かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

AJ -米田渡- TOUR 2014 「走る☆バンドマン」 福岡公演

2014.06.20

category : ライブレポ

 こんにちは。

 今月18日にAJのライブに行ってきました。
 場所は福岡DRUM SON。
 当初の予定では今回のAJのツアーは初日の名古屋と最後の新宿のみの参戦だったんですが、名古屋でのライブが終わった後、もう一本くらい行きたいと気が変わってしまいました。
 そこでスケジュール的に何とか行ける範囲内にある岡山への参戦を決めたわけですが、行きの高速バスは何とかなったものの、岡山から名古屋へと帰る夜行バスが既に満席になっていて、自分のスケジュールを考えると帰りは新幹線を使わざるを得ない状況に・・・。どうせ新幹線を使うくらいだったら、4人のC-C-Bが揃う福岡へ行ってみようと決意し、スケジュール的にも金銭的にもかなり無理して福岡へ行っちゃいました。
 今まで福岡には一度も行ったこともなく(九州自体初めて)、人生初めての福岡となりました。
 会場は思ったよりも狭く、お客さんも多かったため当日オールスタンディングに変更になったという発表がありました。ライブ三日前にチケットを取った自分は整理番号が遅くて、かなり後ろで見ることになったんですが、それでもよく見えました。

 九州でのAJの見どころといえば、何と言っても笠さんがゲストで登場すること!つまり10年ぶりに4人のC-C-Bが揃うことになりました!
 C-C-Bをリアルタイムで体験できず、10年前のヨネタワタルで笠さんがサプライズゲストとして登場したときはまだファンじゃなかったため、4人が揃うなんて自分にとっては夢のまた夢のような気さえしていました。そんな夢のような出来事が現実になり、さらに生で見ることができるなんて・・・。夢にまで見た4人のC-C-Bが揃った光景を見て、感動して泣いちゃいました。同じ場にいた方ならきっとその気持ちも分かって頂けますよね?
 

 今回もライブレポを書きました。
 ツアー中ですけども、ガッツリネタバレしています。
 「続きはこちら」から読んで下さい。

<出演者>
AJ -米田渡-
渡辺英樹(Vo、B)
田口智治(Vo、Key)
米川英之(Vo、Gt)

岡本郭男(Ds)

(ゲスト)
笠浩二(Vo、Ds)


<場所>
福岡DRUM SON

DSC_0356_convert_20140620000344.jpg

DSC_0358_convert_20140620000358.jpg


<セットリスト>
ようこそ
愛の力コブ
HARD ROCK dream

BEAT the MEAT
涙はNO THANK YOU

間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける
ナツハレ

抱きしめたい

Helter Skelter
プリマドンナ
2 Much,I Love U.

シーラカンス
Velvet Touch
冒険のスズメ

JOKEじゃなしにI LOVE YOU
赤いセーターの女の子
Born in the 60's

(アンコール)
Cyber-Commander
走れ☆バンドマン

(Wアンコール)
信じていれば
Let's Go Climax


<演奏曲について>
 初日の名古屋では岡本さんのドラムのミスが見られた『BEAT the MEAT』、やはりきっちりと修正されていましたね。この曲は英樹さんのベースから始まるわけですが、英樹さんが最初のベースの音を鳴らしてから岡本さんの方を見ながら「ヘヘッ」と悪戯っぽく笑っていて、こっちもちょっと笑っちゃいました。

 今回の田口さんコーナーは『抱きしめたい』!この日までのツアーでの田口さんコーナーは過去に田口さんが歌っていた曲ばかりだったんですが、この日は田口さんが初めて歌う曲となりました。それも『抱きしめたい』の米川さんモノマネバージョンという変化球なのはビックリしました(笑)本人がすぐ近くにいるのにモノマネで熱唱する田口さん。「じっとこのままー、ぁぁぁぁぁぁ~♪」なんて原曲を破壊するかのような田口さんの歌いっぷりに英樹さんも笑っちゃってコーラスできなかったりしていましたね。
 1番は田口さんが歌って、2番からは通常通り米川さんが歌いました。米川さんが歌いだした途端、歓声が上がって、「モノマネ紅白歌合戦」でのご本人様が登場した時のような雰囲気に思わず笑っちゃいました。米川さんも田口さんに感化されたのか、何と最後の最後の『抱きしめたい♪』のところを、『It's the final countdown♪』と歌って、B×Bで歌っていたという『抱きしめカウントダウン』をアドリブで披露しました!英樹さんも突然の米川さんのアドリブにビックリしていましたね。自分もまさかここでこんなアドリブをかましてくるとは思ってなかったので、思わぬサプライズに驚きました。通常のセットリストのシングルコーナーの中ではできない分、この田口さんコーナーだからこそ出来たのかな?

 そして岡本さんが一時的に退場してから、ゲストの笠さんが登場!笠さんがドラムの位置について、遂にステージにC-C-Bの4人が揃いました!
 でも、この時はまだ実感がわかなくて、笠さんが登場して1曲目の『Helter Skelter』を演奏した途端、泣いちゃいましたね。目の前でC-C-Bが揃って曲を演奏している・・・、もう本当に夢のような光景でした。米川さんも「Helter Skelter♪」のところで腕を振り上げていたりして、そんなところも嬉しかったり。
 
 笠さんが加わってからの2曲目は『プリマドンナ』!この曲はAJで演奏されるのは初めてなのはもちろんのこと、最近の笠さんのライブでもやっていない曲なんですよね!しかも、笠さん作曲で、アレンジが米川さんなんですよね。笠さんが米川さんのアレンジを前提に作ったという曲でもあるので今回の久しぶりの米川さんと笠さんの共演に相応しい一曲でもあり、この選曲が嬉しかったです。ここで米川さんのギターソロもありました。

 続いての曲はシングル曲から『2 Much,I Love U.』。笠さんのライブで英樹さんと田口さんと一緒にこの曲をやっていますが、何が違うかというとやはり米川さんのコーラスが入っているということ!米川さんの「2 Much♪ハーハー♪」が入り、『2 Much,I Love U.』の本当の形を聴くことができたことに感動しました。そういえば熊本のMCで田口さんが他の3人のコーラスを聴いて、本物のC-C-Bだと感動したという話をされていたみたいですが、この曲を聴くと本当にそう思いますね。
 そういえば、この曲の時に英樹さんはまだ構えていなかったのに笠さんがカウントを始めて曲を演奏したので、英樹さんが「えぇっ!」という焦った声を出していました(笑)
 ここで笠さんが退場し、岡本さんにバトンタッチしました。

 『JOKEじゃなしにI LOVE YOU』の演奏前にメンバー一人一人をお客さんみんなで名前を呼ぶコーナーがいつの間にかに出来ていて、田口さんを『チューちゃん』、米川さんは『米ちゃん』、岡本さんは『あっちゃん』、英樹さんは『英ちゃん』と呼んだんですけども、岡本さんが呼ばれた時に可愛くポーズしながら「はーい」と返事していて、面白かったです。
 今度は本番ということで田口さんをもう一度『チューちゃん』とみんなで呼んだ後、『JOKEじゃなしにI LOVE YOU』が始まりました。

 『Born in the 60's』では米川さんが客席に乱入!今回はオールスタンディングなので客席に来ないのかなと思っていましたが、普通にステージから降りて乱入していましたね(笑)今回は僕は後ろの方で見ていたこともあり、米川さんが近くまで来てくれて、間近でギターを演奏する姿を見ることができちゃいました!客席に乱入した米川さんはお客さん用の入り口から一旦外に出て、ステージに戻っていました。

 アンコール後の1曲目は名古屋では『原色したいね』ですが、福岡では『Cyber-Commander』になっていましたね。この曲では米川さんと英樹さんが足を振り上げていましたね。ヴォーカルはいつも通り米川さんなんですけども、サビの部分って確か米川さんは歌わず英樹さんのみしか歌っていなかった気がするんですが、今回は米川さんも歌うようになっていましたね。

 Wアンコールでは笠さんが再登場!岡本さんとツインドラムで演奏されました。でも、笠さんはシンバルしか叩かずに基本的に当て振りでしたね。岡本さんの方をじっと見ながら、リズムを合わせようとしている笠さんをずっと見ちゃいました(笑)そうそう、スティックをクルクル回す姿も見ることもできちゃいました。
 『信じていれば』では笠さんももちろんヴォーカルをとっていて、オリジナル通り英樹さん→笠さん→米川さんのリレーが再現されました。やっぱり笠さんの声が入ると嬉しいなぁ。
 最後の『Let's Go Climax』も楽しかったです!この日はお客さんだけで「レッツゴー、レッツゴー、ゴレッツゴー♪」と歌っているときに、英樹さんが「25年前よりも君たちの声が聞こえるよ!!」と言ってくれました。
 

<MC>
英樹さん「こんばんは、お久しぶりです。本当に皆さん博多の方ですか?違いますよね?」
田口さん「違うけん」
英樹さん「ん?『違うけん』ってどこの言葉ですか?」
田口さん「博多」
英樹さん「博多って『違うばい』でしょ?」

英樹さん「私なんてどこの国の人か分かんないでしょ?たまに関西弁も喋るし。
    言ってみれば日本語のバイリンガルですよ」

『間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける』の演奏前・・・
田口さん「ここは私はあまり喋りません」
英樹さん「そうそう、熊本で田口さんにこの時に振ってしまって、
    次の曲が歌えなくなってしまいました(笑)」

英樹さん「去年も実は私、王様の時に来ていました。でも、何で王様の方が広い所なんだよ!
    何で僕は3階まで機材を上げなきゃいけないんだ!」
田口さん「ここエレベーターみたいなものがなくて、今日はみんなで機材を上げたんだよね」
英樹さん「王様が多いのは物販だけだもん!」
田口さん「王様の時に僕も九州に来たんですよ。ゲストで来たんですけども、
    キーボードがなかったんですよ。
    『田口さん、キーボード持ってこなかったんですか?』って言われて・・・」
英樹さん「オルガンくらいなら背負ってこれるでしょ?」
田口さん「だってゲストだよ!キーボードくらい用意してくれるでしょー」

次は田口さんコーナーということで・・・
田口さん「毎回ここは変えているんですけど、どうしようかとスタッフと相談した結果、
    『えー、これ歌うのー』って感じの曲を歌います。
    『でも田口さん、いつもモノマネやってるじゃないですか』って言われたんだけども
    実際に歌うとしたらツライなぁ~」
英樹さん「でも、このMCでそのモノマネをやってもいいって言ったら『じゃあやる』って(笑)」
田口さん「やっていいですか?『瞳あけ~て、君は眠って~る♪』」
英樹さん「怖いだろ、瞳開けて寝てたら!」

『抱きしめたい』の演奏終了後・・・
英樹さん「えー!俺は今何をやってたんだー!」
田口さん「ちょいちょいちょいちょい、弾きそうになっちゃったじゃん!」
ここで、田口さんが元ネタの『The Final Countdown』のフレーズを少しだけ弾いていました。
英樹さん「いかんでしょ~!」
米川さん「えっ、楽譜に対する冒涜?」
英樹さん「田口君が歌っているとき、みんなゲラゲラと笑っていたけども、
    米川が歌い出した時、普通になるかなと思ったら、余計笑っていたからね!」

ゲストの笠さんが登場後・・・
笠さん「(米川さんの『抱きしめたい』を)今見てて、本当に涙出るくらい面白かった!」
英樹さん「おい、感動したんじゃないんかい!」
笠さん「いや、感動したよ。でも、最後のやつ、米川天才だね!もう面白かったー!」
英樹さん「4人が揃うのは25年ぶりですよ・・・。うそうそ、2日ぶりだった(笑)」

『Helter Skelter』の演奏終了後、息が上がっている笠さんに対して・・・
英樹さん「笠君、そのハァハァどうにかならないの?モニターから君のハァハァが流れてくると、
    おじさん変な気になっちゃうよ。・・・、なんねぇーよ!引くな、引くな!」

笠さんが退場し、岡本さんが再びステージに登場して・・・
英樹さん「大概の現場に行ったら、俺は年齢的に一番上の方なのよ。
    でも、今回岡本さん一番上だからさ、もう俺なんかよりも全然上で、神の領域だもん。
    だからさ、何にも言えないのよ。ステージで『おかもっちゃん』なんて言ってるけど、
    バスの中では『岡本様様』って言ってます」
田口さん「嘘だ~」
英樹さん「嘘じゃないもん!心の中で言ってるんだもん!
    ・・・なんて言うと、岡本さんが『英樹可愛い!』って!久しぶりに聞いたわ!
    だから今、岡本さんに狙われています」

英樹さん「ちょっと前までは田口さん歌っただけでドカーンとなっていたんですけども
    最近田口さんの歌をみんな聴きなれてきたからかあんまりドカーンとならなくて
    実は田口さんしょげてたんだよね」
田口さん「そんなことないよ。サイン会とかで『歌上手くなりましたね』とか言われるし、   
    そう言われると俺も上手くなったかななんて思ったりして。
    これだったら俺一人でツアー回れるかも」

英樹さん「今日はベースの音がでかいってことで、近所の店とか色んなところからクレームがきてるの。
    ・・・嘘です!」
田口さん「信じちゃダメ。でも、だいたい10回くらいに1回くらいホントのことも混ぜるから、そこがミソだね」

Wアンコールで笠さんがステージに登場した後・・・
英樹さん「だいたいのことは信じていれば叶うでしょ。・・・深いなぁ。
    25年経ってようやく分かったか、俺たちのメッセージが」


<終演後>
 終演後はグッズを購入した人を対象にサイン会がありました。AJの3人に加えて、笠さんもサイン会に参加されていました!
 もうグッズを買うつもりはなかったんですけども、4人のサインが一気に揃うならば!と思い、白のトートバックを購入しました。
 今回は笠さん→田口さん→米川さん→英樹さんの順でサインでした。
 トートバッグだったため笠さんと田口さんは同時にサインをしてくれました。田口さんが「かいしん君、来てくれたんだ」と言ってくださって、「名古屋から頑張って来ました!」と伝えると笠さんが「わぁ、名古屋から!」なんて反応してくれました。お二人に「4人が揃ったところが見れて本当に良かったです!」とお伝えすることができました。
 続いて、米川さん。「『抱きしめたい』、スゴく面白かったです!」と伝えると、「ねー、面白かったでしょー(笑)」と返してくれました。
 最後の英樹さんは伝えることが飛んじゃって、「ありがとうございました!」としか言えなかったです。今思えば「英樹GOGO」について何か言えたら良かったんですけど・・・(汗)

 サインして頂いたトートバッグはこちら。

1403111462118_convert_20140620000413.jpg

 一気に4人のサインが揃っちゃいました~!


<総括>
 かなり無理して福岡に行ったわけですが、本当に行って良かったと思えました。ライブも素晴らしかったですし、色々な方にもお会いできましたしね!
 
 2004年のヨネタワタルで笠さんがサプライズで登場してから、AJや笠さんのライブで英樹さんと田口さんと共演したりと、3人までは揃うものの4人までは揃うことはありませんでした。その原因として笠さんと米川さんの共演が一切ないということが挙げられ、どうしてもお二人の間に何かあったのかと思いたくなってしまうようなと考えてしまいました。
 そんなこともあり、久しぶりのお二人の共演ということで何故か自分までドキドキしてしまいましたが、笠さんが登場するなり、米川さんの『抱きしめたい』でのアドリブのことを「米川、天才!」と言ったのに対して、米川さんも笑っていたのがスゴく印象的で、ホッとしたと同時に嬉しかったです。
 4人での演奏は3曲のみでしたが、笠さん、英樹さん、米川さんのコーラスを聴いて、これぞC-C-Bだ!と感じることができました。
 それと笠さんがライブで演奏する曲としてはほぼ毎回『Romanticが止まらない』を演奏していると思うんですけども、今回はその曲を演奏しなかったのはAJのコンセプトをきっちりと守っているような気がして、嬉しかったり。『Romantic』も好きですし、演奏されると盛り上がりますが、この場で歌うのはちょっと違うかななんて思っていたので演奏しなかったのは正解だと思います。

 初日と福岡のセットリストを比べると、シングルコーナーや笠さんの特別コーナー、田口さんコーナーを除いても、曲順が少しだけ入れ替わったり、曲が差し替えられたりと変更点も色々とあるみたいですね。
 初日からライブを重ねてきて、移動のバスの中でDVDを見ながら反省会もされていることもあって、初日と比べて格段と音にまとまりが出ていると感じました。これはファイナルの新宿、スゴく期待できますね!

 
 『信じていれば』の演奏前に言っていた英樹さんの「だいたいのことは信じていれば叶うでしょ」というお言葉。解散して25年待ち続けたファンの方にとっては本当に泣けてきちゃいそうになるお言葉ですよね。自分も今この言葉を思い出すとグッとくるものがあります。

4c.png

 また4人が集まる日が来ますように・・・!

コメント

とっても詳細なレポありがとうございます。
英樹さんの言葉、嬉しいですね。
あと、笠くんの米川さんに向けた言葉も。
なんだかその場にいなかった私でさえ
涙でちゃいそうです!!
また四人集まってくれる日が来たらなあ~
信じて待てば、叶うかな?

2014.06.20  rikkie  編集

うわーん(T_T)

思い出してまた泣きそうになりました・・・(T_T)

福岡では観どころ、聴きどころ、感動しどころ、笑いどころ、たくさんありましたが、私は4人の「信じていれば」が聴けたのが本当に嬉しかったし感動しました(*^_^*)

しかも笠くんは3曲だけで終わりと思い込んでいたので・・・また出てきてくれてびっくりもしてました。

サインも、私も白トートにしてもらいましたよー!
帰りの時間を気にしてドキドキしていましたが、皆さんに声もかける事ができて良かったです(^^♪

経費も時間も労力もかなり無理して行きましたが、それ以上何倍もの価値がありましたね。

翌日も思い出しては目が潤んでたんですが、、、途中から田口さんのモノマネが頭をグルグルし出して、今では思い出し笑いの方が多いです(^_^.)

2014.06.20  AKI  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.06.20    編集

ようこそ九州へ。

福岡公演行った甲斐がありましたよね。

自分はKAB元気フェスタや王様のライブなどで笠さん、英樹さん、田口さんの演奏はこの1年で見てたのですが、よく考えてみれば米川さんの演奏を見たのはC-C-BのThe Flying Tripツアー以来。つまり20と数年ぶりに生米川さんの演奏を見た訳ですが、あのギターのうまさに圧倒されてしまいました!!しかも距離がけっこう近かったし。米川さんてあんなにギターうまかったんですね。(生AJは今回が初でした)いや〜凄かったです。
それと王様にゲスト参加した時と違って田口さんがC-C-Bで活動されていた時の当時のシンセを持って来てくれたので、あのまんまの音色が聴けたことにも感動。どれがJUPITER8なのかDX7なのかは見えなくて判別付きませんでしたが、後で解説してくれた人がいて「なるほどな」と思いました。

僕はもちろんAJグッズや米川さんのDVDも購入したのですが、サインはすてきなビートのブックレットにしてもらいました。一番思い入れのあるアルバムなので4人のサインが揃って感激です。まさかこんな日が来るなんて・・・;

今回のライブには一人で行ったので誰かとこの感動を語り合いたいと思い、終演後何人かの方とお話させて頂いたのですが、どうやらかいしんさんともいつのまにか会話していたようです(笑)

「どこから来られたんですか」
「○○です」
「名古屋です」
「△△です」

その後、後ろから来られた男性と話してると、先ほどの長身のイケメンの方がかいしんさんだとのこと。

すみません、後ろから付いて来る挙動不審なおじさんがいたと思われたかも知れませんが、あれは私でした。大変ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

新宿公演のレポも楽しみにしています。何かサプライズ的なものがあるといいですね。楽しんで来て下さい。

2014.06.21  正直太郎  編集

>rikkieさん

コメントありがとうございます。

そうなんです、英樹さんのあの言葉はグッとくるものがありますよね!
25年経って、またこの曲を歌ってくれるなんてなぁ・・・。

熊本ではあまり笠さんと米川さんの関わりがなかったみたいですけども、福岡では笑いあっているお二人を見て、とっても嬉しかったです。
熊本の打ち上げで少しでも距離が近づいたのかな?

信じていれば、きっとまた4人が揃う日がきっと来ると思いますよ!

2014.06.21  かいしん  編集

>AKIさん

コメントありがとうございます。

笑いあり、涙ありの素敵なライブとなりましたね。
10年前にも4人で「信じていれば」は演奏されましたが、その時はアコースティックだったので、今回バンド形式で聴くことができました。
笠さんの声が入るとやっぱり嬉しくなっちゃいますよね。

白トートは聞くところによるとツアーで持ってきた分は売り切れちゃったみたいですね。
予想を上回る売れ行きだったのかな?

最後まで見れるか不安だったと思いますが、最後まで見れておまけにサイン会まで参加できて良かったですね。
4Cのサインはお宝ものになりました。

田口さんのモノマネも最高でしたね(笑)
新宿でまた聴いてみたいなぁ。

2014.06.21  かいしん  編集

>正直太郎さん

コメントありがとうございます。

本当に無理して行ったかいがありました!
とても良い思い出ができました。

20年以上ぶりに米川さんの演奏を生で聴くことができたんですね!
それに当時のステージよりも距離感の近さに驚いちゃいますよね。
客席まで降りてくれて、間近でギター演奏が見れちゃうなんて当時では考えられませんよね。
田口さんは当時使っていた機材を使い、当時のサウンドをそのまま再現しているのがファンとしては嬉しくなっちゃいますよね。C-C-Bの曲を演奏するうえではやはりキーボードの存在って大きいですからね。そのままの音で聴けるというのは魅力的です。
奇跡的?に機材が保存されていたことに感謝ですね。

サインしてくれるのは購入したグッズだけかと思って、何も持ってきていなかったんですけども、グッズ以外にもサインしてくれたんですね。
サインして欲しいものがあったので、それを持って来れば良かったなぁ。

あの時、話しかけて頂いたのが正直太郎さんだったんですね!
ちょうど移動中だったため、ちゃんとお話できませんでしたね。こちらこそ申し訳ありませんでした。

新宿も楽しみたいと思います!

2014.06.21  かいしん  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.06.21    編集

先日は(*^^*)

福岡で帰り階段のところで声をかけた者です。わかりますか?

詳細レポありがとうございます。

忘れていた部分もあったので助かりました(*^^*)

やっと子育ても一段落。
ライブにも行ける環境になったので、またどこかでお会いできればと思います。

突然話しかけてしまい失礼しました。

2014.06.21  さり  編集

>さりさん

コメントありがとうございます。

はい、もちろん覚えていますよ!
話しかけて頂いてありがとうございました。

自分はいつライブに行けなくなるのか分からないので、今のうちにと思ってたくさん行っています。
さりさんはこれからライブを満喫して下さいね。
またどこかで会えますように!

2014.06.22  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad