かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

Women&Me Part3

2009.11.26

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(2)

関口さんのセカンドアルバムのレビューの続きです。





Weekend Girl

このアルバムの僕の一番好きな曲がこの曲ですね。
明るくて、ノッちゃいますね。
間奏のトランペットの音も良い感じ。
この曲のライブ動画がYoutubeにあったんですが、
野外(日比谷野外音楽堂)で歌っていて、非常にマッチしていましたね。


Angel Game

シングル「ノー、ノー、ボーイフレンド」のB面の曲です。
ひょっとしたらシングルの方では微妙にバージョンが異なっているかもしれませんが、
未確認なので分かりません。
曲はスローな感じでどうも印象に残らない曲かもしれません。


太陽の迷路

いかにも南国的な感じで癒される曲です。
ココナッツボーイズ時代に歌っていても違和感ないような気がします。

Women&Me Part2

2009.09.22

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(2) trackback(0)

約8ヶ月ぶりとなる関口さんのMUSICレビューです。




8ヶ月も間が開いてしまうと、以前のレビューしていた感覚を忘れちゃいましたね。




少しでもあの時の感覚を取り戻すように頑張りたいと思います。




今回は関口さんのセカンドアルバムのレビューの続きですね。





Woman & Me

アルバムのタイトル曲です。
タイトル曲なんですが、
僕の中では印象が薄いかなぁなんて思ったりします。
どうもインパクトの欠ける曲かもしれません。


Love song

シングル「TALKING MAN」のB面の曲だと思います。
前の曲の「Woman & Me」に続いて暗めの曲ですね。


17才のジャングル

タイトルだけ見たら、「え?ジャングル?」と疑問に思っちゃいそうですね(笑)
この曲、ノリが良くて僕は結構好きですね。
この曲のライブの動画をYoutubeで見たんですが、
個人的にCDよりもこちらのライブでのアレンジの方が好きです。
関口さんも楽しそうに歌っていましたしね。

Women&Me Part1

2009.01.16

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(8) trackback(0)

約3ヶ月ぶりとなった関口さんのMUSICレビューです。



今回は関口さんのセカンドアルバムのレビューをします。





TALKING MAN

4枚目のシングル曲です。
前作の一曲目の「FOLK SONG」とは打って変わったような曲ですね。
初めて聴いた時は洋楽っぽい感じがするなぁなんて思いました。
ちなみにこの曲のPVは凄くシンプルな感じなんですが、
僕はカッコ良く思えて好きですね。


Knock!!

タイトル通り、ドアをノックする音から始まります。
ドアを開けたら、メルヘンな空間が!?みたいなノリで、
僕も好きな曲ですね。


ミセス ディープキス

イントロの部分が僕にとってかなりツボですね。
ギターの音が良いからかな?
前の2曲と比べて、テンポが速いです。

FOLKSONG Part3

2008.10.08

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(4) trackback(0)

今年再結成したC-C-Bですが、



12月で再び解散になってしまうような雰囲気がありますね。



一昨日にはこれからのC-C-Bについて会議もあったそうですし。



う~ん、どうなるんでしょうね・・・。





さて、また約1ヶ月ほど間が開いてしまいましたが、



関口さんのファーストアルバムのレビューの続きです。





ラブユー東京

東京の様々な観光地を紹介していくという変わった曲です。
この曲は今年東京へ修学旅行に行く前にかなり聴いていたので、
今聴くとそのときのことを思い出して、少し懐かしいような気分になります。
僕は東京へは2度ほどしか行ったことが無いので、
様々な観光地についての詞の意味が分からないところがいくつかあります。
でも、「東京タワー、モスラがとまる♪」という詞は個人的にかなりツボですね(笑)


青い鳥

サビまでは静かな感じで、
サビになるとそれまでの雰囲気がガラッと変わって激しい感じになります。
僕の場合この曲も「紅茶色の夕焼け」同様他の曲に比べてあまり聴かないので、
ちょっと印象が薄い感じなんですが、
改めて聴くとどこか中世のヨーロッパ?みたいなものをイメージできるメロディーですね。
って、何を言っているのか分からないですね。


マグカフェ

ピアノの弾き語りによる曲です。
アルバムの最後の曲に相応しくしっとりとした曲です。
関口さんのPV集が入ったビデオの中にもこの曲がライブでの音源で収録されていますが、
やっぱりライブの「マグカフェ」の方がCDよりも心にしみるものがありますね。

FOLKSONG Part2

2008.08.24

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(2) trackback(0)

9月にある仙台のイベントに出演するC-C-Bの詳細情報に加えて、


10月5日に池袋サンシャインシティ30周年ライブイベントに


C-C-Bが出演することが発表されましたね。


そのイベントでも何曲か演奏するそうです。


暇がある方は是非とも足を運んでいただけたらと思います・・・って、


これじゃ本当に宣伝になっていますね(笑)




さて、約1ヶ月ぶりに関口さんのソロファーストアルバムのレビューの続きです。





僕のバラード

タイトル通りの静かなバラードで関口さんも優しく歌い上げています。
サビになると歌い方が力強くなりますが。
曲の時間は短いイメージがあったんですが、6分半もあるんですね。


Japanese Boy

曲調は明るいんですが、歌詞がまた凄いんですよね。
サビの「恋人は少しブス♪」ってなかなか言えませんよ。
その後、「だけど可愛いマイガール♪」とフォローが入るんですが・・。
って、この歌詞でいいですよね?
歌詞カードが無いので確認が取れなくて・・・(汗
ひょっとしたら「ブス」って言ってなくて、別の単語だったり・・・?


紅茶色の夕焼け

どうもこの曲は僕の中では印象が薄いんですよね。
「恋人は少しブス♪」の「Japanese Boy」と、
東京の観光地紹介コーナーみたいな「ラブユー東京」に挟まれているからかな・・・・?

FOLKSONG Part1

2008.07.21

category : 関口誠人 MUSICレビュー

comment(5) trackback(0)

今日はいよいよVoThMのライブですね。


スペシャルゲストに田口さんが登場するから?なのか、


ライブはキャンセル待ちが出ているそうですね。


やっぱり田口さんは愛されているんですね~。


ライブに行った方のレポートを楽しみに待っておきます。




さて、今回からC-C-BのMUSICレビューではなく、



関口誠人さんのソロのMUSICレビューをしたいと思います。



まずは関口さん、ソロ一発目のアルバム「FOLKSONG」です。



関口さんがC-C-Bを脱退して自分がやりたかった方向の音楽(FOLK)が詰まっています。





FOLKSONG

フォークギターの音から始まるアルバムのタイトル曲です。
この曲を聴くと、関口さんがやりたかった音楽ってこれなんだなぁと納得しちゃいますね。
イントロだけじゃなく間奏にもフォークギターのソロを持ってきたりと、
フォークギターが中心になっています。
この曲は後にシングルカットされている・・・ということでいいんでしょうかね?
未確認なので分かりません。


Young Love

ベースのスラップによる演奏が印象に残る曲です。
シンセも使われていて、「FOLKSONG」とは印象が異なる曲ですね。


噂の真相

個人的にツボな曲です(笑)
コメディ?的なノリで、関口さんの歌い方も前の2曲とは違い、面白いです。
フォークギターは「FOLKSONG」、ベースとシンセは「Young Love」といくと、
この曲はトランペット(サックス?管楽器のことは本当にサッパリなので)がメインですね。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad