かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

米川英之「独奏会」ツアー2013 名古屋公演

2013.08.28

category : ライブレポ

こんばんは。

一昨日、米川さんのライブに行ってきました。
場所は名古屋 Live Doxy。
初めて行く会場でしたが名古屋というのはありがたいですね。
以前のTANaBEのライブの時みたいに急遽一泊する危険性がないですし(苦笑)

米川さんソロのライブとしては僕は2回目で、
前回の米川さんのライブはバックに他の演奏者さんたちもいらっしゃったのに対して
今回は「独奏会」ということで米川さんたった一人!
たった一人ということで誤魔化しが一切きかない、
米川さんにとってはプレッシャーのかかるライブだったのかもしれませんが
そんなプレッシャーも感じさせないような素敵なライブでした。
アコギだけじゃなくピアノも弾く米川さんも見ることが出来て
ピアノを弾いている時はギターを弾く時とまた違った表情をしているなと感じました。


今回もライブレポを書きました。
「続きはこちら」から読んで下さい。


今回は名古屋でのライブ、しかも会場が自分が今住んでいる所から近い所にあったので、
今回は自転車で会場に向かいました。
自転車だと交通費もかからないのでお金の面でも嬉しいですね。


ライブ前に今回一緒にライブを見る方とご飯を食べて会場に入りました。
ちなみに会場はこちら。

DSC_0090_convert_20130827135917.jpg

DSC_0093_convert_20130827140242.jpg

2枚目は自分の影が入ってしまうので、
横から撮ったんですけども見にくいですね(汗)


今回の会場は高級レストランのような雰囲気があって、
自分が場違いな所にいるような気がしてそわそわしてしまいました。
6月にお二人様のライブがあった名古屋のキャバレロクラブも
大人な雰囲気が漂うような所があって免疫はできているかなと思いましたがダメでしたね(苦笑)

しかも、この会場って指定席だったんですね!
張り切って早めに来たんですけども
それから開演までずっと待っていたので少しその時間が暇でしたね。
あまりお喋りできるような雰囲気でもなかったですし・・・。


ようやく開演の時間になり米川さんがステージに登場しました。
米川さんがアコギを持って一曲目がスタート。
一曲目は「道しるべのないTomorrow」でした。
3月にあった米川さんのライブでもこの曲が一曲目でしたね。


米川さん「初めてのライブハウスということで、緊張気味にやっておりますけども
    今夜は皆さん楽しんで帰って下さい!」
米川さん自身もこの会場は初めてなんですね!
以前にもやったことがあるのかなと勝手に思っていましたが違っていたんですね。


続いて演奏された曲は「Soul」でした。
僕が1番最初に買った米川さんのアルバムの中に入っている曲なのでこの曲は馴染み深いです。


米川さん「アコースティックギターと歌だけで
    この先絶対やることはないだろうなと思っていましたがやっていますね(笑)」


「この曲をアコギでやるのかという曲をやります」と言って始まったのが、
「永遠がはじまる」でした。
この曲がアコギで演奏するのかという曲なんですね。
でも違和感なく聴けました。

最近よく使っている勝手にハモッてくれるという優れものの機械の紹介をした後
「ORDINARY」が演奏されました。


米川さん「今日は二部制なんですが、曲をドンドンやっていきたいと思います」
この言葉の通り、この後本当に次から次へと曲を演奏していました。
お水も飲まないで次々に演奏されていたので大丈夫なのかな?と少し心配しちゃいました。


次に演奏されたのが「いつまでも君の夢に」でした。
ライブで聴くのは初めての曲だったんですが、この曲も良いんですよね~。
爽やかな曲という印象もありますが、どことなく悲しげな雰囲気があります。

続いて「月灯り」が演奏されました。
この曲はライブで聴いてから好きになった曲ですね。
この曲を聴くと昔のことなんかを思い出してしまいます。

月つながりということで次に演奏されたのが
「月に光る涙」でした。
この曲までアコギ一本のみで演奏されていたわけですが、この曲はオケを流しての演奏でした。
てっきりアコギやピアノのみの演奏かと思っていたのでオケも流れた時は驚いてしまいました。
でも、こういうオケが流れた時は
心なしかリラックスして弾いていたような感じがしたのは気のせいかな?


米川さん「オケ付きでやってみました。
    このオケなんですけども、このツアーのために新しく作りました。
    僕が作ったんですけども誰も作ってくれないからですね。
    普通はキーボードの人が作るんですけど・・・」
と言った時に田口さんの顔が浮かんできたのはC-C-Bファンだからなんでしょうね(笑)
でも、この前のAJのライブで演奏された「御意見無用、花吹雪」のオケも
米川さんが作ったんですよね。
ギタリストなのにも関わらずこういう仕事もこなしてしまう米川さん、さすがです。


第一部最後の曲は「Dolphin Ocean Swim」でした。
この夏にピッタリな爽やかな曲ですよね。
この曲は手拍子をしながら聴きました。
最初はアコギ一本での演奏でしたが途中からオケを流しての演奏になりました。
曲のと中で客席を一周しながらアコギを弾いていたのがこの曲だったかな・・・?
わずかな間でしたけども米川さんの演奏を間近で見れて良かったです。


10分程休憩があって第二部へ入りました。


米川さんが登場して、アコギを手にするのではなく
用意されてあったグランドピアノの前に座りました。

グランドピアノは威圧感があるので音を出すのが恐いと言いつつ、
演奏されたのが「想い出にかわる季節」でした。
ピアノを演奏される時はギターを演奏されている時とは違い、
本人も冷や冷やしながら弾いているのが表情から分かりました。
でも田口さんも弾きながら歌うのはムリと言っていたのに、
ピアノが本職ではない米川さんが弾き語りをしているというのはスゴいことですよね。


米川さん「ピアノなんですけども、小さい頃ちょこっと習っていて
    右手から入るんですけども左手に入った瞬間に分からなくなって止めちゃいました。
    曲を作る時にピアノを使ったりしたので馴染みが薄いわけではありませんが」

ここで、C-C-Bファンには嬉しい当時のエピソードが。
米川さん「C-C-Bというバンドで、レコーディングの時、
    スタジオに集合時間に行くと、誰もいないんですよ。
    2、3時間くらい誰も来なくて暇なので、ピアノで遊んでいました」
英樹さんが遅刻癖があるというのは知っていましたが、
結局米川さん以外みんな遅刻していたんですね(苦笑)

でも前向きに考えるとしたら暇があったからこそ
米川さんのピアノの技術も上がった・・・のかも?


アコギに戻って演奏されたのが「La Marea」でした。
インスト曲も何曲か演奏されるのかと思ったんですけども、
実はこのライブでインスト曲はこの曲だけだったんですよね!
なので、この曲を除いて全部歌ものだったわけです。
そう考えるとほとんど歌いっぱなしなんですよね。
このライブで改めて米川さんのスゴいところがたくさん発見できますね。


米川さん「今日、ラジオ出たんですよ。聞いていない?
    BLUFFというバンドがあるんですけども、そのバンドのリーダーに
    『名古屋でライブがあるならプロモーションしてきてよ』と言われまして」
と、ラジオの話をしましたが、お客さんの反応が全然なくて・・・
米川さん「今日のラジオ、聞いた人がいないかぁ・・・」
と寂しい表情をしていました。
ごめんなさい、ラジオに出演されるのは知っていましたが聞いていませんでした・・・。
聞けば良かったなぁ・・・。


一人でアコギで演奏するのはムチャな曲ということで始まったのが、
「MASQUERADE」でした。
曲の途中でノドの調子が悪いのかな?と思う時があって、この時は本当に心配しちゃいました。
後半歌うのが苦しそうでしたし。


やっぱりノドの調子が悪くなってきたのか・・・
米川さん「今日で3日目なんですけども、そろそろノドが終わってきてます」
そうですよね、このライブの前日と前々日にもライブがあったんですよね。
これだけ歌っていると、さすがに3本連続というのはノドに負担がかかってしまいますよね。
おまけにこの翌日にも神戸でライブがあったので米川さんのノドが大丈夫だったのかなと思いました。

米川さん「第一部、短かったんですよね。MCが盛り上がらなかったからかな?」
確かに曲の合間合間にMCが入っていますが、時間が長くて1、2分くらいでした。
でも一人で喋るのって難しいですよね。


続いて演奏された曲が「Tower side story」でした。
この曲はお二人様のライブでも演奏されましたが、自分の大好きな曲なんですよね。
今回も聴けて良かったです。
やっぱり聴いていると自然と口ずさんでしまいます。


米川さん「今回のツアーは自分で企画、ブッキングしておきながら
    ツアーの初日で、やめときゃ良かったかなぁと思いましたが
    やってみたら面白かったので大丈夫かなと思いました」


この後に演奏されたのが「Getting Better」でした。
元気が出ると言うことでこの曲も大好きな曲なんですよね。
この曲は演奏される頻度が高いので米川さんも気に入っているのかな?

続いて、「君を連れてゆく」が演奏されました。
この曲は途中でオケを流しての演奏になりましたね。

最後の曲は「La Siesta」でした。
前の曲に続いて、この曲もオケが流れての演奏でした。
それにしてもこの曲カッコイイですよね。
Youtubeでこの曲のライブ映像があるんですけどもこの映像がカッコ良くて何度も見ちゃっています。


演奏が終わって、米川さんが退場してアンコールへ。
米川さんが再び登場して、グランドピアノの前に座りました。
米川さん「アンコールだから、余興ということで・・・」
と言って、始めたのが「Everlasting」でした。
余興だなんてとんでもないです。
素敵な弾き語りを聴かせて頂きました。

ピアノから離れて、再びアコギを手にして演奏されたのが
アンコールの定番曲の「奇跡」
これを聴かないと終われませんね(笑)
でも、マンネリ化していないのかな・・・なんて思ったり。


米川さんが退場された後、もう一度アンコールがかかって再び米川さんがステージへ。
グランドピアノの前に座って、「魂の歌」を演奏しました。
盛り上がってではなく、しっとりとした感じで終わる形となりましたね。


今回は曲はもちろん良かったですし、米川さんの色々な表情を見ることができましたね。
内容もアコギ一本だけでなく、ピアノを弾いたり
オケを流したりと一本調子にならないような配慮もあって楽しめました。
それにしても、これだけ歌われているのでノドが本当に心配です。
長い間歌われているとはいえ、さすがにこのハードスケジュールですからね。
ツアーが終わったら少しでも休むことができたら良いんですけど・・・。


ここで、今回のセットリストを載せます。

(第一部)
道しるべのないTomorrow
Soul
永遠がはじまる
ORDINARY
いつまでも君の夢に
月灯り
月に光る涙
Dolphin Ocean Swim

(第二部)
想い出にかわる季節
La Marea
MASQUERADE
Tower side story 
Getting Better 
君を連れてゆく 
La Siesta 

(アンコール1)
Everlasting
奇跡

(アンコール2)
魂の歌




終演後、お二人様のライブで知り合った方のお力を借りて
米川さんと少しだけお話したり、サインを書いてもらい更に写真も撮ってもらいました!
米川さんに聞きたいことは予め決めていたので、その時に聞いてみました。
本当に大したことではないんですけどね。
でも、まだ米川さんに覚えられていない感じですね。
以前のお二人様のライブで覚えられたかな?とか思ってしまいましたが・・・。
米川さんのライブには毎回行くくらいの常連さんにならないとダメかなぁ。

コメント

初めまして

初めまして! やまかなと申します。
時々ブログは拝見させて頂いてるのですが、コメは初めてです。

かいしんさんも米川さんの独奏会Doxyに行かれたのですね。私も行ってきました。男の方は少なかったので、たぶん正面の同じテーブルに居た方かなぁ…と勝手に想像しています。
ライブに行っても何を喋ってたのかセットリストも忘れてしまうので、かいしんさんのレポートすごく助かります!

中学生の時にC-C-Bが大好きで、その当時はライブとか行けなくて、レコードを小遣い貯めて買ったり、テレビやラジオを聴いたりがやっとで、かいしんさん若いのに色々知っているので勉強になりますよ♪
やっと今年初めてAJを観てハマってしまいました!!

私も愛知県に住んでいて、県外のライブはなかなか行く事ができないので、まだ数える程しか行ってないのですが、ライブは楽しいですね♪
ライブで色々な方と話してみたいんですけど、なかなかできなくて、お話ができればもっと楽しいですよね。機会があればかいしんさんともお話できればなぁって思います。

だらだらと長い文でごめんなさい…
これから大学が忙しくなると思いますが、また色々とC-C-Bの情報届けて下さいね。

2013.08.30  やまかな  編集

初めまして。
コメントありがとうございます。

やまかなさんも名古屋のライブにいらしていたんですね!
そうですね、僕は正面のテーブルの通路側(?)に座っていました。
やまかなさんも同じテーブルだったんですね。

僕も中学生のときにC-C-Bにハマって、少ないお小遣いでCDやDVDなんかを買ったりしました。
幸い、こういうブログをやっていたこともあり、
多くのC-C-Bファンの方々に支えて頂いて、
C-C-Bに関して少しですけども詳しくなりました(笑)
米田渡のライブは本当に素晴らしいですよね。
昔好きだったというC-C-Bファンの方も、米田渡のライブを見て、
再びファンに戻ったというお話をよく聞きます。
それくらい大きな魅力を持ったバンドなんでしょうね。

僕も人見知りの性格もあって、知らない人に話しかけることはできないんですけども
話しかけて頂くと、ものすごく嬉しいです。
C-C-Bメンバーが名古屋でライブをするときにはよく出没するので、
見かけたらお声をかけて頂けると嬉しいです。

ありがとうございます。
また来て下さいね!

2013.08.30  かいしん  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.08.31    編集

お返事ありがとうございます。

かいしんさんのコメントを見たら何か少し勇気が出てきました。
周りになかなかC-C-Bを話せる人がいないので、ライブ会場に行ったら少しずつでも色んな方と話してみたいと思います。

AJを観てまたC-C-Bにハマった方も結構いるのですね。やっぱりあの演奏と唄を間近で観たら昔好きだった頃に戻ってしまいましたよ。
ハマりすぎてエレキギターを弾いてみたくなって教室に月に3回通って、慣れないコードと格闘しています…


色々メンバーのライブに行きたいけれど、9月24日のBluffのボトムラインに行く予定です。
また名古屋のライブでお会いする事があった時にはよろしくお願いします!!

2013.09.02  やまかな  編集

コメントありがとうございます。

今はTwitterなんかでC-C-Bファンの方と交流をもつことができますが、
実際に会場で会って交流するのも良いですよね。
是非是非いろんな方に話しかけてみて下さい。

米田渡はスゴイですよね。
僕は米田渡のライブが人生で初めてのライブなんですが、
初めて見たときは本当に興奮&感動でした。

楽器をやりたくなる気持ちはよく分かります!
僕もかなり前にベースを始めましたが、難しくて挫折してしまいました(苦笑)
僕は独学だったんですが、教室に通うと先生がいらっしゃるので
しっかりと学ぶことが出来ますね。
いつかはC-C-Bの曲をギターで弾くことができたら良いですね。

今月のBLUFFのライブにも行かれるんですね!
会場でお会いできると良いですね!
こちらこそよろしくお願いします。

2013.09.03  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad