かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

実家と髪の色

2012.12.30

category : その他

comment(4)

こんにちは。

一昨日から三重の実家に帰ってきて、家で家族と過ごしたり、
地元の友達と遊んだりして、つかの間の生活を楽しんでいます。

夏休みに実家に帰ってきたときにも地元の友達と遊んだりしましたが、
その時よりも地元の友達と遊ぶことができる楽しさやありがたさが増したかもしれません。
気を遣わずに話せる友達の存在というのは本当にありがたいです。
小学校や中学校のときの思い出話で盛り上がることができるのも
地元の友達との会話ならではだと思います。

今後も予定がいくつか入っているのでまだまだ地元でのひとときを楽しみます。


話は変わって、クリスマス前の話になるんですが人生で初めて髪を染めました。

髪を染めたといえばC-C-Bも84年からカラフルな髪に染めて、
「Romanticが止まらない」のヒットとともに、
C-C-Bはカラフルな髪の毛をしているバンドという印象を持っている方が多いと思います。
2008年にC-C-Bが再結成したときもそのイメージが強いためか、
渡辺さんや関口さんは当時の髪の毛の色のカツラを被っていましたし。
でも意外と知られていないのが髪を染めていた時期はだいたい1年半~2年くらいなんですよね。
C-C-B(ココナッツボーイズ時代も含めて)の活動期間が7年なので
カラフルな髪の毛の時期というのは半分にも満たない期間なんです。

そんなC-C-Bの豆知識はこれくらいにして。
髪の毛の色はさすがにC-C-Bみたいにカラフルな色にはできず、無難に茶色に染めました。

ここ最近まで僕は男は黒髪だ!と古風な考えを持っていましたが、
大学に入ってから髪を染めている人が多くて
朱に交われば赤くなるなんていう言葉の通り、自分も染めたいなという考えに変わりました。
もうすぐ2013年ということで新年は髪を染めることにより
少しイメチェンをしてスタートしたいと思って染めたわけなんですが、周りの反応は割りと良かったです。
家族も何か言われるかななんて冷や冷やしていましたが、好評だったので嬉しい限りです。


明日で2012年も終わりということで今日が今年最後のブログ更新となると思います。

今年もたくさんの方々に支えられて、無事に一年続けることができました。
来年も続けられるように頑張っていけたらなと思います。

今年もありがとうございました。

AJ-米田渡-Let's Go Climaxへの道

2012.12.26

category : C-C-B Ustream・ニコ生など

comment(0)

こんにちは。

前回の記事で書いた通り、22日にあった米田渡のユースト配信について書いていきます。

今回は「AJ-米田渡-Let's Go Climaxへの道」というタイトルで、
米田渡の3人に、米田渡専属マネージャー?でお馴染みの松木さんを加えた4人での配信で、
内容は来年のツアーについての宣伝や会議が中心でした。

いつものように気になったシーンだけを紹介します。


・米田渡の「腰抜けスーパーチャンプ」のライブ映像!(田口★祭2より)
 笠さんパートであるサビは田口さんが担当

・田口さん「米川さん、じっとしてギター弾けないよね」

・米川さんがギターを弾いている時にライトが当たらない方に行くことがあるので
 渡辺さんが懐中電灯を身につけて、米川さんを照らしに行くというアイデア

・今月29日にあるTHE GATESの忘年会&ライブで景品が当たる抽選会をやるとのことで
 その景品は田口さんがオリジナルCD(実現するかは微妙?)
 渡辺さんがC-C-Bでシングル「抱きしめたい」を出した時の写真

・そのTHE GATESのライブでは当日のライブ音源を
 後にダウンロードできるカードが買うことができるみたいです

・米田渡による松木さんのバースデーサプライズ

・渡辺さん「来年田口のカレンダー作りなよ、ヌードで」 シーン・・・

・米川さんの「End Of The World」のライブ映像!

・米田渡の「シーラカンス」というタイトルの新曲の話が進んでいる・・・?
 渡辺さんが書いた詞を米川さん、田口さんに渡したんだとか

・「走れ☆バンドマン」の渡辺さんが書いたあの詞は詞とみなしていいのかと
 田口さんが不満を持っている

・次のツアーのDVD化も検討、更には米田渡のカレンダーも・・・?

・渡辺さん「今、サックス練習してるんだよ・・・うそ~~!それじゃ関口だろ」

・次のツアーで演奏する曲を視聴者のコメントで決めるときに
 田口さん「「天河伝説(殺人事件)」とか書き込まないでよ~」

・ツアーは各会場でセットリストが多少変わる

・米川さんのソロ曲である「トワニナレル」が作詞が渡辺さんということもあり
 米田渡でも演奏される・・・?

・米田渡の「ないものねだりのI Want You」のライブ映像!(田口★祭2より)
 笠さんパートであるサビは米川さんが担当


ざっと気になったところだけ紹介しましたが、
個人的に一番見てよかったなと思えたのが
田口★祭2での「腰抜けスーパーチャンプ」のライブ映像が見ることができたことですね。

米田渡が演奏するココナッツボーイズの曲をまさか見ることができるなんて・・・。
古さを感じないくらいカッコ良かったです。
ただサビの笠さんパートのキーが高いなと改めて思いました。

「ないものねだり」のライブ映像もカッコ良かったです。
米川さんが歌うサビもどうやらライブを見に行った方の中でも好評だったようですね。
米田渡のライブはC-C-Bのアルバムの曲が中心なので
シングル曲を演奏することはあまりないわけですが、他のシングル曲も聴いてみたいですね。

クリスマスと冬休み

2012.12.25

category : その他

comment(0)

こんにちは。

今日はクリスマスですね。
前回の記事でも書いたように彼女ができるわけもなく、
恋人とクリスマスを過ごすことができない僕は大学からこの記事を書いています(苦笑)
街を出るとカップルがたくさんいて更に寂しい気持ちになってしまいますが、めげずに頑張ります。


今日がクリスマスなので、クリスマスとC-C-Bについて触れてみます。
まず浮かんでくるのがココナッツボーイズの「ゴールドコーストのクリスマス」ですね。
ココナッツボーイズ時代の曲なので、
C-C-Bに改名してからはほとんど演奏されたことがない曲だったわけですが、
2008年に再結成したC-C-Bのライブの中で一度演奏されましたね。

他の曲では「スワンの城」もクリスマスのイメージがありますね。
というのも、笠さんがC-C-B解散後にソロで出した「MERRY CHRISTMAS」というシングルの中に
「クリスマス・ソングス」というタイトルでクリスマスの曲のメドレーがあるんですが、
「きよしこの夜」や「サンタが町にやって来る」といった有名なクリスマスの曲のメドレーの中に
「スワンの城」が入っているので、そういうイメージがあるのかもしれませんね。

後は「霧のミステイク」なんかもクリスマスの雰囲気がありますね。

今日はこの3曲をゆっくり聴いてクリスマス気分を味わおうと思います。



さて、僕の大学では今月の22日から冬休みに入りました。
来月の6日まで休みがあり、更に年末年始ということもあって
明々後日くらいには実家に帰るつもりです。
夏休み以来実家には帰っていなかったので久しぶりの実家を満喫したいと思います。
実家ではネットができるのでブログも更新できればなと思っています。


先日、米田渡のユースト配信があったんですが、
スマホからですけどもリアルタイムで見ることができました。
トークももちろん楽しかったですし、「田口祭2」の貴重な映像も流れたりして大満足な配信でした。
その配信はもう見ることができないようですが、メモを取っておいたので
また別の記事でこの配信について書いていきます。

今日は時間がないので、この辺で。

もうすぐクリスマスとユースト配信

2012.12.17

category : AJ -米田渡-

comment(0)

こんにちは。

クリスマスまで約1週間ということで、
大学の友達との会話の中でもよくクリスマスの話題が出てきます。
その話題の中で必然的に出てくるのが「リア充」というキーワード。
「リア充」とは、本来はリアル(現実)の生活が充実している人物を指す言葉ですが
現在では恋人がいる人物を指す言葉になっているという感じですね。

僕は以前の記事でクリスマスに向けて
「今から無理をしてでも彼女を作ることはない」と書きましたが、
やっぱりクリスマスが近づいてくると彼女が欲しいなぁと思ってしまいますね。
残念ながらそういうお相手も見つけられそうにないので
来年に期待するしかないんですが、いつかはクリスマスには彼女と過ごしたいですね。


さて、米田渡のユーストリーム情報です。
松木隆裕さんのTwitterによると、今月の22日(土)の18時半頃から
「AJ-米田渡-Let's Go Climaxへの道」というタイトルで
いつもの場所であるUstreamのFunkHornMusicチャンネルから配信するそうです。

来年のツアーについてのことを話し合うんでしょうかね。
どういった曲を演奏するのかなんてことも話し合ったりしちゃうんですかね。
もの凄く楽しみなんですが、僕はリアルタイムでは見ることができないので
いつものようにアーカイブが残ることを期待しています。

サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ

2012.12.12

category : C-C-B Ustream・ニコ生など

comment(0)

こんにちは。

昨日、FMせたがやの「サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ」に米田渡がゲスト出演しました。
僕はリアルタイムでは少ししか見ることができなかったのですが、
そのユースト配信分のアーカイブが残っていて見ることができたのでそのレビューをします。

今回の「サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ」は
サンプラザ中野さんに代わってパッパラー河合さんがメインパーソナリティーを務めていました。
そして米田渡に加えて専属マネージャー(笑)の松木さんもゲスト出演していました。

さすがにこの番組を丸々レビューするのは大変なので
気になったシーンだけを抜粋して紹介します。


・渡辺さんだけがC-C-Bかと思っていた河合さんが
 「えっ!(米田渡は)みんなC-C-Bなの?!」という発言に対して
 渡辺さんが「ホント田口っぽい!(笑)」

・渡辺さんが「(ライバルバンドは)いなかった」と言っていて、
 「深イイ話」でチェッカーズがライバルだったと言っていた笠さんをバッサリ否定する形に。

・ヒットする前、安全地帯とC-C-Bが対バンをやっていた

・C-C-Bにどうして入ったのかに対して、米川さんが「ハメられた」

・米田渡の「愛の力コブ」生演奏!(米川さんによるギター伴奏)
 田口さんが関口さんパートを歌っていました!

・米川さんのニューアルバムのジャケットを撮影したのは松木さん

・河合さん「(見た感じ米田渡の中では)米川さんが真面目かな」

・爆風スランプトリビュートのイベントで米田渡が披露する「Runner」の
 笠さんパートはファンキー末吉さんが歌うみたい

・米川さんによる「End Of The World」生演奏!

・田口さん、笑いすぎて足が攣る(笑)

・C-C-Bって紅白歌合戦に出場したのは85年?86年?


トークが楽しくてあっという間の時間でしたね。
河合さんの天然っぷりが炸裂していましたよ(笑)
その分、河合さんに圧倒されて田口さんが大人しかったような気がしました。

雪とせたがやたがやせ

2012.12.10

category : AJ -米田渡-

comment(0)

こんばんは。

今日は名古屋で雪が降っていて、少し積もったりもしましたね。
僕が以前住んでいたところではあまり雪が降らない地域で、
雪が積もるという経験はあまり経験したことがなかったので寒いんですが、
テンションが上がってしまいました。


今日は記事を書く時間があまりないので一昨日得た情報だけ書いておきます。
その情報とは米田渡の出演情報です。

明日FMせたがやの「サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ」に米田渡がゲスト出演するそうです。
12/11(火)22:00~22:45 エフエム世田谷(83.4MHz)
ユーストリームでは21:30〜からの出演となるそうです。

スマホでもユーストリームは見れるんですけども、
固まったりすることがよくあって僕は見れそうもないんですけども
ユーストリームの「サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ」では
過去のアーカイブが残っているようなのでこの放送分もアーカイブが残りそうですね。
リアルタイムでは見ることができませんが、アーカイブが残っていたら見ようと思います。

人生が変わる1分間の深イイ話

2012.12.04

category : C-C-B TV・ビデオレビュー

comment(2)

こんにちは。

昨日、「人生が変わる1分間の深イイ話」に笠浩二さんが出演していたそうですね。
僕も知らなくてこのブログで告知できませんでした。
どうもすみません。

でも何とかその番組を見ることができたので
見れなかった方のためにもここでレビューしたいと思います。


この日の「深イイ話」は今年の顔と歴代スターが勢揃いSPということで
歴代スターの一人として笠さんが取り上げられていました。


まず最初に笠さんのいたC-C-Bについての紹介がありました。
流れた映像はお馴染みの「トップテン」での「Romanticが止まらない」です。

どうやらこの放送では今年の顔と歴代のスターのそれぞれのライバルを発表するみたいで、
笠さんもC-C-B当時のライバルを発表していました。
気になるライバルとは・・・やはりチェッカーズ!
「西のチェッカーズと東のC-C-B」という言葉もあったくらいですからね。

チェッカーズから見たC-C-Bということで、
元チェッカーズの鶴久さんはC-C-Bのことを
「意識はしていた。笠ちゃんの歌声がすごい特徴的だった」とコメントしていました。

笠さんの一番のライバルであり、親友だったというのが同じく元チェッカーズのクロベエさん。
どうやら売れる前にそばを食べながらお互いを励ましあっていたそうです。

結果的にチェッカーズが先に売れたわけですが、
後にC-C-Bにもチャンスがきて、「毎度おさわがせします」の主題歌である
「Romanticが止まらない」が大ヒットしました。
「毎度おさわがせします」の主題歌の最有力候補はチェッカーズでしたが、
作曲者の筒美京平さんが笠さんの歌声に惹かれてC-C-Bに決定したというのは
以前にも何かの番組でそのエピソードが紹介されていましたね。

「Romantic」がヒットしていた頃に「トップテン」で生放送のスタジオに間に合わず
バスの中で歌ったというエピソードも映像とともに紹介されていました。
この映像は貴重でしたね。

更に勢いに乗るC-C-Bということで、
「トップテン」で「LuckyChanceをもう一度」が1位になったということも当時の映像とともに紹介されました。
C-C-Bのメンバーが黒いスーツを着て歌っているんですが、
こちらもなかなか流れないような貴重な映像でしたね。

続いて、C-C-Bが解散した原因がメンバーの不仲であるという
解散後に何度も取り上げられているような話題へ。
メンバーが作詞作曲をするようになってからギャラの違いでよく揉めたそうです。
そのギャラの差は1000万円だったともいわれているようです。
事実かどうかは分かりませんが、僕は不仲説は信じたくないですね。
笠さんがライブでも顔を見合わせなかったと言っていましたが、
もし信頼関係がなかったらあのC-C-Bの素晴らしいライブはできないと思うんですよね。
当時のライブを生で見ていない僕が言うのもおかしいですが、どうも信じられないところがあります。


そして、笠さんの深イイ話も紹介されていました。
C-C-Bを解散してからはソロデビューするも売り上げは振るわず、
音楽活動では食べていけなくなり、パソコン教室の講師のバイトをするも
元C-C-Bだと気づかれて辞めることになり、自分は必要のない人間だと思うようになったそうです。
そんな笠さんを心配した笠さんのご両親が実家の熊本県に連れて帰ることになったわけですが
何もしない抜け殻の日々が続き、そこに追い打ちをかけるようにクロベエさんの訃報が飛び込んできて
人生のどん底まで落ちることになりました。
そこで笠さんがTVで見たある場面で立ち直ったそうです。

それは・・・ボクシングの内藤大助さんが入場曲として
「Romanticが止まらない」が使われていたということ。
その内藤さんの入場シーンを見ることによって立ち直ることができたそうです。

内藤さんはこの曲を聴くことで勇気をもらってチャンピオンになりましたが、
笠さんも内藤さんのおかげで勇気をもらったんですね!
これは僕も深イイ話と思いました。


今回のTV出演ではC-C-Bの「トップテン」の映像もいくつか流れたりして
貴重な放送となったかもしれません。
でも、やっぱりメンバーの不仲について毎回取り上げられるのがファンとしては心苦しいですね。

夜のヒットスタジオDELUXE(85年9月11日)

2012.12.03

category : C-C-B TV・ビデオレビュー

comment(0)

こんばんは。

12月に入り、クリスマスも近いということで僕の周りではカップルが増えていますね。
幸せそうなカップルを見ると羨ましい気持ちもありますが、
今から無理をしてでも彼女を作ることはないかなと思っています。
無理をしても彼女はできないというのが正直なところなんですけどね(苦笑)

今年のクリスマスはどうしようか、まだ悩み中です。


さて、C-C-BのTVレビューです。
今回は「夜のヒットスタジオDELUXE」(85年9月11日)に出演したときのレビューです。
調べてみたら前回「夜ヒット」をレビューしてから4年半も経っているんですね。


オープニングメドレー
今回のオープニングメドレーでマイクを持ったのは
メインヴォーカルの3人ではなくて田口さん!
歌う曲は近藤真彦さんの「ホレたぜ!乾杯」です。
田口さんが近藤真彦さんの曲を歌うのはファンならニヤリとしてしまいますね。
田口さんはC-C-Bとして活動する前に近藤真彦さんのバックバンドとして活躍したことがありましたからね。
さすがバックバンドを務めていただけあって、田口さんは歌詞を間違えることなく歌い上げていました。


トーク
司会の井上順さんがC-C-Bの髪の毛を見て、
「(髪の色が)ちょっと薄くなってきていません?」という話を振ると
関口さんは「落ちてきちゃいましたね」、
笠さんは「陽に当たるとダメなんです」と答えていました。
渡辺さんは「もうそろそろ黒(髪)に戻そうかなと思って・・」という発言もしていて、
この発言通り、この翌年に黒髪に戻すことになるんですよね。
関口さんは「髪がだいぶ傷んでいる」という悩みも言っていました。

すると、笠さんが所持しているたくさんの眼鏡が置いた机が運ばれてきて、
今度はその眼鏡の話題になるかと思いきや、
ハワイで買った眼鏡を紹介するというところで時間の都合でここで終了。
歌へ入りました。


Lucky Chanceをもう一度

今回の演奏するポジションはこんな感じです。

  ○笠  ○米      ○田
○渡   ○関

やはり、「夜ヒット」ではセットの関係で、
キーボードの田口さんは一人だけ隅の方で弾くことになるんですね。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad