かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bとの出会いPart2

2007.11.30

category : C-C-B

comment(4) trackback(0)

去年の11月、レンタルした「青春歌年鑑」のC-C-Bの曲をMDに入れて、



ほぼ毎日のように当時のヒット曲とともにC-C-Bを聴き込んでいました。



何回も聴いてるとやっぱり曲だけじゃ物足りなくなってきたので、



映像でも見てみようと思うようになりました。



そうと思ったら、Youtubeに直行してC-C-Bの動画を検索しました。




C-C-Bの動画を検索すると、動画が結構あって、



一番最初に見たのは関口さん脱退の時の「夜ヒット」の映像。




歌っていた曲は「スクールガール~空想Kiss~Romantic」のメドレーでした。



この動画は今年の春くらいに削除されてしまったんですが、もう一度見たいですね。




「スクールガール」は聴いたことの無い曲でしたが、




笠さんが歌っているのを見て、




あ~これがC-C-Bなんだよなぁなんて思っていると




「スクールガール」から次の「空想Kiss」に切り替わりました。




すると、ビックリ。




ドラムの笠さんではなく



ベースを持っていた髪の長い男の人が歌い出したではありませんか!




当時の僕はC-C-Bというバンドは全ての曲は笠さんが歌っていて、




他の人はコーラスだけだろうななんて思っていました。




その考えはまったく違っていたのです!




確認のために他のC-C-Bの動画を見てみると、



やっぱり笠さんだけじゃなく他の人が歌っていました。




C-C-Bの動画を見ていると曲も良い曲ばかりで、のめり込むようになってしまいました。




第一ヴォーカルをとれる人が4人もいるバンドなんてそうはいない!と思って、




どんどんC-C-Bにハマっていきました。




それからはと言うものの今年の3月からCDを買いまくり、




DVDまで買っちゃって、さらには本まで買って今に至るわけです。




こんな感じで僕はC-C-Bを好きになりました。




やっぱり「電車男」が無ければC-C-Bを好きにはなれなかったですし、




それによってこのブログも作られなかったのではないかと思います。




そう思うと「電車男」を見ていて良かったなぁ。

C-C-B シングル Part3

2007.11.27

category : C-C-B MUSICレビュー

comment(11) trackback(0)

友達に聞くと、今日隣のクラスの美術の時間に、



女子が「Romanticが止まらない」を歌っていたそうです。



まぁ、これはスマスマの影響でしょうね。



でも、一昔前までは女子が「Romantic」を歌うなんて想像もつかなかったのに・・・。



女子が歌っていたのが「Romantic」じゃなくて




他のC-C-Bの曲だったら僕は感動していたでしょうね。




でもやっぱりC-C-Bの曲がこんな風に歌われるのはファンとしても嬉しいことです。



他のC-C-Bの曲もどんどん歌って欲しいところです。




それではC-C-Bのシングルレビューです。





元気なブロークン・ハート
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 船山基紀・C-C-B

髪を男の黒髪に戻しての一発目のシングル。
前作の「空想Kiss」はポップな感じでしたが、今回は少しアップテンポな感じですね。
「トゥットゥル、トゥットゥル、トゥットゥル、トゥトゥ~♪」
というコーラスが耳に残ります。
多分今の子が聴くと笑われそうな気がしますが・・・。
この曲は東京音楽祭世界大会で歌われましたね。
海外からのアーティストも参加している大舞台で
緊張していたみたいで歌詞を間違えているところが何回かありましたね。
他にも「ベストテン」でこの曲が初めてランクインしたとき、
関口さんが歌詞を間違えていました。
TVでこの曲を演奏するときは渡辺さんはベースではなく
スティックという弦楽器を持って演奏していました。
ちなみにこの頃の渡辺さんの髪型は個人的に結構好きです。
・・・・、曲の話から外れちゃいましたけど(笑)
イントロはCDと生演奏では若干違うんですよね。

笠さんのコメント「この曲は、もう一度歌いなおしたい曲の一つです。
時間がなくて、調子がでなかったことを、少々残念に思っています」


不自然な君が好き
作詞 松本隆 作曲 関口誠人 編曲 大谷和夫・C-C-B

シングルでは初のメンバーが作曲した曲。
作曲したのは関口誠人さん。
しっかりリードヴォーカルも歌っています。
関口さんがシングルでリードヴォーカルを歌うのは、
実は「Romantic」でヒットしてから初めてなんですよね。
関口さんファンはさぞお喜びになったでしょうね。
C-C-Bのシングルの中では比較的暗い方ですよね。
C-C-Bのラジオではラジオドラマにもなりました。
曲の暗い雰囲気と同じくシリアスな内容でしたね。
関口さんが脱退した後は関口さんパートは米川さんが歌っていましたが、
解散間近になると田口さんが歌っていましたね。
C-C-B最後のライブハウスでのライブで思いっきり歌詞を忘れていましたが・・・(苦笑)
この曲は86年のFNS歌謡祭で優秀歌謡音楽賞を受賞しました。

渡辺さんのコメント「関口ブシっていうんですか。うまいなぁって感じ」


ないものねだりのI Want You
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 大谷和夫・C-C-B

関口さんが在籍時のラストシングルです。
これも「毎度お騒がせします」の主題歌ですが、残念なことにすぐに差し替えられたそうです。
ラップ調でテンポが良くてかなり好きな曲です。
カラオケではこれを歌うと毎回高得点なんですよね。
この曲でテレビに出演した時の衣装はとにかく派手でしたね。
関口さんと渡辺さんは長いスカートを履いていました。
しかも、関口さんはパーマをかけちゃってるし、渡辺さんもすっかり髪が長くなっていましたし。
イントロの渡辺さんと関口さんがやっていたあの振り付けは好きですね。
思わず何回もマネしちゃいましたよ。
カラオケでもやってみたいんですけど、みんなの前でやるのは恥ずかしいですね。
TVやライブで演奏する時に歌い出しの前に
渡辺さんの「ワン、トゥー、スリー、フォー」というカウントが入るんですが、
時々「ワン、タン、チャーシュー」というカウントになったりしていましたね。
この曲には「ゼイ肉MIX」と「筋肉MIX」というバージョンがあるんですが、
それがまた面白いんですよね。
この曲でC-C-B最初で最後となるオリコンシングルチャート1位を獲得しました。

米川さんのコメント「あのリフは好き」

おかけんた・ゆうたさんについて

2007.11.25

category : C-C-B

comment(3) trackback(0)

皆さんは「おかけんた・ゆうた」さんというお笑い芸人はご存知でしょうか?



「走れ☆バンドマン」の中でお二人の漫才が入っていたので、




C-C-Bファンの方は知っている方も多いと思います。




僕は正直名前だけ見てもあまりピンときませんでした。



あの日が来るまでは・・・。



その日とは僕が大阪へ家族と一緒に旅行に行って、



吉本新喜劇を見て生エビちゃんに興奮した日です。



が、僕にはもう一つの興奮?がありました。



吉本新喜劇で前座として芸人さんの漫才が3、4組あるんです。



その3組目くらいにスクリーンに名前が出てきました。





「おかけんた・ゆうた」






え!??



驚きを隠せませんでしたね。




その頃の僕はC-C-Bの色々なHPを巡っていたので、




「おかけんた・ゆうた」さんが渡辺さんとラジオで共演したことがある




ということなどを知っていましたが、




「おかけんた・ゆうた」という名前しか知りませんでした。




まずこのお二方を見て思ったのが、




「テレビでも見たことのある人じゃん!」ということでした。




漫才の中にC-C-Bについての話題は残念ながらありませんでしたが、




それでも嬉しかったですよ。




だってC-C-Bと関わりがあった人を生で見れましたから!











でも何で今更、この話を持ってきたのかというと



書こう書こうと思っていたんですが、




知らず知らずのうちに書くことを忘れちゃいまして、



昨日やっと思い出してこのネタにしたわけです。






ちなみに「おかけんた・ゆうた」さんについてはこちらで。

C-C-B シングル Part2

2007.11.23

category : C-C-B MUSICレビュー

comment(3) trackback(0)

C-C-Bのシングルレビューです。




スクール・ガール
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 船山基紀・C-C-B

大ヒット曲「Romanticが止まらない」に続けとばかりに
再び笠さんがリードヴォーカルを担当することになった曲。
「Good Bye I Love You♪」のところは
笠さんが歌っていると思っていたら実際は渡辺さんが歌っていましたね。
やっぱりこの頃は2人の声が似ているため分かりにくいですね。
曲はどこか哀しげな感じで、歌詞は大人によって引き裂かれた恋だが、
今でも彼女を想っているというもので
どこか青春の甘酸っぱさみたいなものを感じて切ないですね。
Youtubeで見た「ザ・ベストテン」での最終出演で演奏したメドレーの最初の1曲目で、
バックで流れていた「ベストテン」初出演時の映像と相まって少しウルッときましたね。
「ザ・ベストテン」と言えば、この曲がランクインした時、
気球に乗せられたまま笠さんが歌っていましたね。
この曲の別バージョンとして歌詞を変えて、
関口さんがリードヴォーカルをとった「スクール・ボーイ」という曲があるんですが、
それもいずれレビューしたいと思います。

渡辺さんのコメント「確か、ツアーの最中にヴォーカル入れしたんだよねェー。
リュウも私も、声がガラガラで、録り直したと思うんですけど・・・」


Lucky Chanceをもう一度
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 船山基紀・C-C-B

シングルでは「Romantic」、「スクール・ガール」と
笠さんが2曲連続してリードヴォーカルを取っていましたが、
この曲では渡辺さんがリードヴォーカルを取りました。
「Romantic」とは違い、タイアップがなかったわけですが、この曲もヒットして、
「ベストテン」や「トップテン」では1位にランクインしていました。
キーボードによるイントロが個人的に結構好きです(田口さんもお気に入りなんだとか)
イントロの途中、TVやライブでは
「ハッ!」という掛け声を渡辺さんが言っていましたね。
後期にはその掛け声が「シュワッチ!」になっていて、ビックリしましたが(笑)
これはウルトラマンをイメージしたんでしょうか。
記念すべき紅白歌合戦出場の時に歌ったのがこの曲ですね。
PVはなかなか面白かったというか見てるこっちまで恥ずかしくなりましたね。
渡辺さんが主役で他の4人は天使の役という何ともすごいもの。
でも、天使の格好した4人は見てみる価値がありますよ。
ちなみに裏話として笠さんがこの曲は前の2曲に比べて、
気が楽に歌えたと「CLOSE」に書いていましたね。
渡辺さんは売れてから初めてのリードヴォーカルのシングルということで、
売れなかったら・・・というプレッシャーもあったそうです。

田口さんのコメント「ザ・ベストテン400回記念の時、一位だった曲。有名だったんだネ!」


空想Kiss
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 船山基紀・C-C-B

「毎度お騒がせします」の主題歌です。
この曲も「LuckyChance」に続いて
笠さんがサビで渡辺さんがサビ以外を歌っています。
TVやライブでは渡辺さんが曲の合間に指パッチンをしながら
歌うというパフォーマンス?がありましたね。
あれは僕も結構マネしてしまいます(笑)
イントロ部分のベースが良いので、
耳コピしたいんですけど音感が無いものですから無理ですね。
「そんなことないやいや~い♪」というフレーズが印象的で個人的に好きです。
僕はカラオケでは毎回この曲だけはかかさずに歌っているんですが、
その部分を特に意識して歌ってしまいますね。
本当は渡辺さんと笠さんパートに分かれて2人で歌いたいんですけどね。
ちなみにこちらも「スクール・ガール」同様に、関口さんが歌う「空想Kiss-2」があります。
どうやら本来はこちらが先に作られていたみたいですね。

笠さんのコメント「最初、他の人にアレンジしてもらっていたのを、
自分達でツアーのあい間に作りなおしたのを覚えています」



結構これを書くのは疲れますね。


だいたい1時間くらいかかりますよ。


内容が薄い割には・・・(苦笑)

C-C-Bとの出会い Part1

2007.11.20

category : C-C-B

comment(3) trackback(0)

今回は何故中学生の自分がC-C-Bにハマッたのか書いていきたいと思います。



僕は2年くらい前まではC-C-Bって何?という感じでした。



と言ってもテレビで偶然に目にする機会は多かったですね。



「TVチャンピオン」で関口さんが出たときもたまたま見ていましたし、



テレビ朝日の「あの人は今」系の番組でもC-C-Bを見ました。



「ザ・ベストテン2004」ではビデオを撮っていたのに、



C-C-B登場前にテープが切れちゃいましたが、



眠たい目をこすりながらC-C-Bも見た記憶があります。



そして、何と言っても普段ドラマは見ないのに



熱心に毎週見ていた「電車男」で挿入歌として「Romanticが止まらない」が使われたのが



C-C-Bにハマったきっかけの一つなのかもしれません。



「Romantic」のあのイントロがとても好きでしたね。



それから少し時が流れて中学入学くらいから



僕は「青春歌年鑑」というCDを借りて、



気に入った曲をMDに入れていました。







SRCL4910_s.jpg



↑これですね。




80年から徐々に借りていって、



中学1年生の10月に「青春歌年鑑」85年を借りました。



その中に「Romantic」が入っていたので、迷わずにMDに入れました。



「電車男」を懐かしみながらずっと「Romantic」を聴きまくっていましたね。




続いて、11月に「青春歌年鑑」86年、87年を借りました。




2つのCDの中にC-C-Bの曲は「空想Kiss」と「ないものねだり」と



「原色したいね」が入っていたんですが、




「空想Kiss」は「失恋じゃないやいや~い♪」の歌詞に惹かれて



MDに入れました。




「ないものねだり」は「後ろの正面だ・あ・れ♪」の歌詞に惹かれて



MDに入れました。




「原色したいね」はその頃の僕には



ピンとこなかったのかスルーしました。




と言っても歌詞で判断するなんてその頃の僕の考えはサッパリですね。




今回はここまでです。



次回に続きます。

C-C-B シングル Part1

2007.11.19

category : C-C-B MUSICレビュー

comment(8) trackback(0)

いよいよ解説を始めることにしました!



音楽的知識がまったく無い僕なので、



解説になってないような感じになってしまいますがご了承下さい。



それではまずはC-C-B(初期2曲はココナッツボーイズ)の



シングルからレビューを始めたいと思います。




Candy
作詞 児島由美 作曲 萩原健太 編曲 佐孝康夫・萩原健太・C-C-B

記念すべきC-C-Bいやココナッツボーイズのファーストシングルです!
ここから歴史が始まったんですね~。
ヨーグルトのCMのタイアップという恵まれた状況の中、セールスはいまいち・・・。
ヨーグルトのCMなのに「キャンディー」というタイトルで、
一番印象に残るサビの部分が使われなかったということが売れなかった一つの原因みたいですが。
曲はいかにもココナッツボーイズらしい一曲。
この頃ってあまり笠さんがヴォーカルをとっていなかったんですが、
ファーストシングルはバッチリ歌っていますね。
音域が広い曲で、この3人だからこその曲だと思いますね。
ファーストシングルということで渡辺さん、関口さん、笠さんの声もまだあどけない感じがしますが、
それもまたこの曲ならではの魅力じゃないでしょうか。
この曲を聴いて、次に「信じていれば」のアルバムの一曲を聴いたら全く別物ですね。
同じバンドとは思えないです!

渡辺さんのコメント「ジャーン!渡辺・レコードデビュー。しかも、コマーシャルソング。
はっきり言って売れないと思ってました。曲はよかったのにねェ」


瞳少女
作詞 秋元康 作曲 芹沢廣明 編曲 松井忠重・C-C-B

セカンドシングルになりますね。
この頃もまだC-C-Bに改名前のココナッツボーイズですね。
「Candy」に続いてこの曲もCMのタイアップでした。
大橋巨泉さんの番組の間のCMに流れていたそうで、
番組を見ていた方には割と知られている曲だったみたいですが、
こちらも売上はイマイチ・・・。
いきなりの笠さんの「君かわいいね~♪」という歌声には初めて聴いた時は驚きました。
渡辺さんがリードヴォーカルということもありますが。
間奏のトランペットとかいかにもチェッカーズっぽい曲に仕上がっていますが、
それもそのはず当時チェッカーズの曲を書いていた芹沢さんの作曲なんですよね。
夏に聴くのにお勧めの一曲です。
ちなみにC-C-Bに改名した後、このシングルは再発されて、
ジャケットもメンバーが髪を染めた写真が使われました。

笠さんのコメント「これが初のコマーシャルの仕事。
チェッカーズも書いている、芹澤廣明氏の曲ということで、
ものすごく期待してたんだけど・・・」


Romanticが止まらない
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 船山基紀・C-C-B

C-C-Bがメジャーになった記念すべき曲。
そして、C-C-Bで一番売れたシングルです。
「毎度お騒がせします」の主題歌であり、
「ザ・ベストテン」では番組100曲目の第1位に輝きました。
近年では「電車男」や「スマスマ」での稲垣さんや
内藤選手の効果でC-C-Bを知らない世代にも知られるようになりましたね。
でも、C-C-Bといえばこの曲となってしまい、
解散後、毎回毎回テレビに出演する度にこの曲しか歌えないという現実・・・。
良い曲いっぱい出しているのになぁ・・。
今更僕が言うようなことではありませんが、笠さんがリードヴォーカルですね。
この曲の影響で、C-C-B=笠さんというイメージになってしまっているんですよね。
まぁ、この曲が無ければ後のC-C-Bが無かったので文句ばかり言っていてもしょうがないんですけどね。
曲は電子ドラムからキーボードのあの流れがとても印象的ですね。
キンキキッズの番組に笠さんがゲストで出た時、
この曲を演奏したんですが、キーボードの部分がトランペットになっていました。
やっぱり僕としてはあのキーボードの音が一番しっくりきますね。
当時の裏話としてこの曲が売れなければC-C-B解散という中、
リードヴォーカルに指名された笠さんは
プレッシャーからかこの曲を覚えるのに苦戦したみたいですね。
C-C-B解散後もメンバーが何度かセルフカバーしています。

渡辺さんのコメント「まさに、この曲です。スゴイ!!
リュウが必死になって、歌を覚えました」




いや~、初めての解説だったわけですが、解説になっていませんね。




すいません。



でも、こんな感じでやっていきます。



さて、今シングルだから語ることはいっぱいあるものの、



これがアルバム曲になったらどうなるんでしょう?




それと、C-C-Bファンの方、



ここは違っているぞということがありましたら、どんどんコメントでご指摘下さい。




何分、僕はまだC-C-Bのファンになってから1年も経っていないですから。



先輩の皆さんよろしくお願いします!

カラオケ

2007.11.18

category : C-C-B

comment(6) trackback(0)

今日は友達とカラオケに行って来ました。



いつも行っている近くのカラオケ屋さんではなく少し遠いカラオケ屋さんに行ってきました。




そのカラオケ屋さんは初めて行きましたが良かったですね。




自転車で行くには大変ですがみんなで行く分には大丈夫です。




帰りの時間になると周りは真っ暗で寒いですし、



おまけに薄着で本当に辛かったです。




冬の寒さを文字通り肌で感じましたね。




さて、カラオケなんですが、



いつも行っているカラオケとは違う機種なんで採点が甘かったですね。




僕でも95点が2つ出せましたね。




その2曲のうちの1曲が某女性グループの歌でノリで歌ってみたら思わぬ高得点で驚きましたね。




もう1曲はアリスの「今はもうだれも」でした。




C-C-Bの曲も何曲か歌いました。




「原色したいね」と「不自然な君が好き」は歌詞表示を無くして歌ってみました。




さすがに普段から聴いているのでほとんど完璧に歌えましたね。




点数の方はイマイチでしたけど・・・(苦笑)




僕は声が低いのでキーが高いC-C-Bは厳しいですね。




全然声が出ませんよ・・・。




高い声が出る人が羨ましいです。




それにビブラートをかけれる人も羨ましい・・・。




「Love Is Magic」のサビは全然声が出なくてツラかったです。



さすが渡辺さんです。

動画情報

2007.11.14

category : C-C-B 動画

comment(8) trackback(0)

willow30さんのブログで知ったわけですが、



今、YAHOO!動画でC-C-Bの動画が公開されております。



こちらなんですが、




関口さん脱退の時のライブ映像です。



贅沢に13曲も聴けますよ。



「Romanticが止まらない」しか知らない人は見るべきですね!



公開は来年の1月7日までなのでお早めに!



それにしても内藤選手の効果はすごいものですね。







続いては僕が毎日見ているニコニコ動画なんですが、







貴重なライブ映像です。



87年の武道館でのライブ映像になるんですけども、




動画の曲はC-C-BのDVDBOXには収録されていないのでお勧めですね。



特に「急接近」はCDに収録されている歌詞と別バージョン!



いや~貴重です。



もう一つあります。






こちらもDVDには収録されていないので必見です。



ニコニコ動画は登録が必要なので注意して下さいね。

歓喜

2007.11.10

category : C-C-B

comment(8) trackback(0)

今日はこっこさんにダビングして頂いたC-C-BのCDが届きました!



おまけまで付けていただいて、本当にありがとうございます!



もう、感動しましたよ。



これでC-C-Bのアルバム曲は全部聴いたことになりますね。



いや~、全部聴けるなんて、来年いや、



再来年までかかりそうだと思っていただけにとても嬉しいです。




やっぱり言えるのは、



C-C-B最高!




ますます好きになっちゃいました。



これからもファンとして、



C-C-Bの5人を応援していきたいと思います。




そしてゆくゆくは本人に会うこと!



握手なんてしてもらったらもう興奮しまくりでしょうね。

最悪な日

2007.11.08

category : C-C-B

comment(9) trackback(0)

今日11月8日はC-C-Bの顔とも言える



ドラム担当の笠浩二さんの誕生日だったわけですが、



僕にとっては最悪な日となってしまいました。




先週、C-C-Bのアルバム「冒険のススメ」をオークションで安値で落札し




届いたらこの場で紹介しようと思い、このことにはあえて触れなかったんですが、




それが先ほどメールのやり取りをするのを忘れていたと父から報告がありました。




それにより、「冒険のススメ」を出品した方との取引を強制的に打ち切られてしまいました。




つまり、「冒険のススメ」が手に入らなくなったということです。




これを知った時に僕は一人で部屋にこもり、ずっと泣いていました。




今は落ち着きはしましたが、ショックを受け続けております。




いつ届くのかを楽しみにして学校を頑張ってきたのに・・・。




学校から家に帰ると真っ先に届いていないかとチェックしていたのに。




そんな僕がまるでバカみたいですね。




これを読んでいる方の中にはCD1枚手に入らなかったくらいで・・・と




思う方もいらっしゃるかもしれません。





でも、そんなCD1枚を楽しみにして




頑張ってきた僕がいるということを知ってほしいです。






今回安値で落札できたのはほとんど奇跡に近いので、




もうその安値で落札できないという可能性もあります。




勿論、お金をそれなりに出せば手に入るものではありますが、




そんなお金があったらもう今頃、C-C-Bのアルバムを全て揃えています。






泣いた理由はそれだけではないのですが、




ここでは書きづらいものなので書くのは控えておきます。






追記

心配をかけてどうもすみません。



こっこさんが「冒険のススメ」のCDをダビングして頂けるとのことなので、




ショックから立ち直ることができました(早っ




また明日から頑張れます!

C-C-Bの再結成願望

2007.11.06

category : C-C-B

comment(5) trackback(0)

C-C-Bが再結成しないかなと最近思っています。



稲垣吾郎さんや内藤大助さんのおかげでC-C-Bがまた注目され始めて、



再結成するチャンスは今しかないと思うんですけどね。





本来の5人が良いのかそれとも関口さん抜きの4人が良いかと聞かれると、




僕は5人が良いと思います。




脱退したと言っても関口さんがいてこそのC-C-Bですもん!




できれば5人全員が元気なうちに再結成して欲しいところですが・・・。





そういえば、最近笠さんが頻繁にテレビに出ているような気がしますね。



今月4日には朝の日テレの番組に出ていました。



元アイドル座談会という形で笠さんが出ていましたが、



アイドルかぁ~。



確かに売れてきた頃はアイドルバンドという感じでしたが、




後期ではもうロックバンドになっていましたよね。



テレビにもあまり出なくなり、ライブメインで活動していましたし。



なので自分の中ではC-C-Bがアイドル扱いされることに少し違和感を感じちゃいますね。




おぉっと、話が逸れてしまいました。



C-C-Bが再結成して、



それがきっかけに僕と同じ世代の人のファンが増える事を



誰よりも望んでいるかいしんでした。

三喜屋・野村モーター'S BANDのミニアルバム発売!

2007.11.01

category : 渡辺英樹

comment(5) trackback(0)

C-C-Bのリーダーそして僕の尊敬するベーシスト、



渡辺英樹さん




現在所属しているバンド「三喜屋・野村モーター'S BAND」の



ミニアルバムが今日発売となりました。




タイトルのインパクトが凄いんですよね。



「青い牛乳」!



41L-TyeqvpL.jpg




こういうのって三喜屋らしいです(笑)




そのアルバムを買おうと思っているんですが、



やっぱり金銭的な問題がですね・・・。



でも、頑張って見ます。



絶対買ってみせます!

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad