かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

英樹さんの歌う曲が田川ヒロアキさんのアルバムに収録決定!

2017.10.01

category : 渡辺英樹

comment(0)

 こんにちは。

 3年前の話になるんですけども、英樹さんのブログで英樹さんが何らかのプロジェクトに参加しているようなことを書かれていました。
 このブログでもこちらの記事で取り上げましたが、まだこの時には何のプロジェクトなのか全く分かりませんでした。分かっているのは英樹さんが詞を書き、歌も歌ったということ。

 一体どういったプロジェクトなんだろうと思っておりましたが、その年のうちにそのプロジェクトの情報が明らかになりました。そのプロジェクトとはパチンコの新しい機種で使用される楽曲を制作するものでした。
 このパチンコの発表会の場でテーマソングの演奏を行う模様がニコ生で中継されていて、この場に英樹さんもベーシストとして参加していました。実際にご覧になった方もいらっしゃるのではないかと思います。その場ではテーマソングと、その曲歌うのがサンプラザ中野さんということもあって爆風スランプの『Runner』が演奏されたわけですが、英樹さんのベースでこの2曲が聴けて嬉しかったのを覚えています。
 このブログでもこちらの記事で取り上げました。

 前述した英樹さんの歌う曲も実際にそのパチンコの中に収録されているみたいですが、パチンコをしない僕としてはどんな曲なのか確認できませんでした。
 でも、一部分ではありますが、Youtubeで公開されていたので聴くことが出来ました。



 疾走感のあるカッコ良い曲で、英樹さんの力強いヴォーカルもピッタリ合っているように思います。この『遅い春越後』の詞は英樹さんなんですが、作曲はファンキーさんなんですよね。もしも第5期VoThMの活動が続けられていたりしたら、VoThMとしてファンキーさんの作った曲を英樹さんが歌う組み合わせがあったりしたのかなとかそんな風に今は思ってしまいました。
 一部分聴けたのは嬉しい反面、欲が出てしまって1曲全部聴きたいという思いも出てきてしまいましたが、残念ながらこの時点でCD化の予定はなかったんですよね。
 それから月日が経つにつれてCD化するのは難しいものだろうなと次第に感じていたのが正直なところでした。特定のパチンコの機種で使用される曲をまとめてCD化されることって珍しいことではないと思うんですが、時期を逃してしまうとそれも難しいのかなと。なので、この曲の存在は覚えていたものの、自分の中ではもうCD化されることはないと諦めてしまったところがありました。

 しかし、この楽曲でギタリストとして参加していた田川ヒロアキさんがこれまでに関わっていた曲を集めたアルバムを発売することになり、そのアルバムの中で英樹さんの歌う『遅い春越後』も収録されることが決定しました!

田川ヒロアキ New Album「THEME PARK」

themepark.jpg

【アルバム詳細】
これまでに手掛けてきたタイアップやテーマソングを、
1枚のアルバムに収録!
豪華ミュージシャンも参加!
CMやイベントの為に書き下ろした曲を、じっくりお楽しみ頂けるテーマソング集。

全ての楽曲にリマスターを施し、
新曲他、新たにレコーディングし直した曲等、
それぞれの曲が新たな顔として誕生!

【曲目】

1. キミを乗せて (Re-recording)
MAZDA FAN FESTA 公式テーマソング

2. 酎HIGH KING!
広島県呉市 Live & ShotBar carouselambra 公式テーマソング

3. 府中に夢中
広島県府中市イメージソング
作詞/歌:府中市の子供たち&田川ヒロアキ

4. Lofty Tree
広島県府中市イメージソング

5. 維新の言霊
山口県下関市 よさこい 馬関奇兵隊(ばかんきへいたい) 演舞曲
歌:清野明子 歌詞構成:濵﨑康一

6. 笑顔らんまん(えみらんまん)
山口県下関市 よさこいキッズ 綺楽凛(きらり) 演舞曲
作詞:畑村則子 歌:Ayano コーラス:Mizuho

7. Victory!
関門JAPANボクシングジム公式テーマソング

8. KRYニュースライブ
KRY山口放送 ニュース番組 テーマ音楽

9. ハンバーグのうた
ハンバーガーナイト テーマソング
作詞/歌:田川ヒロアキ Mizuho

10. カラムーチョZ ~秘密組織コイケヤのテーマ~ (Re-recording)
株式会社湖池屋商品イメージソング
作曲/DRUMS:ファンキー末吉 作詞:Ozzy&秘密組織コイケヤ

11. シンジケート・アドレス
ラジオ番組 Heavy Metal Syndicate 宛先イメージソング

12. シンジケート・メール・アドレス
13. シンジケート・メール・アドレス:60’S
14. シンジケート・メール・アドレス:AOR
ラジオ番組 Heavy Metal Syndicate Eメールアドレス イメージソング

15. The war is over
パチスロ 真モグモグ風林火山2 月野ワグマ 武将歌
作詞/作曲/歌:二井原実DRUMS:ファンキー末吉

16. 遅い春越後
パチスロ 真モグモグ風林火山2 上杉モグ信 武将歌
作詞/歌:渡辺英樹 DRUMS:ファンキー末吉


17. 風林火山 (Re-recording)
パチスロ 真モグモグ風林火山2 武田モグ玄 武将歌
作詞/作曲/DRUMS:ファンキー末吉

18. 平和の風 (Re-recording)
各地合唱部・コンクール課題曲等
作詞: 三木あずさ

19. たんぽぽと風 (Re-recording)
株式会社無洲 社歌

20. 好きっちゃ好きなほ!下関 (Re-recording)
山口県下関市 プレゼントソング
作詞:濵﨑康一 歌:下関少年少女合唱隊/田川ヒロアキ
平家おどり音頭口説 下柴博行(下関平家踊保存会)

※ 作曲や歌など、記載のないものについては田川ヒロアキ



 こうして幻となりつつあった英樹さんの曲がCDになるのはやはり嬉しいですね。
 他の楽曲も気になりますし、購入したいと思います。

英樹さんのクリアボトル

2016.08.22

category : 渡辺英樹

comment(8)

 こんばんは。

 先月のよねまりゅのライブの前に、松木さんのTwitterで英樹さんが描いたひまわりのクリアボトルが物販で売られるという発表がされて、欲しいなぁと思いつつ手に入れる術がなかったので見送る形になりました。
 しかし、後日通販でも売られることが発表され、無事にゲットすることが出来ました!

DSC_0010.jpg

 オシャレで良いですよね~。ひまわりだから黄色い色の飲み物を入れたくなってきます。黄色い色の飲み物というとレモンジュースとか・・・?

 実は通販で販売開始された日に売り切れになっていて、まんまと買い逃した!とショックを受けていたら、翌日には在庫が復活していて、ホッと安心しました。

 特典としてクラウンチャームが付いていました。

DSC_0011_.jpg

 現在確認したところ、よねまりゅの物販で売られていたグッズはこのクリアボトルも含めてまだ購入できるものがあるようですね。
 こちらから購入できます。

 
 グッズということに関連して、自分はライブの物販ではマフラータオルをよく買っていましたが、ふと見るとこれだけ買ったんだなぁなんて・・・(笑)

DSC_0001.jpg

 自分が2013年から2015年の間に行ったライブでのマフラータオルですね。全てのマフラータオルを買ったわけではないと思いますが、ほとんど買ったのではないかなと思います。
 サインを書いてもらったタオルは使えないですが、それ以外のタオルは活用しています。特に今のような夏場だと汗っかきの私にはタオルは必需品なのでよく使っています。よく使っていたのが2013年にあったAJツアーのマフラータオルで、使いすぎてボロボロになってきたので今は使用しないようにしています(苦笑)
 
 幻となった2015年のC-C-Bツアーのマフラータオルはまだ購入していなかったので、通販でクリアボトルを購入した時に一緒に買えば良かったかなと今更ながら後悔しています。

英樹さんの一周忌

2016.07.13

category : 渡辺英樹

comment(21)

 こんばんは。

 今日は英樹さんの一周忌です。
 英樹さんが亡くなってから1年が経つことにもうそんなに経ってしまうのかという思いです。英樹さんが亡くなってから、その存在の大きさを以前よりも更に強く実感してしまう・・・、そんな1年だったように思います。

 英樹さんが亡くなったことを知ったのは去年の7月17日・・・、この時は英樹さんが亡くなったことは頭では分かっているものの、どこか実感がわかなかったところがあったのを覚えています。その翌月のヒデキファイナルを生で見て、そこで英樹さんがいなくなったことを実感して一気に感情が爆発しました。でも、その後も英樹さんはどこかで生きているんじゃないのかなと思ってしまう自分がいて、今もその思いが消えないです。やっぱり認めたくないという思いがあるんでしょうね・・・。

 今日という日だから・・・、下書きにしたままにしてあった1年前に書いた英樹さんについての記事を公開してみようかなと思います。とにかく書きたいこともまとまらないまま書いたので、とても中途半端な内容になっていますが・・・。

 今思えば自分がC-C-Bを好きになったのは英樹さんの存在がきっかけになったかもしれません。
 そもそも自分がC-C-Bを好きになったきっかけはC-C-Bの動画を見ていて、笠さん以外に他のメンバーの方もヴォーカルをとっていたことを知ったから。初めて見たC-C-Bの動画が「夜のヒットスタジオ」でシングルメドレーを演奏した時のもの。

h2.png

 『空想Kiss』で英樹さんが歌い出した衝撃は今でも忘れられません。当時中学生だった自分は「C-C-Bってドラムの人だけがヴォーカルをとっているバンドじゃないんだ!」と強く驚きを覚えました。
 それからベースという楽器の存在を知り、英樹さんの演奏を見てからベースのカッコ良さに気づきました。自分も英樹さんのようなベーシストになりたいと思ったことからベースを購入しました。英樹さんのように高い位置でベースを弾くのも真似したりしていましたね。残念ながらベースは挫折する形となってしまいましたが、英樹さんを目指してベースを練習していたのは自分にとってかけがえのない日々だったと思います。


 自分が中学生の頃、知り合いの方がVoThMのライブに行った時に「C-C-Bファンの中学生がいる」と英樹さんにお話してくれたみたいで、英樹さんは「だったら(ライブに)来ればいいじゃん」と仰っていたそうです。
 何だか英樹さんらしい言葉で思わず笑っちゃいました。「いつかその子がライブに来ることができると良いね」というありきたりな言葉じゃなくて、「だったら来ればいいじゃん」・・・。もちろん英樹さんの仰る通りなんですけどね。でも、いつか絶対にライブに行くぞという思いが強くなったような気がします。

 それから時が経ち大学生になり、バイトを始めたこともあり金銭的にも少し余裕が出てきたのでC-C-Bメンバーのライブに行くことができるようになりました。
 初めて生でライブを見ることができたのが一昨年のAJのライブ。終演後の握手会にも参加しました。「ようやくライブに来れましたよ!」なんてことを言えば良かったのですけれども、緊張で頭が真っ白になって英樹さんとは全然お話しできませんでした。でも、ずっと憧れていた人と握手できたのはものすごく嬉しかったです。そうそう、英樹さんの握手はギュッと力強い握手でしたね。

 ライブの楽しさを知り、英樹さんが出演するライブもたくさん見に行きました。AJ、王様トリオ、THE GATES、三野姫、TANaBE、小畑辺英吉、VoThM、英丸、そしてC-C-B。英樹さんが活動しているバンド、ユニットは全て見ることができたような気がします。それに自分が生でライブを見た回数が一番多いのも英樹さんでした。
 僕がライブに行き始めて2年ほどしか経っていませんが、その少ない時間の中でこれだけ英樹さんのユニットやバンドを見ることができたのが唯一の救いだったかもしれません。もちろん、まだまだ英樹さんのライブを見てみたかったというのが本音ですけども・・・。


 メンバーの方とお話しすることがあまりできない自分にとって、英樹さんと直接的な関わりは少なかったですが、一番印象に残っているのが一昨年のTANaBEのライブでの出来事。
 ライブのMCでC-C-Bの男性ファンはマニアックな人が多いという話題になり、ちょうど一番前の席に座っていた僕に対して「そうだよね?」と同意を求められました。突然のことだったので、ビックリしながらも僕は頷きました。
 ライブが終わり、僕が帰る時にちょうど英樹さんが出入り口にいたのでご挨拶をして帰ろうと思ったら、「マニアックだなんて言ってごめんね」と仰いました。こちらは全然気にしていなかったのに・・・。ファンにも心配りができる英樹さんの優しさに気づき、英樹さんの魅力がまた一つ分かったような気がしました。
 英樹さんは一見細かいことは気にしない方だと捉えられることもあるかもしれませんが、実際は誰に対しても優しく、心配りができる方なんですよね。英樹さんの人柄に気づいたのも自分がライブに行き始めてからだと思います。
 
 ライブの終演後にサインや握手、写真を一緒に撮ってもらうようにお願いした時も快く応じてくださいました。写真を撮るのは恥ずかしいのであまりお願いしたことはないんですが、そんな数少ない写真は大切な宝物です。


 英樹さんから頂いたものはたくさんあります。英樹さんの楽曲やライブを通じて力をたくさん頂きました。
 英樹さんが作った曲で『笑顔のままで』という曲があります。『愛の力コブ』からも元気を頂きましたが、自分はこの曲でも何度も励まされました。

 「いつまでも沈んでちゃダメさ あの頃に サヨナラで始めるヨ 僕の明日は晴れるね」

 「いつまで沈んでいるんだ」と英樹さんに言われている気がしますが、まだ「サヨナラ」は言えないです・・・。
 でも、これだけは・・・。英樹さん、本当にありがとうございました!



 最後は英樹さんへ感謝の言葉で締めくくられていますが、その気持ちは今も変わらないです。
 たくさんの思い出、たくさんの素敵な曲・・・、英樹さんには本当に感謝でいっぱいです。


 7月13日といえば、ファンキー末吉さんのお誕生日でもあります。
 思えば3年前の今日はAJのライブだったんですよね。

DSC_0041_convert_20130716184125.jpg

 こちらのライブは自分が生で見たAJのライブの中で特に良かったと思えるようなライブだったかもしれません。
 セットリストも自分好みでしたし、何よりもアンコールの『Romanticが歌えない』というシングルメドレーには大笑いしちゃいました。
 それに直前になってライブが見れなくなるかもしれないというトラブルも発生して周りの方にご迷惑をおかけしたこともあり、そんなこともあってかとても印象に残っているライブでもあります。

 
 そして、今日はよねまりゅのライブです。
 この記事を書いている今、ライブの真っ最中というところです。
 今頃盛り上がっているのかな、どんな曲をやっているのかな、そんなことをC-C-Bの曲を聴きながら考えています。

「わすれもの5」について

2016.02.25

category : 渡辺英樹

comment(4)

 こんばんは。

 先日、三野姫の「わすれもの5」を購入しました。

wasuremono5.jpg

 実は「わすれもの4」をまだ入手していなかったんですが、そちらよりも「5」の方を先に手に入れたいと思い、今回購入しました。
 今月1日に「わすれもの5」のリリースにあたって、三野姫のライブが行われたわけですが、このブログにも書いた通り、抽選に外れてしまい、残念ながらライブを見ることは出来ませんでした。その後、ライブに行かれた方のレポを拝見して、義男さんのこのアルバムに込められた思いを知ることが出来ました。それに加えて、僕の知り合いの方の中にもライブに行くことが出来た方がいて、その方からお話を聞くことが出来ました。そんなこともあったので「わすれもの5」を先に購入しました。
 今回はそのライブで解説された「わすれもの5」についてのことも含めて書いていきたいと思います。既に他の方が書いていらっしゃるレポと被る部分も多いと思いますが・・・。

 このアルバムに収録されているのは(ボーナストラックの2曲を除くと)9曲ありますが、英樹さんが実際にレコーディングに参加されたのは5曲。でも、他の曲にも英樹さんが残したものが使われているので、全ての曲で英樹さんが参加しているアルバムになっています。ベースも全て英樹さんのプレイによるものだそうです。

 1曲目の『イイですか?』は英樹さんが1曲目を狙って持ってきた曲だったそうで、このアルバムの1曲目になったそうです。
 このアルバムに収録されている曲の中では個人的にこの曲が一番好きです。三野姫の曲でこんなにアップテンポな曲って珍しいですよね。それにしても、まだ自分が聴いたことのない英樹さんが歌う曲を聴く度に、英樹さんの歌声がやっぱり好きだなぁという気分になります。

 『ウジャウジャウジャ』は英樹さんが残したデモテープから作られていたそうなんですが、そのデモテープには英樹さんの娘さんのコーラスが入っていたそうです。レコーディングするにあたり、義男さんがコーラスをしようと考えたみたいですが、娘さんのコーラスが合っていたため、そのままコーラスが採用される形になったようですね。
 この曲は不思議な世界観を持った曲ですね。曲調もそうですし、歌詞もそうですし・・・。でも、耳に残るメロディーなので何だかついつい「ウジャウジャウジャ~♪」と口ずさんでしまうような曲になっていますね。この曲だけでなく三野姫の曲って口ずさんでしまうような曲がたくさんありますが・・・(笑)

 『ジャマイカじゃ まっいっか』は田村直美さんがコーラスを担当されています。この曲だけでなく、本来英樹さんがコーラスを担当されている高いパートを田村さんに手伝ってもらったそうです。
 この曲での田村さんの歌声は癒やされるようなそんな感じがしちゃいますね。

 『でしょそうでしょ』は義男さんが担当しているUSENの番組に英樹さんがゲストで出演された分が奇跡的に残っていたので、その3回の放送分から言葉を抜き出して作ったそうです。この作業が大変だったようですね。
 英樹さんのトーク部分が曲に使われていて、この英樹さんの普段の声や話し方も懐かしく感じるとともにうるっとくるところもあったり・・・。

 そして、このアルバムの収録曲発表の時点から気になっていた『しらけちまうぜ』と『スローバラード』の2曲ですが、三野姫バージョンとしての収録となっていました。
 『しらけちまうぜ』は「わすれもの」のレコーディングの時に既にレコーディングされていた曲らしいです。というのも、三野姫はカバー曲を中心に演奏しているユニットだったので、最初のアルバムもカバー曲を演奏したアルバムにしようという方向だったんですが、結果的にはオリジナルだけのアルバムになってしまったので、この『しらけちまうぜ』は収録されることがないままボツになってしまったそうです。
 『スローバラード』は三喜屋・野村モーター's BANDのアルバムに収録されているバージョンのドラムを抜いた形ですかね?こちらは合っているかちょっと自信がないです。
 以前にも別の記事で書いたことがありますが、『スローバラード』を聴くと、どうしてもヒデキファイナルで義男さんが涙を堪えながらギターを弾いていたあの光景がよみがえってきます。オリジナルは忌野清志郎さんのヴォーカルですが、僕は英樹さんのヴォーカルの方を先に聴いたので、『スローバラード』というと英樹さんの歌声の方がしっくりきてしまうところがあります。

 
 義男さんのHPで、このアルバムのことについて記事を書いています。
 このアルバムを作ることへの苦労や英樹さんの感謝の気持ちが綴られています。三野姫の今後について・・・も触れられていましたね。

これからもちゃんと”三野姫”の曲は歌い続けますからねぇ~。
まだまだ僕の持ってる、今回のライブでは聞かせなかった秘蔵音源、このまま眠らせちゃうのは忍びないので、
また、みんなの「宝物」を増やせる様に、企画も考えますね。



 義男さんも忙しいので、すぐに制作に取り掛かるのは難しいとのことですが、いつの日かその秘蔵音源が聴ける日を楽しみに待ちたいと思います。


 それと、Twitterのフォロワーさんのおかげで知ったことなんですが、「わすれもの」の帯にこういったユーモアのあるコメントが載っていたんですね。

DSC_0295_convert_20160225185306.jpg

 何だか三野姫らしくホッコリしちゃうようなコメント。「個人で楽しむ」・・・というフレーズには何だかニヤリとしてしまいました(笑)

今日は英樹さんのお誕生日

2016.02.01

category : 渡辺英樹

comment(11)

 こんばんは。

 今日は渡辺英樹さんの56回目のお誕生日です。
 英樹さん、お誕生日おめでとうございます。

 TwitterのTLを見ていると、英樹さんのお誕生日を祝うつぶやきはもちろんのこと、ちょうど1年前の今日にあったゴーゴーヒデキのことをつぶやいている人もたくさんいらっしゃいますね。

DSC_0025_convert_20160201195155.jpg

 ↑の写真はゴーゴーヒデキでの開場前の新宿BLAZEの様子。この時寒くて、外でブルブルしながら待っていたような記憶があります。そんなことも何だか懐かしいですね。

 英樹さんのバースデーライブは毎年行われていましたが、僕にとってはこの日初めて英樹さんのお誕生日を直接祝うことが出来たんですよね。2013年のAJのツアーで名古屋に来た時にライブでお祝いする機会はありましたが、その日は英樹さんのお誕生日の翌日だったのでお誕生日当日というわけではなかったですから。
 ゴーゴーヒデキというと、以前の記事にも書きましたが、C-C-BやAJ、WYのライブを見ることができた贅沢なライブでした。3つもバンドをやるので、C-C-Bのライブは前夜祭と比べると曲数が少なくなるのではないかという予想でしたが、そんなこともなくたっぷりと演奏してくれました。ライブの内容も素晴らしくて楽しかったですが、あの日はライブの前後でファンの皆さんで集まったりしたのでそういう楽しい思い出も一緒に思い出します。

 
 今日は三野姫のライブです。
 残念ながら抽選には外れてしまい、結局ライブに行くことは出来ませんでした。僕の知り合いの方々も抽選に外れた方ばかりで、いかに競争の激しいものであったことを感じました。僕は良いとしても、当たって欲しいなと思っていた方が外れてしまったのは残念でした・・・。
 それに、今回のライブは三野姫をずっと応援してきた方に当たっていると良いなと思っています。三野姫の活動自体はとても長いですからね。その活動をずっと応援してきた人に当たっていて欲しいです。
 この記事を書いている今、ライブの真っ最中だと思いますが、どんな様子なのかな・・・?英樹さんもきっと見に来ているはずですよね。
 

「わすれもの5」リリースライブ決定!

2016.01.10

category : 渡辺英樹

comment(2)

 こんにちは。

 英樹さんのブログで告知されているのでご存知の方も多いと思いますが、三野姫の「わすれもの5」のリリースライブが決定しました!

三野姫LIVE
~ひとりじゃLIVEになりません。わすれもの5、解説させてね~
わすれもの5 先行販売有り

出演:三野姫(野村義男)
日時:2016年2月1日(月)開場18:30 / 開演19:00
会場:GRAPEFRUIT MOON(三軒茶屋)



 英樹さんの誕生日にライブが決定しました。
 義男さん1人でライブをやるのはきっとツラいところがあったと思いますが、こうして決断してくれたことが嬉しいです。アルバムもそうですけども、三野姫のライブを待っている人もたくさんいますよね。
 
 会場は三野姫のライブではお馴染みのGRAPEFRUIT MOON。聞いたところによると、前回の三野姫のライブではたくさんお客さんがいらしたそうですが、今回は前回以上にたくさんのお客さんが集まりそうですね。なので、チケットも争奪戦になるのかなと思ったり・・・。
 
 英樹さんの誕生日の2月1日は何かあるのかなと思って予定は空けていたので、このライブに行ってみようかなと思っていますが、まずはチケットが当たらないことにはどうしようもないですね。
 先行チケットの受付期間は今月15日から24日まで。定員数が超過した場合は受付終了後に抽選という形みたいですね。当たることを祈って申し込みをしようと思います。


 「わすれもの5」の収録曲も更に詳しくアップされていましたね。

三野姫「わすれもの5」

収録曲
01.イイですか?(作詞・作曲:渡辺英樹)
02.くるくる悪代官(作詞・作曲:野村義男)
03.ウジャウジャウジャ(作詞・作曲:渡辺英樹)
04.ジャマイカじゃ まっいっか(作詞・作曲:野村義男)
05.ダルマさん(作詞・作曲:渡辺英樹)
06.でしょそうでしょ(作詞・作曲:三野姫)
07.そんなアタシも恋をする(作詞・作曲:渡辺英樹)
08.大好きだから(作詞・作曲:野村義男)
09.愛しあうために生きよう(作詞・作曲:渡辺英樹)
10.しらけちまうぜ(作詞:松本隆 作曲:細野晴臣)
11.スローバラード(作詞・作曲:忌野清志郎・みかん.)
全11曲



 明らかになっていなかったボーナストラックの存在ですが、『しらけちまうぜ』と『スローバラード』の2曲だったみたいですね。この2曲はオリジナルバージョンで収録されるのか、それとも三野姫バージョンで収録されるのか・・・?(ライブ音源?)これは買ってから確かめたいと思います。
 『スローバラード』というと、やはりあの日のことを思い出してしまいますね。あの日から三喜屋バージョンの『スローバラード』を聴くと、どうしてもあの日のことを思い出さずにはいられませんね。
 『しらけちまうぜ』は調べてみると、三野姫でも演奏されていた1曲みたいですね。今回選曲されたということは三野姫もしくは英樹さんにとっては馴染み深い1曲だったのかなと思います。

「わすれもの5」、発売決定!

2016.01.06

category : 渡辺英樹

comment(4)

 こんにちは。

 以前の記事で義男さんが「わすれもの5」の完成間近であることを紹介しましたが、そのアルバムが無事に完成し、発売日が決定しました。

wasuremono5.jpg

三野姫「わすれもの5」

【収録予定曲】
1.イイですか?
2.くるくる悪代官
3.ウジャウジャウジャ
4.ジャマイカじゃないか
5.ダルマさん
6.でしょそうでしょ
7.そんなアタシも恋をする
8.大好きだから
9.愛しあうために生きよう
他、ボーナストラック入り



 制作途中であった「わすれもの5」を義男さんが完成しました。
 毎年発売されていた三野姫の「わすれもの」ですけども、これが最後の作品となってしまうんですよね。アルバムが無事に完成したことは素直に嬉しいですが、何だか寂しい気持ちもありますね・・・。

 今回収録される曲を見るとユニークなタイトルがあり、三野姫らしいなと感じましたが、一番気になったのが『愛しあうために生きよう』という曲。どんな曲なのかはまだ分かりませんが、タイトルを見る限り意識してしまうのがVoThMの『愛し合うために行こう』という曲。これは『愛し合うために行こう』を受けて、義男さんがタイトルをつけたのかなと思っています。

 このアルバムの発売日は英樹さんの誕生日の翌日の2月2日です。


 この「わすれもの5」はもちろん買う予定ですが、実はまだ「わすれもの4」を買っていないんですよね。それに、三野姫だけでなくVoThMの「Zen Sing」もまだ買っておりません。買おう買おうとは思っているんですが、買うまでなかなか辿り着けないんですよね。これを聴いちゃうと、まだ自分が聴いていない英樹さんの曲が少なくなるという寂しさから無意識のうちに遠ざけようとしているのかな。
 でも、今年こそは「わすれもの4」と「Zen Sing」、そして「わすれもの5」を聴いてみようと思います。

「徹子の部屋」の追悼特集で・・・

2015.12.19

category : 渡辺英樹

comment(12)

 こんばんは。

 昨日放送された「徹子の部屋」は追悼特集だったんですが、その中で英樹さんも少しだけではありましたが、紹介されました。

tetsuko.png

 使用された映像は解散間近の時に出演された1989年10月3日のものですね。
 黒柳さんは「『ベストテン』ではしょっちゅう一緒でしたね」「3回来て下さったんですけども、色々なお話をしてくださいました」とコメントされていました。

 あまりTV番組では英樹さんの死について取り上げられていないこともあったので、こうして触れて下さったことに嬉しく思いました。特に「ベストテン」でたくさん共演された黒柳さんの口からこうしてコメントをして下さったのも何だか感慨深いものがあったり・・・。

 それにしても、「享年」という字を見ると、やっぱり悲しいものがありますね。英樹さんの死は受け入れてはいるつもりなんですが、そのような死にまつわるような文字を見るのはなかなか慣れないものがあります。

 黒柳さんも仰られていましたが、C-C-Bは「徹子の部屋」に3回出演されました。85年、87年、89年の3回でだいたい2年ごとに出演された形になるんですよね。近いうちにこのブログでこの3回の出演について取り上げてみたいと思います。


 それと、「徹子の部屋」の話題とは違う話題になるんですが、英樹さんと三喜屋・野村モーター's BANDで一緒だった五十嵐公太さんがご自身のTwitterで「三喜屋・野村モーター's BAND は解散しません!」と力強いお言葉を残していました。スケジュールの都合でヒデキファイナルには参加できなかった五十嵐さんですが、この力強いお言葉を聞くと、三喜屋・野村モーター's BANDとして何か活動があるのかなと期待してしまいますね。
 田村直美さんのTwitterでも三野姫のアルバムがもう少しで完成することを報告されていたので、こちらにも期待大ですね。きっとたくさんの愛が詰まった作品になるでしょうね!

日本一のツイてない男とEverydayz

2015.10.21

category : 渡辺英樹

comment(6)

 こんにちは。

 知り合いの方から頂いた情報をこちらでも紹介したいと思います。
 
 今月24日に「日本一のツイてない男」というドラマがTBSチャンネルで放送されるそうです。
 実はこのドラマに英樹さんが渡辺美奈代さんの元恋人役という形で出演されているようなんです。
 と言ってもあまりガッツリと出演されていたわけではなく、出演時間も1分にも満たないそうなので、重要な役ではないみたいです。
 91年の作品ということでこの時期の英樹さんの映像というのは貴重なので、見られる環境にある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
 自分もこの作品を見たことがないので(作品のことも全然知りませんでした)、英樹さんの演技や元恋人役といってもどういった役どころなのか気になります。
 

 英樹さんに関連してもう一つ。
 
 2009年にマイクアキラさんという方のアルバムの1曲に英樹さんが参加されていました。

maiku.jpg

 過去にこのブログでも紹介したことはあったものの、1曲のためだけにアルバムを買うのは抵抗があり、なかなか買えませんでした。
 でも、Twitterのフォロワーさんに教えて頂いたんですが、iTunesで配信されているので1曲から購入できるみたいですね。
 調べてみたらAmazonでも購入できるみたいなので、iTunesを利用していない自分はこちらで購入しました。
 
 英樹さんが参加しているのは『Everydayz』という曲。英樹さんはベースとコーラスで参加しているようです。
 コーラスということであまり目立たないのかなと思っておりましたが、英樹さんの歌声がしっかりと聴けちゃいます。それに英樹さんのベースが聴けるのも嬉しいですね。
 ラップの曲はあまり聴かないですし、マイクアキラさんのラップも最初聴いた時は抵抗がありましたが、何度も聴いていると癖になっちゃいそうです(笑)

ヒデキファイナル、ニコ生配信決定

2015.08.07

category : 渡辺英樹

comment(15)

 こんにちは。

 10日に行われる英樹さんのお別れ会まで後数日というところになりましたね。
 第二部のヒデキファイナルがニコ生で配信されることが決定したそうです。

[第二部:ライブ「ヒデキファイナル」]ニコニコ生放送のお知らせ(無料放送)
株式会社ドワンゴ様のご協力により、ライブの一部生中継、過去のライブ映像などの
スペシャル番組を放送させて頂くことになりました。(無料放送)
【放送時間】19:00~20:45 予定
【番組URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv229858961
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になりますので、事前に登録を
お済ませ下さい。


急性大動脈解離による多臓器不全のため、
平成27年7月13日18時5分に逝去されました渡辺英樹氏(享年55歳)。
故人を偲んで、東京・新宿BLAZEにて開催される『お別れ会』の一部を生中継致します。
C-C-Bなど多岐にわたりアーティスト活動をされた
故・渡辺英樹氏のファイナルライブを、参列者の方々と一緒にお届けします。

* 本生中継は、あくまでお別れ会に参加された方々がメインとなりますので、会場後方にカメラを設置し、参列者の方々と同じ目線にて参加頂く形となります。
* 本放送は、ライブの一部をお届けます。あらかじめご了承ください。



 説明文を読む限りではライブは最初から最後まで配信するわけではなく、一部分だけの配信となり、その他に過去のライブ映像も配信するということになるみたいですね。
 今回のお別れ会には行きたくても行けないという方がたくさんいらっしゃいますし、ライブのチケットを取れなかった人もたくさんいらっしゃるので今回の配信はとてもありがたいですよね。

 もちろん素直に喜べばいいんですけども、何だか松木さんのことを心配してしまいます。
 ご自身のライブ活動もあるのに、C-C-Bのツアー中止の件から今回のお別れ会の企画だったりで相当な疲労を抱えているのではないかなと・・・。そんな中でお別れ会に関して無茶な要望をされている方もいらっしゃったりして、見ていて複雑な気持ちになってしまいました。今回のニコ生も相当無理をなさっているのではないかなと考えると申し訳ないという思いもありました。
 参加したくてもできない方や行きたくても行けない方のために色々な手配をしてくれている松木さんには本当に感謝です。

ヒデキファイナルのチケット

2015.07.25

category : 渡辺英樹

comment(24)

 こんばんは。

 今日の12時から来月10日に行われるヒデキファイナルのチケットの受付がありました。
 今回のチケットは争奪戦になると予想されていましたが、開始から6分ほどで予定枚数に達してしまい終了・・・。Twitter上でもチケットを取れなかった人が続出しています。
 いかに英樹さんがたくさんの方から愛されているのかがよく分かりました。

 僕は何とかチケットは取れたものの、取れなかった方のことを考えると素直に喜べないです。
 追加販売とかないのかなと思っていますが、どうなんでしょう・・・。今回の予定枚数はやはり新宿BLAZEのキャパに合わせて800枚ほどだったんでしょうか。それによっても変わってきますよね。

 申し訳ない気持ちもありますが、自分にできることは行きたくても行けない方の分までライブを楽しむこと。そして、このブログでライブの様子をお伝えできればなと思っています。

英樹さんのお別れ会の詳細発表

2015.07.23

category : 渡辺英樹

comment(20)

 こんばんは。

 来月10日に新宿BLAZEで行われる英樹さんのお別れ会の詳細が発表されました。

平成27年7月13日18時05分 渡辺英樹 永眠(享年55歳)
生前のご厚誼に深く感謝し、お別れ会を下記日程にて行わせて頂くことになりました。
当日、長きに渡り、応援してくださった皆様にお別れの会として第一部を献花式、第二部を
渡辺英樹のファイナルライブとして生前、縁深いミュージシャンの方々と「音楽」で渡辺英樹
を次の新たなステージへ送り出そうと思います。

【発起人】笠浩二・米川英之・野村義男・丸山正剛・ファンキー末吉・松木隆裕

2015/8/10(月)新宿BLAZE【渡辺英樹 お別れの会】
[第一部:献花式]15:30~17:30
時間内であれば、どなたでもご入場頂けます。
ご参列いただく皆様は下記のお願いをご確認の上、ご来場下さい。

[第二部:ライブ「ヒデキファイナル」]OPEN:18:15/START:19:00(終了予定20:45)
◆出演者:笠浩二・米川英之・野村義男・丸山正剛・ファンキー末吉・岡本郭男
     岩瀬聡志・B-sty Horns
◆TICKET:オールスタンディング(整理番号入場)前売¥3,800(税込)/ドリンク代・献花料含む
     オリジナルピクチャーチケット

【ご参列頂く皆様へのお願い】
●平服でお越しください。
●献花式用のお花に関しまして
 [第一部:献花式]のみご参加の方は、お花(PINKのバラ)をご持参下さい。
 ※スペースの関係上一輪のみとさせて頂きます。
 [第二部:ライブ]にご参加の方は当日献花用のPINKのバラを用意させていただいております。
 チケット受け取りと合わせ、引換券をお渡ししますので、B2F会場内受付にてお受け取り下さい。
●[第二部:ライブ]のチケットをお持ちの方は開場中もロビーにて献花していただけます。
●ご来場多数の場合は整理券を配布する場合がございますので、予めご了承下さい。
●第一部の献花式と第二部終演後のみ会場内ロビー展示品の携帯電話での写真(写メ)撮影は
 していただけます(フラッシュ撮影は禁止)。
 ※デジタルカメラ・一眼レフ・ビデオカメラ等の持ち込みは禁止とさせて頂きます。
 ※混雑が予想されますので、譲り合っての撮影をお願いします。
●[第二部:ライブ]会場内での撮影は禁止とさせて頂きます。
●プレゼント、千羽鶴等はお受け取りできません。手紙に関しては責任を持ってそのままご親族へ
 お渡しいたします。
 参加が出来ない方で、手紙に関しては8/9までに
 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-21-7 ヒューマックスパビリオン 新宿アネックス B2F
 新宿BLAZE 渡辺英樹お別れの会 宛
 にご郵送下さい。
●当日会場ロビー内で現在発売中の渡辺英樹のバンド、ユニット全タイトルのCDとDVD、GOODS
 を販売を予定しております。
●[第二部:ライブ]ご購入いただいたチケットは当日14:00~19:00 正面入口左側の当日券BOX
 で引き取りをお願いします。
(整理番号はあらかじめ、購入時抽選で決められていますので、先着順ではありません)
●公演当日は以下のマナーにご協力ください。
 ・入場はチケットに記載されている整理番号順入場・スタンディングとなります。入場時、公演
  終了後は会場係員の指示に従ってください。
 ・ライブ会場内では携帯電話やスマホ等は必ず電源をお切り下さい。 マナーモード等ではワイ
  ヤレスマイク等の機器に影響が出て音が途切れたりする可能性がございます。ご協力下さい。
  またライブ会場内での撮影及び録音は禁止されております。禁止行為が発覚した場合、機器の
  没収及び全記録を削除の上、退場とさせていただく場合もございます。
  開演中にそのような行為をしているのをした発見した方は会場スタッフまでお知らせ下さい。
 ・万が一気分が悪くなった場合は無理をせず、お近くのスタッフ及び周りにいる方に声をおかけ
  ください。
 ・また、貴重品の管理は各自の責任で行ってください。お荷物は必ず駅等のロッカーや会場ロビー
  のコインロッカーをご利用下さい。
 ・上記に記載されていない事でも、係員が迷惑行為と判断した場合入場のお断りまたは退場して
  いただくことがございます。あらかじめご了承ください。
●ライブのチケット代に関しまして諸経費を除き、収益が発生した場合はご親族に責任を持って
 お渡しさせて頂きます。



 ライブだけでなく、献花する時間もちゃんと設けられているみたいですね。

 献花のお花は「ピンクのバラ」ということで、C-C-Bファンなら納得しちゃいますよね。というのも、英樹さんがC-C-Bとして売れてから初めてシングル曲でリードヴォーカルをとったのが『LuckyChanceをもう一度』。この曲に「ピンクの薔薇の束を背中に隠しながら・・・」という歌詞があるので、そこから「ピンクのバラ」が採られたわけですね。
 英樹さんご自身もこの曲に思い入れがあるとお話されていましたね。C-C-Bとして『Romanticが止まらない』が大ヒットし、続いて発売された『スクール・ガール』もヒットしました。この2曲は笠さんのリードヴォーカルを取っていたわけですが、次の曲で英樹さんがリードヴォーカルを取ると決まってから、自分がリードヴォーカルを取ることによって売れなかったらどうしようというプレッシャーがあったそうです。
 結果的には『LuckyChanceをもう一度』も大ヒットを記録し、「ベストテン」や「トップテン」でも1位を獲得することになりました。その記録ももちろん素晴らしいですけども、曲自体の完成度も高いですよね。ファンからの人気も高い一曲で、ライブで演奏される時にはあのキーボードの音が流れた瞬間、毎回毎回大きな歓声が起こりましたよね。
 この日のライブでもきっと演奏されるんだろうなと思います。

 そのライブには英樹さんと親交の深いミュージシャンの方々が集まることになったようですね。
 C-C-Bの笠さんと米川さん、三喜屋・野村モーター's BANDや三野姫で一緒だった義男さん、VoThMや英丸で一緒だった丸山さん、王様トリオとAJとVoThMで一緒だったファンキーさん、AJで一緒だった岡本さん、TANaBEなどで共演された岩瀬さん、AJやC-C-Bのプロデューサーの松木さんが在籍するB-sty Horns・・・。
 ここに書くべきことではないのかもしれませんが、この中に田口さんの名前がないというのが寂しいです・・・。英樹さんと一番付き合いが長いのに参加できない状況というのが残念でなりません。自ら参加できない状況を作ってしまった田口さんに対しては本当にやるせない気持ちになってしまいます。

 ライブでは思い切り楽しもうと思います。きっと英樹さんもそれを望んでいるのかなと思ってしまいます。松木さんもTwitterで「最後は皆でタオルを振りまくるぞ!」とつぶやいていたので、きっとそのような明るい内容になるでしょうね。


 このお別れ会には自分も参加したいと思います。英樹さんにお別れを伝えに行くというよりは感謝の気持ちを伝えたいという思いです。その場に行くのには悲しい気持ちが大きくなりそうで、行くのには抵抗があるところもありますが、行かないと後悔しそうなので・・・。

 ライブのチケットは明後日の12時から販売開始。争奪戦になりそうなので、自分も頑張って取らないと・・・。

英樹さんへの追悼コメント

2015.07.20

category : 渡辺英樹

comment(19)

 こんばんは。

 英樹さんが亡くなってからたくさんのミュージシャン、有名人の方々が追悼コメントを発表されました。
 今回はその追悼コメントをまとめてみたいと思います。

 Twitterで追悼コメントを発表された方


































 ブログで追悼コメントを発表された方

 (元C-C-B)関口誠人さん

 (C-C-Bのドラマー)笠浩二さん (C-C-Bのギタリスト)米川英之さん

 (VoThM、英丸のギタリスト)丸山正剛さん

 (VoThMの5代目ドラマー、AJのドラマー)ファンキー末吉さん

 (英樹さんの一番弟子であり、ローディーだった)森田克則さん

 (VoThMの4代目ドラマー)GENさん

 (PATiPATiでC-C-Bのページを担当されていた)森田恭子さん

 池沢理美さん

 徳永英明さん

 杉山清貴さん

 (PRINCESS PRINCESSのベーシスト)渡辺敦子さん

 (三喜屋・野村モーター's BAND、三野姫のギタリスト)野村義男さん

 (THE GATESのドラマー)野口薫さん

 吉田朋代さん

 斉藤昌人さん

 二井原実さん

 宮脇“JOE”知史さん

 秀光

 IKKANさん

 奥田直樹さん

 船戸慎士さん

 古本新乃輔さん

 逢坂泰精さん

 末松一人さん

 夏まゆみさん

 Marshall Blog

 近藤ひさしさん

 酒井ミキオさん

 色々な英樹さんとの思い出・・・、有名人の方々だけでなくファンの方々のコメントなども拝見しましたが、素敵な思い出ばかりです。
 これだけ沢山の人に愛されている英樹さんを自分も応援できたことを誇りに思いたいと思います。

 この他にも元シブがき隊の薬丸裕英さんが英樹さんのブログのコメントに、VoThMの3代目ドラマーの木村健治さんがご自身の掲示板で追悼コメントを寄せています。
 まだまだ確認しきれていないところもあるので、確認でき次第追加していきたいと思います。

渡辺英樹さん、死去

2015.07.17

category : 渡辺英樹

comment(47)

 こんばんは。

 田口さんの件があってからC-C-Bの曲を少しずつ聴けるようになってきたところ、信じたくないこと、起こって欲しくないことが起こってしまいました・・・。

 C-C-B渡辺英樹さん多臓器不全で亡くなっていた

先月12日夜に痛みを訴え、都内の病院に緊急搬送。大動脈解離と診断されて、集中治療室で治療を続けてきた。一時は血圧が安定したことなどから、関係者の間では安堵(あんど)の空気が流れたが、今月13日に容体が急変。入院から約1カ月、意識が戻ることのないまま、両親ら家族にみとられながら亡くなった。関係者によると、都内の葬儀所で近親者のみで16日に通夜を行い、この日に告別式を行った。

 今月2日には、元メンバー田口智治容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。親しい関係者は「(渡辺さんは)そのことを知らずに逝ったのは幸いでした」と言葉少なに話した。



 英樹さん、早すぎますよ・・・。リアルタイムで見ることができなかった分、C-C-Bのライブをもっともっと見たかったです・・・。
 容態が安定したという情報の後、何も情報がなかったのは意識が回復してなかったからなんですね・・・。意識は回復しているものと思い込んでいたんですが、今思うと自分自身最悪な情報が飛び込んでくることを信じたくなかったからなのかな。

 今はとにかく英樹さんが亡くなったということが信じられません。この事実を自分自身が認めたくないからだと思います。でも、受け入れるしかないんでしょうね・・・。

英樹さんの容態が安定!

2015.06.19

category : 渡辺英樹

comment(2)

 こんにちは。

 英樹さんの現在の状態が心配されていましたが、17日に正式な発表がありました。

入院中のC-C-B渡辺英樹「容態が安定」 大動脈解離で緊急手術

 英樹さんのブログで発表されていましたが、Yahooのニュース記事を貼ってみました。
 容態が安定したということで、とりあえずホッとしました。本当に良かったです。
 このまま治療は続くみたいですけども、次は更に回復して英樹さんご自身がブログを更新する日を楽しみに待っています。

 そういえば、ニュース記事での英樹さんの写真が入院の発表がされた時は2008年の再結成したC-C-Bでの写真が使われていましたが、このニュース記事では今のアーティスト写真になっていますね。7年も前の写真を使われていたことが疑問を感じていただけに、ちゃんと今の英樹さんの写真を使用してくれて良かったです。


 英樹さんの容態が安定したというニュースの他にもう一つ嬉しいニュースもありました。




 23日の赤坂BLITZでのC-C-Bのライブが中止になった代わりに、急遽このようなライブが行われることになったみたいです!
 英樹さんと長い付き合いの義男さんがおそらく中心になって今回のライブを計画されたと思うんですが、ミュージシャンの方々がこうして英樹さんのために協力してくれるって本当に素晴らしいことですよね。しかも、23日まで残り日にちが少ない中で計画実行に至るまで簡単なことではなかったと思います。C-C-Bファンとしても本当に感謝ですよね!


追記(2015年6月21日)
 23日に行われる「LIVE UTSU BAR ~それゆけ歌酔曲!~」の追加公演は発売開始30分で売り切れたみたいですね!
 急遽決まったライブでどうなるのかなと思っていたところがありましたが、そんな心配など必要なかったですね。

 今回のライブにあたって、義男さんの思いがご自身のHPで綴られていました。

ご存知の通り、英樹の入院もあって、今回のツアーが中止になってしまった C-C-B ですが、その空いてしまった会場を英樹が知らない人に使われてしまうよりも、まだ、僕が居るバンドなら英樹も許してくれるかなぁ〜?って。

(略)

あっ、C-C-B の曲はやりませんよ。だって、英樹が帰ってきた時に、オリジナルメンバーで楽しんでもらいたいから〜 ♪



 義男さんの優しさに感動してしまいました・・・。しかも、C-C-BのためにC-C-Bの曲をやらないという義男さんのお気持ちがファンとしてとても嬉しいです。
 義男さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

週刊現代でのインタビュー記事

2015.03.03

category : 渡辺英樹

comment(4)

 こんばんは。

 「週刊現代」に英樹さんが元フィンガー5の晃さんと「ぎんざNOW!」にプロデューサーだった青柳脩さんとともにインタビューを受けている記事が載っているということで早速購入しました。

gendai.jpg

 テーマはフィンガー5のヒット曲『学園天国』について語ろうというものでした。
 晃さんは言うまでもなくフィンガー5でしたし、英樹さんも小泉今日子さんが後に『学園天国』をカバーをしてTV出演した時にバックで演奏を担当していました。

gakuen.png

 曲の中で英樹さんのベースソロが設けられていて、その部分では英樹さんにカメラが寄ることが多いので、当時見ていた英樹さんファンも嬉しかったことだろうなぁと思います。


 記事の内容はやはり『学園天国』のことなので、曲についてやフィンガー5時代の裏話など、主役は晃さんという印象を受けましたね。英樹さんが小泉今日子さんのバックで演奏していた時の裏話やレコーディングの裏話などが聞けたら良いなと思いましたが、その当時のお話はほとんど出てこなくて少々残念でした。
 フィンガー5の晃さんのヴォーカルについて、英樹さんは当時羨ましく見ていたなんていう発言がありましたが、英樹さんも負けないくらいの美声ですよと心の中でちょっとツッコミを入れたりなんかして・・・(笑)
 それと英樹さんがフィンガー5時代の裏話を聞いて、「えぇー!」と驚く部分があるんですが、その驚いている声が勝手に脳内で再生されちゃいました(笑)

 英樹さんにはあまりスポットライトが当たっていない感じがして少々期待はずれなところもありましたが、英樹さんの紹介分のところに「今年6月から解散以来26年ぶりのツアーに臨む」とC-C-Bのツアーについて触れられていて、そこは何だか嬉しかったです。


 本題とは関係ない話になってしまいますが、英樹さんのブログに載せられていた「人によっては違う色に見えてしまうドレスの写真」が不思議で仕方ないです。

tumblr_nkcjuq8Tdr1tnacy1o1_500.jpg

 一番最初に見たときは金色と白だったのに、次に見たときからはずっと青と黒にしか見えなくなりました。
 画像を見た時間帯の関係?画像を見る媒体の違い?そもそも人によって見ている色が異なるのかな?
 サッパリよく分からないですが、見ている色が人によってこうも異なるというのは興味深いことでもありますし、何だか恐い部分もありますね。

真モグモグ風林火山2 新機種発表会

2014.12.17

category : 渡辺英樹

comment(1)

 こんばんは。

 今日はニコ生で「真モグモグ風林火山2 新機種発表会」の生配信がありました。

pa0.png

 パチンコの新しい機種が発表されるというイベントをこのブログで何故取り上げる必要があるのかと思いそうになりますが、実はこのイベントに英樹さんが出演されました!
 このパチンコで流れるテーマソングを演奏するためにベーシストとして英樹さんが参加されていました。

 今年の5月にこちらの記事で英樹さんが何らかのプロジェクトに関わっているということを書きましたが、実はこのプロジェクトというのはパチンコのプロジェクトだったんですよね。
 その時点では詳しい発表は秋くらいになるとのことだったので、このプロジェクトは一体どうなったんだろうと心配していました。
 
 それにしても、このイベントに出演するという英樹さんの告知が当日だったのでビックリしちゃいました。幸い今日は学校もバイトもお休みの日だったので予約は間に合いましたが、予約できなかったら以前のようにお金を払ってでもプレミアム会員になっていただろうなぁ(苦笑)

 
 発表会の模様を英樹さん出演部分だけ紹介します。

 司会の方や会社の取締役の方の挨拶が終わった後、この機種の主題歌を披露するというコーナーへ。まずこの主題歌を歌うサンプラザ中野さんがステージに登場しました。

pa1.png

 「歌うパワースポット」という文字が書かれたTシャツを着ている中野さん・・・(笑)発表会というどちらかというとお堅い場でも自分のスタイルを貫いている中野さん、素敵ですね。

 続いてこの主題歌を演奏するメンバーがステージに登場しました。

pa2.png

 ドラムはファンキー末吉さん。この主題歌の作詞作曲を担当しているんだとか!
 ファンキーさんはTシャツにジャージというかなりラフな格好。中野さんと同じく、あくまでも自分のスタイルを貫いている爆風スランプのお二人でした。

pa3.png

 ギターは田川ヒロアキさん。中野さんから独特のプレイスタイルに注目してみて下さいと紹介されていました。確かに初見の人からしたらこの演奏方法はビックリされますよね。田川さんの演奏を一度生で見たことがありましたが、やっぱりスゴかったです。

pa4.png

 そしてベースは英樹さん!中野さんから「髪型に注目してみて下さい」といきなりイジられていました(笑)
 更にその髪型から・・・
 中野さん「今日は田中星児さんが来てくれました」
 英樹さん「大きなお世話だよ!」
 なんていうやりとりも・・・!(笑)

 メンバーの紹介が終わった後は主題歌が演奏されました!

pa5.png

pa6.png

 疾走感あるカッコイイ曲でした!英樹さんもブログで「つうか…速すぎ‼️」と語るくらいテンポの速い楽曲のようですね。
 この機種は武将をテーマにしていることもあり、ロックな曲の中に和のテイストが入っているような感じでした。こういった曲を聴くと、カブキロックスの曲の雰囲気に似ているなぁなんて思っちゃいます。
 この配信時にコメントでも流れていましたが、ちょっと音質がイマイチだったのが残念でしたね。かなり音割れしていて、聴きづらかったです。

 メンバーの方はここで一旦退場されましたが、ラストで『Runner』を演奏するために再び登場されました。

pa7.png

pa8.png

 『Runner』の生演奏はやっぱり良いですね!曲の演奏前に日本で一番有名なロックナンバーかもしれないと紹介されていましたが、そうと言っても過言ではないくらい有名な曲であり、素晴らしい曲ですよね。

 『Runner』といえばC-C-Bが3年前に爆風トリビュートでカバーされていたので、英樹さんがこの曲をベースで弾くというのはあまり驚くことではないのかもしれないですけども、中野さんと共演しているというのが何だか嬉しかったり。
 そういえば、爆風スランプの『Runner』がヒットしていた頃、爆風スランプはベーシストが不在の時期だったわけですが、TV出演にあたって色々なバンドからベーシストが助っ人として参加されていました。助っ人には英樹さんも参加されたことがあるというお話をどこかで聞いたことがあったんですが、その映像を一度も見たことがないんですよね。なので、その共演を再び実現してくれたことが嬉しかったです。


 演奏されたのはこの2曲だけでしたが、英樹さんが歌う曲も確か用意されているんですよね。こちらも聴いてみたいなぁ。
 ちなみに新機種が導入されるのは来年の2月だそうです。

バンドコンテストの審査員に英樹さん!

2014.05.28

category : 渡辺英樹

comment(4)

 こんにちは。

 またもやTwitterから得た情報を紹介したいと思います。
 愛知県の幸田町では2年に1度、アマチュアバンドのコンテスト「KOTA ROCK FESTIVAL」というものが開かれているそうで今年の8月に開かれるそうなんですが、こちらのコンテストの審査員として英樹さんが出演するそうです!
 詳細はこちら

 こういったページで紹介される英樹さんのプロフィールって、元C-C-Bという肩書しか書かれていなかったりするお粗末なものだったりするんですが、きちんと英樹さんが今活動しているバンドやユニットを取り上げていたりして、そういうところに好感を持ちました。

 KOTA ROCK FESTIVALについて知らなかったんですけども、調べてみたら過去には2010年にTHE GOOD-BYEの曾我さん、2012年には元チェッカーズの武内さんが審査員を務めていたということで毎回豪華な審査員なんですね。
 2012年に開催されたKOTA ROCK FESTIVALの模様を審査員の武内さん自身がブログで詳しく取り上げていたので、載せておきます。こちらです。
 武内さんのブログを拝見すると武内さんも参加されてセッションなんかも行われたようなので、今年も英樹さんがステージで演奏されたりするのかな・・・?
(どうやらセッションがあるみたいですね。曲目は『Knockin' on Heaven's Door』の他に、『原色したいね』、『LuckyChanceをもう一度』といったC-C-Bの曲も!)

 愛知県で開催されるとのことなので行く方向で考えています!何か予定が入らないことを祈っています(笑)


 英樹さん絡みでVoThMのCDについて書いていきます。

ZENZEN
(2008/01/09)
VoThM

商品詳細を見る


 VoThMのアルバムは現在手に入るものでは「ZEN」のみ(iTunesでは「Welcome」をダウンロードすることができますが・・・)で、その「ZEN」が発売されたのも2008年だったりするんですよね。そこで思ってしまうのが新たなアルバムの発売。
 今年からVoThMが再始動しツアーも行ったりと、精力的に活動しているのでこれをきっかけに新たなアルバムの発売につながらないかなと思います。

 もし新たなアルバムがレコーディングされるなら、『アジアから来た女』や『1991』といったライブの定番曲を新録して欲しいなと思います。こちらの2曲は入手が極めて困難なインディーズ盤のみにしか収録されていないので、欲しい方も多いはず!
 他には、『愛し合うために行こう』という曲。こちらの曲は「ZEN」発売後にできた曲だと思うんですけども、英丸という形では録音されているものの、バンド形式でのレコーディングはされていないと思います。今のVoThMでも演奏されているみたいですが、残念ながら僕はまだバンド形式の『愛し合うために行こう』を聴いたことがないので興味があります。
 後はVoThMのデビューライブで演奏されたという『ソドミスト』といった音源化されていない曲も気になります。
 実現されるのは難しいかもしれませんが、いつか実現されると良いですね。

プロジェクトが始動中・・・?

2014.05.16

category : 渡辺英樹

comment(6)

 こんばんは。

 先月、VoThMツアーで英樹さんや丸山さんとともに各地を回ったファンキーさんが、ご自身のブログのこちらの記事で、英樹さんの歌声について書かれていました。その一部分を勝手に引用してみます。

 

英樹さんの歌がいいのよ・・・
何がいいと言うと、ちゃんと「歌ってる」のね。

(省略)

最近よく一緒にライブをやってるのでわかるが、
英樹さんの歌い方には大きくわけてふたつあって、
ひとつはロック的にガナる歌い方。

もうひとつはC-C-Bのヒット曲のように、
ちょっと甘ったるく歌う歌い方・・・

「お前50も過ぎて何甘えてんだよ!!」
と冗談では言うが、これが大きな個性となって「C-C-Bらしさ」を醸し出しておる。



 英樹さんの歌声の表現力をファンキーさんも高く評価していて、ファンとしても嬉しくなりました。
 歌うということで言うと音程通りに正確に歌えることはスゴイことでもありますし、音痴な自分からすると素直に羨ましいことです。今の音楽を聴いていても音程通りリズム通りにキレイに歌いこなす歌手の方々はたくさんいますが、どうしても好きになれないところがあります。ファンキーさんが言うように表現がないと音楽が成り立たないということなのかもしれませんね。

 さて、ファンキーさんがこのような記事を書いたのはあるきっかけがあったからであって、それは英樹さんの歌入れをしていたからなんですよね。こちらに関しては英樹さんのブログのこちらの記事で少し情報が載っていました。

 

パソコンに向っていたファンキーさんが…
「いたぁ~‼︎英樹さ~ん!そんなに暇ならこの曲の歌詞かいて‼︎」
私…「えっ⁈」
ファンキーさん…「ほな曲送ったで…」( ΄◞ิ .̫.̫ ◟ิ‵)
その後東京に帰って直ぐに歌詞を送ると…「ついでに歌も歌って‼︎」(´༎ຶ۝༎ຶ)
ってことで歌ってます(((༼•̫͡•༽)))
何の曲か等々詳しい事は現時点では言えませんが秋くらいにお知らせ出来ると思いますƪ(•̃͡ε•̃͡)∫



 どうやらファンキーさん絡みで何かプロジェクトが動いているみたいです。そのプロジェクトに関わっている田川ヒロアキさんのHPにあるこちらの日記で詳しいことが書かれてありました。

ここ数カ月前より、とあるお仕事のプロジェクトに参加させていただいてます。
ファンキーさんから依頼され、その向うには某社のクライアントがいらっしゃる。
3曲あり、私は全曲のアレンジと、1曲の作曲。
そして、なんと、ミックスダウンからマスタリングも担当。

1曲ずつ、下記の歌手が起用され、既に収録済み。
サンプラザ中野くんさん、二井原実さん、渡辺英樹さん



 どういった内容のプロジェクトになるのかまだまだ分からないことがありますが、中野さんや二井原さんも参加されているんですね!
 ファンキーさんも英樹さんの歌声を評価していましたが、田川さんも英樹さんの圧倒的な歌声に感動されたそうです。こうやって凄腕の演奏者の方たちが英樹さんの歌声をこんなにも高く評価してくれるなんて、英樹さんのファンで本当に良かったと思えます。英樹さんはC-C-Bの時でもすでに魅力的な歌声でありましたが、解散後たくさんの経験を経て更に一段と魅力的な歌声、表現力豊かな歌声になっています。田川さんが言う、英樹さんの人生がこもった歌声というのはそういうことなんだろうなと思います。
 
 詳しい発表は秋くらいになるとのことなので今から楽しみですね!

TelephoneとReady

2013.12.06

category : 渡辺英樹

comment(2)

こんばんは。

早いもので今年も1ヶ月を切ってしまいました。
今年の楽しみなことはほとんど無くなってしまったので、
とにかく早く実家に帰ってゆっくりしたいところだったんですが
バイトの関係で実家に帰れるのは大晦日になりそうです。
少しショックでしたが大晦日に帰れるだけでもありがたいです。
お仕事のため年末年始は帰れない人だってたくさんいるわけですから!

今年はGWやお盆に帰れなかったりして、
地元に帰ってくる友達とも遊ぶことができなかったため
この年末年始に遊べたら良いなと思っています。


遅れた話題になってしまいますが、
先週の「アメトーーク」でBGMとしてC-C-Bの「Telephone」が流れました!
テーマがスマホじゃない芸人ということで、
電話つながりでこのBGMが使用されたわけではありますが
アルバムの中の1曲をこうして取り上げてくれたということが嬉しいです。
流れた瞬間、TwitterのTLが盛り上がりましたね。
このようにBGMという形でもC-C-Bの曲が流れると嬉しいものがあります。


11月20日から再び始まった王様トリオの16本連続ツアー、
昨日で16本目を無事に終えて、少しの間休憩に入りました。
(その間も3人それぞれ違う形でライブを行うわけですが・・)

英樹さんはこの王様ツアー中に頻繁にブログを更新していて楽しく拝見しています。
王様やはち王子様、小畑さんとの楽しいやりとりを記事にされている中、
今月2日にライブが行われた京都の磔磔というライブハウスに関しての記事
いつもの記事とは違う感じの内容で興味深かったです。

その記事によると、この磔磔でココナッツボーイズを結成する前に
英樹さんが在籍していたReadyというバンドで一度来たことがあるそうです。

ReadyはC-C-Bの「寝たふり」という書籍で、
プロのマネージャーがいたりしてプロに等しいバンドとして紹介されています。
このバンドについてはそのことしか僕は分かりませんが
プロのマネージャーがいるということは将来性のあるバンドとして注目されていたのかなと思っています。
ココナッツボーイズを結成する前にそういったバンドを経験していた英樹さんもスゴいですよね。

お店の人に聞いても分からないと言われて、確認できなかったそうですが、
TwitterでHPから調べられた方がいて、1982年2月18日にライブを行っていたそうです。
30年以上経っていて記憶は曖昧でも身体が覚えているものなんですね。

ココナッツボーイズ時代よりも前のお話を少しだけですが聞くことができて嬉しかったです。
こういった昔のお話をたまにでもいいから聞きたいなぁ。

特撮と激鉄♪M­AX!!

2013.10.16

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんばんは。

男の子は小さい頃はTVの特撮ヒーロー番組に夢中になります。
僕も小さい頃に日曜朝の特撮番組を欠かさず見ていました。
大半の男の子は成長していくにつれて、徐々に特撮番組を見るのを卒業していきますが
自分の場合はいつまで経っても卒業できずに今に至ります。
ということで自分はC-C-Bファンではありますが、特撮番組も大好きなんです。

おまけに自分の昔のものが好きという傾向は小さい頃から既にあって、
昔の特撮作品のビデオをレンタルしてはワクワクしながら見ていましたね。
最近でも名古屋に来て近くにレンタルビデオ屋さんがあるので、
よく特撮番組のDVDをレンタルして見ています。

現在は「ウルトラマン」の前作品である「ウルトラQ」という作品を見ています。
この作品は1966年放送ということで白黒作品なので、
小さい頃は色がついていない感じが怖くて、なかなか見ることが出来なくて
それ以来敬遠しがちだったんですけども、大人になってようやく見ることができました。
昔の作品だと思って侮ってはいけないくらい質の高い作品だと思います。

これだけでも色々と語れそうですけどもここはC-C-Bのブログなのでこの辺で。


ヒーローつながりということで八王子のヒーローである激鉄♪M­AX!!の映画「激鉄TheMovie」の
予告編がYoutubeで公開されています。



激鉄♪M­AX!!とは王様ツアーで英樹さんファンにもお馴染みの小畑秀光さんです。
この激鉄♪M­AX!!のテーマ曲に英樹さんがベースとコーラスで参加しています。
上の動画でそのテーマ曲が聴けますがカッコイイ曲に仕上がっています。
それに一度聴けば頭の中でグルグル回るほど癖になりますね(笑)

この曲を聴くことができる小畑辺英吉のツアーもいよいよ明日から始まりますね。
僕は豊橋のライブに行く予定なのでこの曲が聴けるのを楽しみにしています。

10月とSijiMi

2013.10.01

category : 渡辺英樹

comment(1)

こんばんは。

今日から10月ですね。
今月はTANaBEと小畑辺英吉のライブの2本に行く予定です。
TANaBEは2回目となりますが、前回のライブが良かったので今回も楽しみです。
そして、小畑辺英吉は英樹さんと小畑さんとファンキーさんのトリオバンド!
曲ももちろん楽しみですが、MCで小畑さんが英樹さんとどう絡むのかがとっても気になります。


先月から大学が始まって早起きの苦しさを痛感しています。
前学期の時はこんなに早起きするのが大変だったかな?
夏休みはダラけてしまったので、そのツケが回ってきたのかもしれませんね(汗)

それに前々回の記事にも書いた通り授業中の睡魔にも苦しめられています。
授業中寝ないためにも睡眠を6時間ほどとってもやっぱり眠くなります。
う~ん、何か良い対策はないのかなぁ。


話がころころと変わりますが、先月の英丸のライブで「Wall」というSijiMiの曲を演奏したそうですね。
SijiMiは英樹さんと関口さんと丸山さんと三枝泉さんの4人によるバンドで
10年以上前に活動されていました。

232003766m.jpg

SijiMiという名前の由来は「シーシービー」→「シジミ」というように
響きが似ているから付けられたそうです(笑)
アルバムもSijiMiにちなんで「貝族版」というタイトルが付けられていたりしていたようですね。
こういうシャレのきいたところが面白いです。

SijiMiの曲はここ最近演奏されていないような気がするので今回演奏されたと聞いて嬉しくなりましたね。
英丸は英樹さんのブログで毎回演奏する曲のリクエストを募っているわけですが、
SijiMiの曲もOKだったら、「くちびるで探ろう」という曲が聴きたいですね。
アップテンポでノリの良い曲なので、演奏されると盛り上がりそうです。
でもSijiMiの曲ってこの曲以外にも良い曲がたくさんあるのでライブで聴いてみたいですね。

夏休みとわすれもの2

2013.08.01

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんにちは。

ようやく学期末テストが終わり、夏休みに入りました。
テストの出来は勉強をあまりしなかったせいもありやっぱりイマイチでした。
特に1番最後に受けたテストがこんなにもできないものか!と思ってしまい、
結局解答欄を満足に埋めることが出来ず諦めて提出しました。

そんなことはさておき夏休みです!
夏休みもライブに行く予定が何本か入っているので楽しみたいと思います!
今月もTANaBEや米川さんのソロライブでAJの3人に会うことができるので嬉しいですね。
去年は車の免許を取るのに頭がいっぱいいっぱいだったところもあったので
今年は楽しい夏休みにしたいと思います!


さて、何度か書いていますが、
僕は今まで買えていなかったC-C-BメンバーのCDを買い集めています。
先月は三野姫の「わすれもの2」を買いました。

わすれもの2わすれもの2
(2012/06/06)
三野姫

商品詳細を見る


「わすれもの」に続いて三野姫ワールド全開の作品ですね。
お馴染みのお二人のトークも収録されています(笑)
しかも、前作は1トラックだけでしたが今回は2トラック収録されています。
そのうちの1つはスマホについてお話されていて
何故スマートフォンの略は「スマフォ」ではなく「スマホ」なのかと
義男さんが言っていましたが、確かにそうですよね。
実は僕も一時期まで「スマフォ」と略していました。

他にも童謡っぽい雰囲気の曲「たまにガニマタ」や
前作の「願ったり、叶ったり」のアンサーソング?である「踏んだり、蹴ったり」が収録されています。
英樹さんファンとしてはVoThMや英樹さんのソロライブで披露されていたものの
音源化されていなかった「ずっと」という曲が収録されています。
こうやって未音源化作品を音源化してくれるのは嬉しいですよね。
個人的にお気に入りの曲が「Happy Birthday」です。


いよいよ今月の4日には名古屋で三野姫のライブがあるわけですが、
こういった曲たちもライブで聞けたりするのかな・・・?
トークはもちろんのこと、歌も楽しみです。
もう既に「わすれもの3」が先月発売されているわけですが、
今回の三野姫のツアーは「わすれもの3」を手売りに行く会ということなので
会場で「わすれもの3」を買いたいと思います。


それと英樹さんのブログで正式に三喜屋さんが閉店すると発表がありましたね。
ご両親は元気が残っているうちに別の人生を味わってみたいとのことで
これから素敵な人生を楽しんで頂きたいですね。

ナツメロとStill Wood

2013.07.25

category : 渡辺英樹

comment(2)

こんばんは。

今日から学期末テストが始まりました。
テスト初日の今日がテストの内容といい、テストの数といい、
僕にとっては山場だったわけですが、とりあえずは乗り越えることができました。

1年生の時はテストに対して、良い点を取ってやろう!という気持ちでテストに挑んでいて、
それなりにテスト勉強をしていたわけですが、2年生になり変な余裕が生まれてしまい、
単位が取れるくらいの点でいいやという気持ちになってきたのがマズイですね(汗)
その影響からか1年生の時と比べてテスト勉強をあまりしていないです。
う~ん、なかなかやる気が出てこない・・・。

やる気の問題ももちろんありますが、テスト勉強だけでなく、
レポート課題が多く出されていて、それを片付けるのに必死で
テスト勉強どころではないという問題もあります。
でも、何とかレポートの方は今日で全て片付けることができたので安心です。
これで少しは楽になりました。

後は残りのテストだけです!


ここで、先日大学で起こったお話をしようかなと思います。
今学期最後のとある授業で、いつものように授業を受けていると、
後ろからポンポンと肩を叩かれて、振り返ってみると見ず知らずの女の子で、
「今までの(その授業の)ノートを全部見せてくれませんか?」
とお願いされました。
聞けば今までほとんどその授業に出ていなかったから見せて欲しいとのこと。

去年にも同じようなことを一度経験したことがありましたが、
どうしても快く貸してあげようという気持ちになれない自分がいます。
僕としては毎回毎回授業に出ていて、一生懸命ノートをとっているのに対して
苦労もせずにそのノートを手に入れるというのは不公平な気持ちを持ってしまいます。

ここで、断ることができれば良いんですけども、
断ると自分も後味が悪いですし、相手に不快な思いをさせてしまうので結局ノートを見せてあげました。
う~ん・・・、少しでもその人のお役に立てたと考えればいいんですかね。

それにしても、見ず知らずの人からこんな風にお願いされるのは2度目なので
頼まれごとをされやすいオーラが出ているのかな・・・?


さてさて、話が長くなってしまいましたが本題へ。
今更な話になってしまいますが、先月Amazonで中古のCDを2枚購入しました。
今回購入したのはこちらの2枚です。

1370875695351_convert_20130622010821.jpg

C-C-Bメンバーのアルバムではないですが、演奏や歌でC-C-Bメンバーが参加している2枚です。
それぞれ簡単にご紹介します。

df2131e29fa06c2932aa9110_L_convert_20130724233726.jpg

小泉今日子「ナツメロ」
小泉今日子さんの13枚目のアルバムです。
後にシングルカットされ、小泉さんの代表曲の1つとなる「学園天国」も収録されています。

タイトルが「ナツメロ」ということで、
70年代~80年代の曲を小泉さんがカバーしているアルバムとなっています。
ナツメロという言葉って割と最近生まれた言葉かと思ったんですが、
88年の時点で既に存在していたんですね。
選曲がフィンガー5の「学園天国」やピンクレディーの「S・O・S」など、
今の若い世代にも広く知れ渡っている有名な曲もあれば、
ジューシィ・フルーツの「お出かけコンセプト」、「恋はベンチシート」や
横浜銀蝿の「尻取りRock'n Roll」など、代表曲から少し外れた曲を選曲していたりと面白いですね。

このアルバムには後に三喜屋・野村モーター'S BANDとなる
野村義男バンドが何曲か演奏で参加していて、英樹さんがベースとコーラスで参加しています。
「学園天国」はNG部分も収録されていて、そこでは英樹さんの声も入っています(笑)
個人的に好きな曲の「恋はベンチシート」を英樹さんが弾いているのが嬉しいですね。

驚いたのがデーモン小暮閣下も小泉さんとの会話という形で参加していて、
そこからキャンディーズの「やさしい悪魔」に続くところは、
このためだけにブッキングされたの?と思ってしまいます(笑)


51ECT7HSF9L__SL500_AA300__convert_20130725002300.jpg

野村義男「Still Wood」
野村義男さんの7枚目のアルバムです。
あまり虫が好きじゃない僕からするとジャケットがちょっと苦手です(汗)

演奏は三喜屋・野村モーター'S BANDで英樹さんがベースを弾いています。
それに英樹さんはヴォーカルとしても参加していて、「口笛吹いて」という曲を歌っています。
三喜屋・野村モーター'S BANDが好きという方にはオススメの曲ですね。
英樹さんも参加していますし、何と田口さんもピアノやキーボードで参加しています。


先月購入したのはこの2枚で、今月購入したCDは三野姫の「わすれもの2」です。
こちらもまた次回以降に紹介します。
来月は三野姫のライブもありますし、アルバムを聴いてワクワクしちゃっています。

上半期終了と王様ツアー

2013.06.30

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんばんは。

早いもので今日で2012年も上半期が終わりとなるんですね。
今年の初めにライブにたくさん行くという目標を立てました。
とは言っても1年で3、4回行けたらいい方かななんて思っていたら、
気づけば上半期の時点で6回もライブに参戦していました。
今ではすっかりライブの虜になっていて、
ライブのスケジュールが第一優先になっているのが現状ですね(笑)
この調子だったら1年間で10回は越えちゃいそうです。


一昨日は米川さんと高橋亜土さんのお二人様のライブに行ってきました。
今回もライブレポを上げるつもりですけども、
今大学のレポートなどやることが色々とあってこの1週間以内にアップできたらなと思っております。
せめてAJのライブまでに書き上げなきゃ・・・。

今回のライブも楽しかったです。
米川さんソロの曲の中でも大好きな曲が聴けましたし!
その曲が聴けただけでも行って良かったと思えました。


5月29日の八王子から始まった王様のツアーが一昨日の高田馬場で無事に終了しました。
1ヶ月で20本もライブをこなしたなんてスゴイですね。

僕もそのツアーの中では名古屋と四日市に参戦しましたが2本とも楽しいライブでした。
この王様ライブのおかげで小畑秀光さんの存在を知り、すっかり小畑さんにハマっちゃいました。

小畑さんはツアーの各所で腹筋をしていて、その模様をツイキャスで配信していました。
最初は100回からスタートして、108回、150回と数が増えていき、
最後の高田馬場では300回連続で腹筋していて、
死に物狂いで腹筋している小畑さんに対して何だか感動を覚えました(笑)

結局そのツイキャス配信は全部見ちゃいました。
個人的にお気に入りなのが名古屋での腹筋ですね。
お巡りさんが出てきて、路上で腹筋している小畑さんを注意している映像には爆笑しちゃいました。

twcas2.png

名古屋での腹筋は生で見ようと思えば見れたんですけども、
この時、小畑さんってどんな人?という感じだったので見に行かなかったんですよね。
もっと早めに小畑さんを知っていたらと思うと残念でした。

そんな王様とはち王子様と英キングのツアーですが、
今年の10月から12月にかけて再びツアーがあるそうです!
今回も行く気満々ですよ!

しかも10月の最初のライブ4本は王様が営業のため代わりに小畑さんが入って、
小畑辺英吉(おばたなべひできち)としてライブをするそうです!
小畑さんにもハマっている自分としては嬉しいユニットです。
名古屋も小畑辺英吉のライブがあるのでこれは何としてでも見に行かないと・・・!

下半期もライブ三昧になりそうな予感です。

天気と夕刊ゴジらじ

2013.06.06

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんにちは。

梅雨入りしたはずなのにここ数日は天気が良い日が続いています。
雨が嫌いな自分としては嬉しいです。
しかし明日は天気が崩れるみたいですね。


さて、今日NHKラジオ第1の「夕刊ゴジらじ」に
王様とともに英樹さんとはち王子様(ファンキー末吉さん)がゲスト出演しました。

簡単に気になったシーンを紹介します。


・王様「(NHKの)受付の子にメイクした顔を見て、大笑いされましたよ!」

・6分くらい王様が喋った後、ようやく英樹さんとはち王子様が紹介されます。
 はち王子様「喋ってよいのかー!」
 ちなみに英樹さんが紹介された時に、
 バックで「Romanticが止まらない」が流れていました。
 
・はち王子様「台本に書かれてある『渡辺英樹』の文字が間違っておる!」

・はち王子様ではなくてファンキーさんはこのツアーで自分の楽器を積むのを忘れていて
 自ら楽器屋に足を運んで自分モデルのスティックを買いましたが店員さんにスルーされたそうです。

出演は10分ほどでしたが、はち王子様が紹介された後は
はち王子様の独壇場といった感じで一人でトークしていて、これがまた面白かったですね(笑)
英樹さんは二言くらいしか喋らず、ファンとしてはちょっと残念だったかな。
でも、はち王子様の面白トークを聞けたので満足です。


では僕はこれから名古屋で行われる王様のライブに行ってきます!

ネットとわすれもの

2013.04.13

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんにちは。

名古屋に来てからネットを繋がずに生活していて主に大学からブログを更新していました。
(最近はスマホからブログを更新することが多くなりましたが)
不便に感じることは何度かありましたが、何だかんだで一年やっていけました。

でも、バイトも始めたこともあって先月末に思い切ってネットを繋ぐことにしました。
手続きはしましたが、肝心のネットを繋ぐための工事はまだなので
ネットが出来るのは少し先になりそうです。
あちらからの連絡を待っている状態なんですが、この時期やっぱり忙しいのかな?


何度も書いていますがバイト代が入ったため、
今まで買えていなかったC-C-BメンバーのCDを買い集めています。
先日には三野姫の「わすれもの」を買いました。


わすれものわすれもの
(2011/05/05)
三野姫

商品詳細を見る


1364962485082~01

このブログでは「わすれもの2」を紹介したことがありましたが、
実は三野姫のCDは一枚も持ってなくて、ようやく購入しました。

ここで簡単に三野姫について紹介します。
もともと英樹さんと野村義男さんがそれぞれの実家のお店の名前をつなげた
三喜屋・野村モーター'S BANDというバンドがあったんですが
そのバンドから派生する形でアコースティックユニットの三野姫が出来ました。
ちなみにユニット名の由来は三喜屋・野村モーター'S BANDを縮めて、
さらにアコースティック→フォークソング→かぐや姫と連想して
語尾にかぐや姫の「姫」を付けたという安易な理由だそうです(笑)

三野姫の結成は1991年(1992年?)とかなり前で
洋楽やフォークソング、歌謡曲なんかを中心にライブをやっていたようですが
(トークがメインという説もあり(笑))
自分たちのオリジナルでCDを出していないということで
2011年にこの「わすれもの」が発売されました。

レコーディングを始めた時点では「YASAI」と
「ラーメン食べて帰ろう」と「涙あふれ」の3曲しかなく、
レコーディングをしながら他の曲を作っていったみたいです。
「YASAI」という曲は、英樹さんのソロかなにかで
以前から演奏されている曲だったので気になっていたんですがようやく聴けましたね。

三野姫の魅力は楽しいトークだと思いますが
そんな楽しい雰囲気が伝わってくるのが8曲目の「火縄銃」です。
この曲(っていったらいいのかな?)は次の曲の「それが男の生きる道」を
2人が楽しく作る様子が収められています。
三野姫のライブは見たことありませんが、
おそらくこんな感じで楽しくトークをしているライブなんだろうなと思ってしまいます。
気になる方は是非購入してみてください。

ちなみに個人的にお気に入りなのが「願ったり、叶ったり」です。

レポートとわすれもの2

2012.06.11

category : 渡辺英樹

comment(0)

こんにちは。

早いものでもう6月ですね。
後、半月もすれば2012年も上半期が終わってしまうんですね。


大学のある授業の中で自分でテーマを決めて、レポートを作る授業があります。
「私の生きてきた時代」という大きなテーマがあるんですが、
基本的にどんなジャンルのことでもいいということなので、
僕は音楽(というより昔の曲なんですが)が好きなので、音楽をテーマに選びました。

音楽について具体的にどういったことを調べていくか悩んだんですが、
日本の音楽CDのミリオンセラーについて調べてみることにしました。

90年代の頃と比べて、近年のミリオンセラーの減少について書いているんですが、
どうもありきたりな内容になってしまい、いかにオリジナリティを出せるかということに苦労しています。

こういったレポートを書くのはまだまだ慣れていないですし、
戸惑う部分もありますが、何とか頑張って書いていこうと思います。


さて、CD情報です。

渡辺英樹さんと野村義男さんのユニットである
三野姫の2枚目のアルバムが今月6日に発売されました。

415wkkDUQvL__SL500_AA300_.jpg

「わすれもの2」

1. BBB
2. タカラモノ
3. Happy Birthday
4. なべやき
5. たまにガニマタ
6. ゴーマンなソールマン
7. 踏んだり、蹴ったり
8. 何系~?
9. ボヨラッタ
10. 今夜は帰さない
11. ずっと



ジャケット写真がインパクトありますね(笑)
三喜屋・野村モーター’S BANDの曲は聴いたことがあるんですが、
まだ三野姫の曲は聴いたことがないんですよね。
「個人で楽しむ~お茶の間三野姫」というライブCDは
聴いたことがあるんですけども三野姫のオリジナル曲は聴いてません。
いずれは聴いてみようと思います。

このアルバムもそうですし、1枚目のアルバムの方も買っていないので買わなくちゃいけませんね。
というか、最近全然C-C-B関連のCDを買っていません。
財布とよく相談して余裕があれば買いたいと思います。

チャレンジ・ホビー最終回

2010.06.06

category : 渡辺英樹

comment(2)

もう6月ですね。





2010年も下半期まで1ヶ月もないんですね。






本当にあっという間です。






最近は朝夜は寒くて昼は暑いという気温の変化に体がついていけず







風邪気味だったんですが、今はちょっと風邪も落ち着いてきました。






体調管理は十分に注意してやっていかないといけませんね。









このブログでは放送が始まるというお知らせしか書いていなかった






「チャレンジ・ホビー」というNHKの番組ですが、先日最終回を迎えました。






渡辺さんが出演するということで全ての回を録画しましたよ。






ギターを教える番組なのでメインは野村さんで





渡辺さんは一切喋らずただ楽器を弾いているだけの役かと思いきや






何度か喋る機会がありましたね。





渡辺さんが初めて登場した時には、






C-C-Bとして活躍した当時はベースを高い位置で弾いていたという話を






まずださんに触れられたり、最終回でも渡辺さんの格好に





「ミュージシャンのオーラ0じゃないですか!」とますださんにイジられていましたし(笑)





出番は少ないと思っただけにこんな風に出番があって嬉しかったですね。






最終回では三喜屋のライブにますださんが





番組で習った曲をギターで参加するという内容だったんですが、






ますださんが登場する前に三喜屋が3曲演奏して、






その映像も少しですが流れて興奮しました。






渡辺さんの歌声が久しぶりに聴けましたよ!






やっぱり良いですね~。







でも、こういった番組を見ているとギターがやりたくなってきますね。






ギターも弾けたらカッコイイだろうなぁ。






できれば次は渡辺さんが講師となって





ベースを教える番組を放送して欲しいですね。

チャレンジ・ホビー!

2010.03.08

category : 渡辺英樹

comment(4)

先日、ココナッツボーイズのアルバム2枚を久しぶりに聴きました。




やっぱり良いですね~。





気持ち良い天気の日に聴いたんですが、




ココナッツボーイズの曲はよく晴れた日に聴くのがベストです。





ちなみにココナッツボーイズの曲は全曲ここのブログでレビューしているので、





よろしかったら見てください。





書いたのが中2の時なので、文章力もまだまだですが(苦笑)








宣伝?はここまでにして、知っている人からしたら今更と思ってしまいますが、





NHK教育で3月29日から毎週月曜の22時から




「チャレンジ・ホビー!」という番組が始まるそうです。





ますだおかだのますださんにギターを教える番組で、





その講師として野村義男さんが出演するそうです。





三喜屋野村モーター's BANDとしても出るそうなので渡辺さんも出演とのことです!





TVで渡辺さんが見れるのはファンとしても嬉しいですね。





3月29日スタートでまだ先のことなので、しっかり覚えておかないといけませんね!





今のうちに、録画予約しておこうかな・・・?

Old |  to Blog Top
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad