かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

タグティーパーティー!

2014.10.29

category : C-C-B Ustream・ニコ生など

comment(4)

 おはようございます。

 27日は田口さんのバースデーパーティーという「タグティーパーティー」が川口Shock Onで行われました。
 来れない人のためにその模様をニコ生で生配信してくれました。

tag1.png

 さすがに今回の誕生日パーティーは急な発表ということもあり断念せざるを得なかったのですが、ニコ生で配信してくれてとてもありがたかったです。
 休憩時間も加えると、2時間半にも及ぶ生配信!バッチリと見ることができて、自分もその場にいるような空気感を味わうことができました。


 いつものように配信で気になったシーンだけを紹介します。

・開演時間になり、ステージにメンバーが登場。
 ちなみに今回の出演者はAJの3人に加えて松木さんの4人です。
 一番最初に登場した米川さん、何と大きな蝶ネクタイを付けての登場!(笑)
 英樹さんが蝶ネクタイを付けて登場するのはあまり違和感がなかったのですが、
 まさか米川さんがこういったことをしてくれるなんて!
 何ともビックリしてしまいました。これも田口さんのためだからなんでしょうか・・・?(笑)
 米川さんも「自分のキャラに合っていない」と言っていましたし、
 英樹さんもそんな米川さんに関して「年をとることって良いことなんだね」と言っていました。
 
tag2.png

tag3.png

・開始10分くらいで米川さんが身軽になるため、お着替えへ。
 英樹さんも蝶ネクタイを外そうとしますが
 お客さんの「えー」という声に対して頭に付けちゃっていました。
 そんな英樹さん、ミニーちゃんやバカボンのパパに似てるなんて言われていました(笑)

tag4.png

・ステージの図面を起こすのが基本という松木さん・・・
 田口さん「米ちゃんも自分のステージをやる時は図面書いてやる?」
 米川さん「ここでよくやらせて頂いていますが、書いたことがない・・・」

・まずは1曲目ということで『愛の力コブ』が演奏されました!
 田口さんの曲と言えばこの曲ですよね!田口さんが主役の場に相応しい1曲目ですね。
 でも、アコースティックの『愛の力コブ』というのも新鮮ですね。
 松木さんもいつかのユーストリーム配信でイジられにイジられたカホンで参加していました。

tag5.png

・田口さんは今まで歌っていて楽しいと思ったことが一度もないみたいで・・・
 松木さん「それポーズでしょう?」
 田口さん「本当は楽しくないけども、楽しんで歌わないとお客さんも楽しめないじゃん」
 英樹さん「皆さん聞きました?そんなことを考えながら歌っている男ですよ」

・即興で英樹さんがキーボードで田口さんへのお誕生日の歌をプレゼント。
 「た~ぐち♪た~ぐち♪ハ・ピ・バ~♪」とシンプルなものでしたが、このメロディーって
 C-C-Bのラジオのジングル(「ココナッツ♪ココナッツ♪C-C-B♪)に似ていました。
 どうやら若い時に田口さんが英樹さんに教えたメロディーみたいなんですけども、
 この田口さん考案のメロディーからあのジングルに繋がったのかなと思ったり。

・近くで飲んでいるという岡本郭男さんに松木さんが公開生電話。
 会場まで来て一曲叩いてもらうように呼び出していました。

・続いて『さらわれて』が演奏されました。
 TANaBEでも演奏されている曲ですが、やっぱり米川さんのギターが加わると更に良いですね。
 このイントロのピアノが大好きなんですよ~。
 
・過去に英樹さんの家でお手製のタラコスパゲッティを食べたことのあるという田口さん・・・
 英樹さん「美味しかったでしょ?」
 田口さん「・・・一応(苦笑)」

・岡本さんが会場に到着。既にお酔いになられている様子。
 田口さんの誕生日と分かると、田口さんにチュー。
 岡本さん「チュー攻撃は得意だから(笑)」

tag6.png

・岡本さんがカホンで加わって『シーラカンス』を演奏されました。
 岡本さん、カホンも経験がないと言っていましたし、即興だというのにさすがでした。
 アコースティックの『シーラカンス』って演奏されるのは初めてじゃないでしょうか?

tag7.png
 
・最後にチュー攻撃を嫌がる田口さんと英樹さんにチューをして岡本さん退場。
 岡本さんって酔っぱらうとこんな風になっちゃうんですね。
 強面な外見からは想像できないです(苦笑)

・休憩を挟んでからは英樹さんと米川さんの二人でQUEENの『Love of My Life』が演奏されました。
 この2人だけでの演奏って今となっては珍しいですよね。
 この曲は英樹さんの選曲みたいですね。

・続いて田口さんの弾き語り。
 お歌のライブでしか弾き語りはしないということでしたが、今回は特別ということみたいです。
 田口さんの希望により、ステージに田口さん一人だけにして弾き語りをすることに・・・。
 曲は田口さんの親友の谷口宗一の『くちづけ』という曲を演奏されました。
 練習でも1度も完奏したことがないようで、田口さんの緊張がこちらまで伝わってきましたが、
 ちゃんと完奏しましたし、とても素晴らしい演奏でした。
 コメントにもありましたが、田口さんの歌声って優しい歌声なんですよね。
 こういったバラードの曲って田口さんの歌声と相性が良いですよね。

tag8.png

・他の3人がステージに戻ってきて、引き続き田口さんのヴォーカルで『Telephone』を演奏!
 TANaBEやB×Bではお馴染みの1曲ですが、CDとはアレンジが違うので
 初めて聴いた人はビックリされたのではないでしょうか?
 いつも英樹さんか米川さんのどちらかのコーラスでしか聴けないわけですが、
 今回は二人がコーラスをしていて、とても贅沢でしたね。

・そして、最後の曲は田口さんがHPでも公開している曲『Birthday Night』を演奏しました!
 この曲をダウンロードして何度も聴いていますがライブバージョンで聴くのはもちろん初めて!
 しかも、この曲を田口さんだけでなく、英樹さんと米川さんが演奏しているなんて!
 これだけでも嬉しいサプライズなのに、
 この流れで何と『HAPPY BIRTHDAY AND I LOVE YOU』を歌ってくれました!
 元の曲にも『HAPPY BIRTHDAY AND I LOVE YOU』のメロディーが使われていましたが、
 まさか歌ってくれるなんて・・・。
 田口さんと英樹さんが歌い出したときにはウルッときちゃいました。
 C-C-Bでお誕生日の曲といえばこの曲ですが、
 今までAJで誕生日ライブをやる度に演奏はされていなかったのでこの選曲は嬉しかったなぁ。

tag9.png

 
 本当に心が温かくなるような素敵なパーティーでした。ニコ生で配信してくれて本当に良かったです。
 これで配信されていなかったら、見れなかったことをすごく悔やんでいそうです(笑)
 田口さん主役ということで田口さんの曲が中心でしたね。個人的には『月のみはりばん』も聴いてみたかったかも。この曲を歌う田口さんに毎回感動してしまいます。
 
 今回最後に演奏された『Birthday Night』、ニコ生で流れていたコメントで知ったんですけども、Mayclubの会員さんが誕生日の時に送られてきたCDの中に入っていたんですね!そのCDは多分聴いたことがないので初めて知りました。じゃあ田口さんのファンだけでなく当時のファンの方ならご存知の1曲だったわけですね。
 

 それと、配信の中で重大発表がありました!
 ゴーゴーヒデキ先行予約完売につき、追加公演決定!
 来年1月30日に神戸チキンジョージで「ゴーゴーヒデキ前夜祭」を行うそうです!
 詳細はまだ未定ということですが、C-C-Bワンマンという可能性もあるみたいです。
 
 でもお客さんの反応を見る限り、戸惑いの部分が大きかったような気がしました。
 追加公演はとても嬉しいことなんですが、ゴーゴーヒデキの前にC-C-Bが揃っちゃうというのが何とも複雑な気持ちだったり・・・。C-C-Bが4人揃うという感動は2月1日のゴーゴーヒデキに取っておくべきなのかなと思ってしまいました。そうは言っても少しでもC-C-Bのライブを見たいので、この前夜祭も行く方向でいます。

 あくまで未定の段階ですが、前夜祭がC-C-Bワンマンだとすると演奏曲もゴーゴーヒデキよりも2倍くらい多く用意しないといけなくなりそうなので、難しいところがありますよね。ライブの間にAJの最初のツアーみたいに、AJだけでアコースティックコーナーを設けたりするアイデアもあると思いますが・・・。
 まだ決まっていないことなので、いろいろ考えるのはよくないですね。詳細の発表を待ちましょう。

 それにしても来年は最初からいきなり前夜祭、ゴーゴーヒデキと楽しみなライブが二つもあることに!
 それまでは自分も色々と頑張らないといけないですね。

VoThM Tour 2014 大阪公演

2014.10.24

category : ライブレポ

comment(6)

 こんばんは。

 今月21日にVoThMのライブに行ってきました。
 場所は大阪南堀江knave。
 先週に続いて2度目の関西遠征となり、大阪へ一人で行くのは初めてでした。大阪へ最後に行ったのは2008年の家族旅行以来だったので6年ぶりの大阪でした。
 梅田やなんばという地名を聞くと、家族旅行で行った時のことを思い出して何とも懐かしい気持ちになります。
 ライブハウスもとても良い所でした。

 VoThMのライブは今年の4月に豊橋で見たので今回で2回目。
 でもその時は対バンありで演奏した曲数もアンコールを含めて全8曲でしたし、1曲ごとにMCを挟む形だったので今回はガッツリとライブを見れて良かったです。
 てっきり2部制なのかなと思っていましたが、MCも少なめで立て続けに曲をやっていたのでビックリ。これまでのVoThMのライブってこういう感じだったんだろうなと思いました。


 今回もライブレポを書きました。
 まだツアー中なので、「続きはこちら」から読んで下さい。


続きはこちら >>

C-C-B 1989 解散ライブ@日本武道館 解散25周年 初のライブ盤ですいません!!

2014.10.18

category : C-C-B

comment(2)

 こんにちは。

 以前このブログで6月に発売されたC-C-Bのベスト盤を紹介しましたが、ライブ盤の紹介はまだだったので今回はライブ盤の紹介をしてみたいと思います。

71soC.jpg

 収録曲はこちら。

DISC1
1. 原色したいね
2. Lucky Chanceをもう一度
3. 信じていれば   
4. 抱きしめたい  
5. 毎晩、悪夢が落ちてくる
6. 不自然な君が好き  
7. Blue Guitar   
8. スクール・ガール
9. 空想Kiss   
10.Romanticが止まらない  
11. 2 Much,I Love U.
12. ないものねだりのI Want You
13. 元気なブロークン・ハート
14. 流星のラスト・デート

DISC2
1. Telephone
2. アニメのようなA. B. C
3. Only For You,Only For Me
4. マニュアル・ワールド
5. Born in the 60’s
6. JOKEじゃなしにI LOVE YOU   
7. 走れ☆バンドマン
8. 冒険のススメ
9. ジェラシー
10. Love Is Magic
11. Let's Go Climax



 このライブ盤の目玉といえば、やはり解散ライブで演奏された曲を全て収録したことですよね。映像化の際にはカットされてしまった『Telephone』と『アニメのようなA.B.C』と『ジェラシー』の3曲がこのライブ盤で初めて収録される形となりました。

 昔から思っていることなんですが、解散ライブのセットリストって大好きなんですよ。前半はシングル曲メイン、そして後半はアルバムからの人気曲やライブの定番曲が並び、アンコールでは人気の高い『ジェラシー』を持ってくるという絶妙な選曲・・・、まさにC-C-Bの集大成といえるようなセットリストだと思います。


 このライブ盤ですが、音質が良くなっているというのはもちろんのこと、映像化されているものと比べると一部分がカットされたり変更されたりといくつか違う点があるんですよね。

 一番目立った変更点としては一曲目の『原色したいね』の1番の部分。英樹さんが歌詞を飛んでしまったところが上手く修正されていて、普通に聴いていれば全く分からないようになっています。でもベースの音は間違ったままですが・・・(苦笑)
 これにはそのまま収録して欲しかった派と修正された方が良い派で賛否両論の意見が飛び交いましたね。英樹さんは修正するからにはベースの音も修正して欲しかったなんて言っていましたが、自分としてはライブ盤ということもあるので修正しなくても良かったかな・・・?それにしても、違和感なく修正してしまうという技術って素人の自分からするとスゴイと思ってしまいます。
 そうそう、田口さんがこのライブ盤が発売される前に一足早く聴いた感想をFacebookでアップしていた時に「よかったね!ヒデちゃん」という一文があり、何のことなんだろと疑問に思っていましたが、それってこの修正のことだったんですね。

 他にも映像作品との修正点がいくつかあり、とりあえず自分がすぐに気付いたところでいうと・・・

・『原色したいね』~『LuckyChanceをもう一度』のつなぎの部分が短縮
・『スクール・ガール』の一番最初の「Good Bye I Love You」の英樹さんの声がちゃんと入っている

 とりあえず自分が気づいたのはこのくらいでしょうか。探せばまだまだ細かい所があると思います。


 ブックレットには収録曲の歌詞と解散ライブ時の写真(一枚だけアルバム「信じていれば」の時の写真があります)という構成になっています。


 色々なアーティストやバンドがライブ盤を出していて、C-C-Bはライブ盤が発売されることはないんだろうななんて思っていたら、こういう素晴らしい内容のライブ盤が発売されてとても嬉しかったです。
 C-C-Bはライブバンドであるという意見もあるくらいですから、このライブ盤の発売によってライブでのC-C-BはTVに出演した時とは違った魅力があるということをアピールできる良いきっかけとなったのではないでしょうか。
 ライブ盤が発売されると、次のライブ盤も期待してしまう自分がいます。可能性がありそうなのは関口さん脱退のイーストでのライブなのかな・・・?こちらも感動のライブなので、良い音質で聴いてみたいです。

米川英之 Special Session 2Days Vol.1

2014.10.16

category : ライブレポ

comment(0)

 こんばんは。

 今月12日に米川さんのライブに行ってきました。
 場所は京都RAG。
 今年の1月にB×Bのライブで行ったことがあるので2回目ですね。
 僕が座っていたのはだいたい真ん中の席だったんですが、ライブ中に目の前を店員さんがオーダーの提供のために何度も何度も横切るのでそれが気になって仕方がなかったです。こればかりは会場の関係上仕方のないことだとは思うのですが・・・。
 でも、米川さんが客席に乱入した時に間近でギタープレイを見ることができたのでそんな気持ちも吹っ飛んじゃいましたね。

 今回の米川さんの京都でのライブは12日、13日の2DAYS。
 どうやらそれぞれセットリストが違っていたみたいで一日目は歌ものメイン。二日目はインストメインということだったみたいですね。個人的には歌ものの方が好きなので嬉しかったですね。
 メンバーはベーシストの方だけが二日間違う方が入っていて、一日目はTAKさん、二日目は鳴瀬喜博がベースを務めていました。
 米川さん名義でのバンド形式のライブって30周年ライブ以来だったので久しぶりに米川さんの曲を爆音で満喫できました。
 セットリストも初めて聴く曲もあったりして、とても良かったです。

 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


続きはこちら >>

C-C-B解散25周年

2014.10.10

category : C-C-B

comment(5)

 こんばんは。

 C-C-Bが解散した10月9日・・・、このブログでは毎年この日が来る度に取り上げていますが、今年は解散から25周年である節目の年であると同時に来年2月1日に行われるゴーゴーヒデキの先行予約の日であるということで、C-C-Bファンの方にとってはまた違った意味で重要な日だったのではないかと思います。
 自分も無事にチケットを取ることができるのか不安だったんですが、予約開始時間の前からパソコンの前でスタンバイしておりまして、無事にチケットの予約をすることができました。笠さんのライブのチケットの予約をする時もドキドキしますが、今回はそれ以上にドキドキしちゃいましたね(苦笑)

 どうやら今日の時点で先行予約分のチケットは売り切れたみたいですね。まだ当日のライブはオールスタンディングなのかハッキリしない状態ですけども、できれば席があった方がありがたかったりなんかして・・・。この売れ行きだとさすがにそうもいかないですかね。
 
 今日振込も完了したので後はチケットが届くのを待つのみですね!良い番号であるには越したことはないですけども、ファンになってから見たいと思っていたC-C-Bが生で見れるならどんな番号でも良いかな?
 それと一番の心配事としては大雪の心配ですよね。今も台風が来たりしていますが、こういうのは事前に正確な予測ができないところが難しいところです。


 解散25周年に伴い、何かそれに関連した記事を書きたかったんですけども、時間がないためできませんでした。この日に合わせてライブ盤の感想を書こうかなと思っていたんですけど・・・。今月中にアップできればいいかな。

 
 後、先日のニコ生で田口さんの誕生日に何をやるかが話題に上がっていましたが、その内容が発表されましたね。

こちら

 まさか川口Shock Onからの公開生放送だなんて・・・。
 しかも54席限定という狭き門ではありますが参加することも可能みたいです。
 田口さんのお誕生日をその場に行ってお祝いしたいところですけども、月曜日って個人的には一番都合が悪い曜日だったりするんですよね。何よりも急すぎるのが痛い所です。
 ニコ生で配信されるならそちらで我慢するというのも一つの手なのかも・・・?

 予約受付は今週の日曜日なのでそれまで悩んでみます。

ゴーゴーヒデキ予約開始直前SP!

2014.10.08

category : C-C-B Ustream・ニコ生など

comment(7)

 こんにちは。

 昨日はAJのニコ生配信「ゴーゴーヒデキ予約開始直前SP!」が配信されました。

aj1.png

 いよいよ明日が来年2月に行われるゴーゴーヒデキの先行予約日ということで、久しぶりのAJでの配信となりましたね。ゲリラ配信を除くと約4か月ぶりになるんですね。
 今回はリアルタイムで視聴することができず、タイムシフトで後から視聴する形となりました。
 お話が盛り上がって1時間半の配信となったわけですが、ぶち切りで終わってしまったため、その続きも6分ほど配信されたみたいですが、残念ながらそちらはタイフシフト予約していなかったため見ることができず仕方ないのでプレミアム会員になって見れるようにしちゃいました(笑)


 いつものように配信で気になったシーンだけを紹介します。

・英樹さん「最近は田口さんどうですか?」
 田口さん「最近は暇ですね」
 英樹さん「さっき聞いたところによると、台風18号が来てるんだと思って
       外に出たら良い天気だったみたいですね。あんなに雨が降っていたのに大丈夫でしたか?」
 田口さん「こっちはそんなに降ってなかったですね」
 米川さん「降ったよ!!」

・御嶽山の噴火がニュースになって、英樹さんと田口さんが御嶽山で浮かんだのが・・・
 英樹さん、田口さん「木曽の~御嶽山は~♪なんじゃらほい♪」
 田口さん「なんじゃらほいじゃなかった?」
 英樹さん「なんだらほいじゃなかったっけ?」
 田口さん「でもそれおかしくない?」
 英樹さん「そう、御嶽山の後が出てこないのよ。俺、こないだの英丸の時にそのMCした(笑)
       丸っきり同じ!同じこと考えてるの!」
 田口さん「なんだらほいだと思ったの?」
 米川さん「どっちでも良いよ!」

・英樹さん「米川さん、最近どうですか?」
 米川さん「レコーディング入りました!一人で」
 英樹さん「またやってんの?」
 米川さん「もうツラいツラい・・・」
 英樹さん「いつでも呼んでよ!遊びに行くから!」
 米川さん「本当大変なの。迷路に迷い込んでいつ出れるか分からない」
 英樹さん「でも迷路に迷っているのも好きなんでしょ?」
 米川さん「まぁ・・・、好きなんですけども、ツラい!」
 英樹さん「そのツラいのも好きなんでしょ?・・・カワイイ奴だなぁ~」

・松木さん「業務連絡を回すと英樹さんはすぐ返事が来るけど、B型2人は来ないです」
 米川さん「遅いでしょ、俺ら」

・英樹さん「最近は私、体重計を手に入れました。11日で2kg減りましたよ!
       こないだは急激に落としすぎたからリバウンドも激しかったんですよ。だから徐々に・・・」
 松木さん「2月1日には?」
 米川さん「こんな小さくなるんじゃない?」
 英樹さん「それお前妖精のおじさんだろ!」
 松木さん「体脂肪率は?」
 英樹さん「それはトップシークレットだから!でも言おうか?・・・やや肥満」

・6月28日の新宿での『ようこそ』のライブ映像!
 自分も見に行ったライブなので何だか懐かしいです!
 まだ3か月くらい前のことなのにかなり昔のように感じちゃいます(苦笑)
 『ようこそ』はイントロのこれから始まるというワクワク感があって大好きなんですよね。

aj2.png

aj3.png

・C-C-B時代の仮タイトル話で一盛り上がり(笑)
 「練馬の悪魔」の話題は以前のニコ生でもしていたような・・・(苦笑)
 それから『HARD ROCK dream』の話題になっていましたが変拍子のため入り方が難しいみたいですね。
 こういったライブでの裏話が聞けるのって嬉しいですよね。

・ゴーゴーヒデキでC-C-Bが再び集まるという話になり・・・
 田口さん「その前にプチC-C-Bなんかがありましたけどね」
 英樹さん「大きなお世話だよ」
 田口さん「あれは5、6年くらい前?」
 英樹さん「うるせーよ。お前もまた突っ込むなぁ」
 本人たちにとっても黒歴史になりつつある2008年のC-C-Bのことを持ち出す辺りさすが田口さん・・・(笑)

・松木さん「興味津々なのがWYですよ」
 英樹さん「WYは何年ぶり?」
 米川さん「全然覚えてない」
 松木さん「これって全バンドがオリジナルの曲やるんでしょ?」
 英樹さん「そう」
 松木さん「AJとかWYでC-C-Bのカバーやってるやつはどうするの?」
 田口さん「WYではC-C-Bの曲やってたの?」
 英樹さん「してましたよ。じゃあWYの『Born in the 60's』にする?」
 松木さん「それ聴きましたけど、別物でしたよ」
 英樹さん「でもやめとこ。コード進行がちょっと違うから」
 英樹さんがWYで『Born in the 60's』をセルフカバーしていたことを覚えていて何だか嬉しかったり。
 コード進行が違って大変みたいですが、WYバージョンの『Born in the 60's』もライブでやって欲しいなぁ。

・TANaBEで『スクール・ボーイ』を演奏したという話になり・・・
 英樹さん「あれをやったって言うなよ!」
 田口さん「サビは英ちゃんが歌ってくれるもんだと思ったら歌ってくれないんですよ」
 英樹さん「だって歌詞も違ってコードも違ったら全然別の曲じゃん」
 田口さん「あの詞って80年代してますよね」

・7月にあった笠さんのライブの話題がチラッと出て・・・
 英樹さん「米川、笑いすぎだったよ!」
 米川さん「聞こえてた?」
 英樹さん「聞こえてたよ」
 米川さん「だってMC面白いんだもん」

・松木さんはやっぱり『浮気なジル』を推している様子。C-C-Bでやって欲しいみたいです。
 去年AJでもやってくれましたけども、確かに笠さんのヴォーカルで聴いてみたいかも!

・視聴者の方たちからのコメントでC-C-Bで聴きたい曲を募っていました。
 コーラス多めの曲が良いというコメントがあって、自分も共感しちゃいました。
 せっかく4人が揃うなら4人ならではの曲が聴きたいですよね。
 『Velvet Touch』は少し話題に上がっていましたが、
 こちらも米川さんと笠さんの掛け合いの部分を25年ぶりにライブで再現して欲しいです。

・各バンドの転換の間は田口さんコーナーを設けてはどうかという松木さんのナイスアイデアが!
 C-C-Bの曲をカラオケで歌って欲しいですね!

・田口さんはC-C-B時代に歌った曲なら歌えるということで『不自然な君が好き』を歌うことが決定・・・?
 田口さんはこの曲の他に歌った曲を思い出せない感じでしたが、
 『破れたダイアリー』も歌っていたことを伝えたくてたまらなかったです。

・6月20日の岡山での『走れ☆バンドマン』のライブ映像!
 岡山は行けなかったので岡山での雰囲気を味わうことができて嬉しかったです。

aj4.png

・ゴーゴーヒデキでのグッズはどうするのか、視聴者の方からのコメントを基に話し合われました。

・ゴーゴーヒデキの先行予約は電話もあるのか?と裏にいるスタッフの方に聞いていた
 米川さんが何故かものすごい笑顔でした(笑)

aj8.png

・最後の映像は6月18日の福岡での『抱きしめたい』のライブ映像!
 1番は田口さん、2番からは米川さんが歌い、最後の最後には米川さんがかましてくれたという
 爆笑の一曲がまさかもう一度見れるとは・・・!
 おそらく気になった方も多かったはずだと思うので
 今回の配信はとても貴重だったのではないでしょうか・・・?

aj5.png

aj6.png

・アンケートでゴーゴーヒデキに行く人のアンケートをとったところ、8割の人が行くという結果になりました。

・英樹さん「今年の誕生日はツラかったですよ~王様と二人きりで・・・」

・田口さんに今年の誕生日はどうするのと聞いたところで時間切れのため配信終了。


ここから、続きの部分となります。

aj7.png

・英樹さん「最後の挨拶ができなかったのでまたやって来ましたよ~」

・松木さん「55歳までミュージシャンやってるって思いましたか?」
 英樹さん「思わなかったね~。だって中学の時にこっくりさんで占いやったら俺は寿司屋になるって出たんだよ」

・田口さん「次回のニコ生は?」
 英樹さん「田口さんの誕生日の日?」
 田口さん「マジで?」
 英樹さん「やりましょうよ!え~っと(10月)27日は空いてるね」
 松木さん「二人とも何かの合間で27日は空いてるんだよね」
 英樹さん「ていうかね、この日しか空いてない!」
 松木さん「田口さんのソロライブで・・・。今からKIWAとか押さえましょうか?」
 田口さん「いやニコ生にしましょう!」
 英樹さん「じゃあ今度ニコ生をカラオケ屋さんからしない?俺も田口君のために1曲歌うよ。
       普段聴いたことのないような曲をさ。QUEENとか歌っちゃうよ~」
 米川さん「俺は中条きよしさん歌うよ」
 英樹さん「歌いたいんじゃねぇかよ!」


 今回のニコ生も面白くて最高でした。
 お馴染みの田口さんイジリもありつつ、米川さんもボケたりして、それにツッコミを入れる英樹さんも楽しそうでしたね。
 
 贅沢にも以前のツアーのライブ映像を3曲も見ることができましたね。
 最後の映像はとてもスゴイということで冒頭からハードルを上げていて、ひょっとしたら福岡か熊本の4人揃った時の映像が流れるんだなと予想していましたが、予想の斜め上をいくような映像でしたね。
 でも確かにここで4人揃った時の映像を全国に流しちゃうと、ゴーゴーヒデキでの感動が少し薄れちゃうかもしれないですから良い判断だったのかも。4人が揃うところを見たければ、ライブに足を運んでねということなんでしょうね。
 
 次回のニコ生は田口さんのお誕生日の予定・・・?
 まだ確定かどうかは分からないですけども、カラオケ屋さんから配信される可能性もあるみたいですね。
 英樹さんのQUEENや米川さんの中条きよしさんも聴いてみたいです!
 カラオケ屋さんからの田口祭、期待してます。

C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!

2014.10.05

category : C-C-B

comment(0)

 こんばんは。

 6月に発売されたC-C-Bのベスト盤とライブ盤・・・、このブログでも発売前から何度か取り上げたりしていましたが、手に入れてからの感想などを書いていませんでした。Twitterで入手直後にちょこっと感想なんかをつぶやいたりはしたんですけども、こちらのブログでは全然触れていませんでしたね。
 なので発売から4ヶ月ほど経ってしまい今更な感じではありますが、感想を書いていこうかなと思います。
 まずはベスト盤の「C-C-B シングル&アルバム・ベスト 曲数多くてすいません!!」から。

61jgyiTv.jpg

 収録曲はこちら。

DISC1
1. CANDY
2. 瞳少女
3. Romanticが止まらない
4. スクール・ガール
5. Lucky Chanceをもう一度
6. 空想Kiss
7. 元気なブロークン・ハート
8. 不自然な君が好き
9. ないものねだりのI Want You
10. 2 Much,I Love U.
11. 原色したいね
12. 抱きしめたい
13. 恋文(ラブレター)
14. 信じていれば
15. Love Is Magic
16. I SAY I LOVE YOU
17. スワンの城
18. Love Is Light
19. ナヤミの種

DISC2
1. Forever
2. 腰抜けスーパーチャンプ
3. 破れたダイアリー
4. 急接近
5. 浮気なジル
6. ジェラシー
7. 噂のカタカナ・ボーイ
8. アニメのようなA. B. C
9. JOKEじゃなしにI LOVE YOU
10. 東京…ナイト・フェイス
11. 流星のラスト・デート
12. 冒険のススメ
13. ハートブレイク・カラー
14. 毎晩、悪夢が落ちてくる
15. B・I・N・G・O
16. 風のラリー
17. Cyber-Commander
18. マニュアル・ワールド
19. Helter Skelter
20. Born in the 60’s

 

 DISC1はシングルA面全曲+B面3曲+ボーナストラック、DISC2はアルバム曲といった構成となっています。

 このベスト盤の最大の特徴は、やはりボーナストラックの『ナヤミの種』が音源化されたということですね!
 この曲って確か「みんなのうた」で流れた時や「ヤングスタジオ101」で笠さんが出演した歌った時に曲がフェードアウトで終わる形だったので、実際は違うのかななんて勝手に思っていました。しかし、今回フルで聴いてみるとフェードアウトで終わる形でしたね。何だかちょっぴり拍子抜けしちゃったような気がしました(苦笑)
 でも、やはりキレイな音質で聴けるというのは嬉しいことですね。この曲はサビに入るまでの流れがお気に入りです。それにしても、「手ぶらじゃ勝負はツライ」という部分のハモリって英樹さん?それとも笠さん?何だかそこが気になってしまいました。

 DISC2のアルバム曲の選曲に関しては賛否両論があり、自分も『愛の力コブ』が収録されていないことに疑問を感じていたんですが、知り合いの方が「全体的な構成を考え、意図して外したのでは」と仰っている方がいて、なるほどと思いました。確かに『愛の力コブ』はポップな印象があるため、この流れで入れちゃうと浮いちゃう可能性もあるのかもしれませんね。
 4人になってからのアルバム曲は6曲という中、アルバムの1曲目が選曲されているのにも何か理由があったりするのかな?アルバムの1曲目はそのアルバムを象徴するような曲だったりすることもあるので、そういう意図で入れたりしたのかも?
 
 ブックレットは歌詞とC-C-Bの写真というシンプルな構成。中でもアルバム「信じていれば」のジャケット撮影時に撮影されたメンバーがたくさんの機材とともに写っている写真が見開きの全体で使用されているページは迫力があります。


 最後に、こちらもこのブログで取り上げていなかったことになるんですが、ベスト盤とライブ盤の発売に伴い、今年の6月7日付のタワーレコード渋谷店の総合チャートはこんな感じになっていました。

【渋谷店総合チャート6/7付】
1.C-C-B
2.KAT-TUN
3.東京女子流
4.Base Ball Bear
5.防弾少年団



 タワレコ渋谷店でC-C-Bのトーク&サイン会が行われたことが大きく関係しているわけですが、数あるアーティストを押しのけてC-C-Bが1位になったというのは何だか嬉しいです。そうそう、自分もトーク&サイン会に参加するため、わざわざタワーレコード渋谷店まで行って購入したんだっけなぁ。
 チャートの4位にはこのブログでも過去に取り上げたことのあるBase Ball Bearがランクインしていることに不思議な縁を感じたりなんかして・・・(苦笑)

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad