かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

中間お疲れ様!

中間頑張ったね。お疲れさん!

【恋のリメンバー】私もBoysLifeの中では【ロストバケーション】とともに好きな曲です。
なんかこう、どんよりした雨雲から一瞬だけ差し込んだ陽射しに勇気や希望を貰った時のような、そんなイメージをさせる曲でした。

【ハローハロー】にも目を付けるなんてさすが、かいしんさん!
BoysLifeのB面(笑)は70年代をノスタルジックに感じさせる曲が多い気がします。
【破れたダイアリー】も【そして9月】も。
なんか、ただ切ないだけじゃなく、現在から完全に隔たれた過去を思い出として振り返ってるような、すきま風のある寂しさや無常感が表現されてるように思います。
【好きさリンダ】も曲調がそんな感じに聞こえてしまいます。
かいしんさんは、そんな感じは受けません?

2010.11.03  ココナッツ  編集

ありがとうございます。
何とか終わりました。

「恋のリメンバー」、ココナッツさんも好きなんですか。
なるほど、そういった前向きな気持ちにさせてくれる曲なんですね。
僕の友達もこの曲からそういったイメージを持って、
好きだと言ってくれたのかな・・?

「ハローハロー」は特に70年代の雰囲気がありますよね。
当時、この曲を聴いていたファンの方はどう思ったんでしょうね?
気になります。

ココナッツさんの解釈は本当に勉強になり、
そして毎回共感してしまいます。
そういった寂しさや無常感が
このアルバムのB面の曲に固まっている気がしますね。
作った側もそういった狙いで
このアルバムの曲順にしたのかなと思ってしまいます。
何度も書きますが、ココナッツさんのこういったコメントは
何度も聴いているアルバムでも新たな発見が見えてくるので、
より深く考えることができます。
勉強になります。ありがとうございます。

2010.11.07  かいしん  編集

お互いCCBファンだね

そんな、かいしんさん、恐縮です (^^;

どんな曲でも聴いた人の人生が被るものだと思いますから、解釈も聴く人の数だけあるのでしょうね。

恋のリメンバーは、アンニュイ(いまどき、、^^;)な感じが、メタルやサイケなんかとシンクロする感じがあります。ハードな曲って、歌詞では革命的な自由への憧憬や広い愛情なんかを謳ったりしますが、曲としては保守的なんですよね。ある程度決まりきった型にハマってないとそういう曲調にならないから、現実と隔たれた希望や憧憬、つまりどうしようもない儚い気持ち、みたいな感覚が生まれるように思います。非常に個人的な感覚ですが(笑)

「あの頃を思い出す グレーの空の下で 今はどこにいるの 今でも愛してる」っていうどんより感が漂う歌詞が比較的に明るめのクリアーなサウンドで歌われる辺りがアンニュイなのかな、って。

おっさんの自分としては、かいしんさんが曲を聴いて感じた率直な感想が聞けるのが何よりの栄養剤です。(^^)

これからも、一度感想を載せた曲でも、感じたことなど掲載して頂けると、本当に嬉しいです!
どんどん、かいしんさんの想い、聞かせてください!

2010.11.09  ココナッツ  編集

いろいろな解釈があるから、
その分楽しみがありますよね。
こんなに深い解釈が読めるなんて、
本当にこのブログをやっていて良かったと思います。

「恋のリメンバー」とハードな曲は
共通する部分があるというのは面白いですね。
全く違うようなジャンルの曲でも
どこかしらで繋がっているというのは
音楽は奥が深いと改めて感じさせられました。

そう言って頂けると嬉しいです。
なかなか自分の思っていることを
文章にして表すというのは難しく、
どういった言葉を使えば
読みやすいのかと考えてしまい、
思っていたこととは若干ニュアンスが違う言葉になってしまったんですが、
ぎこちない文章でも思ったことを
素直に書くというのも大切ですよね。

これからは自分の思っていることを
素直に書いていけたらなと思います。

2010.11.10  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

でも僕は待ってる

2010.10.28

category : 関口誠人

中間テストが無事に終了しました。
とりあえず一安心です。

実はテスト期間中に咳と鼻水が出てきて、まだ今も治っていない状態で少し苦しいですが
テストも終わったことなので勉強は程々にして体を休めようかななんて思っています。
本格的に風邪をひいてしまって、学校を休むなんてことはしたくないですからね。


昨日はC-C-Bのキーボード担当、くみちょこと田口智治さんのお誕生日でした。

田口さん、お誕生日おめでとうございます!


C-C-BのMUSICレビューの加筆修正をしました。
Boy's Life Part1
Boy's Life Part2

C-C-B(ココナッツボーイズ)のセカンドアルバムです。
田口さんと米川さんが加わったのもこの頃ですね。

「恋のリメンバー」は今でも好きな曲です。
そういえば、中2の頃友達に自分が選曲した
C-C-Bの曲を入れたMDを渡したことがあったんですが、
その友達は「恋のリメンバー」が一番好きと言っていましたね。
どちらかという激しい音楽を聴いている友達だったので意外だったのを覚えています。

「バラ・バラ」は再結成してからのライブで演奏したそうですね。
このレビューを書いていた頃はあまり好きではなかったこの曲ですが、
今ではアレンジが良いなぁなんて思ってしまいます。
生で聴いてみたかったです。


ココナッツボーイズの曲の流れで話題をもう1つ。
先日の関口さんのソロライブで、「ハローハロー」を歌ったそうです。

渡辺さん、笠さんが歌っている曲なので意外だと思ったんですが
調べてみたらこの曲って関口さん作詞作曲だったんですね!
なるほど、それならば歌ってもおかしくないですね。

でも、関口さんが歌う「ハローハロー」ってどんな感じなんでしょうね?
ちょっと想像がつきませんが、関口さんの歌声にも合いそうな雰囲気がありますね。

コメント

中間お疲れ様!

中間頑張ったね。お疲れさん!

【恋のリメンバー】私もBoysLifeの中では【ロストバケーション】とともに好きな曲です。
なんかこう、どんよりした雨雲から一瞬だけ差し込んだ陽射しに勇気や希望を貰った時のような、そんなイメージをさせる曲でした。

【ハローハロー】にも目を付けるなんてさすが、かいしんさん!
BoysLifeのB面(笑)は70年代をノスタルジックに感じさせる曲が多い気がします。
【破れたダイアリー】も【そして9月】も。
なんか、ただ切ないだけじゃなく、現在から完全に隔たれた過去を思い出として振り返ってるような、すきま風のある寂しさや無常感が表現されてるように思います。
【好きさリンダ】も曲調がそんな感じに聞こえてしまいます。
かいしんさんは、そんな感じは受けません?

2010.11.03  ココナッツ  編集

ありがとうございます。
何とか終わりました。

「恋のリメンバー」、ココナッツさんも好きなんですか。
なるほど、そういった前向きな気持ちにさせてくれる曲なんですね。
僕の友達もこの曲からそういったイメージを持って、
好きだと言ってくれたのかな・・?

「ハローハロー」は特に70年代の雰囲気がありますよね。
当時、この曲を聴いていたファンの方はどう思ったんでしょうね?
気になります。

ココナッツさんの解釈は本当に勉強になり、
そして毎回共感してしまいます。
そういった寂しさや無常感が
このアルバムのB面の曲に固まっている気がしますね。
作った側もそういった狙いで
このアルバムの曲順にしたのかなと思ってしまいます。
何度も書きますが、ココナッツさんのこういったコメントは
何度も聴いているアルバムでも新たな発見が見えてくるので、
より深く考えることができます。
勉強になります。ありがとうございます。

2010.11.07  かいしん  編集

お互いCCBファンだね

そんな、かいしんさん、恐縮です (^^;

どんな曲でも聴いた人の人生が被るものだと思いますから、解釈も聴く人の数だけあるのでしょうね。

恋のリメンバーは、アンニュイ(いまどき、、^^;)な感じが、メタルやサイケなんかとシンクロする感じがあります。ハードな曲って、歌詞では革命的な自由への憧憬や広い愛情なんかを謳ったりしますが、曲としては保守的なんですよね。ある程度決まりきった型にハマってないとそういう曲調にならないから、現実と隔たれた希望や憧憬、つまりどうしようもない儚い気持ち、みたいな感覚が生まれるように思います。非常に個人的な感覚ですが(笑)

「あの頃を思い出す グレーの空の下で 今はどこにいるの 今でも愛してる」っていうどんより感が漂う歌詞が比較的に明るめのクリアーなサウンドで歌われる辺りがアンニュイなのかな、って。

おっさんの自分としては、かいしんさんが曲を聴いて感じた率直な感想が聞けるのが何よりの栄養剤です。(^^)

これからも、一度感想を載せた曲でも、感じたことなど掲載して頂けると、本当に嬉しいです!
どんどん、かいしんさんの想い、聞かせてください!

2010.11.09  ココナッツ  編集

いろいろな解釈があるから、
その分楽しみがありますよね。
こんなに深い解釈が読めるなんて、
本当にこのブログをやっていて良かったと思います。

「恋のリメンバー」とハードな曲は
共通する部分があるというのは面白いですね。
全く違うようなジャンルの曲でも
どこかしらで繋がっているというのは
音楽は奥が深いと改めて感じさせられました。

そう言って頂けると嬉しいです。
なかなか自分の思っていることを
文章にして表すというのは難しく、
どういった言葉を使えば
読みやすいのかと考えてしまい、
思っていたこととは若干ニュアンスが違う言葉になってしまったんですが、
ぎこちない文章でも思ったことを
素直に書くというのも大切ですよね。

これからは自分の思っていることを
素直に書いていけたらなと思います。

2010.11.10  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。