かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bと松本伊代

2013.05.27

category : C-C-Bと○○

comment(2)

こんばんは。

「C-C-Bと○○」というカテゴリーの記事ではC-C-Bを様々な面から取り上げようということで、
これまでメドレーやCM、オリコンランキング、ベスト盤といった面から
C-C-Bを取り上げてきましたが今回はC-C-Bと関わりの深い人物から取り上げようと思います。

C-C-Bと関わりの深い人物はたくさんいらっしゃいますが、
その中でも僕が今回取り上げるのは松本伊代さんです。


説明不要かと思いますが、まずは松本伊代さんについて簡単に紹介します。
情報はWikipediaからの引用です。

ボンド企画にスカウトされて、1981年にTBS系『たのきん全力投球!』の田原俊彦の妹役でデビュー。同年10月21日、「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてもデビューした。キャッチコピーは「瞳そらすな僕の妹」「田原俊彦の妹」。
「センチメンタル・ジャーニー」のヒットで、1982年12月の第24回日本レコード大賞新人賞を始め、同年に多くの音楽新人賞を受賞した。
デビュー後しばらくは筒美京平らの作品を歌っていた。1983年にシンガーソングライターの尾崎亜美が提供した「時に愛は」がヒット。また1986年からは、川村真澄・林哲司・船山基紀による「恋愛三部作」をリリース。これ以降の楽曲は、アイドル的なものから女性に支持を得る路線にシフトしていった。



80年代のアイドルの一人ですね。
伊代さんの代表曲である「センチメンタル・ジャーニー」は
昔の曲を特集した歌番組や一時期CMでも流れたりしたので
おそらく僕と同世代の人でも知っている曲だと思います。
「伊代はまだ16だから~♪」のフレーズはあまりにも有名ですよね。
ちなみに僕が伊代さんの曲の中で好きな曲は「センチメンタル・ジャーニー」でも「時に愛は」でもなく、
2枚目のシングル「ラブ・ミー・テンダー」だったりします(笑)

本人を語る上でのエピソードとして自身の著書についてのインタビューの際に
「まだ読んでいません」と答えたというガッツンをやってしまったというお話がありますね。
そういう天然なところも伊代さんの魅力だったりします。


さてさて、そんな伊代さんとC-C-Bには「80年代にヒットしたアーティスト」という以外に
共通点はあるのかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが実は色々とあるんです。


おそらくC-C-Bと伊代さんの最初の直接的な関わりは
伊代さんの14枚目のシングル「あなたに帰りたい」だと思います。

123254328790016300896_0479_convert_20130527220252.jpg

実はこの曲では英樹さんと関口さんと笠さんの3人がコーラスで参加しているんですよね。
この曲が発売されたのは85年3月ということで、
レコーディングの時期を考えるとまだC-C-Bが売れる前の参加ですね。
どういった経緯で参加されたんですかね・・?
「あなたに帰りたい」の作曲者が筒美京平さんなので、筒美さんのご指名では?とか考えたり・・・。
この曲、Youtubeにあったので聴いてみたんですが、
注意深く聴いても3人のコーラスなんて全然分かりませんでした。


この後にC-C-Bが「Romanticが止まらない」で大ヒットし、世間に知られることになりますね。
一気に人気バンドの仲間入りをしたC-C-Bは
「ライブ・ザ・POP」という音楽番組において司会を一度だけ務めて、
その番組のゲストの一人として伊代さんが登場しました。

iyoc1.png

実はC-C-Bの田口さんは伊代さんの大ファンということで、
番組の中で他のC-C-Bメンバーを後ろにしてお二人が向かい合って喋るという
公開お見合いのようなコーナーまで設けられていました。

iyoc2.png

そこでは憧れの伊代さんを前にして照れまくっている田口さんを見ることが出来ます。
誕生日を迎えた田口さんが「誕生日おめでとう」と一言言って欲しいとお願いしていて、
見ていて微笑ましく思いました。
このお二人はお似合いのカップルのように見えますが、
田口さんの「憧れの人はいますか?」の問いに対して
「岩城洸一さん」と答えていて、このコーナーはあっという間に終わっていました。


人気バンドのC-C-Bとアイドルとして活躍する伊代さんの関わりはその後も続き
86年2月に発売された伊代さんの18枚目のシングル「Last Kissは頬にして」は
関口さんが作曲を担当しました。

20120518203405MCzUZ-M.jpg

楽曲を提供するという形で伊代さんとの関わりが再び生まれたわけですね。
曲の方は軽快なイントロからのアップテンポな曲ですね。
どことなく関口さんが思い描くアイドル曲という曲という気がしますね。
関口さんもこの曲がヒットして欲しいということで
C-C-Bのラジオでは「頼む!」とファンのみんなに呼びかけてこの曲を流していました。
割とC-C-Bのラジオで頻繁に流れていたようですから、
当時ラジオを聞いていたC-C-Bファンの方にとっては聞き覚えのある曲ではないかと思います。
ちなみにこのシングルのカップリング曲「恋はナイショで…」は英樹さんが作詞作曲を担当しています。
こちらはまだ聴いたことがないですね。


伊代さんに楽曲を提供するという形での関わりは続き、
86年9月に発売された伊代さんの9枚目のアルバム「天使のバカ」に収録されている
「Kiss And Whisper」は関口さんの作曲、「奇数の恋の物語」は英樹さんの作曲ということで
アルバムにも収録される形となりました。

682f40d7f4240067ddf4d9106bb94533.jpg

「Kiss And Whisper」は落ち着いたバラードなんですが、
関口さんが後に発売する「スゴカタ3」に収録されている
「ほんとうのことのうた」のメロディーに似ているところがありました。
「Kiss And Whisper」の方を後に聴いてしまったために、あれ・・・?と思ってしまいました。
こういうところがあったためか、イマイチ好きになれない曲です。
「奇数の恋の物語」は打って変わって明るいノリの曲ですね。

これが縁でC-C-Bのラジオ番組「バホバホ隊」にゲスト出演し、このアルバムについてお話していました。
英樹さんが伊代さんの19枚目のシングル「信じかたを教えて」の歌入れの場にお邪魔していたみたいで、
そこで「イイ曲だな~」と思ったそうです。
何気にレコーディングの場でも関わりがあったんですね。
そこでは話していませんでしたが、英樹さんが作った曲もレコーディングの時には英樹さん自らが
伊代さんに歌唱指導したりするなんてこともあったのかななんて思ったりします。


伊代さんとC-C-Bとの関わりはまだ続きます。
87年12月に発売された伊代さんの10枚目のアルバム「風のように」に
収録されている「カレードスコープ」という曲は英樹さんとのデュエットです。

ab2bd0920ea034669e9d0210_L.jpg

「カレードスコープ」の作詞作曲は英樹さんではなく別の作家さんが担当していて、
英樹さんは純粋にヴォーカルだけの参加ですね。
この曲が聴きたいがために、先日このアルバムを購入しました(笑)
ゆったりとした曲調で詞は男女の関係を思わせるものですが
英樹さんはお得意の甘い歌声で歌っているためいかにも男女のデュエットソングという風には聴こえません。
サビで英樹さんがハモるわけですが、伊代さんの歌声を上手く引き立てていて
意外と二人の歌声がマッチしているように思えますね。


C-C-Bとの関わりはまだまだ続き、
89年10月に発売された伊代さんの12枚目のアルバム「Innocence」に
収録されている「イノセンス」は関口さんが作曲した曲です。

e0081370_0275493.jpg

この曲はまだ聴いたことはないんですが、アルバムの顔ともいえるアルバムタイトル曲なんですよね。
きっと良い曲なんだろうなと思います。


おそらく僕が知る限りではこれが伊代さんとC-C-Bとの最後の関わりかと思うんですが
89年12月に出版されたC-C-Bの「CLOSE」という書籍です。
この書籍では数々の著名人やスタッフの方々がコメントを寄せているんですが
そのコメントの中に伊代さんのコメントもありました。
その一部を引用したいと思います。

最初にみなさんに対面したのは、「あなたに帰りたい」のレコーディングの時です。
忘れもしない、日音スタジオに、コーラスを入れに来てくれた、
色とりどりの頭の“すごいお兄さんたち”。
しばらくして、人気者になってから、ココナッツボーイズが、
あの人たちだったんだって・・・。




以上が僕の知る限りでのC-C-Bと伊代さんの関わりでした。
80年代を駆け抜けた二組のアーティストですから
他にもTV番組で共演したりすることはあったと思います。

でも、こうやっていろいろとC-C-Bとの関わりを探すのは大変な作業ですが面白いですね。
何だかんだでかなりの時間をこの記事に費やしちゃいました(笑)
そのおかげで伊代さんについても少し詳しくなりました。
伊代さんのベストアルバムも欲しくなっちゃいましたしね。

さてさて、次はどういった面からC-C-Bを取り上げようかな。

ribbonとWhite Album '90

2013.05.24

category : C-C-Bメンバー

comment(2)

こんにちは。

Amazonで中古品が買えるということは知っていたんですが
それは全てクレジットカードでのお支払いかと勘違いしていて、
カードを持っていない僕としては手が出せない場所だと思っていました。
しかし友達との会話の中で中古品でも代引きやコンビニ支払いが可能なものもあると知り驚いちゃいました。
ここ数年は中古品は基本的に古本屋で探していましたが
欲しいものがなかなか見つからなくて歯がゆい思いをしていました。
でも、これで一気に欲しいものが手に入りやすくなったかもしれません。

ということでAmazonで早速購入しました。

1369146138260_convert_20130523033548.jpg

パッと見て、C-C-Bとは関係のないCDかと思ってしまいそうですが
全てC-C-Bメンバーが参加しているCDです。


それぞれ簡単にご紹介を。

51UerS2SqyL_convert_20130523035444.jpg

ribbon「ROCK'N'ROLL RIBBON Merry-Hurry完全版」
ribbonという女性アイドルグループのライブアルバムです。
同世代の人と比べると昔の音楽には詳しいと思っていた僕ですけども
ribbonの存在を知ったのはかなり最近になりますね。
同時期に活躍していたCoCoは知っていたんですけども、まだまだ勉強不足ですね(汗)

こちらのアルバムはライブアルバムということなんですが、
ribbonのバックバンドで演奏しているメンバーの中に英樹さんと田口さんがいます。
このバックバンドの名前が「THE C-C-BYE」ということで
C-C-Bの英樹さんと田口さん、GOOD BYEの野村義男さんと衛藤浩一さんによるバンドなんです。

そもそもこのアルバムの存在を知ったのは今月にあったC-C-Bオフ会ですね。
そのオフ会でこのアルバムを紹介してもらい、
アルバムの中で田口さんが「Lucky Chanceをもう一度」の
イントロのフレーズを弾いているという情報を頂いて
聴いてみたい!と思ったのがこのアルバムを購入した最大の動機ですね。

一通り聴いてみましたが、ribbonはアイドルっぽい曲ではなくロックテイストな曲を歌っているんですね。
ひょっとしたらライブ用にアレンジが加わっていて、実際の曲はもっとアイドルっぽいのかもしれませんが・・。
でもライブアルバムというのはイイですね。
生演奏ならではの熱気や迫力がこちらまで伝わってきます。

上にも書いた通り、バックバンドのメンバー紹介の部分で
田口さんが「Lucky Chance」のフレーズを弾いていました。
短いですけどもカッコ良かったです。
このフレーズ、やっぱり好きだなぁ。
英樹さんもメンバー紹介の時にはベースと歌?でパフォーマンスしていました。
他にも英樹さんはコーラスもしているのでコーラスでも主張が激しい英樹さんの声を聴くことができます(笑)


ab2bd0920ea034669e9d0210_L.jpg

松本伊代「風のように」
伊代さんの10枚目のアルバムです。
このアルバムに収録されている「カレードスコープ」という曲は伊代さんと英樹さんのデュエット曲です。
この曲が聴きたいがために買いました。
このアルバムに関してはまた別の記事で触れたいと思うのでここでは割愛します。


41WdNl4ScLL.jpg

White Album '90
ポリドールからリリースされたクリスマスをテーマにしたコンピレーションアルバムです。
こちらは音源は持っていましたが、CDとしては持っていなかったので思い切って購入しました。

このブログでは一度も取り上げたことがないこちらのCDですが
C-C-Bファンとしてはゲットしたい一枚だと思います。
発売されたのは90年ということでC-C-B解散後になるわけですが
英樹さん、笠さん、米川さんがそれぞれ個人名義で参加しています。
英樹さんがお得意の甘い声で歌う「WELCOME TO MY PLEASURE ROOM」、
米川さんは宇都美慶子さんという方とのデュエット曲「LOVER'S HOLIDAY」、
クリスマスソングが合う笠さんの「BLUE CHRISTMAS」が収録されています。
3曲とも好きですけども、この中では米川さんの曲をよく聴いていますね。
女性の方とデュエットするときには米川さんの歌声もまた違ったように聴こえて
米川さんの歌声もまた違った一面が垣間見えるような気がします。

ザ・ベストテン(86年1月30日)

2013.05.23

category : C-C-B ザ・ベストテンレビュー

comment(0)

こんばんは。

C-C-Bのベストテン出演(86年1月16日)のレビューです。


トーク
「空想Kiss」、5位にランクインです。
前回からランクダウンしてしまう形となりましたね。

今回も中継からの出演です。
場所は青森県の青森県営スケート場からの中継です。
どうやらライブを終えてからの出演だそうですね。

best114.png

黒柳さんがスタジオから「こんばんは」と挨拶すると、
青森にいるC-C-Bのメンバーは音声が聞こえないのか反応がなく
英樹さんが咄嗟に話し始めます。
英樹さん「例年になく今年は雪が多いそうです。
    もう3メートル近く積もってるんですよね」
黒柳さん「そうなんですか~。私の声が聞こえますか?」
C-C-B「全然聞こえないです」
というように、黒柳さんの質問にすぐに答えていて
明らかに黒柳さんの声が聞こえているのに
聞こえないフリをするお茶目なC-C-B(笑)

中継先にいるアナウンサーの方がC-C-Bに質問します。
アナウンサー「青森でこんなに凄い雪は初めてということなんですが(いかがですか?)」
英樹さん「僕たち東京の人間ですから雪は綺麗で良いなと思うんですけれども
    これが生活になってくると大変でしょうね」
こんなやりとりをしている横で、関口さんと笠さんがじゃれ合っていて
仲が良いんだなと思わせてくれます。

best115.png


黒柳さん「あちらには聞こえないと思うんですけども、
    歌ってくれるとありがたいんですけども・・・」
英樹さん「はい!歌います!」
と言って、歌の方へ入ります。


空想Kiss

室外ということで吐く息も白くて本当に寒そうです。
関口さんなんか演奏中に手をこすり合わせていましたしね(苦笑)

best116.png

best117.png

曲の最後は英樹さんのアップで終わるんですけども
そのときにウインクをしていました。
これは当時の英樹さんファンは嬉しかっただろうな~。

best118.png

歌の合間合間にはトラックが排雪作業する様子が映されました。

ちなみに、この翌週からも「ベストテン」で
「空想Kiss」はランクインすることになりますが
2月からC-C-Bは長期間のOFFに入ったので
「空想Kiss」での出演はこの回で最後となります。
このお休みの間にC-C-Bは黒髪に戻すことになるんですよね。

ザ・ベストテン(86年1月23日)

2013.05.22

category : C-C-B ザ・ベストテンレビュー

comment(4)

こんばんは。

4月末からジンマシンに苦しめられていてなかなか治らないので先週病院でお薬を貰いました。
以前と比べて痒みや発生する範囲もマシになったものの、まだ症状が続いていますね。

実は高校生の頃にも同じようなことがありました。
その時はお薬ですぐに良くなったんですが、今回は長いですね。
原因が分からないので対処するのも難しかったりします。
一般的に食べ物からジンマシンは発症することが多いみたいですが
変わったものを食べた記憶もないんですよね。

肌が見せられないので本格的に夏が始まる前に治って欲しいです。


さて、C-C-Bのベストテン出演(86年1月23日)のレビューです。


トーク
「空想Kiss」、2位にランクインです。
3週連続で2位という結果になりました。
ちなみにC-C-Bの1位を阻止し続けていたのが少年隊の「仮面舞踏会」です。
この頃の少年隊の人気はスゴくて、この年の「ベストテン」では計13回も1位を獲得したそうですね。

今回は久しぶりの中継からの出演です。
場所は愛媛県松山市の椿神社という所からの中継です。

best20.png

C-C-Bのリクエストハガキは受験生の方からのものが多いようで、
合格祈願をしてしまおうということでこの神社にやってきたそうです。

C-C-Bのメンバーがそれぞれ2名ずつ受験生の方の名前を読み上げていって、
「頑張ってください!」と応援していました。
ここでC-C-Bに名前を読んで頂けたら嬉しいだろうなぁ。


空想Kiss

best21.png

神社の前で演奏しているんですが、良いのかなぁなんて思ったり・・・(苦笑)

今回は演奏中、英樹さんがよく映っているような気がしました。

best22.png

リードヴォーカルの特権ですね!(笑)

AJのDVDの詳細と収録曲

2013.05.20

category : AJ -米田渡-

comment(6)

こんばんは。

7月13日にリリースされるAJのDVD「Let's Go Climax」の詳細が発表されました。
このような内容だそうです。

PR00102251217_convert_20130520012751.jpg

AJ-米田渡-
NEW LIVE DVD TOUR 2013 「Let's Go Climax」
[販売価格]\5,000(tax in)
[収録内容]二枚組[DISK:1]120min/[DISK:2]40min

[DISK:1]120min
OPENING~Let's Go Climax
B・I・N・G・O
Born in the 60's
東京…ナイトフェイス
Ass Fool
ハートブレイク・カラー
青いブランケット
恋文(ラブレター)
笑顔のままで
Blue Guitar
ラストステップ
マニュアル・ワールド
シーラカンス [New Song]
冒険のスズメ
原色したいね
JOKEじゃなしに I LOVE YOU
Let's Go Climax

赤いセーターの女の子
Cyber-Commander
信じていれば

[DISK:2] 40min
Document of~「Let's Go Climax」
ツアー中のリハーサル風景、MCなどを中心に収録



今回は何と2枚組!合計2時間40分!
こんなに収録して頂いてありがとうございます!
ジャケットもクールな感じでカッコイイですね!

AJが一昨年に発売したライブDVDは完全収録ではなくMCやシングル曲2曲がカットされたわけですが、
今回のDVDも収録曲を見る限りでは「噂のカタカナ・ボーイ」と「風のラリー」がカットされています。
「風のラリー」は一昨年のライブDVDにも収録されているのでダメージは少ないですが、
今回のツアーのサプライズ曲であった「噂のカタカナ・ボーイ」がカットされてしまったのは痛いですね。
この曲は名古屋公演において生で見ることはできたんですが、
東京公演での「噂のカタカナ・ボーイ」も見たかったですね。

Disc2のリハーサル風景も楽しみです。
AJの3人のやりとりを見ているともの凄く和んでしまうんですよね。
今までに何度かあったAJのユーストリームの配信も
素の3人のやりとりにはついつい見ていてニンマリしてしまいます。
MCは東京以外の公演のも見てみたいです。
名古屋の映像なんかも入っていたら、参戦した身としては嬉しいですね。


このDVDは7月13日に発売され、同じくその日にあるAJのライブで購入できるということなんですが
先行予約で予約すると7月10日頃にお届けされるそうですね。
いち早くDVDを見たいなら先行予約もありだと思いますが、
折角そのライブに行くので僕はそこで購入したいと思います。
さすがに今回はサイン会とかはないのかな。

RASPBERY AVENUEとパイナップルボーイズ

2013.05.18

category : C-C-B

comment(2)

こんばんは。

C-C-Bファンになってから約6年半経つわけですが、
ここ数ヶ月で更にC-C-Bが好きになっているような気がします。
きっかけはやっぱりAJのライブに参戦できたことでしょうね。
あれから本当にC-C-Bに対する熱が高まりました。

その影響で今では毎月のようにC-C-BメンバーのCDを買っています。
先月はこのブログでも紹介しましたが、
英樹さんと野村義男さんのユニットである三野姫の「わすれもの」を購入しました。
そして今月はこちらのCDを購入しました。

1368446618278_convert_20130518011757.jpg

ミニFM局KIDSが製作した「RASPBERY AVENUE」というコンピレーション盤です。
以前にもこのブログでもこちらの記事にて紹介したことがありますね。

このコンピレーション盤にC-C-Bに改名する前のココナッツボーイズが参加していて、
ココナッツボーイズとしては「夢のスーパー・ボード」という曲が収録されています。
実はこの音源がココナッツボーイズの中では最も古い音源となるんですよね。
(ココナッツボーイズのデビューシングルが発売されたのは83年6月で、
このコンピレーション盤が発売されたのは82年11月です。
ちなみにココナッツボーイズのデビューシングルのB面は「夢のスーパー・ボード」なんですが、
こちらの音源はこのコンピレーション盤に収録されている音源とは違う音源です)

デビュー前のココナッツボーイズが歌っている「夢のスーパー・ボード」はとにかく歌声が若い!
ココナッツボーイズ時代の曲も後のメンバーの歌声と比較すると若いと思いますが
それ以上に若く感じて何だか違和感がありますね(笑)

今回このCDを購入して、中にあるブックレットを読んで初めて知ったことでいうと、
当時まだ田口さんと米川さんが加入する前ということでこの曲はキーボードをスタジオのスタッフさん、
ギターを作曲者でもある萩原健太さんが弾いているみたいですね!
他にもC-C-B関連のお話でいうと、このコンピュレーション盤に収録されている
オレンジ・シスターズの「彼に片想い」という曲の演奏は
英樹さん(ベース、ギター)と笠さん(ドラム、パーカッション)が担当していたり
ジングルとして流れるマリ橘さんが歌う曲は
ココナッツボーイズが後に歌うことになる「チリドッグがお気に入り」だったりします。
(歌詞は違いますが・・・)

このようにC-C-Bファンとして思わぬ発見もあったりと面白かったです。


ちなみにこのコンピレーション盤の中心となっているバンドのパイナップルボーイズ、
当時の裏話としてパイナップルボーイズのギターとキーボードの方は
ココナッツボーイズへの加入の打診されているそうですね。
もし加入していたら、後のC-C-Bのサウンドは違うものになっていたかもしれませんね。

そのパイナップルボーイズなんですが、現在再始動に向けて活動しているそうです!
オフィシャルHPも完成したそうですね。
こちら
解散して約30年、こうして集まれるのって素敵なことだと思います。
C-C-Bファンとしてもパイナップルボーイズの再始動を応援します。

レポートと6周年

2013.05.15

category : その他

comment(2)

こんばんは。

ネットを繋いでから大学から帰った後はネットをひたすらしているような生活になってきました。
そういえば中学生や高校生の頃は基本的にそんな生活をしていました。

もちろんそれ以外にもパソコンで大学のレポートを書いたりしているので
本当にずっとパソコンを使っている状態ですね。
このレポートが大変で2年生になってからはレポートに追われるというお話を先輩から聞いていましたが
今まさに毎週のように出されているレポートに追われている状態です(苦笑)
レポートもブログの記事みたいに楽しく書けたらいいんですけどね。


さて、実は今日でこのブログが6周年を迎えました!
6周年を迎えた記念としてせっかくなのでこのブログの歴史を振り返ろうかなと思います。
誰も興味がない完全に自分のためのテーマですね(笑)


2007年5月
もともとはトラックバックテーマというものをメインに記事を書いている
「かいしんの一撃」というブログをやっていました。
この時期バンドを始めたり、C-C-Bにハマったりしたので
音楽専門のブログを作ろうという思いから始めたのがこの「かいしんのMUSIC」でした。

今じゃ「かいしん」の名前に違和感がないくらい自分の中では馴染んでいるわけですが、
名前の由来はもちろん「かいしんの一撃」から取りました。
でも何故「かいしんの一撃」という言葉を選んだのかは今となっては思い出せませんね。
あまり深い意味はなかったような気がするんですが…。
ちなみに元々やっていた「かいしんの一撃」はやる気がなくなってしまい約1年後に閉鎖しました。

ブログ開設当初の記事は自分がバンドで担当していたベースに対して悪戦苦闘する記事や
ハマったばかりのC-C-Bの記事を中心に書いていました。
この頃の記事は何とかして面白い記事を書こうとしているんですが
空回りしているので見ていて恥ずかしいですね(笑)
そういえば自分のバンドに関しての記事はたくさん書いていたんですが
自分のバンドがテレビに出演したら…なんという妄想をしたり、詞を作って堂々と載せたりしていたので
ある時期に恥ずかしくなってしまって一気に削除しちゃったんですよね。
今思い出しただけでも恥ずかしいです。


2008年5月
自分のバンドとC-C-Bの記事を中心に記事を書くブログとしてスタートしましたが
徐々にC-C-Bの記事の割合が大きくなりました。
更に当時の自分としては物凄く嬉しかったC-C-Bの再結成があり、
ますますC-C-Bの記事が多くなっていきました。
この頃はほぼ毎日記事を書いていたので今思えば信じられないですね。

この時期には再結成したC-C-Bはメディアにも頻繁に登場していて
ゴールデン番組の「うたばん」や朝の人気番組「はなまるマーケット」に出演した影響で、
検索してこのブログにいらっしゃる方も多くてアクセス数が三桁まで伸びました。
おそらくこの時期がブログ開設から現在までの間で一番アクセス数があった時期ですね。
メディアの影響力の大きさに僕も驚いていましたね。


2008年10月
高校受験に向けてピリピリし出したこの時期くらいから記事を書く数も減っていきましたね。
再結成したC-C-Bの活動も減っていき、ネタがなくなってきたというのも理由の一つかもしれませんね。
高校に無事進学して、高校に入学してから忙しくなってしまったこともあり
なかなかブログを更新できませんでした。


2010年6月
この時期に記事の書き方を変えて今のようなスタイルになります。
それまでは文と文の間を何行か空けて記事を書いていたんですが
この書き方では見にくいと思い始めてブログ3周年に合わせる形で変えてみました。
今ではこの書き方の方がしっくりきていますね。


2010年12月
2009年には爆風スランプ、2010年にはユニコーンにハマり込んだため
その2つのバンドに関してもこのブログで何度か記事を書いていました。
でも、C-C-Bメインでここまでやってきましたし、
何よりもこのブログにお越しになる方たちはC-C-Bファンの方たちなので
他のバンドについて書いても意味がないのかなと思い始めました。
なのでC-C-B以外の他のバンドについてはもう取り上げないで
これからはC-C-B一本で記事を書いていこうということになったのはこのくらいの時期ですね。


2011年11月
長い間ブログを続けてきて、それまで必ず月に一度は記事を書いていましたが
この月だけは記事を1本も書けませんでした。
というのも、この時期大学受験の真っ只中で
とてもブログを更新できる精神状態じゃなかったんですよね。
無事に大学も合格して、翌月から通常通りに更新していくことになります。


2012年5月
ここでブログ5周年を迎えることが出来ました。
大学生活が始まったこの時期、常に前向きな気持ちでいようと心がけていましたが
もうさすがにそういう気持ちではいれなくなっちゃいましたね(汗)


ということで簡単にこの6年間を振り返ってみました。
本当にここまでやってこれたのは皆さんのおかげです。
10周年はまだまだ先ですが引き続き頑張りたいと思います!

C-C-Bとベスト盤 Part2

2013.05.11

category : C-C-Bと○○

comment(4)

こんばんは。

前回の記事でC-C-Bのベスト盤を取り上げましたが、今回はその続きです。
今回は1999年以降のC-C-Bのベスト盤となります。


31ZSYN2GBBL__AA168_.jpg
TREASURE COLLECTION(1999年6月30日)
オススメ度 ☆☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.愛の力コブ
15.冒険のススメ



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に加えて
何曲か追加されるといういつものベスト盤の感じですが
このベスト盤で追加された曲というのがリミックスではなく、アルバムのタイトル曲2曲です。
アルバム曲で尚且つその中でも有名な2曲がチョイスされているのはなかなか嬉しい選曲だと思います。
ちなみに個人的なことでいうと、まだ僕がC-C-Bの曲をシングル曲くらいしか持っていなかった頃に
アルバムタイトル曲の2曲のためだけにこのベスト盤を買おうかと本気で検討していました。
アルバムの曲がなかなか手に入らないC-C-Bだけにこのような考えを持ってしまったわけですが
さすがにこの2曲のためだけに3000円も出すのは厳しいものがありますね。


ompwDURN.jpg
テクノ歌謡DX「すてきなビート」(2000年5月25日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない(オモシロMIX)
2.急接近
3.スクール・ボーイ
4.Forever
5.二人のシーズン
6.I SAY,I LOVE YOU(アルバムミックス)
7.浮気なジル
8.メモリーなんていらない
9.Romanticが止まらない
10.すてきなビート(MEGA-MIX)
11.Romanticが止まらない(オリジナル・カラオケ)
12.スクール・ガール(オリジナル・カラオケ)
13.Lucky Chanceをもう一度(オリジナル・カラオケ)
14.空想Kiss(オリジナル・カラオケ)



こちらはベスト盤に入れていいものか迷いましたが一応入れておきました。
C-C-Bの3作目のアルバム「すてきなビート」の8曲に加えて
シングルやカラオケなど(9~14)が追加されたアルバムです。
追加された曲の選曲基準がよく分かりませんね。
そもそも何故シングル曲はカラオケバージョンでの収録なんでしょうね?
こちらを買うよりは「すてきなビート」のPlus版を買う方がオススメです。


0FN4WCA2.jpg
スーパー・バリュー(2001年12月19日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.Lucky Chanceをもう一度(LuckyMix)



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
「Lucky Chance」のリミックスバージョンが加えられたベスト盤です。
やっぱりシングル以外に追加されるのはリミックスなんですよね。


0jNoXIjO.jpg
GOLDEN☆BEST(2003年11月26日)
オススメ度 ☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.Rockin'Roll Baby
15.Private Lips
16.Lucky Chanceをもう一度(12インチ)
17.元気なブロークン・ハート(12インチ)
18.ないものねだりのI Want You(12インチ)
19.Romanticが止まらない(オリジナル・カラオケ)



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
笠さんと米川さんのそれぞれのソロシングル曲(14、15)
シングルのリミックスバージョン(16~18)、カラオケ(19)が加えられたベスト盤です。
このベスト盤の特徴は何と言っても笠さんと米川さんのソロ作品が収録されていることです。
もはやC-C-Bの曲ではなく、メンバーのソロ作品を収録されるのは一体どういうことなんでしょうね。
でもC-C-B解散後すぐに発売された二曲なのでそれほど違和感なく混ざっていて
おそらく初めて聴く人にとってはC-C-Bの曲としてすんなり受け入れられそうです。
ファンからしたらあれ?と思ってしまいますけどね(苦笑)


41B9BQG7X3L__SL500_AA300_.jpg
プライム・セレクション(2006年1月18日)
オススメ度 ☆☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.もっとハートフルに愛して
4.Lucky Chanceをもう一度
5.空想Kiss
6.アニメのようなA.B.C
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.Happy Birthday and I Love You
11.2 Much, I Love U.
12.原色したいね
13.抱きしめたい
14.瞳少女
15.Candy



「抱きしめたい」までのC-C-Bのシングル曲に
アルバム曲とB面の曲(3、6、10)が加えられたベスト盤です。
珍しくシングルのリミックスではなくアルバム曲やシングルのB面の曲が加えられているわけですが
これもまたどうやって選曲したのかが気になりますね。
メチャクチャ人気が高い曲というわけではないですし、3なんてかなりマニアックな曲であると思いますしね。
ちなみに個人的なことでいうと、僕が一番最初に買ったC-C-BのCDはこのベスト盤です。
このベスト盤から入ったためにシングル曲と同じくらいこのベスト盤に収録されている
3、6、10の3曲は僕にとっては馴染み深い曲なんですよね。
C-C-Bの知識がまだまだ浅かったために
10のヴォーカルを取っているのが田口さんかと思ってしまったのが懐かしいです(笑)


41RWR0E8ZGL.jpg
歌が唄いたい!!ベストヒット&カラオケ C-C-B(2006年8月30日)
オススメ度 ☆☆

1. Romanticが止まらない
2. スクール・ガール
3. Lucky Chanceをもう一度
4. 空想Kiss
5. 元気なブロークン・ハート
6. ないものねだりのI want you
7. Romanticが止まらない(カラオケ)
8. スクール・ガール(カラオケ)
9. Lucky Chanceをもう一度(カラオケ)
10. 空想Kiss(カラオケ)
11. 元気なブロークン・ハート(カラオケ)
12. ないものねだりのI Want You(カラオケ)



「不自然な君が好き」を除いた「Romantic」~「ないものねだり」までのシングル6曲と
そのカラオケバージョンで構成されているベスト盤です。
この「歌が唄いたい!!」というシリーズはヒット曲6曲とそのカラオケ6曲で構成されているので、
C-C-Bのシングル曲も6曲に絞られてしまうのは分かりますが
「不自然な君が好き」が外されているというのは意外ですね。
このジャケットの写真は本当によく使われていますね。


41xKfYzxUEL__SL500_AA300_.jpg
エッセンシャル・ベスト(2007年8月22日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.空想Kiss-2
15.Romanticが止まらない Remix Version



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
シングルの別バージョン(14)とリミックス(15)が加えられたベスト盤です。
お馴染みのシングルのリミックスは置いておいて、
このベスト盤でも一応アルバム曲となる14が加えられていますね。
どうせだったら、「スクール・ボーイ」も収録して関口さん祭りでも良かったですね(笑)
ちなみに15は2005年にシングルとして発売されたものだと思います。
そういえばこのリミックスは僕は一度も聴いたことがないですね。


このベスト盤を最後にC-C-Bのベスト盤の発売はしなくなってしまいましたね。
前回の記事にも書きましたが、もし次にベスト盤が発売されるのであれば
シングルコレクションではなく、B面コレクションやアルバムベストを発売して欲しいですね。

C-C-Bとベスト盤 Part1

2013.05.08

category : C-C-Bと○○

comment(0)

こんばんは。

C-C-Bは解散後多くのベスト盤が発売されました。
毎回毎回シングルベストばかりでファンからすると
「またシングルベストか・・・」という思いがあったと思います。
そういったベスト版は定期的に発売されていましたが
2007年を最後にして新しいベスト盤の発売はしていないんですよね。
ファンの願いとしてはアルバム曲のベスト版もしくは
B面コレクションを発売して欲しいですがなかなか実現しないのが悲しいところです。

AJのライブを見て、改めてC-C-Bのアルバム曲に興味を持った人もいらっしゃると思うんですが
そういう人のためにもシングル以外のベスト盤を発売して欲しいですね。
それにC-C-Bはアルバムにも素敵な曲がたくさんがあるということを世間の人にも認知して欲しいです。

今回はそんな数多く発売されているC-C-Bのベスト盤を取り上げてみたいと思います。
C-C-Bのベストの中には当時カセットテープで発売されていたものもあるそうですが
カセットのものはここでは扱わず、CDのものを紹介します。
ちなみにオススメ度は僕の主観的なものです。
☆5つを満点として考えてみました。


album16.jpg
楽しい夏休み(1985年6月25日)
オススメ度 ☆☆☆☆☆

1.夢のスーパー・ボード
2.雨の金曜日
3.サマーガール
4.Candy
5.バイバイムーン
6.瞳少女
7.破れたダイアリー
8.ラ・ラ・ラ・サマー・ビーチ
9.恋のリメンバー
10.そして9月



C-C-Bが「Romanticが止まらない」でヒットした数ヵ月後にリリースされたベスト盤です。
こちらはココナッツボーイズ時代の2枚のアルバムから選曲されていて
C-C-Bのベスト盤というよりもココナッツボーイズのベスト盤ですね。
おそらく「Romantic」からC-C-Bに興味を持ったファンのために作られたアルバムだと思いますね。
タイトル通り、ココナッツボーイズの曲の中でも夏っぽい曲が揃えられているんですが
ココナッツボーイズの記念すべき最初の曲も入っていますし(1)
シングルもちゃんと入っていますし(4、6)、
C-C-Bの中でも長く歌い続けられる曲も入っていたりと(7)、かなり良い選曲だと思います。
これにシングルの両A面の曲である「チリドッグがお気に入り」が入っていると良かったんですが、
この曲は夏っぽくないから外されたのかな?
ちなみにジャケットのイラストは関口さんによるものです。


vynRRIrh.jpg
The Best Of C-C-B Vol.1(1989年6月1日)
オススメ度 ☆☆☆☆☆

1.Here Comes The C-C-B
2.冒険のススメ
3.ないものねだりのI Want You
4.ジェラシー
5.瞳少女
6.Velvet Touch
7.御意見無用、花吹雪
8.2 Much, I Love U.
9.Cyber-Commander
10.元気なブロークン・ハート
11.抱きしめたい
12.破れたダイアリー
13.空想Kiss
14.信じていれば
15.浮気なジル
16.ハートブレイク・カラー
17.Romanticが止まらない
18.Born In The 60's
19.Forever



3mYlsKDI.jpg
The Best Of C-C-B Vol.2(1989年9月1日)
オススメ度 ☆☆☆☆☆

1.ココナッツボーイズのテーマ
2.愛の力コブ
3.原色したいね
4.スワンの城
5.噂のカタカナ・ボーイ
6.恋文(ラブレター)
7.Candy
8.JokeじゃなしにI Love You
9.Lucky Chanceをもう一度
10.Telephone
11.流星のラスト・デート
12.急接近
13.不自然な君が好き
14.マニュアル・ワールド
15.スクール・ガール
16.Only For You,Only For Me.
17.Let's Go Climax
18.Love Is Magic



C-C-Bが解散発表をしてから発売されたベスト盤です。
シングルだけでなく過去のアルバム9作品の中からも満遍なく選曲されていて
このベスト盤2枚があればC-C-Bの魅力が伝わると思います。
ファンからの人気の高い曲、ライブでよく演奏される曲が収録されていてオススメのベスト盤となっています。
でも、「御意見無用、花吹雪」だけが浮いている気がします(笑)
この代わりに「アニメのようなA.B.C」が入っていたらな~。
ジャケットがダサいという意見も多くあり、確かに買うのに抵抗がありそうですね。
C-C-Bを知らない人が知るにはオススメの2枚ではあるんですけども絶版となっていて、
手に入れるにはオークションや中古屋しかないんですよね。
全てのアルバムが再販するのは無理でもせめてこれを再販してくれれば・・・。


BQsDgEPO.jpg
CCB オリジナル・カラオケ・パーフェクト(1989年9月1日)
オススメ度 ☆☆

1.Candy
2.瞳少女
3.Romanticが止まらない
4.スクール・ガール
5.Lucky Chanceをもう一度
6.空想Kiss
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.2 Much, I Love U.
11.原色したいね
12.抱きしめたい
13.恋文(ラブレター)
14.信じていれば
15.Love Is Magic



C-C-Bの全てのシングル曲のカラオケが収録されているアルバムです。
全てカラオケなのでC-C-Bの歌を聴きたい!という人にはオススメできませんが、
C-C-Bの歌を歌いたい!という人にはオススメですね。
そもそもこのアルバムに手を出すという人はかなりのC-C-Bファンだと思いますけど。
ココナッツ時代の2曲(1、2)のカラオケというのはレアですね。
僕はこのアルバムを持っていないんですが、歌うことを目的に欲しいなと思ったりしています。


YJARvEP8.jpg
C-C-B Super Best(1992年1月25日)
オススメ度 ☆☆☆

1.Candy
2.瞳少女
3.Romanticが止まらない
4.スクール・ガール
5.Lucky Chanceをもう一度
6.空想Kiss
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.2 Much, I Love U.
11.原色したいね
12.抱きしめたい
13.恋文(ラブレター)
14.信じていれば
15.Love Is Magic
16.Lucky Chanceをもう一度(LuckyMix)



C-C-Bの全てのシングル曲に「Lucky Chance」のリミックスバージョンを加えたベスト盤です。
シングル以外に何か一曲加えるのであればリミックス以外にして欲しいのが正直なところですね。


QkdtonWo.jpg
ベスト2500/Romanticが止まらない(1993年11月1日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.元気なブロークン・ハート(Broken Mix)
15.ないものねだりのI Want You(ゼイ肉Mix)



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いた
C-C-Bのシングル曲にシングルのリミックスバージョンが2曲加えられたベスト盤です。
ココナッツボーイズの曲が消えたのはやっぱりマイナスですね。
代わりに加えられたのもこちらもやっぱりリミックスという・・・。
しかも、前の作品では「Lucky Chance」のリミックスを入れたということで
今作ではしっかりと外されているという点もちゃんとしているというか何というか・・・。


NqtflCfe.jpg
SINGLE COLLECTION(1994年10月26日)
オススメ度 ☆☆☆

1.Candy
2.瞳少女
3.Romanticが止まらない
4.スクール・ガール
5.Lucky Chanceをもう一度
6.空想Kiss
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.2 Much, I Love U.
11.原色したいね
12.抱きしめたい
13.恋文(ラブレター)
14.信じていれば
15.Love Is Magic



今までのベスト盤はシングルベストに何か追加で曲が加えられていましたが、
こちらは単純にC-C-Bの全シングル曲を集めただけのベスト盤になっています。
まさにタイトル通りにシングルだけをコレクションしていますね。
ちなみにこのベスト盤はC-C-Bのアルバム作品がPlus版として発売された日と同じ日に発売しています。
同時にリリースされたわけですね。


5GPIONyI.jpg
スペシャル1800(1996年11月21日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.原色したいね
9.抱きしめたい
10.Love Is Magic



パッと見て、「Romantic」~「抱きしめたい」までのC-C-Bのシングル曲かな?と思いきや
「2 Much, I Love U.」がカットされているんですよね。
その代わりにラストシングル(10)が入っています。
他のベスト盤と比べて全10曲しか入っていないので物足りないような感じがあります。
値段を1800円と低く設定しているため、このような曲数になったのかな?


今回はこの辺で、次回に続きます。

GWとオフ会

2013.05.05

category : その他

comment(0)

こんにちは。

今、GWの真っ只中ですね。
明日は祝日にも関わらず大学があるので僕にとっては今日がGW最後になってしまいますね。

今日は家でゆっくりしていますが、ここ数日は楽しく過ごせましたね。
友達と徹夜でカラオケしたり、更に別の友達とカラオケしたり、
そして何と言っても昨日には僕の夢がまた一つ叶いました!

以前からC-C-Bファンの方のブログやHPを拝見していて
C-C-Bファンでオフ会を実施したということが書いてあり
僕もそういう場にいつか参加したいなという思いがありました。
それがようやく実現することができ、昨日オフ会に参加することができました。

その日、僕がバイトがあったということもあり
お昼前から夕方までの間で行われたわけですが本当に楽しかったですね。
数年前まではC-C-Bファンの方と直接お話できるなんて思いもしなかっただけに
こういう場に参加できるのは夢のような楽しい時間でした。

参加人数は僕を含めて4人でTVで紹介されたことのあるお店や
名古屋駅の地下街のお店でお話しました。
当時のC-C-Bの話や解散後の話、メンバーの話など色々と聞くことができて勉強になりました。
リアルタイムでC-C-Bを見ることができなかった僕にとって当時のお話というのは貴重なものですね。

C-C-B関連の貴重なCDや切り抜きなんかも見せて頂いたりして
まさにファンのオフ会だ~と心の中で思っていました(笑)
自分も何か貴重なグッズを持っていきたかったですが
ファン歴6年の僕は貴重なグッズは何も持っていないので断念しました。
手に入りやすいCDや書籍くらいしか持っていないので
当時からのC-C-Bファンの方の前に出すものではないですね(苦笑)

あっという間に時間が過ぎてしまったので、できればもっといたかったですね。
都合が合えばまた次回にも集まりたいです。
それまでに話のネタになるようなものを探したいですね。

今年はC-C-Bメンバーのライブに行くことができ、
そこでC-C-Bファンの方とも会うことができ、
更にはオフ会まで参加することができてドンドン夢が叶っていきますね。
このブログを始めた中学2年生の頃の自分には今の状況はきっと信じられないだろうなぁ(笑)

ネットとB×B

2013.05.01

category : TANaBE、B×B

comment(0)

こんばんは。

ネットを繋ぐことを決めて1ヶ月・・・、
先日ようやくその工事があり、自分の部屋にネットを繋ぐことができたので
これから自由にネットができる環境になりました!
やっぱり自分の部屋でネットができるというのはありがたいですね。
これでブログの更新も上がったりするのかな・・・?
でも、自由にネットができる環境になったことでネットに依存する生活になってしまいそうです。
もう既に大学から家に帰るとすぐにパソコンを立ち上げる感じになっていますが(苦笑)


先月の28日に新宿の音楽室DXにおいて
米川さんと田口さんのユニットであるB×Bのライブがありました。

bb.jpg

田口さんのFacebookによるとB×B名義でのライブからその日で1年が経ったそうですね。
結構前からやっている印象があったんですが、
B×Bという名義ではあまり年月が経っていないんですね。
最初B×Bというユニット名を見て、
米川さんと田口さんというユニットだとは知らなくて普通にスルーしちゃっていましたね。
ちなみにB×Bというユニット名は米川さんと田口さんの
お二人の血液型がB型であるところから付けられました(・・・でいいんですよね?)

次のB×Bのライブは6月15日(土)に同じく音楽室DXであるそうです。
以前から気になっているのでこのライブに行こうかなと考えています。
もし行くとしたらAJのライブよりも先に東京に遠征する形となってしまいますが
最近ライブに行けていないので思い切って行きたいなと思ったり。
でも、6月はこれ以外に王様のライブとお二人様のライブに参戦する予定なので
これも参戦するとなると1ヶ月に3本も見ることになっちゃいますね。
いくらバイトをしているとはいえ出費がえらいことになりそうです。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad