かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

お盆と音楽遍歴

2013.08.14

category : 音楽

comment(0)

こんばんは。

今お盆なのでバイトもいつもと比べてかなり忙しいですね。
友達も地元に帰っているという人が多い中、僕は頑張ってバイトに励んでいます。
地元の友達も久しぶりに集まって遊んでいるそうで羨ましく思っています。
僕はお盆明けに実家に帰る予定なんですが、
こんな悔しい思いをするなら、お盆に帰れば良かったですね。
でも今更帰れないので我慢我慢!
3日後のTANaBEのライブを楽しみにして頑張ります。


以前の記事でC-C-Bに対しての熱量のグラフを載せたところ、
ユニコーンも好きというC-C-Bのファンの方が何人かいらっしゃることが分かり
ユニコーンにはC-C-Bと似たようなものがあるのかなと思ってしまいました。

自分はC-C-Bだけでなくユニコーンにもハマッていたり、
他にも色々なバンドやアーティストにハマっていたりします。
今回はそんな自分の音楽遍歴を書いてみようかなと思います。
自分がハマッたアーティスト、バンドだけでなく
気に入ったアーティスト、バンドまで含めると相当な数になるので
とりあえず今回取り上げるのは過去に自分がハマッたアーティスト、バンドを書いていきます。


2007年(14歳)
C-C-B
自分が1番最初に好きになったバンドであり、1番好きなバンドです。
多少の浮き沈みはありましたが、ハマって以来ずっと好きなバンドですね。
C-C-Bに関しては書くことがたくさんありますが、ここでは割愛します。


2008年(15歳)
バービーボーイズ
ニコニコ動画でアップされていたC-C-Bのラジオ番組で
バービーボーイズの曲である「負けるもんか」がかかっていたのを聴いて
バービーボーイズに興味を持ちました。
男女のツインヴォーカルによるロックバンドは当時の自分には新鮮に見えたのかもしれません。
バービーボーイズを友達に勧めたところ、その友達もハマってくれて、
一緒にカラオケで歌ったりしたのが懐かしいです。

とんねるず
小さい頃からTVでとんねるずの番組はよく見ていて、好きなお笑いコンビの一組でした。
中古屋でとんねるずのCDを何気なく購入してみたところ、良い曲がたくさんあることに気づき、
そこからアーティストとしてのとんねるずにハマりました。
特に憲武さんの歌声が好きなんですよね。

THE ALFEE
ALFEEは曲ごとにヴォーカルが変わるということで
ヴォーカルが一人だけではないバンドが好きな自分としてはそれ以前から気になっていました。
CDを購入してみたところ、案の定ハマりましたね。
「シンデレラは眠れない」が好きでこの曲を歌っている映像を見たいなと思っていたんですが
Youtubeにアップされていなかったので、この曲の映像を見るためにDVDまで買っちゃいました。


2009年(16歳)
Base Ball Bear
昔の曲が好きな自分が初めてハマッた最近のバンドです。
当時よく見ていたHPの管理人さんがお気に入りのバンドの1つとして挙げていて
気になって調べてみたらハマッてしまいました。
昔の曲好きな自分がハマッた要素はどこだったんだろうと今考えれば不思議ですね。
このバンドは高校生の頃に僕が想いを寄せていた人も好きだったりしたんですが
その人には振られてしまったので一時期聴くのが辛くて封印してしまいましたね。
それからまた聴くようにはなりましたが、
このバンドの曲を聴くとその頃のことを思い出してしまいますね。

爆風スランプ
友達とカラオケに行った時に、「Runner」のモノマネをしたら
意外とウケたのでこれは持ちネタとしていけるぞ!と思い、
レパートリーを増やすためにCDを買ってみたところ、ハマりました。
爆風スランプの魅力はメロディーや演奏はもちろんですけども、
特に中野さんによる歌詞だと僕は思います。
当時の自分は中野さんの詞に共感しましたね。
「Bitter Memories」は思い入れの強い一曲です。
まさか爆風スランプのドラムの末吉さんが
後にAJのサポートドラマーとして重要な存在になるとはこの時思ってもいませんでしたね。


2010年(17歳)
ユニコーン
あるC-C-Bファンの方がユニコーンも好きということで
自分も気になってCDを購入してみたところ、ハマりました。
その時は全然知らなかったんですが、
ユニコーンもメンバー全員がヴォーカルをとっているバンドなんですよね。
この時のハマりっぷりはスゴくて、お年玉を全部使い切る勢いでCDやDVDを購入してしまいました。
1万円以上もするDVDBOXもあまり悩みもせずに買っちゃいましたね。

THE BOOM
THE BOOMはどういうきっかけでハマッたのか忘れてしまいました。
Youtubeでの映像だったかな・・・?
THE BOOMは「島唄」と「風になりたい」しか知らなかったので
沖縄色の強いバンドというイメージだったんですが
他の曲を聴いてみたら意外とポップな曲やコミックソング?も歌っていて
そのギャップに惹かれたのかもしれません。
THE BOOMは時代を経つにつれて音楽のジャンルも次々と変わっていっているようですが
僕は4枚目までのアルバムが好きですね。


2011年(18歳)
SPARKS GO GO
ユニコーンとつながりの深いバンドということで興味を持ったバンドです。
ベースの八熊がヴォーカルを務めていて、これがまたカッコイイ歌声なんですよね。
「昔の歌声の方が良かった」、「昔と比べて劣化した」という意見が
歌手の方にはよく付きまといますが八熊さんは今の歌声の方が渋さがあって好きですね。

フジファブリック
Youtubeで何気なく聴いてみたらハマッてしまいましたね。
2009年にヴォーカルを務めていた志村さんが突然亡くなり、
今はギターの山内さんがヴォーカルをとっています。
志村さんはヴォーカルだけでなくこのバンドのほとんどの曲を作っていたため、
新体制になってから、志村さんがいた時と比較されて批判的な意見も多いですが、
志村さんがいた時の曲も新体制になってからの曲も好きですね。
「バウムクーヘン」という曲の詞にはメチャクチャ共感してしまったことから
フジファブリックの中で1番好きな曲です。


2012年(19歳)
岡村靖幸
岡村靖幸さんはそれ以前から知ってはいたものの、
歌い方とか個人的にちょっと苦手だと思っていましたが
気づいたら靖幸さんの曲をよく聴くようになりその歌い方も好きになっていました。
一時期太っていた靖幸さんですが、今は痩せられていて、
メガネをかけてスーツを着て歌って踊る靖幸さんにこんなカッコイイ大人になりたいなと思いました。


2013年(20歳)
氣志團
最近1番ハマッたバンドはこの氣志團かもしれません。
氣志團の曲は数曲しか知らなかったので、
試しにベストアルバムをレンタルしてみたところハマりましたね。
曲やCDジャケットに80年代、90年代好きにはニヤリとしてしまうようなパロディがあったりと
そこも面白いところかもしれません。
そういえば、氣志團は客入れのBGMにC-C-Bの「スクール・ボーイ」が使われていたそうですね。


僕がハマッたアーティスト、バンドはざっとこんな感じですけども
気に入ったアーティスト、バンドも挙げるとかなり出てきますね(笑)
こうして見ると僕がハマったバンドというのは
80年代後半のバンドブームの時に活躍したバンドが多いかもしれませんね。
その時代生まれていたらどうなっていたんだろ?

優しさとラジオ番組

2013.07.11

category : 音楽

comment(0)

こんばんは。

最近、何かとトラブルが続いているんですが
その度に色々な方の優しさを知ることができ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
トラブルを受けるとヘコんでしまいそうになりますが
そうなっていないのも、そうした優しさのおかげだと思います。

本当に色々な方に支えられているんだなということが身をもって実感できております。


C-C-Bが好きな僕ですけども昭和の音楽も大好きで当時のヒット曲をよく聴いています。
そんな僕にピッタリのラジオ番組「昭和音楽堂」を見つけました。
パーソナリティーは昭和歌謡マニアである俳優の半田健人さんと作曲家の林哲司さん。
半田さんの存在は「仮面ライダー555」に出演されていたことから以前から知っていました。
半田さんの年齢を考えると昭和の音楽ではなく平成の音楽を聴いている世代なのに関わらず
昭和歌謡に対しての詳しい知識に加えて
どことなく昭和好きな自分と通じる部分もあり密かに尊敬していました。

そんな半田さんがこのラジオ番組をされているのを最近知って、
聞きたいなと思っていたら、残念ながら僕の地域では聞くことが出来ず・・・。
嘆いていたら、友達に地域外のラジオ番組を聞くことが出来るという
スマホのアプリがあるのを教えて頂きました。
実際にダウンロードしてみたら色々な地域のラジオ番組を受信することが出来てビックリしちゃいました。
スマホでラジオが聞けるということは知っていましたが、
まさか違う地域のラジオ番組まで聞けるなんて思っていませんでした。

その「昭和音楽堂」はあるアーティストの特集だったり、ある作曲家さんの特集だったり
毎回1つのテーマを決めて放送ているんですが、是非C-C-Bも取り上げて欲しいですね。
半田さんと林さんがC-C-Bの音楽についてどういう意見をお持ちなのか聞いてみたいところです。

それにしてもこういう便利なものがC-C-Bが活動していた当時にもあったら
ファンの方も自分の地域では30分の短縮版しか放送されていない
C-C-Bのラジオ番組を通常の1時間の長さで聞くことが出来たり、
放送局が少なかったと言われる「C-C-BのCatch Box」も聞くことができたんだろうなと思ってしまいます。

二桁とKajagoogoo

2013.04.28

category : 音楽

comment(0)

こんばんは。

数年前にこのブログではほぼ毎日更新していた時期がありましたが
徐々に一ヶ月に書く記事の数が減っていき、
2008年9月を最後に一ヶ月に二桁の数の記事を書くことはなくなりました。

そこで今月は久しぶりに二桁の数の記事を書こうと決めていて
頑張って三日おきに記事を書いた結果、この記事で今月10本目の記事を書くことができました。
でも、かなり無理をしたので来月からは書きたい時に記事を書いていこうと思います。


以前田口さんのFacebookにおいてKajagoogooが紹介されてあり、
そこで貼ってあった動画を見てみたら、自分の大好きな80年代を思わせるサウンドだったので
先日KajagoogooのCDを借りてきました。

田口さんも書いてあったんですが、
Kajagoogooはドラムがシモンズだったり、ベースを高い位置で弾いていたり
キーボードがジュピター8だったりとC-C-Bと被るところが多いバンドだったんですね。

KajagoogooとC-C-Bといえばファンの間で有名なのは
Kajagoogooの「Too Shy」とC-C-Bの「急接近」が似ているというお話ですね。

kaja.jpg

「Too Shy」の方が先にできたので、「急接近」を作った英樹さんが
当時のC-C-Bのラジオで「パクりではないか?」とイジられたりしていました。
このお話は僕もよく知っていたんですが、
実は「Too Shy」を一度も聴いたことがなくて今回初めて聴きました。
確かに似ている・・・。
「Hey Girl♪」のところなんてそのまんまですね(笑)

そういえば、KajagoogooのヴォーカルであるLimahlさんがソロで発売した「Never Ending Story」は
2008年に再結成したC-C-Bの「Romanticは止められない」でカバーされていますね。
カバーしたのはともかく、この曲は以前から好きでした。

おめでとうと復活

2010.11.28

category : 音楽

comment(0)

期末テストまで2週間を切ってしまい、
また不安とプレッシャーの戦いが始まるのかと思うと憂鬱ですね。

「だけど僕は負けない♪そうさ愛の力コブ♪」
ということで頑張ります!


昨日、友達が彼女ができたということで報告を受けて自分も嬉しくなりました。
クリスマスが近づいてきているかこの時期はカップルが増えますね。

少し前の自分なら良いなぁと羨ましがっていましたが、
今は素直におめでとうと言えて応援することができます。


C-C-BのMUSICレビューの加筆修正をしました。
すてきなビート Part1
すてきなビート Part2

C-C-Bに改名後のアルバムですね。
このアルバムからガラッと曲調が変わるんですよね。
いかにもアイドルっぽい曲が目白押し。
よくよく聴いてみたら、関口さんヴォーカルの曲がこのアルバムでは多いんですね。

やはりこのアルバムの中でいうと今でも「I SAY,I LOVE YOU」が一番好きですね。
「浮気なジル」はちょっとだけベースで弾けるんですが、弾く時はノッちゃいますね。


本当に今更な話題になってしまっているんですが
僕の好きなバンドの1つである爆風スランプが12月12日に1日限定で復活します!
詳しくはこちら

爆風スランプは何度か1日限定という形で復活していますが、
今回の復活は見に行きたいんですけどもやはり東京は厳しいですね。
DVDになることを祈るばかりです。

どんな曲を演奏するのか楽しみです。
「Bitter Memories」という曲が個人的に思い入れが強いので歌って欲しいですね。

最近のハマッている洋楽

2010.09.05

category : 音楽

comment(10)

月曜日から新学期が始まりました。
久しぶりにクラスのみんなと会えて嬉しかったです。

僕の高校では2学期が始まってすぐに文化祭があります。
その文化祭が昨日あったんですが、今年の文化祭は去年よりも疲れましたね。
たくさん働いただけで今は良い思い出になったという実感はないんですけどね。
いつか振り返ってみた時に良い思い出だったと思えたらいいな。

それにしても文化祭をカップルで回ったりする人が多くて、とても羨ましく見ていました。
早く僕も彼女が欲しいです(苦笑)


C-C-BのMUSICレビューの加筆修正をしました。
今回も1つ。
Mild Weekend Part2

やっぱり「バイバイムーン」は今でもライブでのアレンジの方が良いなと思いますね。


最近昔の洋楽を聴くのが好きで、今よく聴いているのが、
TOTOの「Rosanna」とGenesisの「Invisible Touch」ですね。

「Rosanna」の方は初めて聴いた時、
何故か初めて聴くはずなのに妙に懐かしい気分になりましたね。
それと聴いていてとてもリラックスできるような曲でもあります。

「Invisible Touch」はユニコーンのラジオで聴いてから好きになりました。
もうイントロからザ・80年代っぽくて僕の好きな感じなんですよね。

確かTOTOはC-C-Bの田口さんや米川さんが好きなバンドだったような気がします。
GenesisもC-C-Bのラジオで一度話題になっていましたね。

粉雪が静かに降りてく

2009.12.18

category : 音楽

comment(2)

クリスマスまでもう後一週間ですね。




その日を待ち望んでいる人も多いのではないのでしょうか?




ということで、今回はクリスマスソングについてのお話を。





クリスマスソングというと有名なのは山下達郎さんの「クリスマスイブ」とか、





EXILEもカバーしたワムの「ラストクリスマス」などなどいろいろと思い浮かびますが、





僕の好きなC-C-B(ココナッツボーイズ)の曲では





「ゴールドコーストのクリスマス」や「霧のミステイク」なんかがそうですかね。





確か去年の12月のC-C-Bのライブでは、




「ゴールトコーストのクリスマス」を演奏したんですよね。




あれから1年かぁ~なんてライブを見に行ったわけでもないのに、




そんなことを思ってしまいますが。





「ゴールドコーストのクリスマス」といえば




先日あった関口さんのライブでも演奏されたようですね。




数あるクリスマスソングですが、僕の好きなクリスマスソングといえば、




杉山清貴さんの「最後のHolyNight」です。





これを聴くたびに「あぁクリスマスは彼女と過ごしたいなぁ」なんて思うんですよね。





そういえば、今週の「HEY!HEY!HEY!」で、クリスマスソングベスト20を放送していましたが、





この曲は入っていなかったと思います。





クリスマスソングとしてもこの曲は有名だと思っていたので見ていてちょっと残念でした。

友達とのカラオケ

2009.09.03

category : 音楽

comment(0) trackback(0)

新学期が始まって、早起きな生活の毎日に早くも辛さを覚えるようになってきました。



その他にも辛いことがたくさんあり、学校へ行きたくないと思うようになってきました。




これではマズイ、マズイ!




C-C-Bの「愛の力コブ」聴いて元気出します。





暗い話はさておき、僕は中一の夏から友達とカラオケに行くようになり、




それからカラオケにドップリとハマり込み、よく行くようになったわけなんですが、





先日暇だったので中一の夏から今まで友達とカラオケに行った回数を数えてみると




23回という数字でした。




これはよく行ってる人からしたら全然少ない数字だと思いますが、




僕にとっては予想していたよりも大きい数字で驚いちゃいましたね。





いや~、総額いくらかかったのかと考えるとゾッとしますね。





僕はカラオケでは幅広く曲を歌っているんですが、




毎回必ず歌っている定番の曲というのはなく、様々な曲を歌っています。





どの曲を一番多く歌っているのかカウントしてみたら、




一番は23回中6回歌ったC-C-Bの「空想Kiss」でした。




やっぱりC-C-Bなんですよね。




「空想Kiss」は「そんなことないやい♪失恋じゃないやいやい♪」




というフレーズが好きなんですよね。




続いて、23回中5回歌った曲は同じくC-C-Bの「原色したいね」です。




「原色したいね」はC-C-Bのシングル曲で上位に入るくらい好きな曲なのでよく歌います。




一度だけこの曲を覚えてきてくれた友達と「原色したいね」を歌ったことがあるんですが、




その時はものすごく嬉しかったですね。




遂にC-C-Bの曲をデュエットできた!みたいな(笑)




他にも「原色したいね」は歌詞を完璧に覚えていたものですから、




歌詞を見ないで歌ったりしたことなんかありましたね。




今、歌詞を見ないで歌えるかっていわれたら不安ですけども・・・。





もう一つ23回中5回歌った曲があって、それは尾崎豊さんの「卒業」です。





「卒業」はカラオケ行き始めたくらいの頃から、




間隔を空けて定期的に歌っている感じがしますね。






それにしてもカラオケはやっぱり良いですね。




先月行ったばかりなんですが、また行きたいです。

The Locomotion

2009.04.03

category : 音楽

trackback(0)

C-C-Bは当時ライブで「バーバラ・アン」や「Fun Fun Fun」、「Long Tall Sally」、




「We are American Band」といった洋楽のカバーを演奏していましたが、




その中でも僕はこの曲が最近好きになってきました。




その曲は「The Locomotion」です。









最近の人でもORANGE RANGEの「ロコローション」を聴いたことがある人なら、




あぁこの曲は!と反応する人も多いと思います。




事実、僕もオレンジレンジの「ロコローション」の方を先に聴きました。




この曲はたくさんのアーティストにカバーされていて色々と聞き比べてみましたが、




僕としては上に貼ったGrand Funkの「The Locomotion」が好きですね。

Let it be

2008.07.03

category : 音楽

comment(3) trackback(0)

僕はあまり洋楽は聴かないんですが、



最近、洋楽で聴いている曲があります。



それがビートルズの「Let it be」です。



ビートルズの音楽はC-C-Bの渡辺さんがとても影響を受けたと、



どこかのインタビューでも書いてありましたが、



この曲も渡辺さんはよく聴いていたんでしょうね。



渡辺さんの話も出てきましたので、C-C-Bネタで絡めると、



朝の爽やかな?ラジオ番組「Let it C-C-B」のエンディングとして、



この曲がインストで使われていました。



このインストバージョンも良いんですよね~。



でも、この曲を聴くと「Let it C-C-B」が終わってしまうなんて思って寂しくなっちゃいますが。




「Let it be」の動画を貼っておきます。




プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad