かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

30年前の今頃は・・・

2017.06.29

category : C-C-B

comment(8)

 こんばんは。

 僕がやっているTwitterで、30年前の今日はC-C-Bはどんなことをしていたのかをたまにですけども書いています。
 
 こちらは4月8日に書いた時のもの。
 



 今から30年前というと、1987年。
 関口さんのC-C-B脱退発表からその年が始まり、その4ヵ月後に関口さんが脱退し、新生C-C-Bとして4人での再スタート、笠さんの入院、9月には初めての武道館ライブ・・・。C-C-B(ココナッツボーイズ)が結成されてから解散までの7年間で、様々な出来事があったのはこの年ではないかと思います。C-C-Bの歴史を「起承転結」で表すとしたら間違いなくこの年は「転」だったと思います。

 30年前の今くらいの時期はちょうどツアー(「The Flying Trip」)の真っ最中ですね。4人になったC-C-Bの初めてのツアーです。
 ツアー初日の6月19日は忘れずにTwitterでも書きました。




 Twitterの方でも書きましたが、このツアーは前半戦はまだ「石はやっぱりカタイ」の発売前ということもあって、このアルバムからの曲は少なめなんですけども、途中からセットリストが変わって「石はやっぱりカタイ」の曲が中心になります。
 「CLOSE」にこのツアーのセットリストが載ってありましたが、あの書籍に載っているのは後半戦のセットリストかなと思っております(間違っていたらごめんなさい)。

 映像化されている武道館ライブの影響もあって、The Flying Tripツアーは『B・I・N・G・O』~『風のラリー』で始まる印象なんですけども、前半戦のセットリストは『TOO YOUNG』から始まり、2曲目には『浮気なジル』という意外な選曲なんですよね。
 『浮気なジル』というと、髪の毛を染めている頃のC-C-Bが演奏しているイメージが強すぎて(髪の毛を黒に戻した86年のEASTでも演奏されているんですけどね)、それ以降は一切演奏されていないように思えてしまうんですけども、実は4人になってからも演奏されていたんですよね。初めて知った時はビックリしちゃいました。


 このツアーについてはセットリストという視点から見ていくと興味深い点がいくつかあります。

・久しぶりに演奏される曲→『急接近』
・新曲以外でライブで初めて演奏される曲→『スワンの城』、『I LOVE YOU』
・それまでライブの定番曲だった『Romanticが止まらない』や
 『LuckyChanceをもう一度』などのシングル曲がセットリストから外される

 『急接近』はココナッツボーイズ時代から演奏されている曲で、C-C-Bに改名してからもしばらく演奏されていましたが、アルバムが次々とリリースされていき曲数が増えていく中でセットリストから外されてしまいました。それ以来、久しぶりに演奏されることになりました。
 この急接近には詞が2種類(英樹さんの詞と、「すてきなビート」に収録されてある松本隆さんの詞)あるわけですけども、このツアーで歌われたのは英樹さんの詞の方でした。『急接近』はこれ以降のライブ(解散後も含めて)では英樹さんの詞で歌われることが多くなり、松本さんの詞で歌われたのって片手で数えるくらいしかないんじゃないでしょうか。
 正確に言うと、このツアーの前年にココナッツボーイズ名義で行われたシークレットライブで『急接近』が演奏されているので、久しぶりではないんですけどもね。ちなみにこちらのライブでも英樹さんの詞で歌われていたようです。

 このツアーでは『スワンの城』や『I LOVE YOU』が初めて演奏されました。
 『I LOVE YOU』はこのツアーの前年に発売された「冒険のススメ」というアルバムに収録されていた1曲。このアルバムのリリースに合わせて、冒険のススメツアーがあり、こちらのツアーの中で「冒険のススメ」に収録されている曲を中心にセットリストが組まれたわけですが、「冒険のススメ」に収録されている曲の中では『I LOVE YOU』だけがセットリストには入りませんでした。こういった経緯もあり、待ち望んでいたという方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。 
 『I LOVE YOU』は武道館ライブの映像でもそうでしたが、特徴的なベース(アップライトベースという名前?)で演奏されていましたね。

19870617.jpg


 そして、これまでのセットリストとは変えようという意識が見えるのが定番のシングル曲がセットリストから外されたという点。
 C-C-Bの代表曲でもある『Romanticが止まらない』や『LuckyChanceをもう一度』は、それまでのライブでは必ずと言っていいほど演奏されるという言わば定番曲。その定番曲をあえて外したというのは興味深いです。『Romanticが止まらない』のC-C-Bではなく、新しいC-C-Bを見せるという意図が隠れていたのかなと思いますね。何だか当時のこのツアーに懸けた意気込みみたいなものを感じます。


 前述したようにこちらのツアーは関口さんが脱退し、4人になってからの初めてのツアー。
 関口さんが歌っていたパートはどうなるのかということが当時のファンの方々にとって一番の関心であったと思います。もちろん他のメンバーが関口さんのパートをカバーすることになるわけですけども、それまで歌う機会が少なかった米川さんに関口さんのパートが多く回ってくるんですよね。
 このツアーが始まる前に出演したTV番組(「オールナイトフジ」)で『愛の力コブ』が演奏され、関口さんパートを歌う米川さんの姿が放送されていたわけですけども、このツアーでも米川さんは新曲を含めてたくさんの曲を歌うことになります。『浮気なジル』の関口さんパートも米川さんが歌ったんだとか・・・!
 関口さんが歌っていた曲としては『流星のラスト・デート』がありますが、こちらの曲は笠さんがヴォーカルをとりました。『浮気なジル』や『愛の力コブ』は関口さんだけでなく他のメンバーも歌うパートがありますが、『流星のラスト・デート』は関口さんが丸々歌う曲。そもそもこの曲が演奏されることなんて予想外だと思いますし、まさか笠さんが歌うなんて当時のファンの方からするとさぞかしビックリしたでしょうね。笠さんが歌う『流星のラスト・デート』はその後も演奏され、解散ライブでもセットリストに入っていましたね。


 他にはこのツアーはステージの楽器の種類が増えたことや、当時音源化されていなかった『赤いセーターの女の子』が初披露されたりなどなど、まだまだ書けることはありますが、この辺で・・・。
 気が向いたらそのことについて加筆するかもしれないです。

米川英之 Live Tour 2017 名古屋公演

2017.06.18

category : ライブ感想

comment(7)

 こんばんは。

 今月11日に名古屋MUJICAでの米川さんのライブに行ってきました。

20170611-1.jpg

20170611-2.jpg

 米川さんのソロライブを見に行くのは去年の3月に神戸でやった時以来です。なので、何だか久しぶりな感じがしました。
 メンバーはドラムに岡本さん、ベースに須藤さん、キーボードに河野さんというお馴染みのメンバー。でも、須藤さんを生で見るのは久しぶりかも・・・?調べてみたら、3年前の米川さんの30周年ライブまで遡ることになりました。米川さんのライブに出演されているベーシストの方では斉藤さんが好きなんですけども、やっぱり須藤さんも素敵でした。ベースソロでは客席にまで来て頂いて、近くからベースを弾く姿を見ることが出来ました。
 米川さんがFacebookで「コーラスもバリバリこなすこの強力なメンバー」と書いていましたが、その言葉通り須藤さんと河野さんが色々な曲でコーラスをされていました。そんなところもこのメンバーだからこそ出来るところですよね!

 今回のツアーは名古屋、京都、神戸、東京の4公演。
 名古屋は初日ということもあり、それに日曜日ということもあってか、いつもよりもお客さんが多いように感じました。米川さんもMCでそのようなことを仰っていましたね。

 今回のライブのセットリストはこちら。

(第一部)
Ring a Bell
Aim at the Moon
Maverick
雨の音が聞こえる
Color Of Wind
勇気の種類
君はもう泣かない
CALLIN'

(第二部)
Circle Game
Hot Summer Evening
Starting Over
Rainy Farewell・・・アメノチワカレ 
Getting Better
祈り
La Siesta

(アンコール)
I Believe
奇跡



 今回のセトリはニューアルバム「CALLIN'」の曲が中心になっています。そのため、名古屋で演奏するのがおそらく初めてという曲が多かったのではないでしょうか。
 僕はこの時点では「CALLIN'」は入手していなかったので(この日の物販で購入しました)、「CALLIN'」からの曲はほとんど真っ新な感じで聴く形になりましたね。一応去年のニコ生で配信された「CALLIN'」リリース記念のライブはしっかりと見たんですけども、その時は忙しくて何度も何度も見ることが出来なかったため、「CALLIN'」の曲を覚えるほど聴けなかったんですよね。そのリリース記念のライブでは演奏されなかった曲も中にはあるので、このライブで初めて聴くこともあって新鮮な感じで楽しめました。
 ちなみに今回のツアーのセトリは名古屋と京都と東京は同じ曲順だったわけですが、神戸だけはキーボードの河野さんが不在ということもあり、大幅にセットリストを変えてのスペシャルバージョンだったようです。

 今回のライブのスタートは『Ring a Bell』だったわけですが、最初にステージに米川さん以外の3人が登場して、米川さんがいない状態で演奏が始まり、後から米川さんが登場して、本格的に曲がスタートするという流れでビックリしました。しばらく見に来ないうちにこういう形になったのかなと思ったんですけども、そうではないみたいですね(苦笑)

 『Aim at the Moon』では曲の合間合間で須藤さんがユニークな動きをしていて、そんな須藤さんを見ていて笑っちゃいました。この曲中にはついつい須藤さんの方ばかり見ていましたね。
 そういえば、この日のMCで『Aim at the Moon』で最後のサビが2回あり、その部分の歌詞が米川さんと須藤さん+河野さんで食い違いが発生してしまい、須藤さんが言っても米川さんは聞く耳を持たなかったのに河野さんが言ったら納得したなんていうエピソードも・・・(笑)
 
 このセトリのサプライズ曲というと、やはり『Rainy Farewell・・・アメノチワカレ』ですね!本当にビックリしちゃいました。
 この曲を演奏する前のMCで「ちょっと懐かしい曲をやってみたいと思います」ということだったので、まさかC-C-Bの曲だとは思わずにいたら、「バンド時代の曲です」と仰ったので、えっ、C-C-Bの曲なんだ!とビックリ。
 米川さんのライブにおいてC-C-B時代の曲を演奏することは珍しいことではないのですけども、今回は「CALLIN'」中心のセットリストだからまず演奏されないものという認識だっただけに個人的にはサプライズ感が強かったです。
 
 この日の客席乱入としては『祈り』で須藤さん、『奇跡』では米川さんがやっていました。


 久しぶりの米川さんのライブ、楽しかったです!思う存分爆音を浴びたなという感じでした。ライブハウスの音響の関係なのか、それとも私の耳の耐性がなくなってきたのか、ライブが終わった後はいつも以上に耳がキーンとなってしまいました。そんなところもこのライブの醍醐味といえるかもしれませんね。
 終演後にはサイン会の方に参加したんですが、そこで嬉しいことがあったりして、そんなところにも満足した一日でした。

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad