かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

王様、はち王子様&渡辺英キング2013年6月ツアー 名古屋公演

2013.06.08

category : ライブレポ

こんばんは。

今月6日に久しぶりにライブに参戦しました。
3月の米川さんのライブ以来なので約3ヶ月ぶりですね。

今回は洋楽の曲を直訳して歌うという直訳ロックのミュージシャンである王様のライブです。
王様のライブなんですが、王様とともに英樹さんと
ファンキー末吉さん・・・ではなく、はち王子様も出演されるとのことなので今回のライブに参戦しました。

場所は名古屋ell SIZE。
今まで僕は名古屋ボトムラインしかライブを経験したことがないので
初めてボトムライン以外のライブとなりますね。
ちなみにこの名古屋ell SIZEで僕の大学の友達がライブする予定なんです。
自分と近い人が英樹さんたちが演奏したステージで
ライブすることになるというのは何とも不思議な感じがしますね。

今回もライブレポを書きました。
MCが面白かったので今回はMC多めでレポを書いてみました。

今回もネタバレを防ぐために「続きはこちら」から読んで下さい。


王様御一行が出演したラジオを家で聞いてから急いでell SIZEに向かったんですが
あまり時間がかからずにell SIZEの最寄り駅まで着きましたね。
ell SIZEもボトムラインも高校時代に片道40分の自転車通学をしていた身としては
自転車でも十分に行ける範囲なんですが、
今回はある事情のためにいつものように地下鉄で行く形となりました。

ell SIZEの最寄り駅から出て最初違う所へ行ってしまって、
近くの人に場所を聞いて、ようやくell SIZEに辿り着きました。
やっぱり聞くことって大事ですね(汗)
こちらが会場のell SIZEです。

1370510885889_convert_20130607005344.jpg

今回も僕のC-C-Bの師匠であるななみさんと合流する形で会場前に並んでいました。
僕のすぐ後ろにTwitterでフォローして頂いているゆっこさんがいらっしゃってお声をかけて頂きました。
Twitterで交流のある方と実際にお会いできるのは嬉しいですね。
そういえば会場前で並んでいるときに王様とはち王子様が中から出てきてビックリしました。


開場の時間になり中に入ってからは開演の時間までななみさんやゆっこさんとお話していました。
20歳になったのでお酒も解禁となり、今回の1ドリンクはチューハイにしました。
実はお酒を飲むために今回は地下鉄で来てみました。
でもアルコールの種類があまり少なくて残念。
ちなみに今回も前から2列目の良い席で見ることが出来ました。


開演の時間となり、ライブが始まったんですが、
この王様のツアーでは、王様たちが登場する前に
オープニングアクトとして小畑秀光さんのひとりメタルがあるんですね。
30分ほどの出番の中で3曲演奏していました。
小畑さんは爆風トリビュートで「人間はなぜ」を歌っていて、
それにTwitterでもTLによく名前が出てくるので存在は知っていたんですけども、
お姿やどういったジャンルの曲を歌っているのかはそこで初めて知りました。

小畑さんのスゴイところは僕のように小畑さんを知らない人でも、
笑えて楽しめるようなステージを作っているところですね。
合間合間のトークが面白くて演奏もただカッコ良いだけでなく、
笑いの要素も入っていたりして、この30分のステージで一気に小畑さんに興味を持ってしまいました。

最後の一曲は爆風トリビュートに収録されてある「人間はなぜ」を歌っていました。
爆風スランプが好きな自分としてはこの曲は当然知っている曲なのでメチャクチャ乗れましたね。
お客さんと一緒に「気持ちいいから~!」と叫ばせてもらいました(笑)

小畑さんのステージが終わった後はBAD KEYというバンドが30分ほど演奏しました。
このバンドも初めて見ましたが、カッコ良かったですね。
小畑さんは30分で3曲だけでしたが、こちらのバンドはMC少なめで6、7曲演奏していましたね。
小畑さんはトークの影響もあって会場を温かい空気にしていましたが
その小畑さんと比べてしまうとこのバンドはクールに感じてしまいました。


オープニングアクトも終わり10分ほど間が開いた時に物販の方に行きました。
今回英樹さんがデザインしたタオルがあり、それを買いたいと思っていたんですが、
事前情報では各会場に発売されている枚数が少なくて
この名古屋でも3枚しか置いていないとのことだったので急いでゲットしました。
それと欲しかったTHE GATESのミュージックカードも売っていたのでそれもゲットしました。

1370699696783_convert_20130608225803.jpg

実はタオルは僕が最後の一枚だったんですが、
その後にもどうやら追加で何枚か発売されたみたいです。


そしていよいよ王様とはち王子様と英樹さんが登場しました!
登場してすぐに自由に撮影していいという写真タイムがありました。
そんなことを知らなかった自分はななみさんに教えてもらって初めて知りましたね。
ここぞとばかりにバシャバシャ撮りまくりました!

1370517510233_convert_20130607005403.jpg

写真タイムが終わり、それぞれの楽器のスタンバイが完了し、
一曲目の「Kill The King(Rainbow)」を演奏します。
一曲目に相応しいカッコイイ曲でしたね。


MCタイム。
王様「ありがとうございます!洋楽ロックを演奏して・・・」
英樹さん「ロック?!」
これは事前に勉強して知っていたんですけども、
王様はライブ中外来語を使用してはいけないというルールなんですよね(笑)
いきなり出だしから王様ルールを破って、英樹さんに突っ込まれていました。
出だしからこんな感じなのでこのライブ中ずっと外来語を使用する度に周りから突っ込まれていました。

はち王子様は今回先ほど演奏していたBAD KEYのドラムを借りたみたいですけども、
はち王子様「はち王子様としてドラムを叩いて、初めてツーバスなのだ。
     初めてこんなにシンバルがあるのだ」
と、ステキなドラムに満足している様子。
ただ、何枚かあるシンバルのうちの一枚がはち王子様の顔の正面のところにあり
はち王子様「こんなところにシンバルがあったら顔が見れないだろ!」
なんてことも言っていました(笑)

英樹さんを紹介する時には・・・
王様「電気4弦・・・三味線(!?)・・・ヒデキワタナベ!」
英樹さん「お久しぶりです。今日も楽しんでいきましょう!」
王様「カッコイイ~」
はち王子様「家来だから王様とは骨格が違うのだ」
王様「しかし、今回のツアーで何か企んでいるらしいですからね」
英樹さん「散々見られましたよ!この小屋に入るときに!」
はち王子様「下克上で途中で王様になるなんて誰も思っていないですよ」
と、あっさりとネタバレしていました。
まぁ散々いろんなところで触れられていますもんね。


「家来に歌ってもらう」と言って、始まった曲がC-C-Bファンには嬉しいあの曲、
「We're an American Band(Grand Funk)」
C-C-B当時にもライブやTV番組でも演奏されていたんですよね。
この曲が聴けたのは嬉しかったなぁ。
英樹さんがヴォーカルをとっているというのも嬉しいですね。
実は僕にとってこの曲が今回のライブで一番興奮しました。
もうイントロのあのドラムだけで鳥肌ものでした。


MCタイム。
王様「今日はものすごい物販祭りです!はち王子様は・・・本!」
はち王子様「はち王子様のグッズはない。あれはファンキー末吉のグッズじゃ。
     アイツは物販のことしか考えておらん」
と、ここからラジオでも話していた、
ツアーに行くのに肝心の楽器を積むのを忘れた末吉さんが自ら楽器屋に足を運び、
自分のモデルのスティックを買ったというお話をしていました。
更にそれをその日ホテルに忘れてしまったりしたそうです。
無事に取りに戻れたそうですが、スティックの1本がこの時点で折れかけていました。
スティックは二組買ったようですが、
このままいくとスティックが無くなくなってもしかしたら叩けなくなる可能性も・・・。
そんなピンチを救ったのが一番前の席にいたお客さん!
末吉さんモデルのスティックをそこでプレゼントしていました。


次に演奏された曲は王様の新しいアルバムに収録されてある
「Paranoid(Black Sabbath)」でした。


MCタイム。
はち王子様「今日売っている(王様の)CDは全部本人の許可を取っているのか?」
王様「全て・・・許可を・・・取っていますよ~。
  しかし、二つ返事でお断りした人がいますよ。エリツククラプトン」
英樹さん「何でちっちゃい『ツ』を大きく言うのじゃ!(笑)」
王様「心の広そうな人なのにな~」


続いて演奏されたのがそのエリツククラプトン(笑)の曲である
「Sunshine Of Your Love(Cream)」でした。
この曲の後、はち王子様のドラムソロがあり、
この間に王様と英樹さんはひっそりとステージから一時退場していました。
ドラムソロが終わると、王様と
新しい衣装に着替えて王族の仲間入りとなった英樹さんこと英キングが登場しました。
王様「昇格しました英キング~!」
英キング「首が苦しいし、タイツが熱い~!」


次の曲は英キングがヴォーカルの
「Every Breath You Take(The Police)」でした。
この曲は立って弾くのが難しいということで王様はイスに座ってギターを弾いていました。
初めて聴く曲でしたが、英樹さんがヴォーカルだったからか好きになりましたね。
アップテンポの曲が続いていたので、この曲でクールダウンといった感じですね。


MCタイム。
シリアスな曲が終わった後でもMCは相変わらず楽しい雰囲気です。
ここのMCは短めでしたね。


次の曲は「you really got me(Van Halen)」でした。
王様の右手奏法(笑)を披露していました。


MCタイム。
はち王子様「最近の若いギタリストはエフェクターに頼りすぎ。
     王様(のエフェクター)はこれだけである」
と、王様がエフェクターを見せていました。
どうやらエフェクターは実質一つしか使っていないみたいですね。

トーキングモジュレーターというエフェクターを使わないと再現できない音を
オーバードライブというエフェクター1つで再現するという
王様にしかできないテクニックを披露するとのことで次の曲に入りました。


次の曲は「Superstition(Jeff Beck)」でした。
王様はイントロ部分を頑張って再現されていましたが、
原曲を聴いたことがないのでスゴイのかスゴくないのか分からなかったです(苦笑)


MCタイム。
英キング、王族の衣装がものすごく熱いということで
英キング「できれば私、家来のままの方がいいかもしれません」
王様「何を弱気なことを!」
ここで英キングの物販紹介がありました。
タオルの他にTHE GATESのミュージックカードも売っているなんていう話をしていたら
はち王子様「まだまだじゃのう。ファンキー末吉は自分の本を朗読してCDを売っておる!
     ファンキー末吉が耳元で5時間語ってくれる!」
英キング「わぁ~!(笑)」
はち王子様「他には爆風トリビュートも売っておる。C-C-Bも4人揃っているぞ」
英キング「後は米川をこちら(王様御一行)に!」
はち王子様「次のこのツアーはギタリストが米川に代わっておる」
米川さんの名前が出てC-C-Bファンはニヤリとしてしまいました。
もちろん、はち王子様のギタリストが米川さんになるというのは冗談です。
でも以前英樹さんと米川さんと末吉さんの3人で米末渡なんてバンドをやっていましたね。


次の曲は「Immigrant Song(Led Zeppelin)」でした。


MCタイム。
王様「王様といえば深紫・・・ディープパープル先輩なのでございます!
  今から17年前、先輩たちの曲を続け歌にしたものが30万枚のヒットとなりました」
英キング「ヒット?!」
王様「・・・安打」
英キング「野球かい!」
王様「おかげで、『笑っていいとも』にも出ました、『HEYHEYHEY』にも出ました、
  そしてNHK『ポップジャム』!とどめは『徹子の部屋』!」
こんなに有名番組に出ているなんて、単純にスゴイ!と思ったら、
王様の隣にいる英樹さんも「ポップジャム」以外は出演したことがあるんですよね。
ひょっとしたら僕が知らないだけで「ポップジャム」にも出演しているかもしれませんし。
そう考えたら末吉さんも有名番組に数多く出演したことがありますからスゴイメンバーなんですよね。


次の曲は「Burn(Deep Purple)」でした。
実はここまでのセットリストの中で僕は「We're an American Band」しか聴いたことがなかったんですが
ようやくここで聴いたことのある曲が登場しました。
やっぱり知っている曲というのは嬉しいですね。
最後の曲ということで演奏されたのが「Highway Star(Deep Purple)」でした。
曲に入る前に王様から「呼び戻し(アンコール)があるよ」と何度も言っていました(笑)


曲が終わって王様たち3人はステージ外に退場するのでなく、
みんなステージの上でそのまましゃがみこんで、アンコールを待っていました(笑)


そしてアンコールがあって、3人が同時にとてもゆっくりしたスピードで立って
せりを使って上がっているのを再現していました。
これは僕のブログとリンクさせて頂いている、るるこさんのライブレポで知っていましたが、
実際に見ると可愛かったです(笑)
王様「まさか呼び戻しがあるなんて・・・」
英キング「散々言ってたじゃん!」
アンコールで演奏されたのは超有名な曲である
「Smoke on the Water(Deep Purple)」
これは誰もが知っている洋楽の一曲ですよね。
この曲は王様と英樹さんがそれぞれヴォーカルをとったり、
英樹さんが英語の詞を、王様が日本語の詞を同時に歌ったりしていました。
これが二ヶ国語バージョンか~!


最後にもう一度写真タイム!
ここでも僕はバシャバシャ撮りまくりましたね~。

1370523315733_convert_20130607005423.jpg


写真タイムが終わると、続いて物販タイムへ。
英樹さんや王様や末吉さんが実際に物販を売っていたんですけども、
もう既に僕は買ってしまったので購入したミュージックカードを持って
英樹さんに「サインしてくれますか?」と言うと、
「はい!サインしますよ!」と快くOKを貰ってサインして頂きました。
その時に「この前のライブのものですよ~」と言って下さいました。

すぐに帰るのも寂しいので英樹さんや王様や末吉さんの姿を見ていました。
小畑さんも物販にいたんですが、物販でも面白いことを言っていて笑わせてもらいました。

物販タイムが終わった時に王様が「一緒に写真撮りますよ~」と言っていて
写真撮りたいな~と思ったんですけども恥ずかしくて動けずにいたら
ゆっこさんに誘って頂いて英樹さんや王様、末吉さんと一緒に写真を撮ることができました!
サインや握手して貰ったりしたことはあるものの
一緒に写真を撮るのは初めてだったので嬉しかったです。
これはお宝ものですね!


今回のライブは洋楽を歌う王様のライブということで
洋楽に疎い自分としては楽しめるかなという思いがありました。
以前にも王様ツアーで名古屋に来ていた時、
洋楽はちょっと・・・という思いもあり、その時は参加を見送りました。
でも王様のライブは楽しいというお話をお聞きしたので今回参加することにしてみました。

参加してみて他の方が言うようにとても楽しいライブでした!
演奏もカッコイイですし何よりもMCが面白い!
以前のツアーに参加したかったと今更ながら後悔しました。
それに今回のライブで王様の曲をもっと聴きたくなりましたし、小畑秀光さんにも興味が出てきました。
今回の参加はそもそも英樹さん目当てなところもありましたが
他のアーティストさんにも興味を持つことが出来た場でした。
また機会があれば王様のツアーに参加したいです。


最後にセットリストを載せますね。
洋楽には疎いので、合っているのか自信がないですけども・・(汗)

Kill The King(Rainbow)
We're an American Band(Grand Funk)
Paranoid(Black Sabbath)
Sunshine Of Your Love(Cream)
Every Breath You Take(The Police)
you really got me(Van Halen)
Superstition(Jeff Beck)
Immigrant Song(Led Zeppelin)
Burn(Deep Purple)
Highway Star(Deep Purple)

(アンコール)
Smoke on the Water(Deep Purple)



コメント

かいしんさん、こんばんは♪

王様のライブ、楽しかったのですね!
実は私も15日の大阪に行く予定なのですが、洋楽はあまり詳しくないので、セトリを参考にさせていただきました。
YouTubeで調べたところ、聞いたことがある曲がほとんどだったので、安心して楽しめそうです。

今回も楽しいレポート、どうもありがとうございました!

2013.06.09  さち  編集

こんばんは。
コメントありがとうございます!

王様のライブ、楽しかったですよ~。
演奏はもちろんのこと、MCが面白いです。
MC中は常に笑いが絶えないような時間でしたね。
今回のセトリ、知っている曲がほとんどだったのなら、より一層楽しめそうですね。
英樹さんのヴォーカルもカッコイイので、お楽しみに!

どういたしまして!
さちさんもライブ、楽しんでくださいね!

2013.06.10  かいしん  編集

11月のチキンジョージ

初めまして!JSの頃からC-C-Bをこよなく愛するアラフォーです!
まだ参加許可下りてないのですが、出来れば神戸参戦したく思っておりますが曲目が全く不明でググってこちらのサイトに参りました。
王様だけあって洋楽メイン?のようですが、特におさらいは必要なくても大丈夫でしょうか?

2013.10.23  あおだまあや  編集

初めまして。
コメントありがとうございます。

王様ライブですけどもおそらく演奏されるのは洋楽の曲のみになると思います。

自分も洋楽に関してはあまり詳しくないんですけどもライブは楽しめましたし、
中には知っている曲も何曲かありましたので
予習をしなくても大丈夫だと思います。
でも、Youtubeなどで予め曲を聴いておくのも良いかもしれませんね。
だいたいこのライブレポに載せてある曲を中心に演奏されると思うので・・・。

まだ参加されるか分からないとのことですが、
行くことができることを祈っています。
もし行くことができれば思い切り楽しんでくださいね!

2013.10.23  かいしん  編集

神戸チキンジョージ行ってまいりました!

こんばんわ!
先日コメントさせていただいたあおだまあやです!
本当に参考になりました!ありがとうございます!
まさか本当に写真タイムがあるとは思わなかったのですが、持っていって大正解!
あとC-C-Bの「走れバンドマン」のCDを持っていきダメもとで英樹さんにサインお願いしたら快くしていただき、ツーショットも頂きました!(勢いで物販3万ほどイッキに買いましたがw)なんと最後打上までご一緒させていただき至福の刻でした!
これからもC-C-B推しでガンガン行きます!

2013.12.07  あおだまあや  編集

コメントありがとうございます。

お役に立てたようで良かったです。
写真タイムは毎回恒例のイベント?で、
ファンとしては心置きなく写真を撮れるのでありがたいですよね。
僕は毎回上手く撮ることができないのですが・・・(苦笑)

英樹さんはサインとか握手とか快くして頂けますよね。
自分も物販で何も買わなかったのに、
図々しくもツーショットをお願いしたら快く応じてくれました!
本当に優しい方です。

これからもC-C-Bを応援して下さいね!

2013.12.08  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad