かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

バンドコンテストの審査員に英樹さん!

2014.05.28

category : 渡辺英樹

comment(4)

 こんにちは。

 またもやTwitterから得た情報を紹介したいと思います。
 愛知県の幸田町では2年に1度、アマチュアバンドのコンテスト「KOTA ROCK FESTIVAL」というものが開かれているそうで今年の8月に開かれるそうなんですが、こちらのコンテストの審査員として英樹さんが出演するそうです!
 詳細はこちら

 こういったページで紹介される英樹さんのプロフィールって、元C-C-Bという肩書しか書かれていなかったりするお粗末なものだったりするんですが、きちんと英樹さんが今活動しているバンドやユニットを取り上げていたりして、そういうところに好感を持ちました。

 KOTA ROCK FESTIVALについて知らなかったんですけども、調べてみたら過去には2010年にTHE GOOD-BYEの曾我さん、2012年には元チェッカーズの武内さんが審査員を務めていたということで毎回豪華な審査員なんですね。
 2012年に開催されたKOTA ROCK FESTIVALの模様を審査員の武内さん自身がブログで詳しく取り上げていたので、載せておきます。こちらです。
 武内さんのブログを拝見すると武内さんも参加されてセッションなんかも行われたようなので、今年も英樹さんがステージで演奏されたりするのかな・・・?
(どうやらセッションがあるみたいですね。曲目は『Knockin' on Heaven's Door』の他に、『原色したいね』、『LuckyChanceをもう一度』といったC-C-Bの曲も!)

 愛知県で開催されるとのことなので行く方向で考えています!何か予定が入らないことを祈っています(笑)


 英樹さん絡みでVoThMのCDについて書いていきます。

ZENZEN
(2008/01/09)
VoThM

商品詳細を見る


 VoThMのアルバムは現在手に入るものでは「ZEN」のみ(iTunesでは「Welcome」をダウンロードすることができますが・・・)で、その「ZEN」が発売されたのも2008年だったりするんですよね。そこで思ってしまうのが新たなアルバムの発売。
 今年からVoThMが再始動しツアーも行ったりと、精力的に活動しているのでこれをきっかけに新たなアルバムの発売につながらないかなと思います。

 もし新たなアルバムがレコーディングされるなら、『アジアから来た女』や『1991』といったライブの定番曲を新録して欲しいなと思います。こちらの2曲は入手が極めて困難なインディーズ盤のみにしか収録されていないので、欲しい方も多いはず!
 他には、『愛し合うために行こう』という曲。こちらの曲は「ZEN」発売後にできた曲だと思うんですけども、英丸という形では録音されているものの、バンド形式でのレコーディングはされていないと思います。今のVoThMでも演奏されているみたいですが、残念ながら僕はまだバンド形式の『愛し合うために行こう』を聴いたことがないので興味があります。
 後はVoThMのデビューライブで演奏されたという『ソドミスト』といった音源化されていない曲も気になります。
 実現されるのは難しいかもしれませんが、いつか実現されると良いですね。

5周年記念マラソンライブ終了

2014.05.27

category : C-C-Bメンバー

comment(0)

 こんにちは。

 一昨日はLive Bar X.Y.Z.→A五周年記念マラソンライブがありました。
 以前の記事でも取り上げましたが、このライブで英樹さんと米川さんが出演されるのでC-C-Bファンとしては注目していたライブでした。
 お留守番組の自分としては最後までユーストで中継されないか期待していたところがありましたが、さすがにそれは叶わずといった結果になりました。でも、参戦された方のライブレポを拝見してライブに行けたような気になれましたね。

 その日のライブを米川さんのセッションとVoThMの出演分だけ取り上げてみたいと思います。まずは米川さんのセッション。

l1_convert_20140527133252.png
(今回使う写真はLivebar XYZ-AさんのFacebookから拝借しました。お客さんのお姿がなるべく写らないように勝手ながらカットさせて頂きました)

カバー曲(with 二井原さん)

どこにもいないよ
Broken Wings
Getting Better
STILL GOT THE BLUES
Everlasting~君の瞳の中に~(キーボード弾語り)
奇跡

Little Wing(with 英樹さん)



 独奏会でも米川さんのピアノの弾き語りを見ることができますが、この日もキーボードでの弾き語りがあったそうですね。セットリストは米川さんソロの定番曲を並べたような感じでしょうか。ベースはバーベQ和佐田さんだったんですが、どうやらほとんどの曲を初見で弾いていたみたいで、苦戦していたんだとか・・・(苦笑)

 最後は和佐田さんと英樹さんが交代して、『Little Wing』を披露したそうです!

l2_convert_20140527133305.png

 久しぶりの米末渡ですね!こういった編成だとC-C-Bの『WALKIN'』をやるのかと思ったんですけども、そうではなかったみたいですね。
 英樹さんのガイコツの衣装も何だか久しぶりという感じがします。

 続いて、VoThMです!

l3_convert_20140527133318.png

Hush,Little Baby(with 米川さん)
STAR(with 米川さん)

(以下順不同)
Welcome
1991
Yes,it's true
「A」からはじまる
アジアから来た女
I've Loved Them
奪われた物より多くをその手につかめ

カバー曲(with 曾我さん)


 
 最初はVoThMに米川さんが加わって演奏されました。米川さんは何とキーボードを担当!しかも、米川さんも初見で弾いていたというから驚きです。ミュージシャンの方ってスゴイ・・・。

 最後は曾我さんが加わって、カバー曲を演奏されたみたいですね。

l4_convert_20140527133329.png

 曾我さんのことは爆風トリビュートに収録されてある『それから』を聴いて知ったんですけども、素敵な歌声だったので一度生で聴いてみたいなと思っていた人。過去にも英樹さんや田口さんとセッションを行ったことがあるそうなので、またセッションして欲しいですね。

 簡単にまとめちゃいましたが、大盛り上がりのライブだったみたいですね。英樹さんや米川さんも見たかったですけども、ライブのトリを飾った秀光も気になっているので自分も行きたかった!

楽園深呼吸

2014.05.23

category : 関口誠人

comment(2)

 こんばんは。

 Twitterをやっていると、C-C-B関連の情報をすぐに知ることができたり、自分の知らなかった情報を知ることができたりするので自分にとって大変ありがたいツールになっております。自分の場合、素早く情報をゲットするという方法を知らないので、自分ができることといったらTwitterで知った情報をこのブログにまとめることくらいしかできないのが申し訳ないところです。誰よりも素早く情報をゲットしてフォロワーの皆さんに教えてあげることができたらなぁなんて思っているんですけども、なかなかそうはいきませんね(苦笑)

 今回の記事のネタもTwitterでフォロワーさんから教えて頂いた情報です。
 今でも積極的にライブ活動をされている関口さんですが、最近作詞のお仕事もされていたみたいです。
 「あじあん*たむ」という女性二人組のユニットのデビューシングルが今月発売されたそうですが、このシングルの2曲目に収録されている『楽園深呼吸』という曲の詞を関口さんが書いているみたいです。

41Yg7Nr2znLSL500_AA300_.jpg

 『楽園深呼吸』を含めたデビューシングルに収録されている曲があじあん*たむさんのオフィシャルサイトで試聴することができます。
 3曲とも爽やかな曲調で、夏に向けてのこの時期にピッタリな感じがします。歌声も可愛らしい感じです。
 関口さんが作詞した『楽園深呼吸』ですけども、あじあん*たむさんのイメージに合わせて、女の子が主人公の詞になっているみたいです。詞の方も拝見したんですけど、悩みを抱えているけども最終的には新たな気持ちを持って前を向いていこうという内容です。自分は男ですけども、この主人公が抱えている悩みと近いものを持っていたりして、そこが共感したりなんかしたりして・・・。それと、「マジでね」なんていう若者言葉?を使用したりして最近の女の子っぽい口調を演出しているように思えました。

 あまり僕は詳しくないんですけども、自分が知る限りでは関口さんはmimikaさんに詞を提供した以来のことになるんですかね・・・?
 関口さんの詞が好きなのでこういった作詞のお仕事も増えていくことを期待しています!

プロジェクトが始動中・・・?

2014.05.16

category : 渡辺英樹

comment(6)

 こんばんは。

 先月、VoThMツアーで英樹さんや丸山さんとともに各地を回ったファンキーさんが、ご自身のブログのこちらの記事で、英樹さんの歌声について書かれていました。その一部分を勝手に引用してみます。

 

英樹さんの歌がいいのよ・・・
何がいいと言うと、ちゃんと「歌ってる」のね。

(省略)

最近よく一緒にライブをやってるのでわかるが、
英樹さんの歌い方には大きくわけてふたつあって、
ひとつはロック的にガナる歌い方。

もうひとつはC-C-Bのヒット曲のように、
ちょっと甘ったるく歌う歌い方・・・

「お前50も過ぎて何甘えてんだよ!!」
と冗談では言うが、これが大きな個性となって「C-C-Bらしさ」を醸し出しておる。



 英樹さんの歌声の表現力をファンキーさんも高く評価していて、ファンとしても嬉しくなりました。
 歌うということで言うと音程通りに正確に歌えることはスゴイことでもありますし、音痴な自分からすると素直に羨ましいことです。今の音楽を聴いていても音程通りリズム通りにキレイに歌いこなす歌手の方々はたくさんいますが、どうしても好きになれないところがあります。ファンキーさんが言うように表現がないと音楽が成り立たないということなのかもしれませんね。

 さて、ファンキーさんがこのような記事を書いたのはあるきっかけがあったからであって、それは英樹さんの歌入れをしていたからなんですよね。こちらに関しては英樹さんのブログのこちらの記事で少し情報が載っていました。

 

パソコンに向っていたファンキーさんが…
「いたぁ~‼︎英樹さ~ん!そんなに暇ならこの曲の歌詞かいて‼︎」
私…「えっ⁈」
ファンキーさん…「ほな曲送ったで…」( ΄◞ิ .̫.̫ ◟ิ‵)
その後東京に帰って直ぐに歌詞を送ると…「ついでに歌も歌って‼︎」(´༎ຶ۝༎ຶ)
ってことで歌ってます(((༼•̫͡•༽)))
何の曲か等々詳しい事は現時点では言えませんが秋くらいにお知らせ出来ると思いますƪ(•̃͡ε•̃͡)∫



 どうやらファンキーさん絡みで何かプロジェクトが動いているみたいです。そのプロジェクトに関わっている田川ヒロアキさんのHPにあるこちらの日記で詳しいことが書かれてありました。

ここ数カ月前より、とあるお仕事のプロジェクトに参加させていただいてます。
ファンキーさんから依頼され、その向うには某社のクライアントがいらっしゃる。
3曲あり、私は全曲のアレンジと、1曲の作曲。
そして、なんと、ミックスダウンからマスタリングも担当。

1曲ずつ、下記の歌手が起用され、既に収録済み。
サンプラザ中野くんさん、二井原実さん、渡辺英樹さん



 どういった内容のプロジェクトになるのかまだまだ分からないことがありますが、中野さんや二井原さんも参加されているんですね!
 ファンキーさんも英樹さんの歌声を評価していましたが、田川さんも英樹さんの圧倒的な歌声に感動されたそうです。こうやって凄腕の演奏者の方たちが英樹さんの歌声をこんなにも高く評価してくれるなんて、英樹さんのファンで本当に良かったと思えます。英樹さんはC-C-Bの時でもすでに魅力的な歌声でありましたが、解散後たくさんの経験を経て更に一段と魅力的な歌声、表現力豊かな歌声になっています。田川さんが言う、英樹さんの人生がこもった歌声というのはそういうことなんだろうなと思います。
 
 詳しい発表は秋くらいになるとのことなので今から楽しみですね!

ベスト盤、全ての収録曲が発表!

2014.05.14

category : C-C-B

comment(12)

 こんばんは。

 先週から講座が始まり、いよいよ忙しくなってきました。講座をやっている時間は大学の授業が終わってから夜に行っているわけですが、外が真っ暗の中授業を受けているということにまだ違和感を感じてしまいます。
 それに講座の時間も通常の大学の授業時間よりも長くて、2時間半もあるので終わったときにはドッと疲れてしまいます。帰宅した後もその日やったことの復習をしたいところですが、ついつい勉強する気が起らずダラけてしまいます。これも回数をこなせば慣れてくるのかな・・・?
 それに講座のために名古屋のボトムラインで行われた米川さんの独奏会にも行けず残念・・・。名古屋の代わりに本日行われた京都に行こうと考えましたが、講座が入っていたため断念。独奏会は次の機会になりそうです。

 必然的に大学にいる時間も長くなって、家にいる時間も短くなってきたような気がします。このブログの更新もしたいところですけども、しばらくは手間のかかる記事は書けそうにないかもしれません(汗)せっかくアクセス数も少し増えてきたのになぁ。
 

 さて、今回話題にするのは来月発売するC-C-Bのベスト盤のお話。もうここ最近の記事はこの話題ばかりですし、既に各所で取り上げられていることなので少し遅れた話題になってしまいますけども、このブログでも触れておきたいなと思ったので取り上げてみます。
 先月、C-C-Bのベスト盤が発売されるとの情報が飛び込んできて、収録曲も後に発表されていましたが、その時点では2枚組のうち1枚目の曲目しか発表されていなくて、「これがベスト盤の全ての収録曲なのか」とあちこちで混乱を招いていました。
 しかし、先日ようやく2枚目の曲目の方が発表されました。2枚目の曲目はこういった感じになりました。

DISC2
01. Forever
02. 腰抜けスーパーチャンプ
03. 破れたダイアリー
04. 急接近
05. 浮気なジル
06. ジェラシー
07. 噂のカタカナ・ボーイ
08. アニメのようなA. B. C
09. JOKEじゃなしにI LOVE YOU
10. 東京…ナイト・フェイス
11. 流星のラスト・デート
12. 冒険のススメ
13. ハートブレイク・カラー
14. 毎晩、悪夢が落ちてくる
15. B・I・N・G・O
16. 風のラリー
17. Cyber-Commander
18. マニュアル・ワールド
19. Helter Skelter
20. Born in the 60’s



 2枚目の曲目はどういった内容になるのか、こちらで予想を立てたりなんかしましたが、遠からずといった感じでしょうか・・・?大きく違うのが自分は4人になってからのC-C-Bの曲を8曲と予想しましたが、ベスト盤では「石はやっぱりカタイ」から「信じていれば」までの3枚のアルバムが2曲ずつで計6曲という結果になりました。その分、「すてきなビート」から「冒険のススメ」までの3枚のアルバムからの割合が大きいですね。世間的な印象からいうと、この時代のC-C-Bの印象が強いのでベスト盤ということを考えるとそうした選曲になるのも納得しました。
 一番驚いたのが『愛の力コブ』がないこと!C-C-Bのアルバム曲で代表的な曲といえば『冒険のススメ』と『愛の力コブ』だと思っていたので、不意打ちを食らってしまったかのような衝撃がありました。

 ベスト盤の収録曲が全て判明して、あの曲も入れてほしかったという意見がたくさん出てしまっているみたいですけども、やはり今回はベスト盤ということなのでどうしても過去のベスト盤と似たような選曲になってしまうのは無理もないと思います。マニアックな曲ばかり収録するのは長年のファンの方にとっては嬉しい部分もありますが、ベスト盤というのはC-C-B に少しでも興味を持った人への入門用の意味もあると思います。
 なので期待するとしたらやはり次回ですよね!ファンが投票で選ぶベスト盤というのも面白そうです。でも、あれもこれも入れて欲しいという意見が多いのはそれだけC-C-Bの曲には良い曲が多いということに繋がると思うので素直に嬉しいです。


 最後に来月7日にタワーレコード渋谷店で行われるC-C-Bのトーク&サイン会、出演者は英樹さんと笠さんと田口さんの3人の予定でしたが、田口さんは参加されないみたいです。本人のFacebookで書かれてあったので不参加は確実みたいですね。
 笠さんと英樹さんのお二人でも嬉しいですけども、メンバーの中で一番C-C-Bに詳しい田口さんには今回のイベントに是非参加して欲しかったなぁ。

 

CHA-LA HEAD-CHA-LA

2014.05.09

category : 田口智治

comment(0)

 こんにちは。

 スマホの調子が悪くなってきたのか、メールが開かなくなってしまいました。今までのメールの閲覧、メールの作成、新着メールの受信などができなくなる不具合が出ています。LINEを主に使っている自分としてはメールを使うことは昔よりも少なってしまっているわけですが、いざ使えなくなってしまうとツライものがあります。
 ドコモショップに行かないといけないと思いつつも、行ったとしたら交換という選択をしなければいけない気がして、どうも行くのを躊躇ってしまいます。バックアップはちゃんと取っているんですが、一からまた色々と設定し直さないといけないと思うと面倒くさいと感じてしまいます。
 スマホにしてからカメラの故障だったり、画面の破損だったりで既に何度か交換しているわけですが、スマホはどうしても耐久力がないのかななんて思います。ガラケーの時は一度も交換せずに使えたのになぁ。ただ単に僕の使い方が悪いだけなのかもしれませんが・・・(苦笑)


 今回は田口さんが先日Facebookで書かれていたことをネタにして書きたいと思います。

 昔CSで放送されていた「Mint Club」という番組で田口さんが豪華なミュージシャンの方たちとともに出演し、数曲セッションした回がありました。
 その豪華なミュージシャンの方の顔ぶれが凄くて、このようなメンバー。

 影山ヒロノブ(Vo)
 野村義男(Gt)
 櫻井哲夫(B)
 神保彰(Ds)
 田口智治(Key)

 数多くのアニソンや特撮ソングを歌っている影山さん、日本で有名なギタリストの一人である義男さん、リズム隊にはカシオペアの櫻井さんと神保さん、そしてそこに田口さんが入っているというとんでもない顔ぶれ。

 以前から何度か見ていたんですが、ニコニコ動画にそのときの放送の中の一曲が上がっています。



 影山さんのヴォーカルももちろん素晴らしいですし、何たって豪華ミュージシャンの演奏が凄いです。田口さんのソロでは田口さんのテクニックを褒めるコメントもあったりしてファンとしては嬉しいです。

 この1曲しか見たことがなかったんですが、田口さんがその放送で演奏された曲をアップしてくれて、見ることができました。演奏された曲の1曲に「ドラゴンボールZ」のOP曲である『CHA-LA HEAD-CHA-LA』があって、この曲が好きな自分としては嬉しかったです。よくカラオケで歌っています(笑)

キャプチャ_convert_20140509160245
 
 アニソンの中でも有名なこの1曲を田口さんが弾いているということで感動。聴いていて思いましたが、この曲ってキーボードが所々で目立っている曲なんですよね。
 田口さんも「ドラゴンボール」が好きだったということから、この時に生の影山さんの歌声を聴きながら感動していたみたいです(笑)

C-C-Bのトーク&サイン会開催決定

2014.05.03

category : C-C-B

comment(4)

 こんにちは。

 ここ最近の記事は来月発売するC-C-Bのベスト盤やライブ盤絡みの記事ばかりになってしまっていますが、今回もその話題の記事です。

 ベスト盤&ライブ盤の発売を記念して、来月7日にタワーレコード渋谷店でC-C-Bメンバーのトーク&サイン会が行われるそうです!

C-C-B トーク&サイン会

開催日時
2014年06月07日(土) 14:00

場所
渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

出演
渡辺英樹、笠浩二、田口智治(予定)

参加方法
ご予約者優先でタワーレコード渋谷店、新宿店にて、6/4(水)発売の ①C-C-B 1989年 解散ライブ@日本武道館 『解散25周年 初のライブ盤ですいません!!』(UPCY-6882/3)、 もしくは②C-C-B シングル&アルバム・ベスト 『曲数多くてすいません!!』(UPCY-6884/5)のいずれかをご購入いただいたお客様に、先着で「整理番号付イベント参加券」を配布いたします。
・ご予約いただいたお客様には優先的に「整理番号付イベント参加券」を確保し、対象商品ご購入時にお渡しいたします。
・対象商品1点につき1枚の「整理番号付イベント参加券」、2点以上ご予約(ご購入)の場合も予約(購入)点数に関らず、お1人様2枚までとさせていただきます。
・整理番号はランダムでの発行となります。先着順ではございません。予めご了承ください。
・イベント開始30分前より整列を開始いたします。1F階段前にご集合ください。また整列開始前のご集合はご遠慮ください。

対象店舗
渋谷店 ・新宿店

対象商品
6/4(水)発売 アルバム「C-C-B 1989 解散ライブ@日本武道館 『解散25周年 初のライブ盤ですいません!!』」
UPCY-6882 税込3,564円(税抜3,300円)
6/4(水)発売 アルバム「C-C-B シングル&アルバム・ベスト 『曲数多くてすいません!!』」
UPCY-6884 税込3,564円(税抜3,300円)



 現在参加が予定されているのは英樹さんと笠さんと田口さん。米川さんや関口さんも・・・と思いたいところですが、米川さんはその日はライブの予定が入っているみたいで参加は厳しそうですね。
 
 こういったイベントに参加したことはないのでよく分からないんですが、イベントに参加するためには対象店舗に予約しないといけないということなんですよね。事前に直接店舗に予約しに行かず、オンラインで店舗予約した場合でも当日その店舗に行って商品を受け取ろうした時に確実にイベント参加券は貰えるのかちょっと不安なところがあります。遠方から来る方にとってはせっかく東京まで行って参加券が貰えなかったら本当にショックですからね。
 (確認してみたら、オンラインで店舗予約した場合でも定員に達しない限り参加券を確保してくれるみたいですね)

 他にイベントの詳細も書いてあったので本文をそのまま引用してみます。

あのC-C-Bがタワレコ渋谷店に登場!今回は解散25周年を記念したライブアルバム&ベストアルバム発売記念イベントということで、渡辺さん、笠さん、関口さんにトークを繰り広げていただきます。数々のヒット曲の制作秘話や今だから話せる裏話も聞けるかも!?サイン会もありますのでメンバーとお話しできるチャンスもありますよ!乞うご期待!



 何故か「関口さん」の名前が書かれてあるんですが、これって間違いでいいんですよね?でも、こちらが正しかったら約5年ぶりにこの3人が揃うので嬉しいことですね!ココナッツボーイズ時代のお話も詳しく聞けそうです。
 
 それとベスト盤とライブ盤のジャケットと思われる写真もアップされていましたね。

 20140607_CCB-290x143.jpg

 一切メンバーが映らず文字だけというすごくシンプルなジャケット!かつてのベスト盤のジャケットとは一風変わった雰囲気となっております。聞いたところによると、解散前後に発売されたC-C-Bのベスト盤「The Best Of C-C-B」のジャケットは「ダサい」と不評だったみたいなのでそうした反省もあるのかもしれないですね。

 
 英樹さん、笠さん、田口さんの3人のMCは実際にライブで聞いたことがあるので今回のトーク会も面白い内容になるのだろうと思います。今だから話せる裏話というのも気になりますね!

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad