かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

信じていれば Part2

2008.06.07

category : C-C-B MUSICレビュー

「信じていれば」のレビューの続きです。



Born in the 60's
作詞 渡辺英樹 作曲 米川英之 編曲 田口智治

僕が初めてこの曲を聴いたのはC-C-Bにハマりかけの頃で、
Youtubeにアップされていた新春特番での映像を見たときだったんですが、
イントロのピアノがとても心地よくて、
それでいて「争いが起こるわけわかりたい♪」という深い歌詞だったので、
C-C-Bって何十年も前にこんなクオリティの高い曲も作ってるんだ!と驚いて、
ますますC-C-Bにハマったきっかけの曲でもあります。
その影響で去年の夏くらいにこのブログのトップに
そのYoutubeの動画を貼っていた時期があったくらいです。
もちろん今でも好きな曲の一つです。
C-C-B解散後、2005年にWY(渡辺さんと米川さん)として
この曲を新たにアレンジして歌っていましたが、
そちらのアレンジも良いので、オススメです。

渡辺さんのコメント「笑えない」


もう、遅すぎて
作詞 麻亜一花 作曲・編曲 田口智治

この曲はメインヴォーカルが最初決まらずに
渡辺さん、米川さん、笠さんが歌入れした結果、
田口さんのイメージに合ったのが笠さんということで
笠さんに決定したという裏話があるそうです。
米川さんの「もう、遅すぎて」ってどんな感じなのかちょっと気になってしまいますね。
渡辺さんと米川さんがそれぞれヴォーカルをとったボツ音源を
田口さんが大切に持っていると当時の雑誌で言っていましたが
今でも持ってたりするのかな・・・?
ちなみにこの曲を作詞した麻亜一花さんという方は、
実は音楽ライターの森田恭子さんという方みたいです。
森田さんといえば当時某雑誌でC-C-Bを担当していた方。
その縁で、作詞をなされたみたいですね。

笠さんのコメント「3人歌ってみて、僕が歌うことになった曲。嬉しかった」


信じていれば

レビュー済み。


Blue Guitar
作詞 松本隆 作曲・編曲 米川英之

米川さんのブルーシリーズ(笑)第二弾です。
ドラムの音から始まり、続いてギターに入るこの曲のイントロが僕は好きですね。
歌詞は女性をギターに例えていますがちょっとエロいですね(笑)
この曲は「抱きしめたい」と同じくらい、
米川さんがライブで歌詞を間違えているようなイメージがありますね・・(汗)

米川さんのコメント「このようなちょっとジャズっぽいコード進行は思いつきで、
理論による裏づけはありません。本当はサックスソロを入れる予定でしたが、
録ってみたら良かったんでそのままにしました」

コメント

『Born in the 60's』最初は好きじゃなかったんですよ。
でも年を重ねるとともに段々好きになった曲です。

確かによねちが歌う『もう、遅すぎて…』聴いてみたい!!

『Blue Guitar』よねちファンは絶対好きな曲ですよ(笑)
よねちはよく歌詞間違えてましたねぇ〜(~_~;)

2008.06.08  willow30  編集

もう遅すぎて。。。

一応3人歌ってみたんですか!
し、知らなかった、、、あ、お久しぶりです。
かいしんくんお元気ですか〜?
遅くなりましたが、修学旅行からおかえりなさい♪
きっと良い想い出になったでしょうね。

Born in the 60'sは私は田口くんの演奏が大好きで
やっぱりボーカルだけじゃない所がC-C-Bっていいよなあって思いますねw

Blue Guitarといい、ベルベットタッチといい、抱きしめたいといい、、、
米川くんてほんとにどーしてi色っぽい歌詞付けられてるんでしょうね〜
当時から多いな〜とは思ってたんだけど、今聴くと、逆に「なんで?」って思います。。。
その点、もしかしてかいしんくん、知ってる??w


2008.06.08  torish  編集

聞いてみたいな〜(*´з`)〜♪

willowさんに同じく『もう、遅すぎて…』のよねちヴァージョン。

…ユニバーサル、アルバムCD化しろ…。(もう、呼び捨て(^_^;))

2008.06.08  ちょび  編集

>willow30さん
「Born in the 60's」、本当に良いですよね。
僕は聴いた瞬間、鳥肌が立ちましたw
そうなんですか、「Blue Guitar」って、米川さんのファンなら好きな曲なんですねw
「Blue Guitar」以外の曲でもいえる事ですが、あの目を閉じて歌う姿がかっこいいですもんねw
やっぱりギターを弾きながら歌うのって難易度高いですからね、歌詞を間違えるのは無理も無いですね。

>torishさん
どうもお久しぶりですw
ちょっと勉強とか忙しくなってきましたが、元気にやっていますよw
「Born in the 60's」、あの田口さんのキーボードが活かしますよね。
イントロのあそこの部分が大好きです。
米川さんが歌う曲、そういう歌詞が多いというのはちょっと僕には分かりませんが、「Blue Guitar」にしろ、「抱きしめたい」にしろ、松本さんによる作詞のようですね。
松本さんから見た米川さんってそういうイメージだからとかいう理由じゃないでしょうかね・・?

>ちょびさん
聴いてみたいですよねw
米川さんバージョンw
その録音したテープとか残っていないんでしょうかね・・?
もし見つかったら、CD化希望ですね!

2008.06.09  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad