かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

STARの中国語バージョン

2017.03.28

category : VoThM

comment(4)

 こんばんは。

 ファンキーさんのTwitterで知ったんですけども、北京の黄昏黎明DDCで行われたファンキー末吉さんのライブでVoThMの『STAR』が演奏されました。しかも、詞を中国語に訳した中国語バージョンで歌われたとか!



 こちらの中国語バージョンの『STAR』には『流星』というタイトルが付けられているみたいです。

 先月のファンキー末吉さんのライブでも、英樹さんの詞を残したいという理由から『STAR』をファンキーさんが歌っていました。
 今度は国境を越え中国語にする形で中国人の方々にも英樹さんの詞を届けて下さったのは本当にファンキーさんはこの曲、そしてVoThMを愛していることが伝わってきます。
 
 ちなみに北京の黄昏黎明DDCはVoThMでもライブを行った場所ですよね。結果的には英樹さんがVoThMとして最後にステージに立った場所でもあります。そういう意味でもこの場所で『STAR』を演奏することはとても意味のあることでもありますよね。

 映像の最後にクレジットされてあった「纪念我们的好朋友 渡辺英樹」という中国語・・・、中国語についてはサッパリな僕ですけども、Googleで翻訳したら「私たちの良き友人を覚えておいてください」という意味になりました。
 こうしたところにもファンキーさんの思いを感じることが出来て、嬉しく感じちゃいました。

C-C-Bファンになって10年

2017.03.23

category : C-C-B

comment(11)

 こんばんは。

 このブログのアクセス数が140000ヒットを達成しました。
 いつも見に来て下さっている方、検索などでここに辿り着いた方・・・、アクセスして頂いてありがとうございます!


 今年最初の記事でも触れましたが、今年でC-C-Bファンになって10年です。
 2006年の後半くらいからC-C-Bにハマったわけなんですが、いつからファンになったか正確な日付までは分かりません。そこで自分が初めてC-C-BのCDを購入した日をファンになった日にしようと個人的に決めました。その日が2007年3月8日だったんですよね。なので(自分基準での)C-C-Bファン歴は今月8日でファン10周年を達成しました。

 僕が音楽のCDを初めて購入したのは小学生の頃で、とあるアニメのCDでした。それからそのアニメ関連のCDを何枚か購入していたものの、アニメ以外のCDを購入したことってC-C-BのCDを購入するまで全くありませんでした。なので、自分にとってはアニメ以外で初めて購入したCDはそのC-C-BのCDだったりします。
 ここからC-C-Bだけではなく、色々なアーティストやバンドのCDを購入して、一時期部屋の中がCDだらけになっていました(笑)さすがに今はC-C-B関連だけでもCDの枚数が結構あるので、それ以外のCDはほとんど処分してしまった形になってしまったんですけどね。

 初めて購入したC-C-BのCDはこちらでした。

prime selection

 「プライム・セレクション」というタイトルのC-C-Bのベスト盤です。
 C-C-Bのベスト盤ってたくさんあるんですけども、その中でもこれを選んだ理由としては通販サイトで購入できて、ある程度曲数も入っていて、お値段が手頃(1500円くらいだったかな?)だったこと。当時中学生の自分にとってはまだ手が出しやすい値段だったので、購入することが出来ました。
 この頃のベスト盤でいうと、「The Best Of C-C-B」が全てのシングル曲に加えてアルバム曲も幅広く収録されているので、収録曲の面からすると充実しているベスト盤でした。でも、Vol1と2で2枚あること(その分お金がかかってしまう・・・)と、何よりも廃盤になっているためにオークションや中古店でしか購入できなかったんですよね。そもそもこのベスト盤の存在って当時の自分は知っていたのかな・・・?

 自分が購入したこの「プライム・セレクション」なんですけど、収録曲がなかなか面白い選曲なんですよね。

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.もっとハートフルに愛して
4.Lucky Chanceをもう一度
5.空想Kiss
6.アニメのようなA.B.C
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.Happy Birthday and I Love You
11.2 Much, I Love U.
12.原色したいね
13.抱きしめたい
14.瞳少女
15.Candy



 「抱きしめたい」までのC-C-Bのシングル曲に、アルバム曲とB面の曲が3曲加えられた内容となっています。
 注目なのはそのシングル曲以外の3曲が何故このような選曲になったのかなということ。その中でも特に『もっとハートフルに愛して』が異彩を放っているような気がします。B面曲でいうと、ライブでも数多く演奏されたり、印象度の高さなどから『I SAY, I LOVE YOU』か『スワンの城』がB面曲の代表曲なのかなと思いますが、どちらかというとあまりスポットライトの当たらない曲の『もっとハートフルに愛して』を選曲したところに何だか面白さを感じてしまいます。
 でも、自分が最初に購入したCDがこちらということもあって、こちらに収録されているシングル曲以外の3曲は自分にとっては馴染み深い3曲になりました。
 そういえば、『Happy Birthday and I Love You』を初めて聴いた時、関口さんのヴォーカルだとは何故か思えなかったんですよ。それで消去法で考えていったら、これが田口さんという人が歌っているんだと勝手に思い込んでしまったのが今思えば懐かしいです。

 実はこのCDを購入してから1ヵ月も経たないうちにCDが音飛びをするようになってしまいました。ここぞとばかりに「じゃあ代わりになるような新しいC-C-BのCDを買わなきゃいけないね!」と自分の中で正当化して、すぐに別のC-C-Bのベスト盤を購入したりなんかして・・・。そこで購入したのは「GOLDEN☆BEST」でした。

golden best

 「GOLDEN☆BEST」はココナッツボーイズ時代のシングル曲は入っていませんが、「プライム・セレクション」には収録されていなかった『恋文』、『信じていれば』、『Love Is Magic』のシングル3曲が収録されているので、これでC-C-Bのシングル曲を全て聴くことが出来たんですよね。

 ちなみに音飛びするようになってしまった「プライム・セレクション」ですが、後々再生したら問題なく聴くことが出来ちゃいました。ひょっとしたら音飛びしたのはCDが汚れていたのかもしれないですね。

ムッシュかまやつさん

2017.03.10

category : C-C-B

comment(0)

 こんばんは。

 今月1日にかまやつひろしさんがお亡くなりになりました。
 かまやつさんは僕が小さい頃からTVで拝見していました。音楽にあまり興味のなかった当時の自分は顔と名前が一致するミュージシャンの方は一握りだったと思うんですが、そんな自分でも知っているくらい僕にとってはTVではお馴染みのミュージシャンの一人だったと思います。
 
 かまやつさんといえば、C-C-Bとも色々と繋がりがありました。
 4年前の記事になりますが、「C-C-Bとザ・スパイダース」というタイトルで、ザ・スパイダースのメンバーとC-C-Bの繋がりを書きました。この中にかまやつさんとC-C-Bとの繋がりをいくつか取り上げました。
 Twitterを拝見していると、かまやつさんとC-C-Bといえば、「COCONUT倶楽部」での共演を思い浮かべるC-C-Bファンの方が多いですね。僕もやはりこの共演が真っ先に浮かんできました。

nonoboy.png

 この番組ではC-C-Bもカバーしたスパイダースの名曲「ノーノーボーイ」を一緒に演奏しました。曲を作った方とのこういったコラボレーションは今ではFNS歌謡祭などで見ることが出来ますが、この当時としてはこういった共演は貴重ですよね。
 
 他にもかまやつさんは「ゴールドコーストのクリスマス」と「そして9月」の2曲をC-C-B(ココナッツボーイズ)に提供しています。
 かまやつさんへの発注としてはビーチボーイズを意識した曲にして欲しいというものだったそうですが、どちらもビーチボーイズを意識しつつもグループサウンズのテイストも盛り込まれているような気がして、また違った良さがあります。
 「ゴールドコーストのクリスマス」はクリスマスの曲ということもあって、ココナッツボーイズ時代の曲の中でも演奏される機会が多い1曲だと思います。2008年のC-C-B(英樹さん、笠さん、関口さん)のライブでも演奏しましたし、2013年には米川さんと田口さんで演奏されて、2014年にはTANaBE(英樹さんと田口さん)のライブで演奏されているんですよね。つまりここ10年くらいでC-C-Bメンバーが全員演奏した曲ということで、これってC-C-Bの曲の中ではシングル曲を除くと珍しいのではないかなと思います。

 かまやつさんの訃報を受けて、笠さんはご自身のFacebookで関口さんはご自身のブログで、それぞれの思い出を語っています。
 たくさんの人から愛されているかまやつさんのこうした人柄や笑顔、僕も好きでした。
 
 C-C-Bから広がっていく形で色々な音楽に興味を持っていくわけですが、その一つがスパイダースでした。
 60年代の曲は何となく受け入れがたい印象があったんですが、スパイダースの曲を聴いてみるとだんだんこの時代の曲にも興味を持ってきて、この時代の曲も良いなぁという印象に変わりました。
 スパイダースとしてまた集結する日を楽しみにしていましたが、それも叶わなくなってしまったのが残念です・・・。堺正章さんは残ったスパイダースのメンバーでかまやつさんを送りたいとお話されていたようですが、全員揃ったスパイダースが見たかったなぁ・・・。


 かまやつさんのご冥福をお祈りいたします。

関口さんが入院

2017.03.08

category : 関口誠人

comment(2)

 こんばんは。

 昨日、関口さんから突然の報告があり、ビックリしました。
 
 関口さんのブログからの引用です。

-ファンの皆様へ-

ファンのみなさん、突然の事でビックリさせてしまい、本当にごめんなさい。
今僕は少し入院(検査)が必要な状態なので、お休みをさせていただきます。
また元気に歌うための休養なので、心配しないで下さいね。
今月のライブ、弾き語りTVを楽しみにしていて下さったみなさん、本当にごめんなさい。



 病名など詳しいことは書いてありませんが、ご自身が書き込みされているということはまだ大きな事態にまでは至っていないのかと思います。それでも関口さんは過去に何度か入院されていることもあり、年齢のこともあるのでやはり心配です。
 今月いっぱいのライブやお仕事は白紙になってしまい、今後のスケジュールもまだ何とも言えない状況ですね。
 焦らずゆっくりと休養されて、関口さんが元気に歌う姿をまた見たいです。


追記(2017年3月20日)
 関口さんのブログによると、現在は自宅療養されていて、4月1日にある「まいどおおきに☆プロジェクト」というイベントから復帰されるそうです。
 お元気そうな写真もアップされていたので安心しました。

米川さんのバースデーライブ終了

2017.03.05

category : 米川英之

comment(4)

 こんばんは。

 今月3日は米川英之さんの53歳のお誕生日でした。
 米川さん、お誕生日おめでとうございます!


 今年の米川さんのバースデーライブは神戸と、二子玉川で2日間の合計3日行われました。
 バースデーライブ前に米川さんが今回のセットリストについてFacebookで書き込みがありました。その書き込みを見ると、ニューアルバムからの曲を中心にして、他には目玉のバラードも選んだという内容で、この目玉のバラードは一体何の曲か気になっておりました。
 この目玉のバラードというのはどうやら『Burn 4 U. 』だったみたいですね。ビックリしました。こちらの曲は米川さんのファーストアルバム「Sweet Voyage」に収録されていますが、女性とのデュエット曲ということもあって、演奏機会にはなかなか恵まれていない曲です。定番曲だけでなくこういった意外性を狙った曲をチョイスするのはやっぱりファンとしては嬉しいですよね。
 Twitterの方にも書き込みましたが、デュエット曲でいうと、同じくファーストアルバムに収録されている『Jazzyな気分の夜』もいつか生で聴いてみたいです。

 このライブのリハーサル中に『Our Song』の公式振り付け動画なるものが撮影されたようで、松木さんのTwitterや米川さんのFacebookなどにアップされていましたね。須藤さんが真顔でおにぎりを咥えて手を振っている動画に最初見た時は笑っちゃいました(笑)


 それと今月2日に放送された「アメトーーク」でC-C-Bの『Telephone』がBGMで流れていたそうですね。テーマがガラケー芸人ということでこの曲が使用されたようです。
 そういえば、4年前の「アメトーーク」にもスマホじゃない芸人で『Telephone』がBGMで使用されていましたね。やっぱりC-C-Bの曲が流れると嬉しいです。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad