かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bとテレフォンショッキング

2014.03.28

category : C-C-Bと○○

 こんばんは。

 お昼の番組といえばやはり「笑っていいとも」ですよね。平日のお昼に放送しているということで大学生になるまでは長期のお休みの時や定期試験の関係でお昼までで学校が終わる時くらいしか見る機会はありませんでしたが、我が家ではお昼といえば「笑っていいとも」が定番の番組でした。
 数年前から「笑っていいとも」が終了するという噂はあったものの、何だかんだで続いているのでこのままずっと放送していくんだろうなと思っていましたが、残念ながら今月で32年間の歴史に幕を下ろすことになりました。


 「笑っていいとも」といえば、番組初期から現在も続いているコーナーである「テレフォンショッキング」を思い浮かべる人が多いと思います。
 この「テレフォンショッキング」とは説明するまでもないと思いますが、日替わりでゲストを呼んでタモリさんとトークするコーナーです。「友達の輪」ということで呼ばれたゲストは次回のゲストを紹介してバトンを次へ次へと渡していく形でしたが、一昨年にそのシステムが廃止された時はどうしても不満を感じてしまいました。

 そんな「テレフォンショッキング」、数多くの有名人が出演されてきたわけですが、もちろんC-C-Bも出演したことがあります。
 今回はC-C-Bメンバーが「テレフォンショッキング」に出演した回を取り上げてみたいと思います。


1985年11月4日(月)C-C-B( 笠浩二、関口誠人)出演

w1_convert_20140325195339.png

o0540037212725104898_convert_20140325195306.png

<紹介順>
なぎら健壱→C-C-B→本田美奈子

<なぎらさんからのメッセージ>
「今の笠があるのは先輩の私があったからこそである。一つ後輩として息の長い芸能生活を送ってくれ」

<友達の輪>
 関口さんが担当しました。
 C-C-Bとは違うムードでいきたいということで、演歌調で「友達の輪」を歌いました。

<本田美奈子さんへのメッセージ>
「またレコーディングに遊びに来てください」

<感想>
 本来は笠さんのみの出演の予定でしたが、「一人じゃ嫌だ」ということで強引に関口さんを連れてC-C-Bとして登場しました。ちなみにこの日C-C-Bは早稲田大学の学園祭に出演する予定で他のメンバーはその準備をしていたのだとか。
 とにかくこの日の「テレフォンショッキング」はタモリさんが笠さんをとにかくイジるイジる!緊張している笠さんはついつい女の子っぽい仕草や発言をしてしまい、それを見逃さないタモリさんが「可愛いね~」と何度も発言していて、ちょっぴり怪しい雰囲気にも見えてしまいました(笑)TV番組でここまで笠さんのキャラクターをクローズアップしたのもこれが初めてだろうと思います。
 笠さんにスポットライトが当たっている分、関口さんは説明役に徹していて、本来の持ち味が出せていないような気がしました。「友達の輪」を歌う時も緊張もあったと思いますが、ちょっとやりにくそうな感じがしましたね。
 笠さんはこれが最初で最後の「テレフォンショッキング」の出演となりました。


1986年8月4日(月) 渡辺英樹出演

w2_convert_20140325195352.png

wa3_convert_20140325195444.png

<紹介順>
前田亘輝→渡辺英樹→中村繁之

<前田さんからのメッセージ>
「今度一緒に何かでっかいことをやりましょう」

<友達の輪>
 キーボードを弾きながら『ジェラシー』の替え歌で歌いました。歌に入る前に緊張しているため、手が震えていることをタモリさんに指摘されていました。そんな英樹さんをリラックスさせようと胸を揉んだり、後ろから抱きついたりするタモリさん・・・(苦笑)英樹さんが歌っている時に「可愛い」なんてボソッとつぶやいていたりして、笠さんの時同様にどことなく怪しい雰囲気が漂っています。

w3_convert_20140325195406.png

 無事に歌えてホッとする英樹さん。

<中村繁之さんへのメッセージ>
「今度一緒に私の車でドライブに行きましょう」

<感想>
 英樹さん、「テレフォンショッキング」初出演ということで緊張気味なのかいつものよりも大人しい感じがします。でも、「友達の輪」が終わると緊張がほぐれてきたようで徐々にいつもの英樹さんに戻っていました。
 タモリさん自ら笠さんの話題を出していて、タモリさんにとっても笠さんのキャラクターがよっぽど強烈だったんだなと思ってしまいます。「あれが正常なの?」と英樹さんに聞いちゃったりしていました(笑)
 年齢の話が出てきて、英樹さんが「26歳です」と答えると、タモリさんが「C-C-Bって年なんだ!」と驚く場面も見られました。
 メンバーの話も出ていましたが、「バンド内には無口な人もいる」ということで米川さんの話が上がっているのが珍しいと思いました。珍しく田口さんの話が一つも出ませんでしたね。


1987年7月21日(火) 渡辺英樹出演

w4_convert_20140325195418.png

w5_convert_20140325195431.png

<紹介順>
薬丸裕英→渡辺英樹→早見優

<薬丸さんからのメッセージ>
「ボロい車乗ってんじゃねーよ」

<友達の輪>
 今回は歌うのではなく事前にサンプリングした音を使って「友達の輪」を披露しました。前の晩にきちんとメロディーを考えてきたみたいです。

<早見さんへのメッセージ>
「今度英語の詞を書いて下さい。そしたら、僕が曲を書きます」

<感想>
 英樹さん、2回目の出演ということで最初からとてもリラックスした感じで登場しました。
 英樹さんが持ってきたポスターを壁に貼る時に2枚あったためスタッフの方が一人で貼るのは厳しいと思ったのか、自分も手伝おうと駆け寄っていく優しい一面も見ることができました。
 カメラマンさんがお二人の様子をパシャパシャと撮っていて、そのシャッター音がうるさいとかフラッシュを焚くなとタモリさんが何度もカメラマンさんに注意していました(笑)
 会話は薬丸さんからのメッセージを受けて車のお話をしていて、英樹さんが当時乗っていた車(ワーゲンのタイプⅢ)のお話も出ていました。古い車だったために坂道を上らなくなったり、オイルが漏れてしまうなど不具合が出る話をしていました。
 この出演の前日、C-C-Bが中曽根総理主催の芸術文化に活躍された人々の懇親の集いに参加したので、そのエピソードもお話されました。あまり関わったことのない人々がたくさんいて、谷村新司さんや笑福亭鶴瓶さんにしか挨拶できなかったお話やカメラが自分たちを素通りしていくのを見て「C-C-Bは個人が売れていなくて、C-C-Bという名前が売れていたんだな」と痛感したお話をされていました。


1987年12月29日(火) 関口誠人出演

w6_convert_20140328154614.png

w7_convert_20140328154630.png

<紹介順>
うじきつよし→関口誠人→森川由加里

<うじきさんからのメッセージ>
「バンド仲間みんなで会って騒ごう」

<森川さんへのメッセージ>
「もう少し女らしくしろ」

<感想>
 C-C-Bを抜けてソロになった関口さんが出演しました。
 2回目の出演となりますが、1回目は笠さんと2人で出演されたのでソロでの出演は初ということになります。
 トークは関口さん節が出ていて、ところどころで小さいボケを入れていて、笑いをとっていました。
 この出演の前日、いろいろなバンドが集まり、メンバーをごちゃまぜにしてライブを行うイベントに参加されていたみたいで、関口さんは有頂天のケラさんと爆風スランプのパッパラーさんと天宮良さんとバンドを組んだそうです。サンコンさんもそのイベントに出演されていたんだとか(笑)
 その年の4月にC-C-Bから独立したということで何故C-C-Bを辞めたのかを簡潔に話したり、C-C-Bをすんなりと辞めることができず、1年様子見されていたことを話していました。
 関口さんの小説「ホテル」や「青春ちゃん」の宣伝もしていたことから本を書くときのエピソードもお話されていました。タモリさんは本を書く時に2か月締切が遅れたことがあるのに対し、関口さんは締切の2日前から書き始めるそうです。
 それまで続いていた「友達の輪」ですけども、この時にはもう「友達の輪」がなくなってしまったようですね。


1989年5月25日(木) 渡辺英樹出演

w8_convert_20140328154642.png

o0587043012725104907_convert_20140325195324.png

<紹介順>
薬丸裕英→渡辺英樹→徳永英明

<薬丸さんからのメッセージ>
「解散して一人になった暁には大変だと思いますが、試練に耐えて世紀末まで生きてください」

<徳永さんへのメッセージ>
「時間を作って飲みに行きましょう」

<感想>
 再び薬丸さんからの紹介で英樹さんが3回目の出演です。
 C-C-Bが解散発表したので解散理由をお話していました。解散ツアー中ということで、ライブの時のエピソードをしていました。ライブ中、お客さんが腕を振り上げるのが疲れてきて、もう片方の腕に変えた瞬間を見ると笑っちゃうという話や日射病で倒れたファンの方を裏で休ませている時にたまたまそこを通りかかったら、「英樹さーん!!」と急に起き上がってきた話をしていました。
 英樹さんが味噌汁が好きみたいで味噌汁の具について熱く語っていました。
 この日のお客さんに英樹さんに熱心なファンの方たちがいらっしゃったみたいで英樹さんが何かをする度に「キャー!」と歓声が上がったり、英樹さんが女性の名前や下ネタを言うと、「えー!」「ヤダー!」という声が上がったりしていました(苦笑)
 前日に英樹さんに電話つないだ時に薬丸さんから「(C-C-Bが)解散するんだって?(シブがき隊の)マネすんなよ」と冗談っぽく言っていたのが薬丸さんらしくて良いなと思いました。


1989年6月19日(月) 関口誠人出演
<紹介順>
本木雅弘→関口誠人→陣内孝則

 残念ながらこの回の映像は未所持なので紹介できません(汗)


 おそらくC-C-Bメンバーの「テレフォンショッキング」の出演はこれが全てだったと思います。英樹さんが短期間のうちに3回も出演していたというのは驚きですよね。逆に笠さんが1度しか出演していなかったのも意外です。
 C-C-Bメンバー6回の出演のうち、3回がシブがき隊のメンバーから紹介されているというのも面白いところですよね。このことからC-C-Bとシブがき隊の関わりという観点から記事を書けそうですが、調べるのにかなり時間がかかりそう・・・(苦笑)


 最後に「テレフォンショッキング」ではないですけども、C-C-B解散から20年近く経った2007年7月18日の「笑っていいとも」の1コーナーに笠さんが出演されていました。
 スタジオに来て生歌を歌ってくれるアーティストを当てるというクイズコーナーで笠さんがスタジオに来て、生歌を披露しました。

w9_convert_20140328154657.png

 生歌を披露した後、久しぶりにタモリさんと再会した笠さんは「ご無沙汰しております」と挨拶していましたが、尺の関係であまりお話はできなかったのが残念でした。
 おそらくこれがC-C-Bメンバーにとって最後の出演となると思います。


 改めまして、「笑っていいとも」、32年間お疲れ様でした。

コメント

いいとも!!

いよいよ月曜でいいともも終わってしまいますね>_<!

C-C-Bが出演したテレフォンショッキング、リアルタイムで(増刊号とかで)見てたはずなんですが記憶も薄れてたのでまとめていただいて嬉しいです!

残ってる印象としては、とにかくタモリさんが笠くんを可愛い可愛いと言っていて、他の番組(Mステかなぁ、、、?)でも笠くんを見ると微笑みかけて“可愛いね〜” って言ってたような気がします(^-^)

あ〜それにしてもいいとも、残念ですね。この番組でたくさんのタレントの方が全国で有名になっていったのに。
ほんとに残念(T ^ T)

2014.03.28  AKI  編集

懐かしい~o(^-^)o

笑っていいとも…終わってしまうのは ホントに残念です。テレホンショッキング…80年代のもの(特にCCB)見せてくれればいいのになぁーと思ってたので 画像放出だけでも嬉しいです♪♪
ワタシは笠くんの可愛さもさることながら、英樹さんの"カワイイ"ところが見れたのが一番だったなぁ~(≧∇≦)

2014.03.28  はまかみ  編集

>AKIさん

コメントありがとうございます。

いよいよ終わってしまいますね・・・。
ここ最近はあまり「いいとも」を見ていませんでしたが、最終回はちゃんと見たいと思います!

タモリさんは笠さんのことを気に入っていたのか?よく、「可愛い」「可愛い」言っていましたね(笑)
英樹さんが出演した時も毎回笠さんの話題が出ていましたし、Mステで家庭菜園の話を何度かしていたりと、タモリさんにとってよっぽと強烈な印象であったことは確かだと思います。

「いいとも」に出演することって芸能人の方にとって夢の一つだと思うんですよね。
それが無くなってしまうのが本当に残念で仕方ありませんね。
マンネリ化していたとはいえ、続けてほしかったなぁ。

2014.03.29  かいしん  編集

>はまかみさん

コメントありがとうございます。

詳細に伝えることはできず簡単に紹介する形になってしまいましたが、喜んで頂けて嬉しいです。

たくさんの事情があり困難だと思いますが、昔のテレフォンショッキングの映像を見てみたいですよね。
C-C-Bだけでなく、他の有名人が出演しているところも興味があります。

86年の英樹さんの可愛さは笠さんに匹敵しますよね。
ちょうど出演したのが夏休みの時期で学生さんもリアルタイムで見ることができたので、これがきっかけで英樹さんを好きになったという方も多いのでは・・・?

2014.03.29  かいしん  編集

サンキューです

懐かしいですね。

2014.03.30  k  編集

>kさん

コメントありがとうございます。

当時を思い出して頂けたらなと思います。

2014.03.30  かいしん  編集

懐かしい〜

アルタまで英樹さんや関口さんを見に行ったのを思い出しました。画像があるので結構思い出せました。素敵な記事をありがとうございますm(_ _)m
英樹さんを見に行った時にタモリさんに「笠くんが来てるよ」と突然言われすっぱ抜かれた事を思い出しました。(笑)
あの後「いいとも写ったよね?」と色んな所から言われて 芸能人の方がよく「知らない親戚とかからも電話があったりして影響力が凄い」って話をされてましたが、ほんとなんだなぁ〜と実感した英樹さんの回でした。
本当に私も若かった(笑)

いいとも最終回を迎えてみにいったなぁ〜と思い出していたところだったので
本当に懐かしかったです。
懐かしいひとときをありがとうございました。

2014.04.02  モコP  編集

>モコPさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

モコPさんは実際にアルタまで見に行かれたんですね。
しかも、英樹さんの回で、一瞬だけ映ったお客さんだったとは!
そんな方からコメントを頂けて本当に嬉しいです!
一瞬とはいえ、バッチリ映っていましたもんね。
お昼の人気番組に映ったのはそれはそれは影響力が高かったんだろうなと思います。
モコPさんにとっても「いいとも」は素敵な思い出の一つだったんですね。
そんな思い出の一つを思い出すことの手助けができてこの記事を書いたかいがありました。
こちらこそありがとうございました。

2014.04.02  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad