かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

人生が変わる1分間の深イイ話

2012.12.04

category : C-C-B TV・ビデオレビュー

こんにちは。

昨日、「人生が変わる1分間の深イイ話」に笠浩二さんが出演していたそうですね。
僕も知らなくてこのブログで告知できませんでした。
どうもすみません。

でも何とかその番組を見ることができたので
見れなかった方のためにもここでレビューしたいと思います。


この日の「深イイ話」は今年の顔と歴代スターが勢揃いSPということで
歴代スターの一人として笠さんが取り上げられていました。


まず最初に笠さんのいたC-C-Bについての紹介がありました。
流れた映像はお馴染みの「トップテン」での「Romanticが止まらない」です。

どうやらこの放送では今年の顔と歴代のスターのそれぞれのライバルを発表するみたいで、
笠さんもC-C-B当時のライバルを発表していました。
気になるライバルとは・・・やはりチェッカーズ!
「西のチェッカーズと東のC-C-B」という言葉もあったくらいですからね。

チェッカーズから見たC-C-Bということで、
元チェッカーズの鶴久さんはC-C-Bのことを
「意識はしていた。笠ちゃんの歌声がすごい特徴的だった」とコメントしていました。

笠さんの一番のライバルであり、親友だったというのが同じく元チェッカーズのクロベエさん。
どうやら売れる前にそばを食べながらお互いを励ましあっていたそうです。

結果的にチェッカーズが先に売れたわけですが、
後にC-C-Bにもチャンスがきて、「毎度おさわがせします」の主題歌である
「Romanticが止まらない」が大ヒットしました。
「毎度おさわがせします」の主題歌の最有力候補はチェッカーズでしたが、
作曲者の筒美京平さんが笠さんの歌声に惹かれてC-C-Bに決定したというのは
以前にも何かの番組でそのエピソードが紹介されていましたね。

「Romantic」がヒットしていた頃に「トップテン」で生放送のスタジオに間に合わず
バスの中で歌ったというエピソードも映像とともに紹介されていました。
この映像は貴重でしたね。

更に勢いに乗るC-C-Bということで、
「トップテン」で「LuckyChanceをもう一度」が1位になったということも当時の映像とともに紹介されました。
C-C-Bのメンバーが黒いスーツを着て歌っているんですが、
こちらもなかなか流れないような貴重な映像でしたね。

続いて、C-C-Bが解散した原因がメンバーの不仲であるという
解散後に何度も取り上げられているような話題へ。
メンバーが作詞作曲をするようになってからギャラの違いでよく揉めたそうです。
そのギャラの差は1000万円だったともいわれているようです。
事実かどうかは分かりませんが、僕は不仲説は信じたくないですね。
笠さんがライブでも顔を見合わせなかったと言っていましたが、
もし信頼関係がなかったらあのC-C-Bの素晴らしいライブはできないと思うんですよね。
当時のライブを生で見ていない僕が言うのもおかしいですが、どうも信じられないところがあります。


そして、笠さんの深イイ話も紹介されていました。
C-C-Bを解散してからはソロデビューするも売り上げは振るわず、
音楽活動では食べていけなくなり、パソコン教室の講師のバイトをするも
元C-C-Bだと気づかれて辞めることになり、自分は必要のない人間だと思うようになったそうです。
そんな笠さんを心配した笠さんのご両親が実家の熊本県に連れて帰ることになったわけですが
何もしない抜け殻の日々が続き、そこに追い打ちをかけるようにクロベエさんの訃報が飛び込んできて
人生のどん底まで落ちることになりました。
そこで笠さんがTVで見たある場面で立ち直ったそうです。

それは・・・ボクシングの内藤大助さんが入場曲として
「Romanticが止まらない」が使われていたということ。
その内藤さんの入場シーンを見ることによって立ち直ることができたそうです。

内藤さんはこの曲を聴くことで勇気をもらってチャンピオンになりましたが、
笠さんも内藤さんのおかげで勇気をもらったんですね!
これは僕も深イイ話と思いました。


今回のTV出演ではC-C-Bの「トップテン」の映像もいくつか流れたりして
貴重な放送となったかもしれません。
でも、やっぱりメンバーの不仲について毎回取り上げられるのがファンとしては心苦しいですね。

コメント

確かに。

登場し過ぎてスミマセン(汗)自分の中でC-C-B熱が再燃しているためブログを気まぐれに読ませて頂いてコメさせて頂いてますm(_ _)m

C-C-Bを好きになりたての頃は(私の場合ももう解散してましたが…)とくに関口さんファンのため、そんな話に悲しくなりましたね(T T)
今は音楽性も性格も違う20代のミュージシャンが5人も集まって、それが仕事に絡んだら仲良しだけではやっていけないからある程度の揉め事は必然だろうなぁとは思います(あくまで個人的な見解ですが)
またC-C-Bたちを世に出るように力をいれてくれた方々の当時のお話を読むとみなさん「C-C-Bのメンバーはとてもイイ子たちだった」という言葉が必ずあるので、根本ではメンバーの想いは繋がってて素敵な人間性の持ち主だと思います^_^
個人的には5人揃わなくてもそれぞれがお元気に活動してくだされば充分ですかね。でもC-C-Bは演奏して頂きたいな(笑)

2013.03.15  peroma2525  編集

いえいえ、コメントして頂けるのはありがたいことなので嬉しいです。

よくバンドの解散原因に音楽性の違いという言葉があげられますから
バンドというのは継続することって本当に難しいものなんですよね。
バンド内のパワーバランスの問題もありますからね。
そう考えると何十年も継続してやっているバンドというのはスゴいと思ってしまいます。

C-C-Bメンバーの人間性の素晴らしさのお話は確かによく聞きますね。
ファンとしてもこういうお話を聞くと、この人たちのファンで良かったと思いますよね。
C-C-Bメンバーの影響もあるのか、
C-C-Bファンの方って優しい方が多い気がします。

解散して20年以上経っても5人それぞれが今もライブ活動を続けていることって
実はスゴいことなんですよね。
それに、解散後5人揃うことはなかなかありませんが
様々なメンバーの組み合わせでステージに立ってくれていますから
それだけでも嬉しいです。

2013.03.16  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad