組で曲が流れたことも嬉しかったです。局の中の岡けん太・ゆう太さんの漫才部分もガッツリ流れていました(笑)

 紹介された時にも触れられていましたが、この写真に写っているのはフォルクスワーゲン・タイプ3。英樹さんが当時所有していた車です。英樹さん曰く73年型だそうで、古い車だから故障することが多く、当時の英樹さんのお話の中でもこの車のエピソードが何度か出てきたりしました(87年の武道館ライブでのMCや「いいとも」のテレフォンショッキングに出演された時など・・・)。
 他には「ないものねだりのI Want You」のリミックスバージョンにはラップの詞の中にも入っていたり、英樹さんが作った『東京・・・ナイト・フェイス』はこの車に乗っている時に出来たなんていうエピソードもありますよね。
 そう考えると、フォルクスワーゲン・タイプ3と英樹さん(C-C-B)にはたくさんの繋がりがあるんだなと思ってしまいます。

ブログ10周年

2017.05.15

category : その他

comment(5)

 こんばんは。

 今日でこのブログが10周年を達成しました!
 率直な感想としてはここまで続くとは思いませんでした。5周年を迎えた時にも同じことを思いましたが、まさか10年も続けることが出来るなんて・・・。飽き性の自分としてはこれは快挙だと思います。
 その5周年を達成した時の記事でこんなことを書いていたんですよね。

これからは10周年を目指して更新していくことになりますが、その時には僕は24歳です。
その時には立派な大人になっていたらなと思います。



 立派な大人・・・には残念ながらなれてはいませんが、社会人として頑張って働いています。このブログを始めたのが中学生ですから、10年という年月が過ぎ去ったことを嫌でも感じてしまいますね(苦笑)


 そもそもブログを始めたのは友達がきっかけだったと思います。
 どういう流れだったかは忘れてしまいましたが、中学1年生の頃、同じ部活の友達みんなで1つのブログをやろうよという話になったんです。その頃の自分としてはブログを作るのはそれなりの技術が必要なこと、タグとか呼ばれるものを駆使して書いていかなきゃいけないものだったと認識していて、かなりハードルの高いものとして自分には難しいなと思っていました。でも、いざブログをやり始めてみたらあまりパソコンについての知識がない自分でも出来ることが分かり、自分専用のブログを作りたいと思いました。
 そこで作ったのが「かいしんの一撃」というブログ。あまりゲームをやらない自分が何故そんな名前にしたのかはすっかり忘れてしまいました・・・(汗)こちらのブログはトラックバックテーマをメインに記事を書いていました。ちなみにトラックバックテーマとはあるお題に対してトラックバック機能を利用して回答すること。FC2ブログではほぼ毎日お題を出していて、そのお題に合わせて記事を書いていました。
 そんな「かいしんの一撃」のサブブログとして音楽関係専門のブログを作りたいという思いから作ったのがこの「かいしんのMUSIC」でした。当初はあくまでサブブログという立ち位置だったんですが、いつしかメインブログに取って代わり、本来のメインブログであった「かいしんの一撃」は開設して1,2年くらいで閉鎖してしまいました。一方の「かいしんのMUSIC」は10周年を迎えるなんてことになるとは当時の自分には予想できなかったでしょうね。

 そういえば、僕がブログを始めてからだいたい1年くらいの間に僕の学年でブログブームが来て、たくさんの人がブログをやっていましたね。自分が知る限りでは学年の4人に1人はやっている割合でした。内容としては日々の日常のこと、自分の好きなことを書いているという人が多かったですが、それから1年が経てばほぼ全て更新停止か閉鎖の末路を辿ってしまい、ブームが過ぎ去ってしまったことを感じました。
 そんな中でこのブログを続けることが出来たのは、ブログを読んで頂くターゲットを友達ではなくC-C-Bファン(音楽ファン)の方に絞っていたからなんだろうなと。おそらく友達に向けて書いていたブログだったら長くは続いていなかったと思います。年々マニアックになっていく内容に対して、友達にはこのブログの内容はマニアックすぎて全く分からないということを冗談半分に言われたことを思い出しました(苦笑)


 そういったことを経て10周年を迎えたわけですが、実は10周年という1つの区切りをつけてこのブログを閉鎖しようと思っていました。そう思い始めたのが去年の秋くらいでしょうか。
 理由としては仕事を始めたことにより、ブログを書く時間が減ったり、モチベーションがなかなか上がらなかったりしたことがまず第一にありました。
 それに加えて一昨年をピークにして徐々に徐々に1日のアクセス数が下がっていること。1日のアクセス数が20を切ってしまったらいよいよだなと思っていましたが、そんな日もちらほらと出てき始めました。
 他にもこのブログは情報の提供も遅いですし、内容も読んでいる人が面白いといえるものなのかなという思いもありました。実際、情報を素早く提供しているブログを作っている方もいらっしゃいますし、ライブレポを詳細に書いていて読み応えのあるブログを書く方もいらっしゃいます。
 そもそもボキャブラリーがあまり豊富ではない(文章力や表現力もない)ので、こうした記事を書いていると感想を書くにしても、毎回毎回似たような言葉しか書けないのが申し訳なかったりしています。「嬉しかった」や「良かった」、「素晴らしかった」などなど・・・、自分自身でもまた同じ言葉ばかり使ってしまっていると思うこともしばしば・・・。他のC-C-Bファンの方のブログを拝見していると、ライブレポなどでこういう表現や言葉遣いがあるんだなと思うこともあり、その度に自分自身のボキャブラリーのなさを痛感しておりました。
 
 そんなことを割と最近まで悩みながら記事を書いておりましたが、やっぱりまだもうちょっとだけ続けたいなと。
 このブログがあったからこそ色々な方と出会うことも出来ましたし、C-C-Bをここまで好きになることはなかったと思います。それにコメントを頂けることがスゴく嬉しいですし、励みにもなります。そんな思いもあって、自分にとってこの大切なブログを閉じてしまうのはもったいないなと判断しました。
 でも、「次は15周年を目指します」という言葉や「まだまだ続けていきます」という言葉も今はちょっと言えないです。あくまでも出来るところまで続けようかなという感じです。よろしければもう少しお付き合いして頂けると嬉しいです。
 ・・・、なんて言って5年後に「15周年達成しました!」なんて記事を書いているかもしれないですけどね(笑)

関口さんのバースデーと森田克則さん

2017.05.03

category : 関口誠人

comment(0)

 こんにちは。

 昨日は関口誠人さんの58歳のお誕生日でした。
 関口さん、お誕生日おめでとうございます!


 関口さんのバースデーライブとしては今日と今週の日曜日(7日)に行われるようで、今日は弾き語りライブで7日はMAKOBANでのバンド形式でのライブになるそうですね。
 今日のライブは森田克則さんが友情出演という形で出演されるそうですね。森田さんといえば、英樹さんのローディーを昔されていて、笠さんと一緒に10年近くバンド(Ryu's)をされていたベーシストの方。森田さんの存在はC-C-Bにハマってから割とすぐに知りましたが、英樹さんと雰囲気や歌声が似ていて、ここまで英樹さんに似ている人がいるんだとビックリした記憶があります。
 去年、Facebookで関口さんと森田さんのツーショットがアップされていて、そこで近いうちに2人で何かしらのアクションを起こすかもしれないということが書かれてあって、気になっていました。

sekimori.jpg
(↑の画像は森田さんのFacebookから拝借しました)

 森田さんと関口さんの共演は10年ぶりくらいになるかもしれませんね。森田さんによると、当日に何をやるかはトップシークレットということで、どんな曲をやるんでしょうね?何だかサプライズな曲を演奏してくれそうな気がします。
 

 森田さんのお話が出たので森田さんの話題を。
 先月いっぱいで10年くらい続いていた森田さんのブログが閉鎖になりました。閉鎖すると知ってから過去のブログを一通り読んでみました。そこで初めて知ったのが森田さんがとあるライブでココナッツボーイズの『自慢のエイティーンガール』を演奏していたこと。Ryu'sのライブなどでC-C-Bの曲をたくさん演奏していた森田さんですが、Ryu'sとしてではなくご自身のバンドではありますが、このマニアックな曲を演奏されていたとは・・・。


追記(2017年5月7日)
 今月3日に行われた関口さんのバースデーライブで友情出演の森田さんと一緒に演奏された曲はSijiMiの曲だったそうですね!C-C-Bの曲でもなく、洋楽のカバーでもなく、SijiMiの曲だったのは全くの予想外でビックリしてしまいました。
 2人で演奏された曲は『PLANET』、『Singin' in the Rain』、『Love & Soul Forever』の3曲。3曲とも関口さんが作詞作曲された曲からの選曲になっていますね。SijiMiの曲はどれも好きなんですが、この中だと特に『Love & Soul Forever』が好きなので聴いてみたかったなぁ。

 SijiMiについてはこちらの記事の中でちょこっとだけ紹介したことがありますね。SijiMiに関しての情報はあまり持っていなくて、分からないこともたくさんありますが、曲が本当に良いんですよね。英樹さんと関口さんが一緒に歌っているところはC-C-B時代からのファンの人にとっては懐かしく感じるところもあるのではないでしょうか。

今年も米川さんの独奏会に笠さんがゲスト出演!

2017.04.27

category : C-C-Bメンバー

comment(2)

 こんばんは。

 前回の記事に続いてまたしてもライブ情報になってしまいますが、こちらを取り上げておきたいなと思ったので。

米川英之 独奏会 九州ツアー2017

2017年6月1日(木)
福岡 TUPELO(ex.ドリームボート)

6月2日(金)
大分 ミュージックハウスカンタループ2

6月3日(土)
九州後援会主催 ファンミーティング
湯布院散策+ランチビュッフェ

6月4日(日)
熊本 レストラン&ライブバー CIB(キーブ)
スペシャルゲスト笠浩二



 今年も九州で米川さんの独奏会ツアーが行われるわけですが、それに加えて今年も熊本のライブで笠さんと共演!
 去年のこのお二人の共演ではC-C-Bの曲を5曲演奏されたり、ライブを見に来ていた丸山さんも飛び入り参加してよねまりゅの3人(しかもまだよねまりゅとしてライブを行う前だったんですよね)が揃う形になったりと大盛り上がりのライブだったそうですね。




 残念ながらこちらのライブには行くことは出来ませんが、今年はどんな曲を演奏するのか楽しみですね!
 
 こちらのライブ情報は1ヵ月以上前に出てはいたものの、HPなどでは情報が正式に公開されていなかったので、触れていいのかなと思って見送っておりました。
 先月の米川さんのバースデーライブで配られたフライヤーの中でこの情報が公開されていたような気がするので、ご存知の方はたくさんいらっしゃったとは思うんですけどね(苦笑)


 笠さんと米川さんの話題が出たということで、ある動画のお話を。
 10年くらい前にSHOW TIMEというサイトで英樹さんと笠さんと米川さんの3人のインタビュー動画がありましたが、残念ながらこの動画はもうなくなってしまいました。

 このブログの中でも9年前にこちらの記事で取り上げたことがありました。でも、そのインタビュー動画の内容はどんな内容だったかあまり覚えていないんですよね。C-C-B解散してからの変化として、米川さんに協調性が出てきたと本人も含めてみんなが話していたことだけは記事の中でも書いていたこともあってか覚えているんですけど、他にどんなお話が出てきたのかさっぱり覚えていません。動画の尺自体はそんなになかったような記憶があるので、たくさんお話されていたわけではないんですが。
 記事にも書きましたが、この3人の組み合わせは意外すぎてビックリしました。英樹さん、笠さん、関口さんの3人ではTVに出演したり、インタビューを受けたりすることは多かったと思うんですが、米川さんがインタビューを受けるというのは珍しいですよね。今の米川さんの喋る姿を映像で見たのは僕はこの時がひょっとしたら初めてじゃないかなと思います。そういえば、米川さんはサングラスをかけていたような印象があるんですけども、どうだったかな・・・?

 まだC-C-Bにハマってから間もない頃に見た当時の自分の気持ちと、その時から10年ほど経った今の気持ちってきっと大きく違うと思います。当時と印象も変わりそうなのでまた見てみたいですね。
 その当時の自分にはこの動画を保存する術がなかったとはいえ、何とかして保存しておけば良かったなと思ってしまいます。そういう保存しておけば良かったものってこの他にもたくさんあります(苦笑)

よねまりゅ先行予約とライブ情報

2017.04.21

category : C-C-Bメンバー

comment(2)

 こんばんは。

 先週、よねまりゅのライブの先行予約がありました。
 指定席の方は予約開始数分で売り切れ、その後に立ち見の方も売り切れということで、今回のライブもたくさんの方が待ち望んでいたとともに、この日だからこそ・・・という思いの方もたくさんいらっしゃったのかなと思いました。
 チケットが取れる取れないの問題もありますが、日程の都合や家庭の事情などでライブを見に行くのが難しいという方もいらっしゃると思いますが、そんな方々が1人でも多くこのライブを見れますように・・・。

 
 気になるライブ情報が発表されたのでこちらでもご紹介を。

緊急決定!三喜屋・野村モーター's BAND フィルムLIVE~ちょい足し、バージョン3〜名古屋・東京開催決定!

■三喜屋・野村モーター's BANDフィルムLIVEを名古屋で開催!
 三喜屋・野村モーター's BANDの貴重な映像と音源を野村義男責任編集!
 今までの上映バージョンに映像をちょい足し、バージョン3の上映です!
 ここでしか見れない映像をお楽しみください!

■司会:野村義男(演奏はございません)

==================================
■2017年5月25日(木)
■場所:BL cafe 

■2017年5月27日(土)
■場所:GRAPEFRUIT MOON



 2月1日に三軒茶屋グレープフルーツムーンで最初のフィルムライブが行われ、翌月の3月6日には大阪でフィルムライブが行われました。
 第3弾として今度は名古屋、そして再び三軒茶屋でのフィルムライブが発表されました!

 大阪では事前の発表ではそのことについては触れられていなかったんですが、最初のフィルムライブから映像が少し追加されていたそうで、今回の第3弾もバージョン3として更に映像が追加されているみたいですね。
 今回は名古屋があるということなので、仕事終わりに行こうと思っています。最初のフィルムライブを見たものとしてはどういった映像が追加されているのか、そんなところも楽しみにしています。
 フィルムライブを行う場所はBL cafeなんですよね。三野姫として何度もライブを行った場所でもあるので思い深い場所ですよね。何度かこちらのライブ会場で三野姫のライブを見たことがありますが、その時の思い出もよみがえってきそうです。

 
 そして、もう1つはこちら。

『丸山正剛 Birthday Special "Go!Go! Session" feat. 笠浩二』

8/1(火)二子玉川 KIWA
出演:丸山正剛(G)笠浩二(Ds,Vo)岩瀬聡志(Kb)仮谷克之(Ba)



 今月7日にあった笠さんのライブのMCで、ゴーゴーマサミチをやろうかという話が出ていましたが、こんなにも早く決まるとは!
 その時のMCでは丸山さんはライブを行うことに関してちょっと遠慮気味でしたが、僕も実現して欲しいと思っていたので嬉しいです。やっぱり丸山さんのバースデーも皆さんでお祝いしたいですよね!
 せっかく丸山さんが主役なので、丸山さんを全面に押し出した内容のライブを見てみたいです。VoThMの曲はもちろんのこと、BEE PUBLICの曲も演奏して欲しいですね。まだBEE PUBLICについて勉強不足で、『お前にハート・ビート』しか知らないんですけど、これをきっかけに勉強しておこうかなと思っています。

笠浩二 Live 2017 Spring

2017.04.13

category : ライブ感想

comment(6)

 こんばんは。

 今月7日に汐留ブルームードでの笠さんのライブに行ってきました。

20170407-1.jpg

20170407-2.jpg

 去年の笠さんのバースデーライブではギターにはお馴染みの丸山さん、ベースにはよねまりゅのライブにも参加されていた仮谷さんという編成でした。そして、今回は更にバックの人数が増え、キーボードに岩瀬さん、ブラスには松木さん、東條さん、河村さんも加わっての豪華なライブ。これだけの人数で笠さんのソロライブを行うなんて近年ではなかったことなので、ライブの日が待ち遠しかったです。
 期待感が高まって、自分の中ではハードルが上がっていたわけなんですが、そのハードルを更に越えてしまうくらい素晴らしいライブでした。とにかく楽しかったです。最近行ったライブは思い出に浸って涙するライブが多かったんですが、今回は最初から最後まで思い切り楽しむことが出来た、そんな内容のライブでした。
 笠さんもMCで「楽しい」という発言が何度もあり、演奏している姿もMCの時も本当に楽しそうにされていました。

 今回のライブのセットリストはこちら。

(第一部)
30センチでつかまえて
冷たくしないで
Squall
世界でたったひとりの君に
Good Bye 17
Soul Tripper
ハイランダー
幾億の恋

(第二部)
菜々
Cider
Rockin' Roll Baby
唯心
It's All Right
純情夜

(アンコール)
Helter Skelter
Romanticが止まらない




 今回のセットリストには驚いてしまいました。近年の笠さんのライブは基本的にC-C-Bの曲を中心に、笠さんのソロ曲(主に「ハイランダー」からの選曲)が数曲という構成だったんですが、今回は本編は全て笠さんのソロ曲!C-C-Bの曲はアンコールの2曲だけ!まさに笠さんのソロライブに相応しい内容となっていました。
 もちろんライブ歴の浅い自分にとって初めてライブで聴く曲も多かったです。中でも『Soul Tripper』は『Rockin' Roll Baby』と同じくらい以前からライブで聴きたいなと思っていた曲だったのでようやく聴くことが出来て嬉しかったです。

 『世界でたったひとりの君に』ではお手伝いにいらっしゃっていた木村健治さんも打楽器(クラベス?)で参加されていました。1月のよねまりゅのライブでもこの曲で参加されていましたよね。今回この曲で出演する予定ではなく、リハーサルでも木村さんは参加していなかったようなんですが、本番直前で松木さんから楽器を渡されて出ることになったんだとか。そんな木村さん、曲が始まった時にササッと現れて、曲が終わったらササッと引っ込んでしまったので一言も喋ることなくステージから消えてしまいました。あまりにもあっさりとしていたので、また登場されるのかなと思ったらそのままステージに登場することはありませんでしたね(苦笑)でも、予定にはなかった木村さんのお姿を少しでも見ることが出来て嬉しかったです。そういえば、昔、木村さんは笠さんのライブ(Ryu's時代)にサポートで出演されていたことがあるんですよね。なので、笠さんとの繋がりは意外と古くからあるんです。
 「RYU+」に新曲として収録された『菜々』も演奏されました。この曲はひょっとしたら演奏されるかもと思っていましたが、上田さんのパートを歌うのは笠さんなんだろうなと思っていました。そんな予想に反して、上田さんのパートを歌ったのは丸山さん!丸山さんのキーが合っていたこともあり、とても良かったです。丸山さんのヴォーカルは何度か聴いてきましたが、個人的にこの『菜々』が一番良いなと思いました。丸山さんもヴォーカルをとっている『Moon』が笠さんのライブで定番曲となっていたように、この曲もひょっとしたらライブでの定番曲になったりするかもしれないですね。
 僕の大好きな『Rockin' Roll Baby』が今回のライブでも聴けました~。この曲の明るい感じとかノリノリな気持ちになれるので好きです。よねまりゅのライブで演奏された時からまた更に好きなり、最近もよく聴いていました。今回の演奏はそのよねまりゅで演奏された時よりも良い意味で進化しているような印象を受けました。よねまりゅの時に笠さんのヴォーカルであれ?と思った箇所があったんですけども、それもきちんと修正されていました。
 今回演奏された笠さんのソロ曲は去年発売された「RYU+」からの選曲だったんですが、本編の最後でまさかの『純情夜』という選曲にもビックリしました。こちらの曲はシングル(『Rockin' Roll Baby』)のB面の曲なんですよね。

250033842.jpg

 笠さんのどのアルバムにも収録されておらず、シングルを購入しないと聴けない曲ということもあって、かなりマニアックな選曲だったと思います。ここで初めて聴くという方も多かったのでは・・・?この選曲があまりにも意外すぎて、この曲って「RYU+」に収録されていたっけと思ってしまいました(苦笑)ライブでは河村さんのサックスソロが印象的でした。それにしても、気になるのが誰が選曲したんだろ・・・?
 アンコールの曲はC-C-Bの曲から『Helter Skelter』と『Romanticが止まらない』でした!この2曲のおかげで大盛り上がりのまま終了しましたね。『Romanticが止まらない』は「ハイランダー」に収録されてあるバージョンだったような気がします。あの印象的なキーボードのイントロも久しぶりに生で聴けてテンションが上がりました。

 今回のライブでは笠さん以外の出演者の方がみんなコーラスもされていたのが印象的でした。基本的に低音コーラスは丸山さん、仮谷さん、高音コーラスはブラスの3人という割り振りでしたね。笠さんの曲もコーラスが必要な曲が多いので、コーラスがあるとやっぱり全然違いますね。仮谷さんは『Romanticが止まらない』では英樹さんのパートを歌っていましたね。
 今回の出演者の方はほとんど見たことがある方ばかりだったんですが、サックスの河村さんの演奏は初めて拝見しました。サックスが素晴らしいのはもちろんのこと、とにかくニコニコと笑顔で楽しそうにされていて、ステージを盛り上げていました。
 笠さんにとっては久しぶりに(ひょっとしたら20年以上ぶりの演奏となる曲もあるかも?)演奏する曲ばかり、それに他の出演者の方にとっては初めて演奏する曲ばかり、おまけにオリジナルにはなかったブラス用のアレンジも加えたりして、準備はものスゴく大変だったと思います。リハーサルの時間も決してたくさんあったわけではないと思いますが、こうして素晴らしいステージを作り上げて下さったことに本当に感謝ですね。本当に良いステージを見ることが出来ました。

 演奏だけでなく、MCも楽しかったです。よねまりゅではMCの時間が少なかったような印象なんですけども、今回はMCが盛り上がったこともあってかMCの時間がたくさんありました。
 MCでは笠さんや丸山さん、松木さんといったお馴染みの方々の他に仮谷さんや岩瀬さんにもスポットライトが当たっていましたね。仮谷さんの地元トークや、笠さんのドラムと仮谷さんのベースをBGMにしての岩瀬さんのトークなどなど・・・、笑っちゃいました。
 MCの中では笠さん以外のC-C-Bメンバーの話題も出ていて、それがしんみりとした感じではなく楽しい雰囲気の中で話をされていたのが嬉しかったです。
 印象的だったのがC-C-Bの『Telephone』の話題になり、松木さんが『Telephone』はゴーゴーヒデキでやったっけ?TANaBEのライブ?と正解が分からずちょっとこんがらがっている中、岩瀬さんが「カットインしていいですか」と会話に入り、TANaBEでやっているのを見たことがあると仰っていたところ。何気ないやりとりなんですが、松木さんや丸山さんだけでなく岩瀬さんもまたメンバーと繋がっていたことを感じることが出来て、ちょっとグッときちゃいました。
 『Telephone』が話題に出たことから次回のよねまりゅでやろうかみたいな話にもなっていました。果たして実現されるかどうかは分かりませんが、聴いてみたいですよね。
 他にも今年で丸山さんが55歳ということで、「ゴーゴーマサミチ」をやろうかという話題が出ていました。丸山さんは否定していましたが、やって欲しいですし、見に行きたい!あくまで冗談でですけども、笠さんと木村さんとファンキーさんでドラムを並べてやるみたいな話も・・・。この3人をバックにして丸山さんがギターを弾くところを想像すると面白いです(笑)

 今回のライブの実現に至ったのは松木さんによるところも大きかったと思いますが、去年発売された「RYU+」も大きなきっかけですよね。今回のライブで近年全く演奏されなかった曲をこのライブでやることもまずありえなかったと思いますし・・・。笠さんのFacebookを拝見すると、今回のライブを経験して大きな自信に繋がったこと、そしてまた是非やりたいという強い意気込みも書かれていました。C-C-Bとしての笠さんも好きですけども、ソロとしての笠さんのステージをもっと見たいと僕も思いました。次回もあればまた見に行きたいなぁ。
 そういえば、MCで笠さんが「東京に限らず少しでも多くの所で演奏したい」とお話されていたので、久しぶりの笠さんソロでのツアーも期待したいですね。

 それと、ライブが終わった後に松木さんとほんのちょこっとだけお話できた(果たしてお話と言ってもいいのか分かりませんが・・・)のも良い思い出になりました。

桜前線真っ盛りー!

2017.04.06

category : C-C-B

comment(2)

 こんばんは。

 30年前の今日はよみうりランドEASTでC-C-BのTOUCH AND GOツアー最終日が行われた日でした。
 そのツアーをもって関口さんがC-C-Bを脱退するということで、この最終日が関口さんがC-C-Bとしての最後のライブになった日なので、C-C-Bにとっては大きな節目となった日でもあります。
 この時のライブの模様は映像化されていて、C-C-BのDVDBOX(Disc1に収録されてある「LIVE ON C-C-B」です)でも見ることが出来ます。

19870406-1.png

 このライブといえば、英樹さんが曲前に叫んだ「桜前線真っ盛りー!」や、『冒険のススメ』前の英樹さんのMCの中で「ステージが広く感じたら俺関口のことを思い出すと思います。だからみんなで歌ってあげて下さい。冒険のススメー!」など印象に残る言葉が多いライブなんですよね。
 僕の中で好きなシーンといえば、『冒険のススメ』のイントロが始まった時の関口さんの表情。

19870406-2.png

 涙を堪えながらも前を向こうとする関口さんの表情がこれから1人で活動を行っていくことへの決意も感じることが出来て、スゴく良いシーンだと思います。
 他には『破れたダイアリー』で関口さんが歌っている傍に駆け寄って英樹さんと米川さんがコーラスしているこのシーンなんかも好きですね。

19870406-3.png


 それと「PATiPATi」で記事を書いていた森田恭子さんがパーソナリティーを務めている「おとといラジオ」で、C-C-Bの『元気なブロークンハート』が流れました。
 その時の放送は番組4年目を記念して、森田さんの仕事の原点といえる大沢誉志幸さんと、森田さんが当時音楽ライターとして取材をしていた方たちを取り上げる内容でした。「PATiPATi」ではC-C-Bの記事を森田さんが担当していたので、そのことから今回取り上げられたようです。
 C-C-Bの数ある曲の中で『元気なブロークンハート』を選曲した理由として、この曲が発売された頃にC-C-Bの記事を担当するようになったからだそうですね。「PATiPATi」のC-C-Bの記事といえば、森田さんという図式が自分の中では成り立っていて、最初から最後まで森田さんが書いていたという認識が知らず知らずのうちにありました。そんなこともあってか、何だか意外に感じちゃいました。
 曲をかけた後の森田さんが「私の中ではいつまでも素敵なC-C-Bがいます」とコメントされていたのが嬉しかったです。
 3年前の「おとといラジオ」に英樹さんと笠さんがゲスト出演されましたが、その時にも森田さんが今でもC-C-Bを大切に思ってくださっていることが改めてよく分かりました。色々なことがあった今でもそうした気持ちを持ち続けてくださっているのが余計に嬉しかったり。


 明日は笠さんのソロライブです!一体どんな曲が演奏されるのか、珍しい曲が演奏されたりするのか、楽しみですね。

Old |  to Blog Top
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad