かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

ベスト盤、収録曲が一部発表

2014.04.28

category : C-C-B

comment(13)

 こんばんは。

 いよいよ4月も終わりですね。すでにGWで長期のお休みという方もいらっしゃるんですよね。残念ながら自分は今年のGWもバイトが入っているので憂鬱ですね(苦笑)GWだとお客さんも多くなり忙しくなることが予想されるので何とか乗り越えたいと思います。

 GWが終わると、いよいよ講座が開始します。平日の夜は講座もしくはバイトという感じになりそうなので、どうなるのかなとちょっと不安だったりします。休日もバイトが入っていることが多いので本格的に忙しくなってくるかもしれないです。来月はそんなこともあったりして、楽しみが一つもないのがツラいところです。6月のAJのライブまで頑張りたいと思います!


 6月4日に発売するC-C-Bのベスト盤ですけども、各通販サイトで収録曲が一部発表されていますね。

C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!
(2014/06/04)
C-C-B

商品詳細を見る


1. CANDY
2. 瞳少女
3. Romanticが止まらない
4. スクール・ガール
5. Lucky Chanceをもう一度
6. 空想Kiss
7. 元気なブロークン・ハート
8. 不自然な君が好き
9. ないものねだりのI Want You
10. 2 Much,I Love U.
11. 原色したいね
12. 抱きしめたい
13. 恋文(ラブレター)
14. 信じていれば
15. Love Is Magic
16. I SAY I LOVE YOU
17. スワンの城
18. Love Is Light
19. ナヤミの種



 シングルA面が全曲、B面が3曲+『ナヤミの種』ということで、これが一枚目のディスクになるという感じになるんでしょうね。二枚目はおそらくアルバムからの選曲だと思います。
 スゴイと思ったのが『Love Is Light』、この曲はCDでは『原色したいね』のシングルCDのみでしか収録されていない曲。アルバム(Plus版)に入っていないということで音源を持っていない方も多いと思われる一曲なんですよね。
 それに、『I SAY I LOVE YOU』のシングルバージョンも『Romanticが止まらない』のシングルCDのみしか収録されていないのでもしもこのベスト盤に収録される『I SAY I LOVE YOU』が「すてきなビート」に収録されているアルバムバージョンではなくシングルバージョンだとすると、このベスト盤の曲目を選曲された人はそういった事情にも詳しい方なのかもしれないですね!だとすると、2枚目の選曲にも期待が持てます!

 まだ未発表ということなのでアルバム曲が収録されるディスクの曲目を勝手に予想してみました。シングル曲のディスクに合わせてこちらのディスクも19曲くらいかな?

Mild Weekend
「夢のスーパーボード」

Boy's Life
「破れたダイアリー」

すてきなビート
「浮気なジル」

僕たちNo-No-No
「ジェラシー」
「アニメのようなA.B.C」

冒険のススメ
「JOKEじゃなしにI LOVE YOU」
「流星のラスト・デート」
「冒険のススメ」

愛の力コブ
「愛の力コブ」
「ハートブレイク・カラー」

石はやっぱりカタイ
「B・I・N・G・O」
「Telephone」

走れ☆バンドマン
「Cyber-Commander」
「マニュアル・ワールド」
「走れ☆バンドマン」
「Only For You,Only For Me.」

信じていれば
「Born In The 60's」
「Blue Guitar」
「Let's Go Climax」

 頑張って絞ってこれで19曲です。あれもこれもベストと思えるような曲が多すぎて19曲の枠に収めるのがとても困難ですね。絞っていくとどうしても「The Best Of C-C-B」の選曲と似た感じになってきます。
 特にココナッツ時代の曲は選曲が難しいですね。『破れたダイアリー』がまず一番最初に出てきますが、その次がどれをチョイスすべき分からない・・・。なのでココナッツボーイズの最初のオリジナル曲である『夢のスーパーボード』をチョイスしてみました。
 上の選曲はかなり保守的な選曲になってしまいますが、王道の曲を外した自分の好みで選曲すると・・・。

Mild Weekend
「ガール・ガール・ガール」
「恋のリング・ア・ディング」
「大脱走」

Boy's Life
「恋のリメンバー」
「ラ・ラ・ラ・サマー・ビーチ」
「チリドッグがお気に入り」

すてきなビート
「二人のシーズン」

僕たちNo-No-No
「リスキーゲーム」

冒険のススメ
「モンスター登場」
「ハードボイルド物語」

愛の力コブ
「TOO YOUNG」
「HAPPY BIRTHDAY AND I LOVE YOU」

石はやっぱりカタイ
「笑顔のままで」
「青いブランケット」

走れ☆バンドマン
「Velvet Touch」
「Happy Song」

信じていれば
「Rainy Farewell・・・アメノチワカレ」
「BEAT the MEAT」
「ひとりの世界」

 さすがにこんな選曲はありえませんね(苦笑)
 でも、こうやって収録曲について色々と考えるのって面白いですね!そういえば、中学時代に友達に自分が選曲したC-C-Bのオススメ曲を入れたMDを渡したことがあるのを思い出しました。それも自分の好みで選んだのでかなり絞ったものの40曲くらい入れちゃったような記憶があります。他にも別の友達にはこのブログを読んで頂いている方にオススメ曲を教えてもらってMDに入れたこともありました。あの時は友達にC-C-Bの良さを伝えるべく布教活動していたなぁ・・・(笑)

VoThM 地元バンドと対バンツアー2014春 豊橋公演

2014.04.25

category : ライブレポ

comment(4)

 こんばんは。

 昨日、VoThMのライブに行ってきました。
 場所は豊橋clubKNOT。
 去年の10月にも小畑辺英吉のライブで行ったことがあったので二回目となりますね。
 豊橋clubKNOTは駅から近いので便利なんですが、名古屋から行くとどうしても時間とお金がかかってしまうのがツラいところです。
 去年の10月は対バンがGacharic Spinということもあってオールスタンディングだったんですが、今回はちゃんとイスがありました。

 僕がC-C-Bにハマり始めた時(2006~2007年頃)に英樹さんがメインで活動していたのはVoThMだったんですが、僕は当時英樹さんファンだったこともあり、VoThMはその時から生で見てみたいと思っていたバンドでした。
 それから7、8年ようやく念願のVoThMを見ることができました!でも、まさかVoThMのドラムが末吉さんになるだなんて当時の自分は思いもしなかっただろうなぁ。
 ワンマンではなく小畑さん+対バンありだったのでVoThMの出番は長くはなかったのですが、とてもカッコ良いライブでした。
 今までのVoThM史上、最も笑いにかける割合が高くなっていると本人たちも仰っていたこともあり、MCの時間が長いということも特徴の一つといえます。基本的に一曲やってはMCが入るという流れでしたね。MCの中心はやはり末吉さん、毎回毎回笑わせてくれました。


 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


続きはこちら >>

眠り姫

2014.04.22

category : TANaBE、B×B

comment(4)

 こんばんは。

 最近ようやく暖かくなってきたと思ったら、昨日一昨日と気温が下がったりして気温の変化が激しいですね。気温がハッキリしないと着るものにも困ってしまいます。
 それに体調も崩しやすくなってしまうため、体調管理には十分注意したいと思います。


 今月19日は横浜でTANaBEのライブがありました。
 事前に田口さんのFacebookで新しく演奏する曲があり、英樹さんに歌ってもらう曲はオリジナルも英樹さんがリードヴォーカルだけども本人は覚えていないかもしれないと言っていました。自分はひょっとしてココナッツボーイズ時代の曲なのかなとあれこれ考えていました。

 ライブ終了後に田口さんがその日のセットリストをアップしてくれたので拝借します。

(第一部)
空想Kiss
急接近
I SAY,I LOVE YOU
悲しすぎるね
約束

(第二部)
夢の中でおやすみ
TOO YOUNG
制服(谷口宗一カバー)
Inner Mind
もっとハートフルに愛して

(アンコール)
眠り姫(SEKAI NO OWARIカバー)
Lucky Chanceをもう一度
さらわれて



 今回初めて演奏された英樹さんヴォーカルの曲とは『もっとハートフルに愛して』だったみたいですね!英樹さんヴォーカルという印象がなかったため全くの予想外でした。確かにこの曲は英樹さんがメインヴォーカルですね。
 今回『もっとハートフルに愛して』が演奏されたことにより、ここ2、3年でライブで演奏されていないC-C-BのB面曲が『サーフブレイク』と『霧のミステイク』のみとなりましたね。個人的にB面曲の中で『サーフブレイク』が好きなので聴いてみたいんですが、このままいくと聴けちゃう可能性もグンと高くなりましたね。時期的にももうそろそろだったりしますし!
 それにしても今回演奏された曲の中ではC-C-BのB面曲が5曲もあるんですね。AJの選曲もアルバム曲中心でマニアックですけども、TANaBEの選曲も恐ろしいくらいマニアックですよね(苦笑)

 C-C-B以外の曲もTANaBEでは演奏されておりますが、今回は谷口宗一さんの曲とSEKAI NO OWARIの曲のカバーをされました。
 ちなみにSEKAI NO OWARIは田口さんが最近お気に入りのバンド。主に若い世代の方からの支持を集めているバンドです。

m_sekainoowari.jpg

 自分の友達もSEKAI NO OWARIが好きという人が多くて、ライブに行ったことがあるという人も多いです。同世代の方から高い人気を得ているバンドなので自分も名前くらいは知っていたものの、みんながみんな好きであるというものに対してどうしても拒否反応が出てきてしまい、あまりちゃんと聴くことがなかったというのが正直なところです。

 そこで今回のライブでカバーされた『眠り姫』という曲を聴いてみました。
 聴いてみたところ、シュー君を思う田口さんのことを考えると歌詞を見ながらウルウルときてしまいました。

君はいつの日か深い眠りにおちてしまうんだね
そしたらもう目を覚まさないんだね
僕らがいままで冒険した世界と僕は一人で戦わなきゃいけないんだね

このまま君が起きなかったらどうしよう
そんなこと思いながら君の寝顔を見ていたんだ



 その日のライブではやはりシュー君に向けて歌われたそうです。田口さんの思いはシュー君にきっと届いていますよね!
 田口さんが歌う『眠り姫』、自分もいつか聴けたらなぁ。

 
 今までどこか敬遠してしまっていたSEKAI NO OWARI、今回知れたことが良いきっかけになったのでこれから聴いてみようと思います。

WYのミニアルバム

2014.04.19

category : C-C-Bメンバー

comment(17)

 こんばんは。

 Twitterのフォロワーさんのおかげで知ったんですけども、英樹さんと米川さんが2005年ごろに結成していたユニットであるWY(ヨネトワタル)のCDがまだゲットできるんですね。

JacketFront180pix.jpg

 発売してから10年近く経とうとしているのでてっきりもうゲットできないものなんだろうと勝手に決めつけてスルーしていました。収録曲は全部聴いたことはあるもののCD自体はまだ持っていないんですよね。

 ちなみに収録曲はこんな感じ。

01 So Sad
02 OKIROH!
03 Born In The 60's
04 明日に・・・



 ミニアルバムなので収録曲は4曲のみになりますが、1曲1曲の質が高くて完成度の高いミニアルバムです。ジャケットもモノクロで大人な感じ!
 C-C-Bファンとして嬉しいのが、C-C-B時代の名曲『Born In The 60's』がカバーされていること。アレンジが大人っぽくなっていて渋くてカッコイイです。
 新曲の3曲も聴きごたえのある曲です。新曲の中の1曲である『OKIROH!』は、詞が再始動を思わせるような意味にも取れるんですよね。この曲を聴いてもしかしたらC-C-Bが再結成するのかもと思い浮かべた人も多いのでは・・・?そういえばこの曲の詞を深く掘り下げていたブログがあり、読んでいてとても興味深かったです。僕も詞からいろいろなことを汲み取れるようになりたいと思っているんですけども頭が堅いので難しいです(苦笑)

 ここ数年はほとんど(というか一切?)WYの曲がライブで演奏されていないので、AJでも演奏して欲しいなと思っています。WYの曲だったら田口さんがいないからAJで演奏されないのも仕方がないのかもしれないと思われますが、2004年のヨネタワタルのライブで『OKIROH!』と『明日に・・・』が演奏されているそうなんですよね。確かもともとはヨネタワタル用で作られた曲だったと思いますが、WYとしてレコーディングされたんですよね。そのヨネタワタルのライブの時はアコースティック形式だったので、今度はバンド形式でやって欲しいななんて思ったり・・・。
 この前のニコ生でもWYの曲をリクエストされていた方がいらっしゃって、自分の他にもWYの曲を聴きたいと思っている方がいるんだなと思いました。

 WYといえば『Big Wave』という未音源化作品があるんですけども、難しいことですけども音源化されて欲しいですね。どうやらこの曲は珍しく詞が先行で作られた曲のようですね。米川さんからの依頼により詞を英樹さんが書き、出来た詞に米川さんが曲をつけたという形みたいです。でも、ひょっとしたらこの曲の存在自体、もう覚えていないかな・・・?


 このCDはこちらでゲットできるみたいです。
 自分も早めにゲットしておかないと・・・。

C-C-Bのベスト盤&ライブ盤発売!

2014.04.15

category : C-C-B

comment(5)

 こんばんは。

 大学3年生になり、そろそろ卒業後についてのことを考えなきゃいけなくなっているということは以前の記事でも書きましたが、最近になって一つの選択肢として公務員という道も考えています。
 とは言ってもそう簡単に公務員にはなれないものなので、公務員試験対策講座なるものを受けてみようと思います。

 その講座は当然タダで受けれるものではなく、受講料や教材費も必要になってきます。当初予想した金額よりは安かったものの、それでも自分にとってはなかなか簡単には出せない金額。
 ありがたいことに両親はその分のお金を出してあげると言ってくれたんですが、両親には学費を払ってもらっていますし、その他の面でも色々と負担をかけているので自分のお金で何とかしたいなと思っています。なので今は毎月の生活費以外の出費のそこそこな割合を占めているライブでの遠征費を削るべく、遠征もなるべく控えめにしようと考えています(と言っても、6月と7月には東京に行く予定なんですけども・・・)
 でも昨日のニコ生を見ちゃうと遠征したくなってしまう気持ちも出てきたりしています・・・(汗)

 3年生になって授業数が少なったことからスケジュールに多少余裕が出来るかなと思いましたが、この講座を始めることによってそうはいかなくなってしまうのかな?でも、週4とか週5で講座が入るようなハードスケジュールではないとのことなのでまだ大丈夫そうかな?


 そんな個人的なお話は置いておいてC-C-Bファンには嬉しいニュースが飛び込んできましたね!
 もう既にニコ生での視聴者さんからのコメントで流れていたのでご存じの方も多いと思いますが・・・、

 C-C-Bのベスト盤&ライブ盤発売決定!

 それらしい話は事前に知っていたものの、発表があると嬉しいですね(でも、正式な発表はまだみたいです)
 C-C-B関連の商品の発売は2008年の再結成関連のものを除けば、2007年のシングルベスト盤以来となると思います。だいたいそのくらいの時期に僕はC-C-Bのファンになったわけですが、その間何も発売がなかったというのはビックリですね。
 
 
C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!
(2014/06/04)
C-C-B

商品詳細を見る


1989年、日本武道館でのコンサートを持って解散したCCBの解散25周年ベストアルバム!シングルとしてリリースしてきた数々のヒット曲のA面曲は勿論、現在入手困難なシングルのカップリング曲やシングル・ヴァージョン、ココナッツボーイズ時代の楽曲から『NHKみんなのうた』でのみO.A.されていた『なやみのたね』をボーナストラックとして初CD化収録、アルバムからも人気の曲を選曲した2枚組のベスト・アルバムです!



 7年ぶりのC-C-Bのベスト盤ですね。C-C-Bのベスト盤についての記事は以前、こちらこちらに挙げたことがありますが、過去に発売されたベスト盤のほとんどがシングルベストなんですよね。何度も何度も発売されるシングルベストに疑問を感じた人も多いはずです。
 今回もいつものようなシングルベストだったらさすがにどうかと思っていましたが、今回はシングル曲のみならずアルバム曲、そしてココナッツボーイズ時代の曲も収録されるとのこと!シングル曲ももちろん良いですけども、アルバム曲も良い曲がたくさんあるということを知ってもらうことができますね!
 注目すべき点としてはボーナストラックとして『ナヤミの種』が収録されるということ!NHKの「みんなのうた」で放送され、一応音源化はされているものの別の歌手の方が歌ったもので笠さんが歌うバージョンとしては初の音源化となります!既にC-C-Bの曲は全曲持っているという方もこの曲のために購入を検討してみてはいかがでしょうか?
 収録曲はまだ未発表ということですけども、シングル曲+アルバム曲のベスト盤は「The Best Of C-C-B」が過去に発売されたことがあるので選曲も似たような感じになるのかなと予想しています。

C-C-B 1989 解散ライブ@日本武道館 解散25周年 初のライブ盤ですいません!!C-C-B 1989 解散ライブ@日本武道館 解散25周年 初のライブ盤ですいません!!
(2014/06/04)
C-C-B

商品詳細を見る

 

1989年、日本武道館でのコンサートを持って解散したCCBの、解散25年にして初のライヴ音源!今までライヴ盤を1枚もリリースしたことのないC-C-Bの初のライブ盤でしかも解散ライブを全曲収録!

収録曲
01. 原色したいね
02. Lucky Chanceをもう一度
03. 信じていれば
04. 抱きしめたい
05. 毎晩、悪夢が落ちて来る
06. 不自然な君が好き
07. Blue Guitar
08. メドレー:スクールガール~空想Kiss~Romanticが止まらない~
        2 Much, I Love U.~ないものねだりのI Want You~
        元気なブロークン・ハート
09. 流星のラストデート
10. Telephone
11. アニメのようなA,B,C
12. Only For You,Only For Me
13. マニュアル・ワールド
14. Born in the 60's
15. JOKEじゃなしにI LOVE YOU
16. 走れ☆バンドマン
17. 冒険のススメ
18. ジェラシー
19. Love Is Magic
20. Let's Go クライマックス



 C-C-Bとしては初のライブ盤が発売されます!
 C-C-Bってライブでこんなにもカッコイイんだということを伝えられるCDになりそうですね。
 解散ライブの音源化ということですが、解散ライブは既に映像化されていてビデオやDVDという形で発売されているんですよね。しかし、ここで注目したいのは映像化の際にはカットされてしまった『Telephone』と『アニメのようなA.B.C』と『ジェラシー』の3曲が収録されていること!解散ライブを全曲楽しむことができる内容となっているみたいです。
 でも、解散ライブというとどうしても気になってしまうのが一曲目の『原色したいね』で英樹さんが歌詞が飛んでしまうというハプニング。これも普通に収録されるんでしょうね。ライブならではのハプニングではありますが、ちょっと気になってしまいます。
 ボーナストラックで当日のMCなんかも付いてくれたら嬉しいですね。このMCも映像化の際にカットされているんですよね。


 C-C-Bのベスト盤&ライブ盤は6月4日に発売するみたいです。2枚合わせるとそれなりにお金がかかってしまうわけですが、発売日にゲットしてこちらのブログでも紹介できたらなと思います。
 このCDの売れ行きが良いと、第2弾第3弾と商品化が続いていく可能性があるので是非C-C-Bファンの方には購入して頂きたいです。
 

AJ-米田渡- リクエストアワー(笑)

2014.04.14

category : C-C-B Ustream・ニコ生など

comment(2)

 こんばんは。

 今日は前回の記事で告知した通り、AJのニコ生配信第4弾「AJ-米田渡- リクエストアワー(笑)」が配信されました。
 
ni1_convert_20140414224249.png

 今回の配信のメインは6月のツアーに向けて演奏する曲のリクエストを募るというもの。
 さすがにニコ生でたくさん流れるリクエストコメントを後で集計できるというのは難しいということで、事前に決められた選択肢の中から選ぶアンケートという手段が用いられました。
 集計が困難なので仕方ないとはいえ自由にリクエストしたかったなというのが正直なところです(一応自由にリクエストする枠が設けられていましたが、それは果たして反映されるのかな・・・?)

 それにしてもニコ生の配信があることによって、AJの3人と松木さんのトークが定期的に見られる環境があるというのは本当にありがたいことですよね。
 なかなかライブに行けない寂しさもこういった配信のおかげで紛らわせることができます。
 
 さて、いつものように配信で気になったシーンだけを紹介します。

・今回の配信のタイトルは松木さんがAKB48にあやかって付けたみたいです。
 (AKBは自分たちの楽曲を対象とした人気投票により、ランキング形式で発表する
 「AKB48リクエストアワー」というライブが毎年行われています)
 そのAKBネタに便乗して、AJの3人の自己紹介が・・・
 英樹さん「AjのチームA、渡辺英樹です」
 米川さん「チームJ、米川英之です」
 田口さん「チーム0、田口智治です」

・AKBみたいに曲の人気投票で決めてしまうと、
 もしかするとメンバーが歌えない曲も出てきてしまうという松木さんに対して・・・
 英樹さん「全然大丈夫ですよ!うちには田口さんがいますから!」
 松木さん「あ~センターがいるのか~」
 英樹さん「超強力なワントップがいますから」
 田口さん「任せて!」
 
・近況報告
 英樹さん・・・暇。一昨日はDeep Purpleのライブを見に行った。
 田口さん・・・昨日ライブに出演した。今月26日のピンクサファイアのライブに向けてリハーサル中。
 米川さん・・・たくさんライブを行っている。

・米川さんの30周年ライブでの開演前ステージに向かう米川さんの映像と
 『Getting Better』に乗せて、簡単なダイジェスト映像が流れました。

ni2_convert_20140414224300.png

ni3_convert_20140414224312.png

・去年11月の松木セッションでの『トワニナレル』と『シーラカンス』のライブ映像!
 まさかここにきて松木セッションの映像が見れるとは!
 欲を言えばスペクトラムの曲も聴きたかった~!

ni4_convert_20140414224328.png

・AJのアルバム「AJ」に収録されてある「間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける」が
 あまりに曲名が長すぎるため、英樹さんが「まちきづ」と略していました(笑)

・仮タイトルの話になり、C-C-Bの時にも「練馬の悪魔」という仮タイトルがあったと田口さんが言うが
 英樹さんと米川さんはキョトン・・・(苦笑)
 「練馬の悪魔」について、お二人も覚えているかと思ったんですが・・・。

・「AJ」に収録されてある『赤いセーターの女の子』には「ニラレバ食べれば♪」というフレーズがある。

・6月のツアーで演奏する曲のアンケートが行われたので、結果とともに簡単にまとめてみました。

 シングル曲Part1(『Candy』~『不自然な君が好き』まで)
 1位『LuckyChanceをもう一度』 33.4%
 2位『瞳少女』 12.8%
 2位『元気なブロークン・ハート』 12.8%
 シングル曲Part2(『ないものねだり』~『Love Is Magic』まで)
 1位『抱きしめたい』 31.3%
 2位『信じていれば』 21.4%
 3位『ないものねだりのI Want You』 16.8%
 田口さんが過去に米田渡で歌った曲
 1位 今後に期待 27.1%
 2位『Telephone』 22.1%
 3位『噂のカタカナ・ボーイ』 21.3%

 アンケートをとったのは以上の3つでした。
 シングル曲は前期では『LuckyChance』、後期では『抱きしめたい』が1位という結果になりました。
 この2曲って一番最初のAJのツアーで演奏されたシングル曲の2曲なんですよね。
 ここ数回のAJのライブでは恒例になっている田口さんがメインで歌うコーナー、
 やっぱりまだ一度も演奏されていない曲が聴きたいということで、
 今後に期待するという選択肢に票が集まることになりましたね(笑)
 ちなみに田口さんの中では次に歌う曲の候補として
 『プライベート・マッスル』と『二人のシーズン』が挙げられているみたいです。
 『二人のシーズン』とか田口さんに合いそうですね!

・『LuckyChanceをもう一度』がアンケートで1位になって・・・
 松木さん「僕、『Luckychance』は歌詞見ないで歌えますよ」
 英樹さん「マジすか・・・。本人が歌えないのに何でお前が歌えんだよ!」 

・今後ツアーで行くとしたらという話になり、冗談でハワイが挙げられていて・・・
 松木さん「俺、ハワイ一度も行ったことない」
 英樹さん「だせぇ~」
 松木さん「親戚がいるんですけど・・・」
 田口さん「うちらはあるよね、ハワイアンセンターに」
 英樹さん「常磐でしょ?あそこは良かったね~。じゃあハワイアンセンターに行こう」

・今後のツアーで東北や北海道に行くとしたら・・・
 米川さん「でも、リスクがあるので署名を集めて頂いて、120くらい集まったら行こうかな?」
 英樹さん「急に悪いプロモーターの顔になってるね!」

・6月のツアーの映像化はしないみたいです。
 笠さんがゲスト出演するという九州でのライブの映像が見たいですが、それも叶わずですか・・・。
 DVD化はしなくても九州でのライブ映像を後のニコ生配信で流してくれることを期待します!


 配信の中で発表もありました。

 3月2日に行われた米川さんの30周年ライブ、6月21日にDVD化決定です!

 まだ製作されていないようなので詳しいことは決まっていないみたいですが、DVDは2枚組で英樹さんと田口さんがナレーションを入れるオフショット映像も付いてくるという話もありました。
 タオルをブンブン回している自分が映っていたら恥ずかしいところがありますが、DVD化は嬉しいですね!
 大盛り上がりのライブだったのであの興奮をもう一度体験できるとは!

 発売は6月21日ということですが、AJのツアー中にも購入できるみたいです。となると、初日の名古屋で手に入れることができるかな・・・?

 
 それとニコ生でのコメントで流れていたC-C-Bファンには嬉しいニュース、この配信の中で発表されるのかなと思っていたんですが、まだ発表されないんですね。正式な発表はまだなのかな?
 そのニュースについては別の記事で書こうかなと思います。

ニコ生でリクエストアワー!

2014.04.12

category : AJ -米田渡-

comment(7)

 こんばんは。

 先日、ユニコーンのライブを見に行ってきました。
 ユニコーンは高校生の時にハマったバンドで自分にとってはC-C-Bの次に好きなバンドといっても過言ではないです。ここ最近は一時期よりユニコーンへの熱も落ち着いてきたのでユニコーンのライブのために遠征というのは考えていなかったですが、今回ツアーで名古屋にも来るということでようやく生でユニコーンを見ることができました。
 
 初めてのユニコーンのライブはとても楽しくて、C-C-Bメンバーのライブとは色々と違う点もあったりして新鮮でした。盛り上がる曲、しっとり聴かせる曲、ユニークな曲など幅広い曲があるのがユニコーンの魅力の一つで、ライブでも聴かせる時は聴かせて、ユニークな曲や明るい曲の時では小道具や演出が面白くて、本当に楽しめたライブでした。
 僕は2階席だったんですが、会場が広いためどうしてもステージと距離を感じてしまいましたね。もっと近ければ更に楽しめたかも・・・!

 ユニコーンファンの知り合いは一人もいないため、一人でライブに参戦したわけですが、終演後は感想を共有し合うことができなくて少し寂しい気分になりました。そういう意味でもユニコーンファンの知り合いも作れたら良いななんて思いました。


 ユニコーンのお話はこの辺にして、AJのお話へ。

 6月に行われるAJのツアーの先行予約がまもなく締め切りになります。
 僕は名古屋の他に新宿も参戦します。当初の予定では京都も行く予定だったのですが、諸事情で断念することになりました。
 でもツアーの初日と最終日を見ることができるため、初日ならではの新鮮さとツアーをこなしてきた最終日ならではのまとまりの両方を楽しめることができますね。今から楽しみです。


 先行予約の締め切りというタイミングでニコ生の放送もされるみたいです。

ニコニコ生放送のお知らせ
AJ-米田渡- リクエストアワー(笑)
http://nico.ms/lv175734728
4/14(月)20:00~
出演:AJ-米田渡-(渡辺英樹・田口智治・米川英之)
進行:松木隆裕

AJ-米田渡- Tour 2014「走る★バンドマン」に向けて
あなたの聴きたい曲を教えて下さい!

あなたのリクエストはセットリストに反映されるのか?乞うご期待!
そして、米川英之30th AnniversaryのDVD化は果たして?



 何とこのツアーに向けて曲のリクエストを募るという放送!
 以前にもそれぞれのメンバーのブログや掲示板を通してリクエストを募ったり、ユーストリーム配信中にコメントを通してリクエストを募ったりしたことはありましたが、ニコ生という媒体を通して募るというのは初めてになりますね。ニコ生はコメントが簡単に投稿ができ更に匿名であるところから、大量のリクエストコメントが流れそうですが、一体どうなることやら・・・。

 リクエストの方ですけども個人的にはまだAJでは演奏されていない曲を聴いてみたいですね!
 ということでまだAJでは演奏されたことがないC-C-Bの曲を簡単にまとめてみました。

シングルA・B面(ココナッツボーイズ時代)
Candy
夢のスーパー・ボード
瞳少女
チリドッグがお気に入り

「Mild Weekend」
ココナッツボーイズのテーマ
ガール・ガール・ガール
ゴールドコーストのクリスマス
自慢のエイティーンガール
カレン
バイバイムーン
オー!!ベイビー
浮気なシュガーベイブ
サマーガール
恋のリング・ア・ディング
大脱走

「Boy's Life」
ノーノーボーイ
恋のリメンバー
雨の金曜日
ラ・ラ・ラ・サマー・ビーチ
バラ・バラ
ロスト・ヴァケーション
好きさ・・・リンダ
破れたダイアリー
シェリ-
そして9月
ハローハロー

シングルA・B面(C-C-B時代)
Romanticが止まらない(←イントロだけは演奏しています)
スクール・ガール
もっとハートフルに愛して
サーフ・ブレイク
元気なブロークン・ハート
スワンの城
霧のミステイク
夢の中でおやすみ
Inner Mind

「すてきなビート」
スクール・ボーイ
Forever
二人のシーズン
メモリーなんていらない

「僕たちNO-NO-NO」
Here Comes The C-C-B
リスキーゲーム

「冒険のススメ」
流星のラスト・デート
モンスター登場
I LOVE YOU
プライベート・マッスル

「愛の力コブ」
TOO YOUNG
毎晩、悪夢が落ちてくる
HAPPY BIRTHDAY AND I LOVE YOU

「石はやっぱりカタイ」
展覧会の絵
C-Moonセレナーデ
ROSE & PAIN
Cherry Forest

「走れ☆バンドマン」
プリマドンナ
Happy Song
嫌われたい

「信じていれば」
Helter Skelter
もう、遅すぎて
ひとりの世界

未音源化作品
Good Nightは早すぎる
イタイケSugar Boy
オープニングラップ
カラフルコミックス
ナヤミの種


 
 自分の記憶を頼りに書いてみましたが、おそらくこんな感じではないかと思います。
 C-C-B時代の曲では笠さんや関口さんの曲は演奏されないのは仕方ないとして、『I LOVE YOU』や『TOO YOUNG』など英樹さんが歌う曲も実は意外と演奏されていないんですよね。その理由としてはTANaBEで演奏されているから意図的に外されているという可能性が高いです。でも、『TOO YOUNG』はバンド形式で聴いてみたい曲の一曲ですよね。

 自分がリクエストしたい曲はC-C-B時代でいうと以前からも挙げている『サーフ・ブレイク』でしょうか。
 ココナッツボーイズ時代の曲は基本的に何が来ても嬉しいんですけども、タバコをやめて天使の歌声になっている英樹さんのことを考えると、『瞳少女』や『自慢のエイティーンガール』、『ラ・ラ・ラ・サマー・ビーチ』が聴きたいですね!

 ちょうどこのニコ生の日はバイトが休みだったため、リアルタイムで視聴できるのでここで挙げた曲をリクエストしてみようかなと思います。
 何が採用されるのか・・・、とっても楽しみです。

Live Bar X.Y.Z.→A5周年記念ライブに・・・

2014.04.07

category : C-C-Bメンバー

comment(4)

 こんばんは。

 先日、21歳の誕生日を迎えました。
 もう20代になって1年が経っているのに自分が20代だということにまだ実感がわかないです。まだまだこの違和感は続きそうです(苦笑)
 
 21歳というと、『Romanticが止まらない』がヒットしてC-C-BがTVに出始めたときの米川さんが21歳なんですよね。C-C-Bが出演された当時のTV番組の映像をよく見ますが、映像の中での米川さんはとても大人っぽいような気がして、自分と同じ年齢とは思えないです。
 それに米川さんが『アニメのようなA.B.C』を作曲したのも21歳ですよね。21歳でこのような名曲を作ってしまうとは・・・。米川さんはこの曲に関して「曲作りに青さが目立つ曲」とコメントしていましたが、いやいやそんなことはないでしょうと思ってしまうのは米川さんの謙遜なのか、それとも僕が音楽的な知識がないからなのかな・・?

 
 Twitterで気になるライブ情報がアップされていたのでこちらでもご紹介します。

2014年 5月25日(日)
Live Bar X.Y.Z.→A五周年(と2日)記念マラソンライブ



11:30〜整理券発行(X.Y.Z.→Aファンクラブが優先入場となります)5Fにて飲み始め

12:30〜6Fオープン客入れ

13:00~14:00:X.Y.Z.→A(二井原実、橘高文彦、和佐田達彦、ファンキー末吉)

14:15~15:15:米川英之セッション(米川英之、和佐田逹彦、ファンキー末吉)
        +前半ゲスト二井原実、後半ゲスト渡辺英樹

15:30~16:30:VoThM(渡辺英樹、丸山正剛、ファンキー末吉)
        +前半ゲスト米川英之、後半ゲスト曾我泰久

16:45~17:45:曾我泰久 with Band(田川ヒロアキ、和佐田達彦、ファンキー末吉)
        +前半ゲスト渡辺英樹、後半ゲストSources

18:00~19:00:Sources(加賀谷綾太郎、日髙隼人、野津永恒)+和佐田達彦、ファンキー末吉
        +後半ゲスト田川ヒロアキ

19:15~20:15:手数セッション(田川ヒロアキ、江川ほーじん、菅沼孝三)

20:30~21:00:秀光(小畑秀光、TOMO、響太)

21:00〜そのまま飲み



 C-C-Bファンにとってもすっかりお馴染みのライブハウス「Live Bar X.Y.Z.→A」が来月で5周年ということで記念ライブを行うそうですね。

 豪華な面々が出演されているわけですが、英樹さんと米川さんのお二人も出演されるみたいです!英樹さんはVoThMとして、米川さんはファンキーさんと和佐田さんとのスペシャルバンドとして出演とのことですね。
 注目する点としてはゲストの存在ですね。VoThMには米川さんと曾我さんが、米川さんのスペシャルバンドには二井原さんと英樹さんがゲスト出演されるということで、どのような曲を演奏するのか、どのような化学反応が起きるのか、今から楽しみですね!英樹さんと曾我さんの共演も見たいですし、米川さんと二井原さんの共演も見てみたい!
 米川さんと二井原さんが共演する時には二井原さんが詞を提供した『STRAIGHT THROUGH MY HEART』を一緒に歌って欲しいなぁ。

 会場がLive Bar X.Y.Z.→Aだと過去に何度も生中継を行ってくれたことがあるため、生中継をしてくれるのではと期待してしまう自分がいます。遠征が難しい自分としては生中継をして頂けるとものすごく嬉しいですが、過度な期待はせずにその日を待とうかなと思います。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad