かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

東京ブラリ旅と三喜屋さん訪問

2013.08.07

category : その他

こんにちは。

今月2日にTHE GATESのライブを見に新宿まで行ってきました。
そこでネットカフェで一泊してから、翌日の3日は東京をブラブラしてきました。
今回はその日のことを記事にします。


6月、7月とライブで東京に行ったものの大学があり、すぐに帰る必要があったので
東京を散策したりすることはありませんでした。
夏休みに入ったこともあり、思い切って一泊して東京を散策することにしました。
当初の予定ではこの東京散策は9月にする予定だったんですが
急遽とある理由のため予定を変更して、この日に東京を散策することにしました。
その変更の理由は後ほど触れますね。


ネットカフェに泊まったのはいいものの7時間パックでネットカフェに入ったため、
朝6時半にネットカフェを出る形になりました。
こんな朝早くに店なんかあまりやっていなくて、ひたすら新宿の街を歩き回っていました。
10時くらいになるまでカラオケにでも行こうかなと近くのカラオケ店を探しますが
どこも営業していなくて、いきなりお手上げ状態でした。
仕方なくマクドナルドで時間を潰して、ようやく9時・・・。


新宿から出て、別の所に行こうと思い、先月も行った渋谷に向かいました。
渋谷では見てみたい場所があるので行ってみました。

まず向かった場所はこちら。

DSC_0050_convert_20130806224818.jpg

渋谷のエッグマンです!

ライブハウスなんですけどもC-C-Bファンの僕としては、
ココナッツボーイズの時に何度もライブを行った会場としてお馴染みの場所です。
よく名前を聞くライブハウスだったので、ここで30年前にココナッツボーイズが
よくライブを行っていたのか~と思いながら見ていました。
そういえば米川さんが初めてココナッツボーイズのライブを見たのがこのエッグマンだったとか。

続いて訪れたのがこちら。

DSC_0051_convert_20130806224834.jpg

渋谷公会堂です!

売れない時代を送ってきたC-C-Bが「Romaticが止まらない」で売れて
人気バンドの仲間入りをして初めてホールコンサートを行った記念すべき場所です。
人気がドンドン出てきて波に乗っている
この当時のC-C-Bのライブを見れた方が羨ましいですね。
このライブの翌年には5daysのライブも行いました。
エッグマンと渋谷公会堂って意外と近いんですね!
訪れてみて初めて分かりました。
こういうのは実際に行ってみないと分からないですよね。


C-C-Bがライブを行ってきた場所を巡っちゃいましたが、
ここで一旦中断して、この日のメインイベントでもあり、
東京散策をこの日に急遽変更した理由でもある場所へ向かうために根津へ。

DSC_0053_convert_20130806224854.jpg

そうです、三喜屋さんです!

以前の英丸のライブにて英樹さんが三喜屋さんが閉店すると言う話をしていたのを聞き、
C-C-Bファンとしては一度は行っておきたい場所なので散々悩んで急遽この日に予定を変更しました。
しかも、ちょうどこの日が閉店の日。
本当にギリギリセーフでした。

三喜屋さんに着いたはいいものの、お米屋さんに一人で入ったことなんてないですし、
自分自身かなりの人見知りなので入るのに緊張しましたが、せっかく来たんだから!と思って
勇気を出して入ってみました。

お店に入ると、英樹さんのお母さんがいらっしゃって温かく迎えていただきました。
「C-C-Bファンの大学生です」ということを伝えてから色々とお話をさせて頂きました。
本当に優しくて素敵な方でした。

残念ながらおにぎりやカレーは前日に終了となってしまったためお米を購入しました。
買ったお米はまだ炊いていないのですが食べるのが楽しみ~。
おまけで三喜屋さんのカレンダーも付けて頂きました。

DSC_0056_convert_20130806225009.jpg

最後にお母様から、
「これからも(英樹さんを)よろしくお願いします」という言葉を頂いて
温かい気持ちになったまま、三喜屋さんを後にしました。


その後は根津をブラブラ散歩しました。
本当に落ち着いたところで良いところですね。
どことなく地元と似たような雰囲気もあり懐かしい気分にもなりました。

有名な根津神社にも寄りました。

DSC_0058_convert_20130806225024.jpg


コンビニで買ったおにぎりを頂いて、根津駅から別の駅に向かおうとしたところで
偶然にも前日のGATESのライブにいらっしゃった方たちにお会いしてビックリしました。
その方たちも三喜屋さんに行くつもりだったようです。
少しお話をさせて頂いた後、電車に乗って別の駅へ。
訪れたのはこちら。

DSC_0060_convert_20130806225045.jpg

かなり分かりづらいですけども日比谷野外音楽堂です。
残念ながらライブの準備をしていたのか
中には入ることが出来ず遠くから写真を撮りました。

日比谷野外音楽堂もC-C-Bは85年にライブをしていて、
85年のC-C-Bのライブにおいては渋谷公会堂に続く一大イベントだったように思います。
そのときのライブはあいにくのどしゃ降りの雨。
そんな雨にも関わらず、お客さんはビッシリ。
C-C-Bも雨でも来てくれたお客さんのために最高のライブを作り上げたそうです。


この次にC-C-Bがライブを行った場所としてよみうりランドEASTに行こうかなと思いましたが、
もうEASTって閉鎖されたんですよね。
それに朝からほとんど歩き続けていたため、
ここでC-C-Bのライブ会場巡りは中止にして、日比谷公園にある図書館で一休みしました。


もう疲れたのですぐにでも名古屋に帰りたかったのですが
名古屋へのバスは23時のチケットで取ってしまったので、
その時間までとにかく暇を潰すしかなく、
それにお金もこの時点でかなり使っているのでお金もそこまで使えるわけではなく
ここから苦痛の時間が始まりました。

適当に古本屋をブラブラして、C-C-Bの本とかCDとか探してみましたがなかなか見つからなくて、
あまりにやることがないので仕方なくカラオケに行ってC-C-Bの曲を歌ったりしました。

結局その後ひたすらあてもなく歩き続けて、
ようやくバスの時間になり、名古屋に帰ったわけですけども
名古屋に着いた時には足が筋肉痛になっちゃいましたね(汗)


初めて一人で東京をブラブラしてみたわけですが、時間を多めに取りすぎちゃいましたね。
後半は疲れもあって、だんだんと楽しくなくなってきました。
でも最後の最後の日に三喜屋さんに行くことができたのは大きかったです。
C-C-Bにハマッた時からいつかは行ってみたいと思った場所だったので。
この三喜屋さんを訪問できたことだけでも東京で一泊した価値はありました。


名古屋に着いたのが4日の朝。
実はこの日、名古屋で三野姫のライブ。
名古屋でのC-C-Bメンバーのライブは基本的に参加しているので、
この日のライブも行ってきました。
その日のライブレポもまた書きたいと思います。

コメント

三喜屋訪問

かいしんさん

ず~っと昔からブログ拝見しています。
三喜屋さん最終日に行かれたのですね!実は私も行ったんです。
おにぎり残念でしたよね…。食べたかったな。
入口で子どもと「おにぎり売ってないね~」って話していたらお母様が出て来てくれました。
普通に世間話をして特にCCBや英樹さんのことは話さなかったのに、
帰り際に「これからも応援してあげてくださいね」と言われて、あ、やっぱりファンだとバレていたかと…。
タオルとカレンダーいただきました。宝物です。

これからもお互いCCBを応援していきましょうね!

2013.08.09  ぎりえ  編集

初めまして。
コメントありがとうございます。

できればおにぎりやカレーの最終日に行きたかったんですが、
スケジュールが合わなくて、閉店の日になってしまいました。
いろんなC-C-Bファンの方たちから「美味しい」と評判だったので、
一度は食べてみたいと思っていただけに食べることが出来なかったのは残念でしたね。

お母様もやはり長いことお仕事をしているだけあってどんな方がファンなのか
見分けることができるのかもしれませんね(笑)
お母様は本当に温かくて素敵な方ですよね。
おぉ、タオルも頂いたんですね!僕はカレンダーだけだったので羨ましいです。

そうですね、これからもC-C-Bを応援していきましょう!

2013.08.09  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad