かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

STARの中国語バージョン

2017.03.28

category : VoThM

comment(4)

 こんばんは。

 ファンキーさんのTwitterで知ったんですけども、北京の黄昏黎明DDCで行われたファンキー末吉さんのライブでVoThMの『STAR』が演奏されました。しかも、詞を中国語に訳した中国語バージョンで歌われたとか!



 こちらの中国語バージョンの『STAR』には『流星』というタイトルが付けられているみたいです。

 先月のファンキー末吉さんのライブでも、英樹さんの詞を残したいという理由から『STAR』をファンキーさんが歌っていました。
 今度は国境を越え中国語にする形で中国人の方々にも英樹さんの詞を届けて下さったのは本当にファンキーさんはこの曲、そしてVoThMを愛していることが伝わってきます。
 
 ちなみに北京の黄昏黎明DDCはVoThMでもライブを行った場所ですよね。結果的には英樹さんがVoThMとして最後にステージに立った場所でもあります。そういう意味でもこの場所で『STAR』を演奏することはとても意味のあることでもありますよね。

 映像の最後にクレジットされてあった「纪念我们的好朋友 渡辺英樹」という中国語・・・、中国語についてはサッパリな僕ですけども、Googleで翻訳したら「私たちの良き友人を覚えておいてください」という意味になりました。
 こうしたところにもファンキーさんの思いを感じることが出来て、嬉しく感じちゃいました。

4年前の話とVoThMについて

2017.02.09

category : VoThM

comment(1)

 こんばんは。

 今月2日に人生初めてライブに行った日から4年が経ったことをTwitterに書き込みしました。
 僕が初めて行ったライブはAJ -米田渡-のライブ。Let's Go Climaxツアーの名古屋でのライブでした。
 その時の感想(レポ)はこちらにも書きましたが、中学生からの憧れの人を生で見ることが出来た上に握手やサインまでして頂いて、本当に思い出深い1日となりました。
 それにライブ自体が初めてだったものですから、ワンドリンク制って?席はどこへ座ればいいの?と分からないことだらけでしたね。今じゃもうライブに行った回数が50回を越えてしまったので、そうした分からないことによる戸惑いはあまりありませんが、そうした戸惑いは人生初めてのライブだからこそですよね。

 Twitterといえば、実は「かいしん」の名前でTwitterを始めたのも4年前のこの時期でした。




 もともとTwitter自体はそれよりも1年くらい前に始めてはいたものの、完全にプライベートのアカウントでした。C-C-Bのことをつぶやくのだったら分けたいという思いがありましたし、ライブに行けるようになったことからたくさんのC-C-Bファンの方と交流できたらなという思いから「かいしん」という名前でTwitterを始めました。
 その頃のつぶやきを遡って見てみたら、あ~こんなこと思っていたんだと改めて確認することが出来てなかなか面白かったです。このブログの中でもその時々の思ったことなどは書いてはいますが、Twitterの方がやはり気軽に書けるということから、その時々の思いというのはよりハッキリと表れているように思います。
 今でこそTwitterでつぶやく機会は少なくなってしまいましたが、この頃はちょこちょことつぶやいていたんですね。

 そうだったなぁと思ったのが、それまで英樹さんのことを「渡辺さん」と呼んでいたんですが、「英樹さん」と呼び始めるようになったのもこの時期でした。
 今ではもう「渡辺さん」という呼び方に違和感しか感じないくらい「英樹さん」という呼び方がしっくりきています。


 話は変わりまして、丸山さんのお話。
 現在ファンキー末吉さんが中国で活躍されているミュージシャンの方と一緒にツアーをされていて、そのツアーに丸山さんがゲストで参加されているんですよね。
 ツアー自体は6日から19日まで全国各地で毎日ライブをされているわけですが、丸山さんとしては昨日の高田馬場音楽室DXのライブで前半戦が終了して、後半戦は15日から19日までといった感じになるようです。

 17日には名古屋でライブを行うということなので、見に行きたいなと思っています。丸山さんがライブで名古屋にいらっしゃるのはひょっとすると2009年のVoThMツアー以来・・・?ちゃんと調べていないのでハッキリとは分かりませんが、しばらく名古屋には来ていない印象があります。
 予定では2015年の秋にVoThMの「Zen Sing」のレコ発ツアーで名古屋に来るはずだったんですが、残念ながら実現しなかったので、名古屋で丸山さんの演奏が見れるのは嬉しいです。
 聞いた話によると、ファンキーさんと丸山さんが揃うということでVoThMの曲も演奏されているそうですね。名古屋ではどんな曲が演奏されるか楽しみです。
 問題は無事に行けるか・・・。その日は仕事があるので仕事が終わった後にライブ会場へ向かう形になります。開演時間を考えると余裕で間に合うはずなんですが、この日に限って仕事が遅くなるかもしれないです。まだ確定ではないので何とも言えないですが、ライブに間に合いますように!


 それと丸山さんは今年から英樹さんの月命日である13日に、「VoThM BEST」に収録されている曲の感想や思い出などを書きたいということを去年仰っていました。

vothmbest.jpg

 第1回目となった先月13日には曲の感想ではありませんでしたが、VoThM結成の経緯について書かれていました。

 こちらを読んで初めて知ることもありました。
 VoThMのオリジナルメンバーの英樹さん、丸山さん、田中さん・・・、この3人が初めて集まって音を合わせた曲の1曲がThe Policeの『Message In A Bottle(孤独のメッセージ)』が入っていたのが興味深かったり・・・。VoThMとしても後にライブなどにおいて何度も演奏されることになる曲ですよね。The Policeも3ピースバンドでベーシストがヴォーカルをとったりと、VoThMがイメージするバンドの方向性としてはこのバンドが真っ先に浮かんできたのかなと思います。

 それと、初期にレコーディングされた曲に英樹さんが作曲した曲が少ないのは、VoThMが動き出した時にまだ英樹さんがC-C-Bとしての最後のツアーをやっていて、その間に曲作りは丸山さんと田中さんが行っていたからなんですね。
 田中さんが作る曲に関して、英樹さんはあるインタビューの中で、当時の自分にとってスゴく新鮮だったことをお話されていました。こういうことも新たに違う人とバンドを組むことの醍醐味なのかもしれませんね。

「Zen Sing」について

2016.01.24

category : VoThM

comment(4)

 こんばんは。

 先日、VoThMの「Zen Sing」を購入しました。

o0800045013536052525.jpg

 発売からもう半年も経ってしまったので、本当にようやくという感じですね。

 こちらの記事でも触れましたが、このアルバムは一昨年発売されたベース型USBに収録されている4曲に中国でレコーディングされた6曲を収録したアルバムです。中国でレコーディングされた6曲はこのアルバムのために書き下ろされた曲ではなく、VoThMのライブで以前から演奏されていた曲になっています。なので、VoThMのファンの方からすると待望の音源化になるんですよね。

 既に何度もこのアルバムを聴いていますが、このアルバムで一番好きな曲は『ソドミスト』です。
 『ソドミスト』は僕が一度だけ見に行った英丸のライブで演奏されたんですが、その時に初めて聴いた曲でした。とてもカッコ良くて気に入ったんですが、まだ音源化されていないこともあって、聴くことが出来たのはそのライブでの一度きりでした。
 それから1年後にこのアルバムの中に『ソドミスト』が収録されることを知り、喜びましたね。英丸ではベースとギターだけなので、これにドラムが加わるとどうなるのかと期待しました。アルバムを聴くよりも先にヒデキファイナルでこの曲が演奏され、僕はここで初めてVoThMバージョンの『ソドミスト』を初めて聴くことになりました。なので、この曲を聴くとどうしてもこの時のことを思い出してしまいますね。ベースから始まるこの曲・・・、もう一度生で聴きたかったです。

 他にも『それじゃあのゴッホをちょうだい』もお気に入りですね。初めて聴く曲ではありましたが、この明るい曲調に何だか懐かしさみたいなものを感じてしまいました。何となく「Welcome」の中に入っても違和感がないなと思ったんですが、調べてみたら92年の時点で演奏されていたみたいですね。その時とはアレンジが変わっているかもしれませんが・・・。

 そして、過去に何度かレコーディングされたことのある『アワテヅイソゲ』もVoThMで新たにレコーディングされると聞いて、楽しみにしていた曲でした。SijiMiバージョンとは大きくアレンジを加えずに演奏されているので、違和感を感じることがなく聴くことが出来ましたね。

 このアルバムの収録曲を初めて見た時に『つまさきで蹴って』という曲だけ分からなくて、新曲なのかなと思っていたんですが、どうやら『そろそろ帰ろうよ』というタイトルで以前から演奏されていた曲のようですね。
 
 
 このアルバムはCDだけではなく中国でのライブが収録されたDVDも付いています。ちょこちょこっとだけ見てみたんですが、やっぱり悲しくなってしまいましたね。結局全部見ることなくDVDプレーヤーから取り出してしまいました。まだ最近の映像を見るには時間がかかるかな・・・?


 それと、最近まで知らなかったことなんですが、このアルバムにも収録されている『それぞれ』の歌詞は英樹さんではなくVoThMの4代目ドラマーのGENさんが書いたものなんですね。GENさんによると、この詞は英樹さんをイメージして詞を書いたのだそうです。この『それぞれ』についてのお話はGENさんのブログで読むことが出来ます。

 GENさんのお話が出たので、GENさんについてお話したいと思います。
 GENさんがVoThMのドラマーになった時期は僕もそれほど熱心にC-C-B関連の情報を追いかけていなかった時期でもありました。VoThMの3代目ドラマーの木村さんがドラムを叩けなくなり、VoThMとして活動が出来なくなった時まで把握していたんですが、ある時に英樹さんのブログを覗いたら知らない間にVoThMに新しいドラマーさんが入っていたという記事を見て、驚いた記憶があります。写真で見ると英樹さんよりもお若い方だったので、英樹さんとはどういうつながりなのか、それにどういう形でVoThMに加入したのか、ライブに行っていない僕は全く分かりませんでした。
 VoThMへの加入に至った経緯は分からないままだったんですが、GENさんがご自身のブログで英樹さんとの出会いからVoThMへの加入に至った経緯などを詳しく書かれていたのを見て、初めてどういった経緯で加入したのか知ることが出来ました。こちらから読むことが出来ます。

 GENさんがVoThMとして活動していた時期は短く、僕もライブに行く前だったのでGENさんがドラムを叩く姿を見ることは出来なかったんですが、実は一度だけお会いしたことがあります。それは一昨年の大阪でのVoThMのライブ。僕は恥ずかしがり屋なので、一言二言くらいしかお話することは出来ませんでしたが、お別れする時に「お気をつけて。またいらして下さいね」と優しく声をかけて頂いたことがとても印象に残っています。

 

VoThMのニューアルバム発売!

2015.07.15

category : VoThM

comment(2)

 こんにちは。

 英樹さんが入院されてから1ヵ月以上が経過しましたね。
 容態が安定したというニュースに続く情報が入ってこないので心配されている方も多いと思いますが、自分は信じて待ち続けたいと思います。

 英樹さんの力になるために・・・と野村義男さんがご自身がライブをする場所で募金箱を設置するそうです。
 詳細はこちら
 長年英樹さんと一緒にやってきた義男さんだからこそ、「一生のパートナーだから」という言葉は頼もしくもあり、心強いです。


 そして、VoThMのニューアルバムが今月20日に発売されるそうです!
 しかも、今回のアルバムは中国でのライブDVD付き!

vo1.jpgvo2.jpg

VoThM
「Zen Sing」+中国ライブDVD「VoThM in 中国」


CD「Zen Sing」
M-1 愛し合うために行こう
M-2 アワテヅイソゲ
M-3 Change
M-4 それじゃあのゴッホをちょうだい
M-5 Mosquito Song
M-6 もうほっとけない
M-7 ソドミスト
M-8 それぞれ
M-9 つまさきで蹴って
M-10 Wall

DVD「 VoThM in 中国」 (LIVE DVD)
M-1 プロローグ
M-2 奪われた物より多くをその手につかめ
M-3 Order, border and shoulder
M-4 Welcome
M-5 Yes, it’s true
M-6 アジアから来た女
M-7 Hey! Mr.
M-8 Fight or Flight, Knight
M-9 夕べのキミ
M-10 Hush, Little Baby
M-11 I’ve loved them
M-12 『A』からはじまる
M-13 SALLA(サーラ)
M-14 あつく燃えた砂
M-15 1991
M-16 エピローグ (Star)

※このアルバムの収益は全て渡辺英樹さんの治療費に充てさせて頂きます。

 

 このVoThMのアルバムのリリースは本来なら秋のツアーになる予定だったみたいですが、ツアーが中止になったことにより、急遽発売という形になったみたいです。
 今回のアルバムは中国でレコーディングされたんですよね。VoThMが中国でライブすると発表されて、ライブだけが目的かと思いきやレコーディングも兼ているだなんてその時点では全然知りませんでした・・・。

 気になるアルバムの収録曲ですけども、去年発売されたベース型USBに収録されている4曲も収録されているんですね。こちらは新たにレコーディングされたのではなく、USBに収録されている音源がそのまま収録されているんですかね。レコーディングの時期を考えるとその可能性が高いですよね。
 さて、その他の6曲は『それじゃあのゴッホをちょうだい』や『Mosquito Song』などライブで昔から演奏されていたものの音源化されていない曲が中心になっているみたいです。これは昔からのVoThMファンの方にとっては嬉しいことではないでしょうか。
 こういった未音源化作品は英丸でもよく演奏されているので、英丸ファンの方にとってもお馴染みの作品なのかも・・・?自分も英丸のライブに行った時に、『もうほっとけない』と『ソドミスト』を演奏してくれたので、この曲たちがバンドのサウンドになるとどうなるのか気になります。
 そして、『アワテヅイソゲ』は元はSijiMiの曲としてレコーディングされていますし、2002年頃に発売された英樹さんの自主制作アルバム「Welcome to my Room」の中にも収録されていたりするので、レコーディングされている回数が多い作品だったりします。今回VoThMとしてレコーディングされているので、こちらも気になりますね。
 今回収録される曲の中で唯一自分が知らないのが『つまさきで蹴って』という曲。これも音源化されていない曲にあたるのかな・・・?それとも新曲・・・?

 ライブDVDの方も楽しみですね。VoThMのライブDVDが発売されるのは6年ぶりになるんですよね。ドラムがファンキー末吉さんになってからのVoThMとしては映像化は初めてです。異国の地でVoThMがどのようなステージを展開していたのか、気になっていたのでこの目で確かめたいと思います。
 個人的にVoThMの中でも好きな曲である『あつく燃えた砂』が収録されているのが嬉しいです。過去に2度ほどVoThMのライブに行ったことがあるんですが、その時演奏されなかったんですよね。

 このアルバムの収益は英樹さんの治療費に充てられるということなので、義男さんのライブに参加できないという方はこのアルバムを購入することで英樹さんの力になることができるみたいです。自分も少しでも力になれればと思うので購入したいと思います。
 購入はこちら


 それと、VoThMのドラマーであるファンキー末吉さんがご自身のブログで、このVoThMのニューアルバムやライブDVDについて書かれているので、そちらも必見です。
 どうやらDVDの方はライブ映像だけでなく、ライブ以外のオフの映像も収録されているみたいで・・・、その映像も楽しみですね。

VoThMが中国公演決定!

2015.03.27

category : VoThM

comment(4)

 こんばんは。

 一昨日、このブログのアクセス数が80000ヒットを達成しました。
 最近はだいたい8ヶ月で10000ヒットをカウントしている傾向にあり、今回も70000ヒットが去年の7月ということでやはり8ヶ月でのカウントとなりましたね。
 このまま安定していけたらなと思います。
 欲を言えば更に間隔を短くできたらなぁなんて・・・(笑)


 またしても遅れた話題を提供してしまう形となりますが、VoThMが中国でのライブが決定したそうです。

4/15(水) 天津 天津久歌音乐CLUB
4/16(木) 北京 黄昏黎明DDC


 
 最初英樹さんのブログで知った時には日本を飛び越えて何故中国に?!と驚いていましたが、よくよく考えたらファンキーさんつながりなんですよね。ファンキーさんは中国でも有名なドラマーなので、この中国のライブでも注目度の大きいライブとなっているかもしれませんね。
 VoThMが海外でライブするというのは今回が初めてになるのかなと思いきや、VoThMのHPで調べてみると95年に香港でライブを行ったことがあるみたいですね。何だか意外でした。
 
 ファンキーさんのHPに中国語での英樹さんの紹介文があったんですが・・・、

渡边英树:(主唱贝斯)日本80年代最红的乐队C-C-B乐队89年解散了以后贝斯手主唱"渡边英树"成立了自己的新乐队


 
 中国語は習ったことはないですが、何となく意味が通じますよね。こういうのは見ていて面白いです。

 中国でVoThMがライブをするというのなら『SALLA』は外せないですよね!去年の英丸のライブで『SALLA』は天安門事件のことを歌った曲だと英樹さんがお話されていたのを思い出します。
 今回の中国でのライブで中国のVoThMファンの方がもっと増えれば良いですね!
 さすがに自分は中国までは行けないので英樹さんのブログの更新を楽しみにしようと思います。

 
 VoThMの話題が出たので、もう一つVoThMネタを・・・。
 VoThMでこういったものがありましたね。

DSC_0040_convert_20150327013733.jpg

 こちらは「ZEN」の発売記念ライブで配布されたDVDだったと記憶しています。実際に自分はそのライブに行ったわけではないのですが、ファンの方に頂きました。
 このDVDの内容は『SNOW』のPV(『SNOW』の音源にライブ映像を重ねたもの)とVoThMライブのMC集です。
 当時VoThMのライブを見たことのない自分にとって、どういった雰囲気なのかを知ることができた貴重な映像でした。

 MCが収録されているのは2006年9月26日、12月27日、2007年3月1日、4月30日、7月10日、10月8日の6本。10月8日の分はライブのMCだけでなく楽屋での映像もありました。それに曲の演奏も部分的にですが収録されています。
 時間にして1時間の大ボリューム!これが無料で配布されたのだからファンには嬉しい特典でしたよね。

 この時のMCの中心だったのが当時VoThMのドラマーを務めていた木村さんが田口さんに似ているというエピソード。ライブの度に木村さんに対して英樹さんが「あれ、田口?」というイジリ方をしていて、いかにこの頃木村さんが愛されていたのかがよく分かりましたね。
 田口さんを生で見た今も木村さんが本当に田口さんにそっくりだと感じちゃいます。英樹さんが言うには趣味や嗜好だけでなくコーラスの声までそっくりなんだとか。それにMCで木村さんがお客さんに対して「悪かったな、このヤロー」と冗談で言う場面が収録されているんですが、全く同じセリフを田口さんもMCで言ったのを聞いたことがあったので思わず笑っちゃいました。
 DVDを見ているとこの頃のライブの雰囲気も好きだと思うので、この頃のVoThMのライブも生で見たかったなと思っちゃいます。

ベース型USBが到着!

2014.11.02

category : VoThM

comment(4)

 こんばんは。

 先月のVoThMのツアーにて予約販売していたUSBが先日届きました。

DSC_0494.jpg

 袋にはVoThMメンバーの3人による直筆サイン付き!
 ファンキーさんや丸山さんにはサインを貰うことは少ないので貴重でした。

 ベース型USBの方はこんな感じ。
 英樹さんのベースがしっかりと再現されてあります!

DSC_0495.jpg

 ちなみに蓋を開けるとこんな感じになっています。

DSC_0496.jpg


 改めてこのUSBについてご紹介を・・・。
 VoThMのライブで販売されているこのUSB、もちろん市販されているUSBと同じように使えますが、中にはVoThMで新たにレコーディングされた曲が4曲と、そのレコーディング時の映像が約80分入っています。

 収録された4曲はこちら。

1.CHANGE
2.それぞれ
3.WALL
4.愛し合うために行こう



 改めて曲を聴いてみましたが、どの曲も良いですね!
 個人的にはやはり『愛し合うために行こう』がカッコ良くて好きですね。『それぞれ』は先月のライブで初めて聴いた曲で感動しましたが、レコーディングされた音源もとっても良かったです。
 丸山さんのコーラスが好きだったりするんですが、今回収録されている曲たちはその丸山さんのコーラスが入っている曲が多くて嬉しかったり。


 そして、レコーディング時の映像は仮リズム録り~仮歌入れ~ドラム練習~ベース入れ~ギター入れという流れで今回収録されている4曲分収録されています。
 仮歌入れは英樹さんがハンドマイクで歌っていますが、ハンドマイクで歌う英樹さんって貴重ですよね。『WALL』での仮歌入れの時は間奏で英樹さんがギターを弾くフリなんかしていて、間奏後の歌に入り損ねるところが面白かったり・・・(笑)

 それにしても3年ほど前のユーストリームでの爆風トリビュートのレコーディングといい、今年のニコ生でのAJのレコーディングといい、こうやってレコーディングの映像が見れるというのは嬉しいですよね。音楽に疎い自分としてはどういった流れでレコーディングされていくのかがよく分かりました。数年前まではレコーディングって一発録りかと思っていましたもん(苦笑)

 間には英樹さんと丸山さんが収録される曲について解説やVoThMの歴史について話していたり、英樹さんが自分のベースについて語っている映像も収録されています。

 曲の解説は簡単なものでしたが、へ~と思うようなことがいくつかありましたね。
 『CHANGE』はオバマさんが大統領になった時期くらいにできた曲だそうです。ということは、『CHANGE』ってそこから取られたのか!
 『それぞれ』は今のところ一番新しいVoThMの曲で、VoThMの4代目ドラマーのGENさんが持ってきた曲みたいですね。
 『WALL』は何度かこのブログでも触れていますが、元々はVoThMの曲ではなく、関口さんと一緒にやっていたSijiMiの時の曲。英丸リクエストでお客さんからこの曲をリクエストされたことがきっかけで再び日の目を見た形になったそうですね。ではこの英丸リクエストがなかったらこの曲は収録されていなかったかもしれないんですね。
 『愛し合うために行こう』は英樹さんがベースラインを作って丸山さんがアレンジした曲ということだそうです。
 
 VoThMは結成してから25年ほどになるわけですが、そもそもは安全地帯の田中さんが英樹さんを誘ったところからスタートしたんですね。安全地帯が活動を休止するということで田中さんが新しいバンドを作ろうという流れに至ったわけですが、安全地帯は割とすぐに活動を再開したので結局田中さんが抜けてしまう形になったようです。

 英樹さんが今使っているベースはもともとはワーウィックの代わりに使っていたものですが(借り物だったんだとか・・・)、使用してから手放せなくなったくらい気に入れられたそうですね。そのベースは2003年の9月に生まれたみたいでもう11歳になるんですね。

 
 ちなみにこのUSB、ライブでの物販でしか売られていない様子。通販で売られる可能性はあまりないと思うので、ライブに足を運んだ際に是非お買い求め下さい。

追記(2014年11月11日)
 VoThMのネットショップが開設されたので、そこからUSBが購入できるようになりました!
 こちらからお買い求めください。

VoThMツアー追加公演決定!

2014.09.01

category : VoThM

comment(0)

 こんばんは。

 先月28日に八王子でVoThMのツアー前(と言ってもまだ1ヶ月以上も先なんですが・・・)の肩慣らしライブがありました。
 以前のツアーで演奏された曲の他に新たに追加された曲もあったりして、10月に行われるツアーがますます楽しみになってきました。ツアーのネタバレになりそうなのでセトリに関してはあまり書けないですが、自分は6月の英丸のライブで聴いた曲も演奏されたみたいなのでその曲にドラムが入ったらどうなるのかなと今からワクワクしています。

 そのライブの中でツアーの追加公演が発表されました。新たに追加されたのはこちら。

10/23(木) 八王子 Live Bar X.Y.Z.→A
10/28(火) さいたま新都心 HEAVEN'S ROCK VJ-3
10/29(水) 新宿WildSideTokyo
10/30(木) 柏 ThumbUp
10/31(金) 熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-1



 ということで、追加公演は関東を回る形になったみたいです。残念ながら名古屋はありませんでしたね。ちょっとガックシ・・・・。近い場所でライブがあると行きやすいので嬉しかったんですが・・・。
 それにしても間は空いたりはしますが10月14日から10月31日まで2週間半にも亘る長いツアーになりましたね。やはりこれだけの本数をこなすからには前回のツアーみたいに日替わり曲みたいなものを用意してセトリがちょこちょこ変わったりするのかな?

 英樹さんのブログでも触れられていましたが、先日VoThMのレコーディングがあったようです。
 どうやら聞いた話によると、レコーディングされた曲はCDではなくUSBという形で販売されるみたいですね。しかも、USBの中にはレコーディングされた曲だけでなく、映像も入るのだとか・・・!更に、USBは英樹さんが現在使用されているベースをモデルにしたUSBとなるみたいです。
 ・・・となると、去年の小畑辺英吉のライブの物販で売られていた小畑秀光さん(激鉄♪MAX!!)のギター型USBと似たような形になると思っても良さそうですね。お値段は4000円くらいだったような気がするので、VoThMのUSBも同じくらいの値段になるのかな。
 ちなみにレコーディングされた曲は音源化されていなかった曲だそうですね。自分が全く聴いたことがない曲もあるのでこちらも楽しみ!

VoThMとグルメツアー2014決定!

2014.08.07

category : VoThM

comment(2)

 こんばんは。

 既にご存じの方も多いと思いますが、VoThMの秋のツアーが発表されましたね。
 今回のツアーはこのような内容となりました。

VoThMとグルメツアー2014
(各グルメ企画に参加の方はメンバー分の支払いも負担となります)

10/14(火)尾道Cat Ch.22
グルメ第一弾:串かつ「一口」

10/15(水)岡山Crazy Mama Kingdum
グルメ第二弾:デミかつ丼「だてそば」

10/16(木)高知X-pt.
グルメ第三弾:コショウ餃子「松っちゃん」

10/17(金)高松Beatles
グルメ第四弾:カレーうどん「鶴丸」

10/18(土)高知にて移動日
グルメ第五弾:カツオのタタキ「居酒屋土佐」

10/19(日)松山Bar Standard
グルメ第六弾:鯛そうめん「五志喜(ごしき)」

10/20(月)京都都雅都雅
グルメ第七弾:ブルースチキン「Bar Outloop Way」

10/21(火)大阪南堀江Knave
ツアー打ち上げを終演後そのまま店でやります



 4月の豊橋でのVoThMのライブのMCで秋にもツアーをやることは決まっていて、移動日にはファンとお食事会をやろうみたいな話をファンキーさんがしていたんですけども、まさかライブと並行してお食事会が毎日行われるとは・・・!(笑)
 グルメ企画に参加される方はメンバー分の支払いも負担ということなのですが、メンバーの方と楽しくお話しながら美味しい料理を満喫できることになりそうですね。
 TwitterのTLで知ったんですが、岡山の「だてそば」は水曜日が定休日みたいで場所が変更になりそうです。

 このツアーの中で場所的に自分が一番行きやすいのは京都なんですけども、月曜日は必修の授業がありその授業が終わるのがだいたい16時半。バスで行くとしたら開演には間に合わないと思います。かと言って新幹線を使うのももったいないし・・・。
 しかも、10月20日にはBLUFFのライブが目黒であるみたいなんですよね。こちらも行きたいところなんですけども、こちらに行くとしたら授業を確実に休まなきゃいけないので余計に厳しいですね。
 となると行けるとしたら最終日の大阪になるかもしれません。
 どこに行くとしても、グルメ企画には参加しない方向でいます。大学生がメンバー分のお食事代を支払うというのがどうも変な感じがして・・・(汗)ただでさえ交通費でお金が飛ぶことになるので金銭的にも厳しいところがあるのも理由だったりするんですけどね。

 今回のツアーは中国、四国、関西を廻る形となっていますが、浜松や名古屋がないのはおそらく次があるからと考えてもいいと思います。豊橋や浜松はツアーに必ず入れるとファンキーさんも言っていましたし、ツアー詳細のページで一番上に「Tour2014vol1」と表示されているので、「vol2」もきっとあるのかなと思います。

 VoThMに関してはまだ嬉しい情報があるそうなので正式に発表があるのを待っています。

VoThMツアーの詳細

2014.02.21

category : VoThM

comment(2)

 こんばんは。

 2週間ぶりの更新となりますね。ここ1年は間隔をあまり開けずに更新してきたので久しぶりにこれほど間を開けてしまう形となりました。


 先月のことになりましたが、学期末の試験が無事に終わりました。今学期は前学期よりも頑張ったかいがあって、おそらく前学期よりは成績が良くなるのでは?と思っております。まだ結果が出ていないのでどうなるかは分かりませんが、やるだけのことはやったと思えます。
 ただテストではなくレポート課題のある授業はちょっと手を抜いてしまったところもあります。一体それがどう転ぶのやら・・・(汗)

 試験が終わったということで現在春休み中です。春休みなのでライブにも行きやすくなったわけですが、今月は関口さんのライブとTANaBEのライブを見るために東京に行く予定だったものの、大雪のために仕方なく東京に行くのは中止となりました。まさかタイミングを合わせたかのように雪が降るなんてなぁ・・・。これを楽しみにして今月は頑張ってきたところがあったので残念です。
 今月のTANaBEでは『浮気なジル』や『Love Is Magic』など普段やらない曲をやったみたいなので余計に残念に思えます。

 それにしても、春休みに入ってから色々なことに対してのやる気が薄れてきたところがあります。ブログを更新しなかったのも実はそういう理由があったりなんかします。それに以前まで楽しみにしていたことも急に楽しみではなくなってきたような気もして・・・。
 テスト期間中には忙しくて考えるていなかったものが長期の休みに入ったことで暇ができて色々と考えてしまうようにもなったりもしています。せっかくのお休みなので有効に活用したいんですけどもなかなかそうはいかないですね。


 明日は激鉄オムニバスのイベントがあり、そのイベントにVoThMが出演する予定でしたが、英樹さんが体調不良のため出演は中止になりました・・・。
 お医者さんからは3日~4日間の安静が必要との診断を受けたとのことなのでインフルエンザなのかな?と思っています。それでも英樹さんのブログだけでは正確なことが分からないので心配していたところ、末吉さんがTwitterで「メールで見る限りには元気そうですよ〜静養が必要なだけちゃうん?・・・というわけでライブ当日ステージから電話でつなぐことにしました〜」とつぶやいていたのでとりあえず安心しました。

 VoThMの出演は中止になってしまいましたが、英樹さんの代わりに米川さんとBBQ和佐田さんが加わり、米和佐丸末吉(よねわさまるすえきち)として出演することに!
 米川さんと丸山さんという2人のギタリストが共演するのはなかなかないので、この共演が貴重ですし、ベースが爆風スランプの和佐田さんというのも魅力的。演奏曲もそうですし、バンドの内容もどんな感じになるのか気になるところです。


 それとこちらは少し遅れた話題になってしまいますが、VoThMのツアーが正式に決まり、詳細も発表されたみたいです。

VoThM 地元バンドと対バンツアー2014春

4/20(日) 浜松 KJホール 
camels violet crown / PILAYEEVA / 小畑秀光(激鉄♪MAX!!)

4/21(月) 大阪南堀江 knave 
小畑秀光(激鉄♪ MAX!!)/大野賢治/和多田雄介

4/22(火) 神戸 チキンジョージ
小畑秀光(激鉄♪MAX!!)

4/23(水) 京都 都雅都雅
小畑秀光(激鉄♪MAX!!)/ 三井ぱんと大村はん

4/24(木) 豊橋 Club Knot
小畑秀光(激鉄♪MAX!!)/ Soul Tone



 まだ決まっていないところもありますが、今回のツアーはワンマンではなく地元のバンドと対バンだったんですね!そして、お馴染みの小畑さんも同行されるみたい(笑)できればワンマンで見たかったというのが正直なところですが、ツアーを行ってくれるだけでもありがたいですからね!
 でもB×Bのツアーに続いてこのツアーも名古屋飛ばし・・・(涙)県内で豊橋がありますが、名古屋からは地味に遠かったりするんですよね。VoThMを初体験するためにこの5公演のいずれかに参戦したいと考えていますが、曜日的に考えてもやっぱり豊橋になってくるのかな・・・?京都が思ったよりも行きやすいことが判明したので、京都も候補に入れたいと思うんですが、平日なのでどうなることやら・・・。

VoThM復活ライブ

2014.01.18

category : VoThM

comment(0)

 こんばんは。

 来週には学期末のテストがあり、今はそのテストに向けて勉強しています。何度かこのブログでも書いていますが、前学期の成績が悪かったので今学期は頑張らなければいけないと張り切っていたわけですが、いざテストの日が近くなるとどうもやる気が無くなってきて勉強に集中できないというのが現状です。
 今はだいたい1日1時間~2時間ほど勉強しているわけですが、人一倍記憶力が悪い自分にとってはこの勉強時間じゃ足りないくらいです。人によってはちょろっと復習すれば高得点を取れたりする人もいるのでそういう人を見ると素直に羨ましいです。好きなものだったら割と記憶することができるものの、どうも勉強になるとダメです(汗)
 ずっとテストのことが心にひっかかっているので早くテストから解放されたいです。テストが終わると久しぶりにライブに行くこともできるのでライブを楽しみに何とか踏ん張りたいと思います。
 

 昨日は久しぶりのVoThMのライブがありました。
 VoThMは2010年12月29日を最後に活動を休止しました。その後、英樹さんと丸山さんのユニットである英丸でVoThMの曲は演奏されているわけですが、バンド形式でのVoThMの曲を聴きたいと願う人も大勢いらっしゃったと思います。そんな中、ドラムにファンキー末吉さんを迎える形で再び活動が開始されました。
 久しぶりのVoThMライブということでたくさんのお客さんが集まったみたいですね。
 
v5-21279_convert_20140118174719.jpg
(↑の画像は丸山さんのブログから拝借しました)

 セットリストはこのような内容だったようです。

Welcome
警鐘を鳴らす快楽主義者
Hush,Little Baby
SNOW
Yes,it's true
「A」からはじまる
1991
アジアから来た女
I've loved them
愛し合うために行こう
奪われた物より多くをその手につかめ

(アンコール)
夜は何かに怯え
Gox3



 やっぱりセットリストを見ているとライブに行きたくなってしまいますね!
 VoThMの曲では『Welcome』と『アジアから来た女』しか生で聴いたことがないので他の曲も生で聴いてみたいです。
 
 次回のライブは2月22日にHEAVEN'S ROCKさいたま新都心という所で行うそうです。
 激鉄オムニバスのイベント?ということで、VoThMだけでなく小畑秀光さんのバンドである秀光など他のバンドも出演するみたいですね。
 丸山さんのブログを見ると、4月か5月にちょっとしたツアーもやるのだとか・・・!名古屋もツアーで来ることを願っています。もし実現したらようやくVoThMを見れることになるかも!

小畑辺英吉とVoThM

2013.10.18

category : VoThM

comment(0)

こんにちは。

昨日から小畑辺英吉のツアーが始まりました。
ツアー初日の場所はお馴染みの八王子Live Bar X.Y.Z.→A。

o0480064012719545832.jpg
(↑の画像は英樹さんのブログから拝借しました。)

八王子からツアーが始まるんだくらいしか特に意識していなかったんですが、
その日の夜にバイトから帰ってきてビックリ。
ユーストリームでライブ配信されていたんですね!
八王子でのライブの場合ユースト配信の可能性があることをすっかり忘れていました!

8月に小畑辺英吉の公開リハが八王子で行われた時はバイトを休みにして、
ユースト配信を待っていたんですが、結局配信されなくてガッカリしたことがあったので
油断していたのかもしれませんね。

でも、これから八王子でライブがあったとしても
あるかどうか分からないユースト配信のためにバイトをわざわざ休みにするのも難しいんですよね。
こういう時にバイトをしていなかったらと思ってしまいます(苦笑)


Twitterで丸山さんがライブ情報をつぶやいていたのでここにも書きます。

どうやら来年の1月17日に八王子Live Bar X.Y.Z.→Aにて
ファンキー末吉さんを助っ人に迎えてのVoThMライブが行われるそうです!

VoThMとしてのライブは2010年以来行われていないと思うので久しぶりのライブになりますね!
英樹さんと丸山さんのユニットの英丸ではVoThMの曲を演奏されていますが
バンドという形でもう一度聴いてみたいと思っていた方も多いんじゃないでしょうか?
最近出戻ったという方も多いでしょうしね。
そういう方にとっては待望のVoThMライブとなりますね。

VoThMは僕がC-C-Bにハマり始めた時から知っているバンドであり、
ちょうどその時期に発売されたアルバム「ZEN」も何度も聴いていました。
もし本格的に復活するのであればVoThMのライブに行ってみたいですね。

VoThMだけでなく、英丸もまだ一度も行っていないですし、
まだまだ行きたいライブがたくさんありますね(汗)

レコーディング音源と熊本

2010.08.19

category : VoThM

comment(2)

またも前回の更新から間が開いてしまいました。
夏休みでさえ、こういう更新頻度なので学校が始まったら更新頻度がまた落ちそうです・・・。
徐々にアクセス数も減ってきていますし、ブログもそろそろ辞め時なのかなと思ってしまいます。


さて、今月もライブがあったVoThMですが、先月レコーディングがあったみたいです。

wa7.jpg

いつになるかまだ分からないですがCDが発売するそうで、
完成するのがとても楽しみです。
ちなみにギターの丸山さんのブログにそのレコーディングの仮MIX音源がアップされています。
それはこちら
「Aishiautameni」というタイトルが書いてあるので、
以前からVoThMのライブで新曲として演奏されている「愛し合う為に行こう」でいいんですかね。
ライブに行ったことがない僕はもちろん初めて聴きましたが、とてもカッコイイ曲ですね!


それと、明後日には熊本で久しぶりのRyu'sライブがあります。
行かれる方は楽しんできてくださいね。

繋いだ手に力こめて

2009.07.17

category : VoThM

comment(2) trackback(0)

お久しぶりです。



7月に入ってから更新をバリバリしていくぞと思ったまではいいものの、



結局更新頻度が少ない状態です。




というのも本格的に僕の視力がヤバくなってきまして、




これはマズいということでパソコンをできる限り控えるようになったんですよ。




パソコンは控えるようになっても携帯をいじっているので、




あんまり目に対しての影響は変わらないんですけどね(苦笑)




でも、この夏休み中に少しでも視力を回復したいですね。






さて、木村さんのピンチヒッターとして笠さんがドラムを務めるVoThMのツアーが始まり、




一昨日にもライブがあったそうですが、




そこで、VoThMの曲の他に笠さんの曲を何曲かやったみたいで、




更にC-C-Bの曲「WALKIN'」もやったそうですね。




「WALKIN'」はC-C-B解散後でもVoThMでやることがあったり、




2003年のプチC-C-Bでやったりと、よく演奏される曲ですよね。




そういえば、この曲最近聴いてないなぁ・・・。






それとVoThMのライブDVDのジャケットが公開されてますね。




MKYL5001talljacket2.jpg




なかなかカッコイイじゃありませんか!




価格は3000円です。




ライブ会場とインターネット「VoThM OFFICIAL SHOP」にて販売とのことなんですが、




金銭的に厳しくなってきたので今は買うのは控えようと思います。




ちょっと前までお金はあると思っていたのですが、




この暑さのせいでジュースやらアイスやら買ってしまい、




気がつけば財布の中には10円玉と1円玉しかないという・・・。




ひょっとして財布の中にあったお金を盗まれた?!




なんて変な被害妄想をしてしまうほどピンチです(笑)





あ~やっぱりバイトをするべきなのかな・・・?

微妙な心境

2009.06.13

category : VoThM

comment(2) trackback(0)

祝!アクセス30000ヒット達成!




何とか30000まできましたね~。



20000ヒットを達成したのは去年の7月ですから、



約1年で10000ヒットですかぁ~。




これからはもっとアクセス数を伸ばすようにしていきたいんですが、




なかなか難しいですね。




高校生活、部活もやっていないので暇なことは暇になったんですが、



最近ではパソコンをやる時間も少なくなってきましたね。




その代わりに携帯ばかりいじっていますが・・・。






さて、7月15日にライブDVDが出るVoThMの話題を。




DVD発売にあたってツアーを行うVoThMですが、




ドラムの木村さんが「頸椎損傷」という怪我の症状が悪化したため、




このツアーでは急遽笠浩二さんがVoThMのドラムを叩くそうです。




ファンとしては微妙な心境ですよね。




笠さんの参加はC-C-Bファンとしては嬉しいんですが、




VoThMのドラムは木村さんでないと!という気持ちもありますし・・・。




木村さんは現在日常生活に支障がない状態にまで回復されているそうですが、




一日でも早くVoThMのドラマーとして復帰されることを祈っています。

VoThMメンバーのサイン

2008.02.08

category : VoThM

comment(3) trackback(0)

今年の1月くらいにC-C-Bファンの僕の師匠であるななみさんが、



VoThMのライブに行かれるということで、



その時にVoThMの3人のサインを貰ってきて頂けるという話をして頂いて、



これは是非とも!と思い、お願いしました。



そしてサインをして頂いた「ZEN」が今日届きました!



有名人のサインなんて生まれて初めて貰いました。



もう感無量ですね。



VoThMの3人のサイン、


直筆ですよ、直筆!



しかも僕の尊敬するベーシストである渡辺さんには



僕の名前(本名)まで書いていただいて・・・。



これはもう家宝ものです!



ななみさん、今回もありがとうございました!!

ZEN!

2008.01.09

category : VoThM

comment(2) trackback(0)

今日はこちらがようやく届きました!





ジャ~ン!!


20080109184352.jpg




VoThMのニューアルバム「ZEN」です!



今も聴いているんですが、



渡辺さんの声がC-C-B時代から全く衰えていないなぁなんて改めて思っちゃいますね。



最近は本当にC-C-Bしか聴いていなかったので、



キーボードがないVoThMのサウンドはとても新鮮でした。



渡辺さんのベースもすごくかっこいいですし、



ああいう音が僕も出せたらなぁ・・・。



レビューをしたいとは思っているんですが、



C-C-BのMUSICレビューが終わっていないのでちょっとできないかな・・・?

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad