かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bとオリコンランキング

2013.04.07

category : C-C-Bと○○

こんばんは。

昨日から7月に渋谷で行われるAJのライブの先行予約が始まりました。
ちょうどその日はバイトがあって 無事に先行予約を取れるか不安だったんですが
僕のC-C-Bの師匠であるななみさんのお知り合いの方に協力して頂いて
無事に指定席のチケットを取ることが出来ました。
今朝確認したら立ち見は残っているみたいですけども指定席の方はもう売り切れていますね。
恐るべしAJ人気…。

どの席になるかは抽選ということで今から楽しみですね。
2月のAJの名古屋公演では英樹さんの前、 3月の米川さんのライブでは米川さんの前だったので
次は田口さんの前に行きたいなという思いもあります。
でも、どの席でも見にくい位置でなければ嬉しいですね。


さて、今回はC-C-Bとオリコンランキングをテーマにして記事を書きたいと思います。

今のCDのオリコンランキングというのは音楽の違法ダウンロードや
着うたやiTunesといった有料音楽配信によってCDが売れなくなっているのが現状です。
それにオリコンランキングにランクインされるのも
最近ではAKBグループやジャニーズといったアイドルの作品が多くなったという特徴もあります。
こういったオリコンランキングから見る
CDの売り上げの流れをテーマにしたレポートを春学期に書きましたが、
音楽好きな自分としてはとても楽しく書くことができました。

では、C-C-Bのシングル作品のオリコンにおけるランキングや
売り上げ枚数はどうなっているのか、まとめてみました。
ココナッツボーイズ時代のデータはないので、
「Romanticが止まらない」~ラストシングル「Love Is Magic」までのデータとなります。

作品名オリコン最高位
(年間ランキング)
売り上げ枚数
Romanticが止まらない2位(85年4位)51.7万枚
スクール・ガール8位(85年52位)21.0万枚
LuckyChanceをもう一度3位(85年50位)21.7万枚
空想Kiss3位(86年28位)25.7万枚
元気なブロークン・ハート2位(86年61位)17.3万枚
不自然な君が好き2位(86年80位)14.5万枚
ないものねだりのI Want You1位(87年65位)13.6万枚
2 Much,I Love U.2位(87年98位)10.4万枚
原色したいね3位9.3万枚
抱きしめたい6位8.2万枚
恋文(ラブレター)3位6.6万枚
信じていれば7位4.2万枚
Love Is Magic17位2.7万枚


このランキングで意外なのがC-C-Bで一番売れたシングルである
「Romanticが止まらない」が1位を獲得していないことですね。

「ベストテン」や「トップテン」では1位を獲得した 「Romantic」、「LuckyChance」、
「不自然な君が好き」はオリコンでは1位を獲得していないのに対して
両番組では1位を獲得していなかった「ないもねだり」が
オリコンにおいて1位を獲得しているというのは面白いですね。

オリコンランキングにおいては「ないものねだり」だけが
唯一の1位を獲得したシングル作品だったわけですね。

C-C-Bのスゴイ点でいうと、「Romantic」~「信じていれば」まで12作連続でトップテン入りしていることです。
この間約4年ですから、その間トップテンにチャートインする人気を
維持し続けるというのは並大抵のことではないと思います。
「Romantic」が爆発的に売れすぎた影響で世間からは一発屋扱いされているC-C-Bですが、
こういったランキングを見ると一発屋ではないということが分かります。


売り上げ枚数が作品を出す度に徐々に下がっている点においてですが、
この80年代後半はレコードからCDへ移行するという微妙な時期なんですよね。

82年にCD自体は登場していたそうですが、シングルCDというものはあまり存在していなくて、
90年代では主流となる8cmCDシングルというものは88年2月にようやく発売となったそうです。
ちなみにC-C-Bにおいて8cmCDシングルは「恋文」からだと思いますが、
それ以前のシングルとなる「Romantic」~「抱きしめたい」までの作品も88年6月に発売されました。
「Romantic」のB面の「I Say,I Love You(シングル版)」や
「原色したいね」のB面の「Love Is Light」が収録されてあるCDはそれぞれの8cmCDしかないので
「Romanticが止まらない」と「原色したいね」の8cmCDというのは貴重だと思います。

後に90年代に入って、CDの売り上げ枚数は急激に伸びることになり、
91年に発売された関口誠人さんのシングル「天河伝説殺人事件」は17万枚売り上げたのにも関わらず、
オリコンでは最高19位という結果になっているところなんかも
当時いかにCDが売れていたのかを物語っていますね。


そういった媒体の事情もあったりしますが、
関口さんが脱退して最初のシングルである「2 Much,I Love U.」を最後に
年間ランキングにランクインしなくなってしまったというのは悲しい事実ですね。
関口さんが脱退したということは大きかったのかな?
でもランキングには反映されませんでしたが、
4人になってからのC-C-Bも良い作品ばかりだと思うんですよね。
特に4人になってからの3枚のアルバムはファンからの人気も高いですし、作品のクオリティも高いと思います。
こういった作品をもっと一般の方たちに知って頂けたらなぁ~・・・。

コメント

遅れましたが、誕生日おめでとうございます。
ハタチかぁ〜いいなぁ〜沢山青春してくださいね〜

話変わってオリコンランキング良くまぁここまで調べましたね。
私も当時はオリコン買っては調べたりしたのですが、当時はオリコンが売っている店がちょっと離れたレコード屋さんにしかなかったもんですから、買うのに大変でした。
表紙の歌手によってすぐ売れちゃうのでw
Love Is Lightは大好きな曲の一つでして未だにSCDをオークションで探したりしていますが、中々出品がありませんね。
先日itunesでのリクエストをした次第です。
この曲が入ってないのはおかしいですよね

2013.04.08  がっち  編集

ありがとうございます!

ランキングの方はネットを通じて調べました。
調べてみるとちゃんとあるものですね。
ココナッツボーイズはさすがになかったですが(汗)

今ではネットで簡単にオリコンチャートを調べることができますが
当時は調べるのにも一苦労ですね。
でも、苦労した分当時のランキングは印象に残っているかもしれませんね。

「原色したいね」のCDはなかなかないですよね。
「I Say,I Love You」はまだ分かりますが
何故「Love Is Light」はアルバムのPlus版に収録されないのか気になってしまいます。
大きな理由もないと思うので、
ひょっとして作った人たちが単純に入れ忘れたのかななんて思ったりします(苦笑)

2013.04.09  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad