かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

2014年の総括

2014.12.31

category : その他

comment(4)

 こんばんは。

 今日で2014年も終わりということで今年の総括をしようと思います。

 今年はC-C-B関連でいうと大きな動きがあった1年だったのではないかと思います。
 まずはC-C-Bとしては久しぶりとなるベスト盤、そして初となるライブ盤の発売。

20140607_CCB-290x143.jpg

 これまでベスト盤はシングルベストが中心だったんですけども、今回のベスト盤はシングル曲だけでなくアルバム曲からも選曲され、更には音源化されるのは難しいと思われていた『ナヤミの種』も収録されていて、今までのベスト盤とは違うという印象を受けました。アルバム曲の選曲に関しては賛否両論がありましたが、来年のアルバム再販のことを踏まえて考えるとC-C-Bの各アルバムを簡単に紹介するカタログ的なものと捉えると納得します。
 ライブ盤のリリースはライブ好きな自分としてはとても嬉しかったですね。きちんと編集されて、音質も素晴らしいものになっていました。あれだけのクオリティのものを作って頂くと第二弾も期待しちゃいますよね。
 6月7日付のタワーレコード渋谷店の総合チャートでC-C-Bが1位になったのも嬉しかったなぁ。

 そして、AJのツアーに笠さんがゲスト出演し、10年ぶりに解散時のC-C-Bメンバーが揃いました!

4c.png

 自分もそのライブに行くことができ、4人がステージに揃い音を出した瞬間に泣いちゃいました。ここで『プリマドンナ』が演奏されましたが、この日聴いてから『プリマドンナ』が大好きになりよく聴くようになりました。今でもこの曲を聴くとあの日のライブのことを思い出しちゃいますね。
 4人揃うのは10年ぶりですが、ステージで4人が音を出すのって解散ぶりになるんですよね。来年には4人がC-C-Bとしてステージに立つのが本当に楽しみで仕方ないです。


 去年に続いて今年もたくさんライブに行くことができました。
 今年僕が行ったライブをまとめてみました。

1.30 B×B ゆるっとツアー 京都公演
1.31 B×B ゆるっとツアー 長野公演
2.16 田村直美と三野姫が新ユニット結成 名古屋公演
3.2 米川英之 30th Anniversary LIVE
3.10 SPECIAL GIG "Tour 2014 March" 名古屋公演
3.12 笠浩二 LIVE 2014・SPRING
4.24 VoThM 地元バンドと対バンツアー2014春 豊橋公演
6.6 英丸
6.14 AJ -米田渡- TOUR 2014 「走る☆バンドマン」 名古屋公演
6.18 AJ -米田渡- TOUR 2014 「走る☆バンドマン」 福岡公演
6.28 AJ -米田渡- TOUR 2014 「走る☆バンドマン」 新宿公演
7.11 お二人様 TOUR 2014 L'OFTRSM 名古屋公演
7.15 笠浩二 LIVE 2014・SUMMER
8.16 TANaBE
8.24 KOTA ROCK FESTIVAL 2014
9.20 B×B
10.12 米川英之 Special Session 2Days Vol.1
10.21 VoThM Tour 2014 大阪公演
11.7 米川英之 ~The Trio Tour~ 名古屋公演
11.18 笠浩二 バースデーライブ 2014
12.7 TANaBE



 今年は去年の19本を上回る21本もライブに行っちゃいましたね。C-C-Bメンバー関連のライブ以外にもユニコーンやアーリー爆風スランプのライブも行っていたので、それも含めると合計で23本。だいたい1ヵ月に2本ペースですね(苦笑)
 本数もそうですが、今年は色々な所に行きましたね。去年は名古屋、東京、横浜、三重、岐阜しか行かなかったんですが、今年は京都から始まり、長野や大阪、遂には福岡まで行っちゃいました。まさか九州まで自分が行っちゃうなんて思っていなかったので自分でもビックリです。福岡はライブも楽しかったですし、その後の打ち上げも楽しかったので今年の楽しかった思い出の一つです。

 
 今年の最初に立てたブログの目標(と言っていいのか分かりませんが・・・)も振り返ってみます。

 「ライブレポ」は楽しみにして頂いている方もいらっしゃるので、引き続き今年も継続して書いていくつもりですが、レポの書き方は今までと違う形にしようかなと思っています。ライブレポを書くのはどうしても時間がかかってしまうので、なるべく時間を短縮したいと思っていたので、効率化を図ろうと考えています。

 他には、新しい内容(企画?)の記事も書きたいなと思っているんですが、あまり深いところまで考えていなくて、とりあえず見切り発車でスタートしてみようかな?

 まだライブに行ったことのない中で興味があるのが、英丸(VoThM)とハートビート介護セッションです。どちらも関東のみのライブということで、なかなか参戦しづらいところがありますが、機会があれば行こうかなと思います。

 田口さんのファンとしては田口Barも気になるところです。興味はあるものの行ってもいいのかな?という思いがあったり、田口Barがあるのが基本的に平日、場所も八王子ということでなかなか行きづらいところがあるのが正直な気持ちなんですが、当時の映像を見ながらお喋りするのって楽しそうですよね。当時のことをあまり知らない自分からしたら、会話を聞いているだけでも当時のことを知れて満足しちゃいそうです(笑)

 そして、一番気になっているのが関口さんのライブ。ネットにライブレポがアップされていないこともあり、今の関口さんのライブはどういった感じなのか全く分からないところがありました。このことから、正直なところ去年の秋くらいまでは関口さんのライブに興味を持つことができなくて、関口さんのライブ情報だけは追いかけてはいなかったんですが、Twitterでフォローしている方の中に実際にライブに行った方がいてその方のお話を聞いて、興味を持つようになりました。関口さんのソロ曲も好きな曲がたくさんあり、一度生で聴いてみたいという思いもありますし、今年は関口さんのライブに行ってみようと思います。



 「ライブレポ」は今やこのブログのメインコンテンツとなっていますね。今年は効率化を図るために去年と違う書き方をしてみたんですが、あまり効率化は図れていないような・・・。今の書き方は不便な面もあるので、来年もまた変えようかなと思っています。

 この時には明かしていなかった新しい企画なんですけども、それはC-C-Bの歴史を振り返っていく「C-C-B History」というものでした。何だかんだで書くのに時間がかかるので、なかなか続きが書けないですね。このままだとそのまま休止しちゃいそうですね。

 ライブのことでいうと英丸やVoThMのライブは無事に行くことができましたが、ハートビート介護セッションや田口Bar、そして関口さんのライブは結局行くことができませんでしたね。東京の方まで足を運ぶのって難しいので、大きなライブを優先しちゃうと後回しになっちゃうんですよね。でも、関口さんのライブはひょっとしたら来年行けるかも・・・?
 その他の来年に関してのことは来年1発目の記事に書こうと思います。


 今年もファンの方々にたくさんお世話になりました。ライブだけでなく打ち上げ、お食事、カラオケなどでお付き合いして頂いた方には本当に感謝です。おかげで楽しいひとときを過ごすことができました。
 そしてブログの方も無事に1年続けることができました。

 今年もありがとうございました。

THE GATESのミュージックカード

2014.12.29

category : THE GATES

comment(2)

 こんばんは。

 昨日、毎年恒例のTHE GATESの忘年会ライブがありました。
 忘年会ライブを行うのはGATESとしては今年でもう4回目となるんですよね。
 一昨年と去年のライブは録音されミュージックカードとして販売されていますが、今年はその忘年会ライブを録音したミュージックカードを販売されなかったみたいですね。

 GATESは再結成してからCDではなくミュージックカードという形で音源を販売しています。

DSC_0008_convert_20141229003211.jpg

 現在のところ4枚のミュージックカードが販売されているわけですが、残念ながら過去のミュージックカードは入手困難な状況になっています。CDだとプレーヤーがあれば何度でも聴くことができちゃうわけですが、ミュージックカードの場合だと一度ダウンロードしちゃうとそのミュージックカード自体は使えなくなっちゃうので、未使用のミュージックカードを入手しようと思うとなかなか難しいものがあります。


 今回はそのミュージックカードについて取り上げてみたいと思います。

the gates 3

 1枚目は2012年12月に販売されたミュージックカード。
 このミュージックカードは2012年12月29日の忘年会のライブの模様が収録されています。
 曲目はこちら。

1.The Gates Part I~そして彼が生まれた
2.すごい~ステューペッドの不安
3.水の中へ~水槽を持った彼の不安
4.あの通りだったっけ?
5.全裸を許さない頭の社会に対するカラダ達の反抗~The Gates Part II
6.In The Dead Of Night~Brighton Rock
7.Tom Sawyer~Run Like Hell



 このミュージックカードに関してはこちらで詳しく書いています。
 ライブの音源は曲だけでなくMCまで完全に収録(ライブ中にお客さんと一緒に写真撮影された様子まで収録)されているため、約2時間のボリュームがあります。カットされている部分はほとんどないので、GATESがどういった雰囲気のライブなのか味わうことができると思います。
 英樹さんによると、こういったライブ音源が即時販売されるというのはかなり珍しいことみたいなので、画期的な試みなんですよね。
 C-C-Bの解散ライブ盤と比べちゃうと、ちゃんとした編集作業を行っていないため音質は良いとは言い難いかもしれません。でも、自分が聴く分にはあまり音質が悪いとは思わないです。ただノイズがあったのは少し気になりましたね。
 それとドラムの野口さんの歌声も聴こえづらかったのが残念でした。

 この頃のGATESのライブは本編で「もんだらけ」を曲順通りに演奏し、アンコールは洋楽のカバーという流れが定番になっていますね。この翌年からセトリに変更が生まれます。

 このカードが発売された時にニュースに取り上げられたりもしました。
 こちら
 そのページを見ると、総入場者数が184人に対して販売枚数が143枚ということで、単純に計算すると購入率が78%という数字を記録していたんですね。

atarashi.png

 2枚目は2013年3月に販売されたミュージックカード。
 このミュージックカードはライブ音源ではなく、レコーディング音源が収録されています。
 曲目はこちら。

1.ステューペッドの不安
2.すごい
3.新しい世界へ



 注目の点はGATESとしては10数年ぶりの新曲が収録されるということでしょうか。
 新曲の『新しい世界へ』はタイトル通り壮大な世界観が広がるようなオープニングで始まり、繰り返されるサビが印象的な一曲となっています。
 収録されてある他の2曲は過去の曲を再録したものです。アレンジは当時とほとんど変わっていないと思うので現在のGATESが演奏した曲をそのまま楽しむことができると思います。個人的には『ステューペッドの不安』のイントロが大好きなので、その部分を何度も聴いちゃっています(笑)

gates_MC_0706.jpg

 3枚目は2013年8月に販売されたミュージックカード。
 このミュージックカードもレコーディング音源が収録されています。
 曲目はこちら。

1.アメガフルタビ
2.あの通りだったっけ?



 『新しい世界へ』に続いて制作された新曲が収録されています。
 新曲の『アメガフルタビ』は前向きな詞の一曲となっています。ベースから曲が始まるのは何だか珍しいなと思ったり。僕が初めて見に行ったGATESのライブでこの曲が初披露だったので、自分にとって思い出深い一曲でもあります。この曲は英樹さんの詞なんですけども、なかなか詞が思い浮かばなくて苦労されたようですね。そういえば、この曲はAJのライブで『ナツハレ』が初披露された直後の曲だったので、天気の曲が続くなぁという印象を受けていました。
 このミュージックカードでは過去の曲から『あの通りだったっけ?』が再録されています。

20131229card.jpg

 4枚目は2013年12月に販売されたミュージックカード。
 このミュージックカードは2013年12月29日の忘年会のライブの模様が収録されています。
 曲目はこちら。

1.Crazy Diamond~ステューペッドの不安
2.新しい世界へ~アメガフルタビ
3.In The Dead Of Night~すごい~水の中へ
4.In The Flesh~あの通りだったっけ?~全裸を許さない頭の社会に対するカラダ達の反抗~The Gates Part II
5.Long Distance Runaround~Run Like Hell


 
 こちらもMCも完全収録されているため、ライブを丸々楽しむことができます。
 この年に販売された新曲の2曲も収録されているため、ライブでの演奏を聴くことができます。やっぱりライブ音源はカッコイイですね。野口さんの歌声は1枚目よりもよく聴こえますね。
 この年の後半は英樹さんが王様ツアーで忙しくしていて、洋楽のカバー曲を練習する暇があまりなくて不安なままライブに臨んでいたみたいですね。

 どのミュージックカードも曲の他に写真も収録されており、ライブ音源のカードであればライブの模様が撮影された写真、レコーディング音源のカードであればレコーディング風景が撮影された写真が収録されています。

 英樹さんのブログを見ると、昨日のライブはいつもよりもお客さんが多かったんだとか。徐々にGATESの人気も上がってきたのかも・・・!
 それと田口さんがショルダーキーボードを弾いているのにもビックリ!「ライブ晴」というC-C-Bのライブビデオの中でも田口さんがショルダーキーボードを弾く姿を拝見することができますが、その映像の田口さんもカッコ良かったんですよね~。昨日のライブでもきっとカッコイイプレイを見ることができたのではないのかなと思います。生で見れた方が羨ましい!

米川英之、新アルバム発売決定!

2014.12.24

category : 米川英之

comment(4)

 こんばんは。

 先日、米川さんがあるお知らせを発表しました!

10488225_823506781041231_6265501914272062395_n.jpg

 以前から新しいアルバムを制作しているということはライブやFacebookなどで触れられていましたが、正式な情報が公開されましたね。
 発売日は来年の米川さんの誕生日、タイトルは「Circle Game」となったみたいです。
 米川さんの今までのアルバムタイトルは日本語は用いられていなくて、外国語が用いられているわけですが、今回も英語のタイトルとなっていますね。英語のタイトルだと解釈の仕方がたくさん生まれますよね。今回の「Circle Game」もどういう意味を持っているのか気になります。
 このアルバムとは関係ないんですが、米川さんの3枚目のアルバム「azul」ってスペイン語で「青」という意味なんですね。今回調べてみて初めて知りました(苦笑)

 新しいアルバムの特徴は何と言っても米川さん自身初となるオールインストアルバム!
 米川さんの歌声も魅力的ではありますが、インスト尽くしのアルバムを待ち望んでいた人も多いのでは・・・?
 まだ収録曲は未定ですが、新曲として最近色々なライブで披露されている『ノクターン』は当然収録されますよね。この曲はライブで聴いて、大人の雰囲気がありちょっと米川さんが作る曲とは違うテイストの曲だったという印象があるのでゆっくりと聴いてみたいですね。
 後はライブで何度か披露されている『Barracuda』も音源化して欲しいです!ライブで聴いてカッコ良かったんですよね。

 アルバム発売に伴ってツアーも行うそうです。こちらも要チェックですね!


 それと米川さん絡みでもう一つ。
 今月19日に米川さんの独奏会がありました。事前にFacebookで「バンド時代のバラード曲をピアノで弾き語りしようかな?」という書き込みがあり、どんな曲を演奏するのかなと密かに期待していました。
 演奏されたのは『Only For You,Only For Me.』!米川さんのライブでは何度か演奏されている曲ではありますが、ピアノで弾き語りをしたというのがスゴいですよね。猛特訓をされたとは思いますが、こういうことをサラッとできちゃう(ように見える)ところが米川さんだなぁなんて思っちゃいます。
 ちなみにその独奏会では『青いブランケット』も演奏されたみたいです。こちらはさすがにギターで演奏されたみたいですが・・・。でも、B×Bでこの曲を田口さんとともにピアノで弾きながら歌っていたので、この曲もやろうと思えばできちゃうのかも?

真モグモグ風林火山2 新機種発表会

2014.12.17

category : 渡辺英樹

comment(1)

 こんばんは。

 今日はニコ生で「真モグモグ風林火山2 新機種発表会」の生配信がありました。

pa0.png

 パチンコの新しい機種が発表されるというイベントをこのブログで何故取り上げる必要があるのかと思いそうになりますが、実はこのイベントに英樹さんが出演されました!
 このパチンコで流れるテーマソングを演奏するためにベーシストとして英樹さんが参加されていました。

 今年の5月にこちらの記事で英樹さんが何らかのプロジェクトに関わっているということを書きましたが、実はこのプロジェクトというのはパチンコのプロジェクトだったんですよね。
 その時点では詳しい発表は秋くらいになるとのことだったので、このプロジェクトは一体どうなったんだろうと心配していました。
 
 それにしても、このイベントに出演するという英樹さんの告知が当日だったのでビックリしちゃいました。幸い今日は学校もバイトもお休みの日だったので予約は間に合いましたが、予約できなかったら以前のようにお金を払ってでもプレミアム会員になっていただろうなぁ(苦笑)

 
 発表会の模様を英樹さん出演部分だけ紹介します。

 司会の方や会社の取締役の方の挨拶が終わった後、この機種の主題歌を披露するというコーナーへ。まずこの主題歌を歌うサンプラザ中野さんがステージに登場しました。

pa1.png

 「歌うパワースポット」という文字が書かれたTシャツを着ている中野さん・・・(笑)発表会というどちらかというとお堅い場でも自分のスタイルを貫いている中野さん、素敵ですね。

 続いてこの主題歌を演奏するメンバーがステージに登場しました。

pa2.png

 ドラムはファンキー末吉さん。この主題歌の作詞作曲を担当しているんだとか!
 ファンキーさんはTシャツにジャージというかなりラフな格好。中野さんと同じく、あくまでも自分のスタイルを貫いている爆風スランプのお二人でした。

pa3.png

 ギターは田川ヒロアキさん。中野さんから独特のプレイスタイルに注目してみて下さいと紹介されていました。確かに初見の人からしたらこの演奏方法はビックリされますよね。田川さんの演奏を一度生で見たことがありましたが、やっぱりスゴかったです。

pa4.png

 そしてベースは英樹さん!中野さんから「髪型に注目してみて下さい」といきなりイジられていました(笑)
 更にその髪型から・・・
 中野さん「今日は田中星児さんが来てくれました」
 英樹さん「大きなお世話だよ!」
 なんていうやりとりも・・・!(笑)

 メンバーの紹介が終わった後は主題歌が演奏されました!

pa5.png

pa6.png

 疾走感あるカッコイイ曲でした!英樹さんもブログで「つうか…速すぎ‼️」と語るくらいテンポの速い楽曲のようですね。
 この機種は武将をテーマにしていることもあり、ロックな曲の中に和のテイストが入っているような感じでした。こういった曲を聴くと、カブキロックスの曲の雰囲気に似ているなぁなんて思っちゃいます。
 この配信時にコメントでも流れていましたが、ちょっと音質がイマイチだったのが残念でしたね。かなり音割れしていて、聴きづらかったです。

 メンバーの方はここで一旦退場されましたが、ラストで『Runner』を演奏するために再び登場されました。

pa7.png

pa8.png

 『Runner』の生演奏はやっぱり良いですね!曲の演奏前に日本で一番有名なロックナンバーかもしれないと紹介されていましたが、そうと言っても過言ではないくらい有名な曲であり、素晴らしい曲ですよね。

 『Runner』といえばC-C-Bが3年前に爆風トリビュートでカバーされていたので、英樹さんがこの曲をベースで弾くというのはあまり驚くことではないのかもしれないですけども、中野さんと共演しているというのが何だか嬉しかったり。
 そういえば、爆風スランプの『Runner』がヒットしていた頃、爆風スランプはベーシストが不在の時期だったわけですが、TV出演にあたって色々なバンドからベーシストが助っ人として参加されていました。助っ人には英樹さんも参加されたことがあるというお話をどこかで聞いたことがあったんですが、その映像を一度も見たことがないんですよね。なので、その共演を再び実現してくれたことが嬉しかったです。


 演奏されたのはこの2曲だけでしたが、英樹さんが歌う曲も確か用意されているんですよね。こちらも聴いてみたいなぁ。
 ちなみに新機種が導入されるのは来年の2月だそうです。

TANaBE 2014年12月7日

2014.12.13

category : ライブレポ

comment(6)

 おはようございます。

 今月7日にTANaBEのライブに行ってきました。
 場所は横浜Live & Dining Hey-JOE。

 自分にとってはおそらく今年最後のライブとなったわけですが、今年最後を締めくくるのに相応しい素敵なライブでした。
 今回のTANaBEは何といってもクリスマススペシャルと言わんばかりにクリスマスの曲が3曲も用意されていて、しかもそのうちの2曲はC-C-Bのクリスマスソング!どちらもあまり演奏されることのないレア曲だったので、そんな貴重なライブを見ることができて本当に良かったです。
 田口さんのMCも絶好調でした!TANaBEだったりB×Bだったり、最近自分が見に行くライブでの田口さんは絶好調なので嬉しいですね。田口さんの調子の良し悪しでMCの盛り上がりが左右されているところもあるので、好調であると本当にMCも面白いです。


 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


続きはこちら >>

EGO「Rainbow」

2014.12.05

category : 関口誠人

comment(2)

 こんばんは。

 先日久しぶりにC-C-BメンバーのCDを購入しました。
 購入したのはこちら。

ego.jpg

 EGOというユニットの「Rainbow」というCDです。
 EGOは関口さんのユニットなんですが、そのユニットで関口さんと組み、ヴォーカルを務めているのが朝倉まりあさんという方。朝倉さんは歌手やミュージシャンの方ではなくAV女優さんなんですよね。何故音楽を本業とする方ではなく女優さんと組むことになったのかはちょっと疑問に思っちゃうところですが・・・。でも調べてみたところ朝倉さんはもともとミュージシャンになりたいという願望があったみたいです。関口さんとユニットを組むことによりその夢が実現したという形になるわけですね。
 
 CDの帯に「あの、関口誠人が衝撃の問題作発表!」という言葉が書かれている通り、曲の内容も一般受けしにくいような雰囲気があります。でも好きな人は好きなのかもしれないです。自分も最初聴いたときはあまり耳に残らなかったのですが、何度も聴いているうちにこういった音楽もありなのかもと思わせてくれました。
 朝倉さんのヴォーカルもプロの歌手と比べてしまうと劣ってしまう部分もありますが、ある意味曲の雰囲気に合った声質ではないかと思います。
 関口さんはコーラスとラップ?部分を担当しています。あくまで朝倉さんを引き立たすために裏方に徹しているような印象を受けました。欲を言うと関口さんの歌声も聴いてみたかったですね。

 収録曲はこの3曲。

1.Rainbow
2.Wed.July
3.永遠睡眠



 個人的には『Wed.July』が好きですね。サビがお気に入りです。

 
 作詞作曲は関口さんが担当しているんですが(『永遠睡眠』の詞は朝倉さんとの共作です)、アレンジは何と米川さんが務めていることに驚きだったり・・・。
 こういったC-C-Bメンバー同士のつながりって何だか嬉しく感じちゃいます。
 そういえば少し前のことになっちゃいますが、田口さんの誕生日の時に関口さんがFacebookを通じておめでとうというメッセージを送っていて、そういった何気ないやりとりでさえ今となっては嬉しく感じるところがありますね。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad