かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

愛の力コブ Part1

2008.04.07

category : C-C-B MUSICレビュー

C-C-BのMUSICレビューです。



ainotikarakobu035.jpg

「愛の力コブ」(1986年12月15日)

C-C-Bの6枚目のアルバムです。
ジャケットは前作に比べるとインパクトはないんですが、
中を開けるとムキムキなマッチョマンに囲まれたC-C-Bの写真があり、
そのインパクトは前作を越えるかもしれません(笑)
このアルバムで初めてメンバー全員の作った曲が収録されたわけなんですが、
このアルバムを最後に関口さんは脱退しました。
最初にレコードで発売されたときは6曲入りのミニアルバムでしたが、
後にCDとして発売された際には「ないものねだりのI Want You」と
「霧のミステイク」の2曲が追加されました。
今回のこのアルバムのレビューはCD版の方をレビューするので、
その2曲もレビューしたいと思います。


愛の力コブ
作詞 関口誠人 作曲・編曲 田口智治

このタイトルを僕が初めて見た時、「愛のかこぶ」と勘違いして覚えてしまい、
「かこぶ」って何?C-C-Bが作ったオリジナルの単語かな?
と思っていましたが、ある日よく見てみたら、「力コブ」じゃん!と間違いに気づくという
まだ曲を聴いたことがない頃ならではのちょっと恥ずかしいエピソードがあります。
これまで編曲の方でC-C-Bの曲作りに貢献してきた田口さんですが、
初めてこのアルバムで田口さんの作曲した作品が収録されました。
関口さんは詞をつけるのにすごく苦労したそうですが、
その関口さんの詞が明るい曲にマッチしていてとても素晴らしいんですよね。
僕も落ち込んだときに何度も元気をもらいました。
どうやら詞を書くよりも先にジャケット撮影があったみたいで
ムキムキマッチョマンの人たちのインパクトが強すぎて
その影響から「力コブ」という単語を使ったらしいです。
ちなみに関口さん脱退後は関口さんパートは米川さんが歌っていました。
その米川さんバージョンも好きです。

田口さんのコメント「C-C-Bで初めて僕が書いた曲。レコーディングの時、
間奏のあまりの長さに、自分でもビックリした。
ゴム君の詞、最初抵抗あったけど、よく聴くと合ってるね」


霧のミステイク
作詞 川村真澄 作曲 筒美京平 編曲 大谷和夫・C-C-B

シングル「ないものねだりのI Want You」のB面の曲です。
タイトル通り、霧の夜をイメージできるような雰囲気のある曲です。
渡辺さん、笠さん、関口さんの3人でヴォーカルを回していて
その3人のヴォーカルが良い感じです。

笠さんのコメント「この曲は多分初めて、川村真澄さんが作詞してくれた曲。
これがきっかけで、僕の曲もこの後、よく作詞をお願いしました」


悲しすぎるね
作詞・作曲 渡辺英樹 編曲 大谷和夫・C-C-B

「悲しすぎるね」ということで全体的に暗い感じの曲ですね。
曲が終わった後もどこか暗さが残る感じですが、僕は結構好きな曲です。
歌詞は恋人と別れた男が悲しみに浸るというもの。
まだ僕は恋人ができたことが無いのでそういう経験は無いですが、
もし恋人と別れてしまったら、こんな風に僕も悲しみに浸っていそうです。

田口さんのコメント「ヒデキ君、レゲエのノリ、爆発した曲です。
ライブの時のヒデキのステップが頭に浮かぶ」


TOO YOUNG
作詞 松本隆 作曲 筒美京平 編曲 大谷和夫・C-C-B

「悲しすぎるね」の暗い感じをまさに吹き飛ばすかのように明るいイントロで始まる曲。
その明るさは、あの暗い曲の後だから、余計際立っていますね。
歌詞もすごく前向きです。
「いつかミュージシャン 有名になってみせるよ♪」という歌詞は、
まさに僕の気持ちを表現している・・・ことはないですか。

笠さんのコメント「どうしても西城秀樹のイメージ」

コメント

こんばんは〜かいしんさん。
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます☆
今日から新学期を迎えられたのでしょうか?
中三ともなると何かと忙しくなりそうですが、バンド活動も出来る範囲で楽しんじゃってくださいね。多感な15歳に乾杯♪

ちなみにワタシも明日またひとつ歳をとります(笑)

2008.04.08  sadpurinn  編集

勢い余ってリターンしたら名前間違えちゃった(爆)
前のコメントはsadプリンです。ごめんなさい。

2008.04.08  sadプリン。  編集

やっぱり「愛の力コブ」は鉄板ですね!
いつの時代にも通用する
今風にいえば神曲(笑)

「TOO YOUNG」はラジオを思い出します。
コーラスだけが入ったインストでしたけど。
♪過去も未来もいらない〜♪
だけがやけに印象に残ってます。

2008.04.08  willow30  編集

こんばんは
ちょっとご無沙汰!
「愛の力こぶ」レビュー♪いいですね(^^)
私も「かこぶ」と読み間違えそうでしたょ(^^;
レコード買ってドキドキしながら、初めて「愛の力こぶ」を聴いたときは田口さんワールドの素晴らしさにステレオの前でクラクラしましたね。
なんていうか引き込まれていく感じで・・・。
それに歌詞の「誰にだってよくあるさ、うまくいかないことが・・」のところでは何度元気付けられたか♪

「霧のミステイク」も大好きな曲ですねぇ
今でも無性に聴きたくなる1曲です。
「悲しすぎるね」は当時はあまり好きではなかった曲(英樹さんファンなのに)だけど、なぜかYou TubeにUPされてるのを聴いて「いい曲だ!!」と思っちゃった(笑)流れる映像と曲が妙にマッチしてもの悲しさが伝わる感じで、よかったです。
あと「TOO YOUNG」は私にとっては全然明るくない曲なんですよね。。。
聴くたびに悲しくなる。というか寂しさを感じるんです。
ラジオのテーマ曲になってたのだけど、関口さん脱退の時期だったから、そう感じるんですけどね。
ラジオのエンディングでも流れてたから、イントロ聴いただけで「あ〜終わりだ」みたいに感じるし(^^;

あっ、つい長々書いてしまいました
すみません(^^;ではっ

2008.04.08  ななみ  編集

はじめまして

はじめまして。
CCBで検索したら、こちらにたどり着きました。CD発売、すごく楽しみです。
愛の力コブは、当時、CCBのラジオで一曲ずつメンバーが、コメント付きで紹介してましたね。悲しすぎるねは、ラジオドラマもあったような…。

2008.04.08  ともえ  編集

>sadプリンさん
ありがとうございますw
はい、昨日から新学期が始まりましたよ。
新しいクラスも良い人たちが集まって、この1年楽しくやっていけそうだと思いましたw
sadプリンさんも4月生まれで、僕と誕生日が近いんですか!
C-C-Bファンの方って牡羊座の人が多いような・・。
sadプリンさん、少し早めにお誕生日おめでとうございますw

>willow30さん
もう鉄板ですねw
本当にこの曲は神曲だと思いますよw
「TOO YOUNG」、ラジオのテーマ曲でしたね!
あぁ、書くの忘れてたなぁ・・。

>ななみさん
こんばんはw
レビュー、良いですか?
ありがとうございます。
「愛の力コブ」は田口さんらしさが良く出ていますねw
ポップでどこか優しげで・・。
その曲に加えて、関口さんの素晴らしき歌詞!
本当にこの曲は神曲ですね!
「TOO YOUNG」、ななみさんにとっては寂しさを感じるんですか。
関口さんの脱退をリアルで見ていたから、そう思うんでしょうね。
でも、そう思いながら聴いてみると、どこか悲しげに聴こえるような気がしますね。

>ともえさん
初めましてw
アルバム「愛の力コブ」は、C-C-Bの「きまぐれナイトフェイス」で曲を1コーラス流して、コメントで紹介していましたw
関口さんが米川さんのボーカルを聴いて、「泣きのボーカルですね」と言っていましたねw
「悲しすぎるね」のラジオドラマはちょっと知らないですね。それもまた聞いてみたいなぁw

>ねむねむさん
ありますよ。
コメントの下にある「Secret」というところをチェックして頂ければ、コメントは僕しか見ることができなくなりますw

2008.04.08  かいしん  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.04.08    編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.04.08    編集

お久しぶりデス♪

愛の力コブ。
当時は、私も歌詞にちょっと抵抗が・・・
そして、ジャケのイラストのマッスルマン!!
レコード店で見た時、絶句・・・?( ̄□ ̄;)!!

でも、今はとっても好きな曲ですヨ。
♪心が今モリモリ!
そう、元気モリモリになれる曲だから( ̄▽ ̄*)♪
間奏・・・確かに長いけど、かっこいいよネ。

当時のレコードは6曲と、アルバムにしては曲数
少なくて寂しかったけど、CDになって8曲になり、
そしてPlus版では、スワンの城、
ないものねだりのゼイ肉Mix、筋肉Mixが追加されて、
聴きごたえありますネ(*^-゚)♪

2008.04.11  じゅん  編集

お久しぶりですw

最近の子とか、「愛の力コブ」の歌詞とか見たら、ダサッとか思うんでしょうね。
あの、ジャケットのマッスルマンには驚きましたよねw
何たって、濃いですよねw

この曲聴くと、元気モリモリになって、
明日も頑張ろう!って思えますよねw
そう意味じゃ、ビタミン剤的な曲でしょうねw

「ないものねだり」のゼイ肉Mixは凄いですよねw
いずれ僕も紹介したいと思いますw

2008.04.11  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad