かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bとベスト盤 Part2

2013.05.11

category : C-C-Bと○○

こんばんは。

前回の記事でC-C-Bのベスト盤を取り上げましたが、今回はその続きです。
今回は1999年以降のC-C-Bのベスト盤となります。


31ZSYN2GBBL__AA168_.jpg
TREASURE COLLECTION(1999年6月30日)
オススメ度 ☆☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.愛の力コブ
15.冒険のススメ



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に加えて
何曲か追加されるといういつものベスト盤の感じですが
このベスト盤で追加された曲というのがリミックスではなく、アルバムのタイトル曲2曲です。
アルバム曲で尚且つその中でも有名な2曲がチョイスされているのはなかなか嬉しい選曲だと思います。
ちなみに個人的なことでいうと、まだ僕がC-C-Bの曲をシングル曲くらいしか持っていなかった頃に
アルバムタイトル曲の2曲のためだけにこのベスト盤を買おうかと本気で検討していました。
アルバムの曲がなかなか手に入らないC-C-Bだけにこのような考えを持ってしまったわけですが
さすがにこの2曲のためだけに3000円も出すのは厳しいものがありますね。


ompwDURN.jpg
テクノ歌謡DX「すてきなビート」(2000年5月25日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない(オモシロMIX)
2.急接近
3.スクール・ボーイ
4.Forever
5.二人のシーズン
6.I SAY,I LOVE YOU(アルバムミックス)
7.浮気なジル
8.メモリーなんていらない
9.Romanticが止まらない
10.すてきなビート(MEGA-MIX)
11.Romanticが止まらない(オリジナル・カラオケ)
12.スクール・ガール(オリジナル・カラオケ)
13.Lucky Chanceをもう一度(オリジナル・カラオケ)
14.空想Kiss(オリジナル・カラオケ)



こちらはベスト盤に入れていいものか迷いましたが一応入れておきました。
C-C-Bの3作目のアルバム「すてきなビート」の8曲に加えて
シングルやカラオケなど(9~14)が追加されたアルバムです。
追加された曲の選曲基準がよく分かりませんね。
そもそも何故シングル曲はカラオケバージョンでの収録なんでしょうね?
こちらを買うよりは「すてきなビート」のPlus版を買う方がオススメです。


0FN4WCA2.jpg
スーパー・バリュー(2001年12月19日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.Lucky Chanceをもう一度(LuckyMix)



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
「Lucky Chance」のリミックスバージョンが加えられたベスト盤です。
やっぱりシングル以外に追加されるのはリミックスなんですよね。


0jNoXIjO.jpg
GOLDEN☆BEST(2003年11月26日)
オススメ度 ☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文(ラブレター)
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.Rockin'Roll Baby
15.Private Lips
16.Lucky Chanceをもう一度(12インチ)
17.元気なブロークン・ハート(12インチ)
18.ないものねだりのI Want You(12インチ)
19.Romanticが止まらない(オリジナル・カラオケ)



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
笠さんと米川さんのそれぞれのソロシングル曲(14、15)
シングルのリミックスバージョン(16~18)、カラオケ(19)が加えられたベスト盤です。
このベスト盤の特徴は何と言っても笠さんと米川さんのソロ作品が収録されていることです。
もはやC-C-Bの曲ではなく、メンバーのソロ作品を収録されるのは一体どういうことなんでしょうね。
でもC-C-B解散後すぐに発売された二曲なのでそれほど違和感なく混ざっていて
おそらく初めて聴く人にとってはC-C-Bの曲としてすんなり受け入れられそうです。
ファンからしたらあれ?と思ってしまいますけどね(苦笑)


41B9BQG7X3L__SL500_AA300_.jpg
プライム・セレクション(2006年1月18日)
オススメ度 ☆☆☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.もっとハートフルに愛して
4.Lucky Chanceをもう一度
5.空想Kiss
6.アニメのようなA.B.C
7.元気なブロークン・ハート
8.不自然な君が好き
9.ないものねだりのI Want You
10.Happy Birthday and I Love You
11.2 Much, I Love U.
12.原色したいね
13.抱きしめたい
14.瞳少女
15.Candy



「抱きしめたい」までのC-C-Bのシングル曲に
アルバム曲とB面の曲(3、6、10)が加えられたベスト盤です。
珍しくシングルのリミックスではなくアルバム曲やシングルのB面の曲が加えられているわけですが
これもまたどうやって選曲したのかが気になりますね。
メチャクチャ人気が高い曲というわけではないですし、3なんてかなりマニアックな曲であると思いますしね。
ちなみに個人的なことでいうと、僕が一番最初に買ったC-C-BのCDはこのベスト盤です。
このベスト盤から入ったためにシングル曲と同じくらいこのベスト盤に収録されている
3、6、10の3曲は僕にとっては馴染み深い曲なんですよね。
C-C-Bの知識がまだまだ浅かったために
10のヴォーカルを取っているのが田口さんかと思ってしまったのが懐かしいです(笑)


41RWR0E8ZGL.jpg
歌が唄いたい!!ベストヒット&カラオケ C-C-B(2006年8月30日)
オススメ度 ☆☆

1. Romanticが止まらない
2. スクール・ガール
3. Lucky Chanceをもう一度
4. 空想Kiss
5. 元気なブロークン・ハート
6. ないものねだりのI want you
7. Romanticが止まらない(カラオケ)
8. スクール・ガール(カラオケ)
9. Lucky Chanceをもう一度(カラオケ)
10. 空想Kiss(カラオケ)
11. 元気なブロークン・ハート(カラオケ)
12. ないものねだりのI Want You(カラオケ)



「不自然な君が好き」を除いた「Romantic」~「ないものねだり」までのシングル6曲と
そのカラオケバージョンで構成されているベスト盤です。
この「歌が唄いたい!!」というシリーズはヒット曲6曲とそのカラオケ6曲で構成されているので、
C-C-Bのシングル曲も6曲に絞られてしまうのは分かりますが
「不自然な君が好き」が外されているというのは意外ですね。
このジャケットの写真は本当によく使われていますね。


41xKfYzxUEL__SL500_AA300_.jpg
エッセンシャル・ベスト(2007年8月22日)
オススメ度 ☆☆

1.Romanticが止まらない
2.スクール・ガール
3.Lucky Chanceをもう一度
4.空想Kiss
5.元気なブロークン・ハート
6.不自然な君が好き
7.ないものねだりのI Want You
8.2 Much, I Love U.
9.原色したいね
10.抱きしめたい
11.恋文
12.信じていれば
13.Love Is Magic
14.空想Kiss-2
15.Romanticが止まらない Remix Version



ココナッツボーイズ時代のシングルを除いたC-C-Bのシングル曲に
シングルの別バージョン(14)とリミックス(15)が加えられたベスト盤です。
お馴染みのシングルのリミックスは置いておいて、
このベスト盤でも一応アルバム曲となる14が加えられていますね。
どうせだったら、「スクール・ボーイ」も収録して関口さん祭りでも良かったですね(笑)
ちなみに15は2005年にシングルとして発売されたものだと思います。
そういえばこのリミックスは僕は一度も聴いたことがないですね。


このベスト盤を最後にC-C-Bのベスト盤の発売はしなくなってしまいましたね。
前回の記事にも書きましたが、もし次にベスト盤が発売されるのであれば
シングルコレクションではなく、B面コレクションやアルバムベストを発売して欲しいですね。

コメント

心の支えでした(たぶん今も)

はじめまして
米川さん参入時からのファンでした。
なんで~とみんなに聞かれましたが、初めて「カッコいい!!」と思った人だったので(汗
その後、センターで歌うとは思ってませんでした。
解散コンサートツアー2回行きましたが良い席過ぎて涙がとまりませんでした。
数年前、弟が私の部屋のCDを持ち出して「CCBはスゴイ」とみんながいる前で言い出した時すごく恥ずかしくて、後で呼び出して説教しました(笑)
実は今でも好きです。
ブログを見て、こんな若者がいるなんて!!と驚きました。
ここ数日閲覧オンリーでしたが、我慢できずカキコしてしまいました。
ラジオも聴いてましたよ。
雑誌もチェックしてました。
今思うと明星からパチパチまで登場してるバンドってあまりないような気がします。

2013.05.13  p-tan  編集

初めまして。

米川さんが加わった時からというと
C-C-Bのファンの方の中でもかなり早い時期からのファンですね!
だいたい「Romanticが止まらない」からハマッたというファンの方が多いので
早い時期から目をつけていたp-tanさんはスゴいですね。
後にヒットチャートにC-C-Bが何度も登場することになったのは驚いたことと思います。

C-C-Bは色物バンドや一発屋といったように間違った見方をされることが多いですが
弟さんにはC-C-Bがいかにスゴいバンドかというのは伝わっていたんですね。
僕としても嬉しくなるようなエピソードですね。

C-C-Bは様々な雑誌に登場していましたよね。
アイドルのような扱いもされていましたし、
純粋にロックバンドとしての扱いもされていたある意味特殊なバンドだったので
様々な雑誌に登場できたんでしょうね。

閲覧のみのところ、書き込みして頂いてとても嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

2013.05.14  かいしん  編集

wow wow wow 涙ロート♪

こんにちは
「瞳少女」は当時、秋元康&芹沢廣明という絶対ヒットするコンビでしたが、不発であれれ?という感じでした。
C-C‐Bがテレビに出るようになってから、秋元康氏本人が「笑っていいとも」かなにかで「悪いことしちゃった」と言っていたのを覚えています。

彼らはベストテン常連だったのにもかかわらず、ロマンティックの影響で一発屋イメージが強いのが残念。
明星か平凡で「もう一発屋なんて呼ばせない!」と見出しでファンとして憤りを感じてました・・・。

当時私はピアノを習っていましたが、バンドに興味を持ちお小遣いをためてアコギを買いました。
高校に入ってバンドブームが訪れたので、部活(室内学部で担当ピアノ&バイオリン)の後、バイト&2つのバンド練習(ベース&キーボード)という多忙な日々を送っていました。バンドは女の子バンドとXを愛する男子校バンドでした。「C-C-Bやろうよ」と言えず悶々と演奏してました(笑

米川さんがソロデビューした時、アルバムの特典にポスターがついていたので、パズル用の額縁に入れて飾ってました。
自分の部屋に戻ってポスターの米川さんに「方向性が違うんです」など愚痴っていましたよ。
彼らは歌謡曲~ハードロックまで色んな引き出しを持っていて、自分で演奏するようになってからますます偉大さがわかりました。

長くなっちゃいましたが、これからもよろしくです。

2013.05.14  p-tan  編集

こんばんは。

「瞳少女」はヒットメーカーによる作品に加えて、「涙ロート」のCMのタイアップですもんね。
曲は作曲者が芹沢さんだけにチェッカーズっぽいですが、爽やかでイイ曲だと思うんですが・・・。
やはりチェッカーズの二番煎じのようでインパクト不足だったんですかね?
秋元さんもそんなことを言っていたんですね。

「Romantic」はC-C-Bが世間に知られるようになった大切な曲ではありますが
あまりに売れすぎたためにこの曲のイメージが強くなってしまったのは皮肉なことですよね。

学生時代は音楽漬けの毎日だったようですね。
今僕らの世代でもバンドをしている人って多くいますが、
当時のバンドブームというのは体験してみたかったですね。
自分も中学の頃バンドをやってたりしたんですが
僕の学校では田舎ということもあってバンドをしている人はあまりいませんでしたね。
やっぱりバンドをやるからには自分の好きな音楽をやりたいですよね。
バンドメンバー全員の音楽性が一致することってなかなかないので
自分の意見が通らずに憤りを覚えるのは僕も経験しました。

2013.05.15  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad