かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bとの出会い

2013.08.20

category : C-C-B

こんにちは。

一昨日から三重県にある実家に帰っています。
今年のゴールデンウィークにはバイトを入れていたこともあり
春休みぶりに実家に帰ることになりました。

名古屋での暮らしが長くなるにつれて、
親のありがたみを感じることも多くなってきたので実家に帰れるというのは嬉しいですね。

久しぶりの実家はとても落ち着きますし、家族のみんなも優しく迎えてくれたりしたので
その優しさにちょっぴり甘えつつ(笑)、快適でゆっくりとした生活を送っています。

しかしバイトの方もなかなか長期のお休みも取れないので
明日には名古屋に帰らないといけません。
たっぷりリラックスさせてもらったので名古屋でまた頑張らないと!


今年からC-C-Bメンバーのライブに行き始めてから
直接C-C-Bファンの方たちとお話しする機会が増えました。
昔好きだったけども最近再び好きになったという方も多くて、
その再びハマるきっかけになったのが意外と些細なことだったりして
興味深く聞かせて頂いております。

自分はC-C-Bをリアルタイムで体験できなかった世代ということもあり
さらにC-C-Bを好きになったのは親の影響でもないので
何故C-C-Bにハマッたのか聞かれることが多いです。

その度に僕は毎回簡単にしかお答えできていないので、
改めてC-C-Bとの出会いを書こうかなと思います。

C-C-Bとの出会いPart1
C-C-Bとの出会いPart2

↑の記事は中学2年生の頃にC-C-Bとの出会いについて書いたものなんですが
この時の記事は見にくいですし、文章も今よりも雑なので改めて書いていこうと思います。


1993年(0歳)
自分が生まれた年です。
C-C-B関連でいうと特に大きな動きはなかった年ですね。
強いて言うとしたらC-C-Bデビュー10周年の年だということくらいでしょうか?


1998年~2001年(5~8歳)
今ではすっかりTVを見ることが少なくなってしまったわけですが
この時期はゴールデンタイムは家族みんなでTVを見ていましたね。
まだネットも家ではできなかったですし、ネットを扱えることもできなかったので
夜はTVを見ることくらいしかできなかったんですよね。
なのでこの時期のゴールデンタイムの番組はよく見ていた記憶があります。
面白い番組が多かったのは思い出補正がかかっているからかな?

よく見ていた番組の一つに「速報!歌の大辞テン」という番組があり、
この番組は過去のヒット曲と今週のヒット曲を交互に紹介する番組だったので
僕が昔の曲が大好きになってしまったのも
ひょっとしたらこの番組から影響を受けているからなのかも・・・。

この番組でC-C-Bの曲もよく流れていたそうなので意識はしていなかったと思いますが、
この時期からC-C-Bの曲を聴いていることになりますね。


2003年(10歳)
この年、「あの人は今」という番組でC-C-Bが取り上げられていて、
その当時の英樹さんはPTA会長をしていると紹介されていました。

anohito.png

何故かこの金髪の男の人がPTA会長をしているという映像が強く印象に残っていました。
C-C-Bというバンドすら知らなかったのに何でなんでしょうね?
ミュージシャンの人がPTAの会長をしていることが衝撃的だったのかな。


2004年(11歳)
世間ではC-C-Bブームが起こり始め、
この年にはヨネタワタルのライブや笠さんと関口さんでライブが行われたりして
C-C-Bメンバーも積極的に動き始めた時期だったりしますが
当時の自分はそんなことを知るわけもなく「キン肉マン」に夢中でした。

この年の年末に「ザ・ベストテン2004」という特番が放送されて
どういうきっかけでこの番組を知ったのか知りませんが
ビデオに録画しながら一人で見ていました。

bestten2004.png

笠さん、英樹さん、関口さんの3人でC-C-Bとして出演されていましたが、
運が悪いことにC-C-Bが登場する直前でビデオが切れてしまい
さらにかなり遅い時間にC-C-Bが登場していたため
眠い目をこすりながらウトウトして見ていました。

この時期にはC-C-Bというバンド名までは知りませんでしたが
「Romanticが止まらない」という曲は既に知っていましたね。
しかし音楽番組などで当時の映像が流れる度にドラムを叩きながら歌っている笠さんを見て
「何だこのバンドは!一番疲れるドラムにばかり歌わせて後の人は楽しているじゃないか!」
とちょっぴり批判的な目で見ていた記憶があります(苦笑)
まだ小学生で音楽的なこともよく分からなかったとはいえ
今思うとそういう目で見ていたのは恥ずかしいですね。


2005年(12歳)
この年ドラマで「電車男」が放送されました。
メディアで注目されていたこともあり、さらに自分自身オタク寄りな部分もあったので、
見てみようと思って、見始めたら見事にハマってしまいました。
このドラマの挿入歌として「Romanticが止まらない」が使われていて
その使われ方も毎回良いところで使われていたこともあり
この曲が流れるとテンションが上がっていました。


2006年春(13歳)
「TVチャンピオン」でギターの弾き語り選手権で関口さんが出演していたんですが、
その番組をたまたま家族で見ていました。

tvcp.png

関口さんが登場するなり、一緒に見ていた父が
「えっ、変わったなぁ~」と言っていたところだけ妙に覚えています。
父は関口さんについて詳しいわけでもないんですけども
おそらく登場の際に映っていたC-C-B当時の写真と比べてそういう発言をしたんだと思います。
そんな自分は別に意識もせずに関口さんを見ていました。


2006年秋(13歳)
だいたいこの時期から昔の曲を本格的によく聴くようになり
「青春歌年鑑」というオムニバスCDをレンタルで借りていました。

41MTvUeJaYL.jpg

50年代~90年代の各年のヒット曲を集めたCDなんですけども、
こちらのCDを80年から順に借りていきました。
当時自分パソコンのCDドライブが壊れていて、
CDから音楽を取り込むことができず、仕方なくMDにダビングしていましたね。
しかしお金もあまりない僕はMDを何枚も買うわけにはいかないので
聴いてみて気に入った曲しかMDに入れませんでした。

この年の10月にレンタルした85年のCDには「Romanticが止まらない」が収録されていて
「電車男」効果もあり、迷わずMDに入れて、
それからこの年のヒット曲とともに毎日のように聴いていましたね。

翌月にレンタルした86年のCDには「空想Kiss」、
87年のCDには「ないものねだりのI Want You」と「原色したいね」が収録されていました。
MDに入れる基準は聴いたことのある曲や
単純にメロディーやフレーズが気に入ったものだったりしたんですが、
「空想Kiss」は「失恋じゃないやいや~い♪」、
「ないものねだり」は「後ろの正面だ・あ・れ♪」というフレーズに惹かれてMDに入れましたね。
「原色したいね」はそのときの自分にはピンとこなかったのかスルーしちゃいましたね。
でも「空想Kiss」や「ないものねだり」を聴いて何となく面白い曲を歌うなと思ったのが正直な感想でした。


2006年冬(13歳)
MDに入れたC-C-Bの曲を聴いていて
実際に歌っている姿を見たいと思うようになり、YoutubeでC-C-Bと検索しました。
C-C-Bの動画はその時たくさんあって一番最初に見たのが
関口さんがC-C-Bとして最後のTV出演をした「夜のヒットスタジオ」の映像でした。
その映像で歌われたのが「スクール・ガール~空想Kiss~Romantic」のメドレーでした。

yoruhit0.png

「スクール・ガール」はドラムの笠さんがヴォーカルということで
ドラムの人ばかり歌っていて、大変そうだなぁと思いながら見ていて
「空想Kiss」に切り替わった瞬間、ベースの人が歌い出したことに衝撃を受けました。

yoruhit1.png

C-C-Bはドラムの人だけが歌っているバンドという認識だったので
これにはもうビックリしてしまいましたね。
他のC-C-Bの動画も見てみると、ベースの人以外の人も歌っていて
C-C-Bってみんながヴォーカルをとれるバンドなんだと知りました。

それからもうすっかりC-C-Bの虜になってしまい、
この曲はこの人が歌っているのか、じゃあこの曲はどうだろう?と
次々とC-C-Bの動画を見ていって、すっかりC-C-Bにハマッてしまいました。

それまで、一つのバンドにはヴォーカルは一人だけと思っていたので
みんながヴォーカルをとるバンドというのはその時の自分にとっては衝撃的でした。
演奏している姿もカッコ良くて、さらに幅広いジャンルの曲もあったりと
C-C-Bにますますのめり込んでいきました。


2007年(14歳)~
ハマったらとことんハマってしまう性格の自分なのでそれからはCDを購入したり、
このブログを始めたり、DVDBOXを購入したりして、今に至るわけです。


こういう形で僕はハマったわけですが、
元を辿っていくと「電車男」による影響が大きかったのかな?

コメント

楽しませてもらっちゃってます☆彡

こちらでは、初めまして。。。ですよね~(笑)
お会いするずいぶん前から、こちらの覗き見しちゃっておりましたぁi-229
ずいぶん詳しい人がいるなぁ。。。ってねi-80

かいしん君がCCBに興味を持ちだしたと同じ歳の頃がねちょうど
私がCCBを知って、好きになった歳なんですよ♪

好きになった当初は小学生☆ライヴにも行けず。。。
やっと中学生の時メイクラブに入って、もぅ会報が楽しみで。。。♪
たった一度だけ行けたライヴがずっと思い出に。。。e-291

だからね、かいしん君が今ライヴに行ける様になって
ホントに楽しんでるのがね、とっても嬉しく。。。♪

私がライヴにやっと行ける様になった頃にはCCBは解散しちゃってましたから。。。
ホント、あと○年解散待ってくれてたらなぁ。。。って
そんなコト何度思ったことか。。。^^;

でも、時を超え。。。今、私達をこんなに楽しませてくれちゃってる♪
そんなメンバーの皆様に感謝☆感謝。。。ですよねi-176

これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2013.08.20  のの♪  編集

初コメありがとうございます!
以前から知って頂いていたんですね、嬉しいです。

当時C-C-Bファンになったのは学生の時期という方が多いですけども、
やはり学生だとお金もないので、いろいろと不都合が生じちゃいますよね。
小学生だとライブにもなかなか行けませんよね。

ののさんは一度ライブに行けたんですね。
たくさんライブに行けなかった分、
その一回のライブでの思い出は
きっと貴重で大切なものとなっているんだろうなと思います。

今までライブに行きたいなと何度も思っていましたが
お金の問題が第一にあって、それに三重の田舎からでは遠くて
それに加えて一人で参戦することに勇気が出なかったりして
ライブに行けませんでした。
でも、今年からライブに行くことができるようになり
ライブの魅力が分かって、
今はライブに行くことがとっても楽しいです!

解散して20年以上たった今でもこうやって素敵なライブを行ってくれる
メンバーたちには本当に感謝ですよね。
年を重ねると、音楽活動から身を引いたり、体を悪くしてしまう人も多い中
今も変わらずお元気で演奏する姿を見ることができるというのはありがたいことです。
そんなC-C-Bがやっぱり大好きですね!

いえいえ、こちらこそこれからもよろしくお願いします!

2013.08.20  かいしん  編集

今さらハマってしまいました!

はじめまして、こんにちは。

C-C-Bが活躍してたころ私は中学生でしたが、とくに興味はありませんでした。
あるスマホゲームでキャラクターをピンクの髪にしている方がいて思い出しYouTubeで動画を観ているうちにハマってしまいました。
CDやDVDが欲しくなりましたが、ほとんどが
廃盤になっていたので中古CDを数枚購入しました 。 歌も演奏もすばらしかったんですね。どうしてあの頃気付かなかったのかと思うと胸が苦しくなっちゃいます。ライブにも行ってみたいのですが一人で行く勇気がありません。一人で行く方っていらっしゃるんですかね!?
それにしてもかいしんさんのような若いファンの方がいらっしゃることがとてもうれしいです\(^o^)/
これからもちょくちょくお邪魔しようと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m

2014.05.24  あきこ  編集

>あきこさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

本当に些細なきっかけでハマっちゃうものですよね。
自分もこの記事で書きましたが、Youtubeで何気なく検索してみたところ、すっかりこのようなハマりっぷりに・・・(笑)

C-C-Bの作品は廃盤になっているものがほとんどなので、新規のファンの方にはなかなか手が出しづらいところがありますよね。
そういった方のために再販とかしてくれないかななんて思ってしまいます。

ライブも良いですよ!
一人で行かれる方もいらっしゃいますよ。一人で楽しむのもありだと思いますし、お近くの席の人に声をかけてみるというのも良いと思います。
あきこさんにも今のメンバーのライブを楽しんでほしいなと思います。

当時応援できなかったということに関しては自分も同様の悩みを持っています。
でも、今もメンバーの皆さんはそれぞれ活躍していらっしゃるので今を精一杯応援しましょう!
こちらこそこれからよろしくお願いします。

2014.05.25  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad