かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

AJ -米田渡- TOUR 2014 「走る☆バンドマン」 新宿公演

2014.07.03

category : ライブレポ

 こんばんは。

 先月28日にAJのライブに行ってきました。
 場所は新宿BLAZE。
 今年の3月に米川さんの30周年ライブの時にも行ったのでこの会場に行くのは二度目となりますね。でも、まだ場所がよく分からなかったり・・・(汗)同じ新宿でもRUIDO K4なら覚えたんですけどね。
 今回は後ろの方で見たのでよく分かったんですけども、たくさんお客さんが入っていました。整理番号も先行予約の時点で300番台まで出ていたので、300人以上は入っていたことになりますよね。


 今月13日から始まったツアーの最終日!
 福岡の時よりも更にまとまっていて、ツアーの集大成を見せて頂いたようなそんな素晴らしいステージでした。お客さんも大盛り上がりでしたね。
 今回の新宿だけはゲストとしてブラス隊の方々が加わっての演奏となりました。これまでの会場では「冒険のスズメ」や「ナツハレ」などでブラスの音は流れていましたが、やはり生演奏ならではの迫力で楽しませて頂きました。


 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


<出演者>
AJ -米田渡-
渡辺英樹(Vo、B)
田口智治(Vo、Key)
米川英之(Vo、Gt)

岡本郭男(Ds)

(ゲスト)
松木隆裕(Tp)
吉田俊之(Tb)
包国充(Sax)


<場所>
新宿BLAZE

DSC_0369_convert_20140629224748.jpg

DSC_0371_convert_20140629224758.jpg


<セットリスト>
ようこそ
愛の力コブ
HARD ROCK dream

BEAT the MEAT
涙はNO THANK YOU

間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける
シーラカンス

Cyber-Commander

LuckyChanceをもう一度
ないものねだりのI Want You
抱きしめたい

ナツハレ
Velvet Touch
冒険のスズメ

JOKEじゃなしにI LOVE YOU
赤いセーターの女の子
Born in the 60's

(アンコール)
原色したいね
走れ☆バンドマン

(Wアンコール)
信じていれば
Let's Go Climax


<演奏曲について>
 米川さんが前日作ったというSEが流れて、『ようこそ』からスタートしました!このSEはこれからも使われたりするのかな?
 書き忘れていたんですが、1曲目は英樹さんはC-C-Bファンにとっても馴染み深いベースであるワーウィックを使っているんですよね。名古屋でも1曲目から使われていたみたいなんですけども何故か見逃していました・・・(汗)正面の席からちゃんと見ていたはずだったのになぁ。最近はワーウィックを使う機会が少ないので、ワーウィックを使う英樹さんを見れるのは嬉しいです。

 『愛の力コブ』、『HARD ROCK dream』ではブラス隊の方々も入っての演奏でした。『HARD ROCK dream』はブラスが入っての演奏って初めてじゃないでしょうか・・・?とってもカッコ良かったです!

 『間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける』の前で米川さんがシーラカンスギターにチェンジしていたので、曲順変更はここかと思いました。案の定、『間違いに気づいた今でもあなたのこと求めつづける』の次に『シーラカンス』が演奏されました。ブラスが入る関係で曲順変更がされたみたいですね。

 今回の田口さんコーナーは『Cyber-Commander』!直前のMCの時点でネタバレしていたので何が来るのか分かってしまいましたが、この曲を田口さんが歌うというのが意外でした!笠さんのキーで歌っていたんですが、スゴく良かったです!福岡での『抱きしめたい』に続いて、ツアーで演奏された曲の田口さんバージョンが聴けたのは嬉しかったなぁ。この曲ではブラス隊の方も入って演奏されました。

 そしてシングルコーナー!福岡ではシングルコーナーはカットされたので僕にとっては初日以来のシングルコーナーとなりました。
 シングルコーナーが始まるイントロ部分では初日同様英樹さんがクネクネダンスを披露していて、米川さんも一緒になってクネクネダンスを披露していました(笑)名古屋ではやっていなかったことととして、クネクネダンスの後に英樹さんがその部分でDJ風に盛り上げていました(「ハーイ、エブリバディー!今夜もフィーバーしましょー!」といった風に・・・)
 それにしても、『LuckyChanceをもう一度』のイントロが始まった時の歓声はスゴかったです。C-C-B時代でも演奏される機会が多かった曲で馴染み深い一曲でもありますが、この曲の人気の高さを改めて知ることができました。
 『ないものねだりのI Want You』では英樹さんのカウントが「ワンタンチャーシュー」だったことに感激していたら(当時を知っている方にはお馴染みのフレーズですよね)、「愛してるなんてくれなーいよねー♪」と歌い出してズッコケました。3月の笠さんライブでも同じ風に歌っていたんですが(このツアーの他の会場でも歌っていたみたいです)、この元ネタが未だに分からないです。ご存知の方っていらっしゃいますか?
 『抱きしめたい』はファイナルなので福岡の時みたいに「It's the final countdown♪」と歌うのかと変にドキドキしていましたが、そんなことはなく普通に「抱きしめたい♪」と歌っていました。『抱きしめカウントダウン』は福岡のみのサプライズとなりましたね。もう一度聴きたかった思いと、福岡に来た人のみが味わえた特権?という気もして、複雑な気分(苦笑)

 『ナツハレ』、『Velvet Touch』、『冒険のスズメ』ではブラス隊の方々が入って演奏されましたが、『ナツハレ』での包国さんのサックスがとっても素敵でした!

 このツアーで恒例となった『JOKEじゃなしにI LOVE YOU』の演奏前のメンバー一人一人をお客さんみんなで名前を呼ぶコーナー、今回はAJの3人と岡本さんだけでなく、ゲストのブラス隊の3人もコールしました。田口さんは『チューちゃん』、米川さんは『米ちゃん』、岡本さんは『あっちゃん』、吉田さんは『トシちゃん』、包国さんは『ミツルくん』、松木さんは『マッキー』、英樹さんは『英ちゃん』とコールしました。何故か英樹さんが「英ちゃんって呼んで」と言うと、「えー」とブーイングが起こっていました(苦笑)

 『Born in the 60's』では米川さんが客席に乱入!今回はお客さんも多かったので、乱入は難しいかなと思っていたらそんなこともなく、普通に飛び込んでいました。

 Wアンコールの『信じていれば』から『Let's Go Climax』は、「ゴーゴーヒデキ」のサプライズ発表もあった後だったためか、いつも以上に盛り上がったようなそんな気持ちになりました。


<MC>
英樹さん「今回のツアーはスゴかったですよ。12日間出ずっぱり。ねぇ、田口さん」
田口さん「12日間出ずっぱりのツアーでしたね」
英樹さん「それ俺が言ったことまんまじゃん」
田口さん「12日間・・・?あぁ、リハーサルも入れてってことですね」
英樹さん「リハーサルの日を入れないでも12日間出ずっぱりでしょ」
田口さん「何日から何日までですか?」
英樹さん「そんな昔のこと覚えてないですよ!」

田口さん「渡辺さん、今日髪型が変わっていますね。後ろとか可愛い感じで」
英樹さん「何かね、メンバーが俺を見る目が違っているんだよね」
田口さん「こういうの、自意識過剰っていうんでしょうね」
英樹さん「もうね、みんなが俺のことを狙っている感じ」
田口さん「これはヤバいですね、年をとるとボケてくるからね」
英樹さん「俺が通るとヒューヒューとか言われちゃうんだもん」
田口さん「こういうの幻聴っていうんですか?」
英樹さん「今日はいくね、田口さん(笑)」

曲中、米川さんが英樹さんの譜面をチラッと見ていたみたいで・・・
米川さん「ごめんなさい、譜面見ちゃった」
英樹さん「いいんですよ、譜面を見ないのが私には信じられないことです」

英樹さん「今回は『走る☆バンドマン』ということで、タイトルがバカにしてるでしょ?
    本気のC-C-Bファンだったら怒るでしょ」
米川さん「じゃあ(来てくれた人は)本気じゃない人たちばかり・・・?」
英樹さん「地味に流してくれちゃっている感じ?ライブを見に来てくれた人は笑ってくれるけども、
    TVでしか見てない人は『何だあいつら』って思われてそう(笑)
    C-C-Bの時は『走れ☆バンドマン』だったじゃん、あれはやらされてたんですよ。
    今この年になって自ら走っているんですよ!」

田口さんのイスが回る度にキーキーと音が鳴っていて・・・
英樹さん「おい、田口。座っててもいいから変な音出すなよ」
米川さん「後ろの方の人は聞こえてないと思いますけどね」
英樹さん「えっ、後ろの方も聞こえてるの?結構聞こえてるね!」
    この笑いの神様が降りてくるタイミングは何なの!
    普通だったら聞こえないのに、何で後ろまで聞こえるんだよ!」
イスのキーキーした音を鳴らした後、田口さんはピアノの音を一音鳴らしていて・・・、
田口さん「この音、C♯の音ですね!」
そんな田口さんに拍手が起こると・・・
米川さん「煽てちゃダメよ」
英樹さん「君たちが煽てるからこんな風になっちゃったんでしょ!」

英樹さん「(このツアーで)九州に来た人っている?あれどんだけ良かったか周りの人に言ってあげて!
    ゲストで笠君が来てくれまして、楽しかったわぁ~。
    やっぱり田口が笠がいるとお兄ちゃんなんだよなぁ。
    『笠を守るのは俺だ』みたいに腰に手なんかあてちゃって」
田口さん「よくそんな嘘が出るのか俺は感心しちゃうよ。
    もう感心しちゃって言い返すことができない。本当のように言うから自分でも本当だと思っちゃう」

次は田口さんコーナーということで・・・
田口さん「ここが問題なんですよ。いろんな曲を歌ってきましたけども、次は自分の曲を歌うんですよ。
    自分の曲なら大丈夫だと思っているんですけども、斜に構えてたら、キーが高かったのね。
    だから1オクターブ下げて歌いたいって言ったんですよ」
英樹さん「それはダメでしょ。てか、お前本当に幅広いな」
田口さん「えっ、男も女もってこと?」
英樹さん「そうじゃなくて!キーの話だよ!」
田口さん「そうそう、この曲笠君が歌ってた曲で僕は初めて歌うんですよね」
英樹さん「でも、これが一番出来が良いんじゃない?自分で作った曲だから」
田口さん「米川君はこの曲歌うのは恥ずかしいって言ってたもんね」
米川さん「いや、慣れたけどね。今日は僕が歌っているところを全部歌ってくれます」
松木さん「ネタバレしすぎ!」

『Cyber-Commander』の演奏終了後、盛り上がるお客さんに対して・・・
英樹さん「良いなぁ、田口君ばっかり・・・」
田口さん「俺が歌うとちょっと高い気がするね。本当は昭和歌謡みたいに歌いたいんだけど」
英樹さん「それさ、2丁目の人?」
田口さん「米川君のイメージがついちゃって、『ぎ~んのぉ~♪く~さりぃ~♪』って歌いたかった(笑)」
英樹さん「田口さん、また新しいネタが増えたね(笑)」
田口さん「特に『まるで~、かぁ~みそりの♪』の裏声になるところが良いよね」
米川さん「あれ裏声じゃないよ」
田口さん「えっ、地声で歌ってんの?裏声だと思ってた。あそこが妖艶な感じがしてね」
英樹さん「やっぱり米ちゃんに求めるところってそこなの?」
田口さん「『ナツハレ』なんかも、『あ~め~が~♪』のところも妖艶な感じだよね」
米川さん「あの曲はさ、静かなバラードなのにいきなり高い音を出さなきゃいけないから大変なんですよ」
英樹さん「ちょっと待て、まだやってない曲のこと言うんじゃないよ!
    そこになってみんな笑っちゃったら、お前のせいだからな!」

BLUFFホーンズの皆さんをステージに呼ぶとき、「ブラスホーンズ」と紹介した英樹さん・・・
田口さん「ブラス・・・?」
松木さん「ブラフ!」
英樹さん「ブラスでしょ?今日からブラスホーンズだよ。ラッパラッパ隊だもん。ラッパラッパた~い」
田口さん「お前の頭がラリパッパラリパッパだよ」
英樹さん「今日は田口さん、噛みつくね~」

田口さん「渡辺さん、髪を切るときは新宿BLAZEですよね」
英樹さん「この3年はもうそこ以外では切らないようにしている。今、そういうことにした。
    ヘアメイクの人と話してて、本当は俺は前髪をパッツンにしたいんだよね。
    それで『じゃあやっちゃいます?』なんて言われて、『でもどうかなぁ』って思って・・・。
    で、みんなにそのことを聞いたら、『それじゃあ座敷童じゃん!』って言われて・・・」
田口さん「私です」
英樹さん「お前か~!」
田口さん「そのカットってグラデーションボブっていうんだよね」

イスを回して音が鳴らないようにじっとしている田口さんに対して・・・
英樹さん「おい、ステージ中にボーっとするなよ!」
田口さん「だって振り向くと音が鳴るから黙ってたんだよ!」
そこにローディーの方が、KURE 5-56を持ってきました(笑)

ff7c677f-s.jpg

KURE 5-56を使うと、田口さんのイスの音が鳴らなくなり・・・、
田口さん「おぉ、快適!KURE 5-56、一家に一台、AJのキーボーディスト田口智治も使っております!」
英樹さん「・・・どうする?そこで売ってたら(笑)」

Wアンコールで・・・
英樹さん「私事で恐縮ですが、今年54歳になりました。来年55歳になります。
    そこで、2015年2月1日日曜日に、新宿BLAZEでゴーゴーヒデキ決定!
    前座のバンドがまだまだ新人のバンド、AJ -米田渡-!
    中座はあの幻のバンド、WY!
    じゃあメインは誰・・・?俺のソロ?それじゃあはなわでしょ。
    何とメインはC-C-Bです!!
    お待たせしました東京の皆さん!九州の感動をここでもやりますよ!!」
田口さん「メインのバンドは一曲しかやらないんでしょ?」
英樹さん「お前どうして水を差すようなことをいうかなぁ」
田口さん「何曲やってくれるのかな」
英樹さん「3万曲だよ!」

「ゴーゴーヒデキ」の先行予約の日が10月9日で、ざわつくお客さん・・・
英樹さん「それは何のブーイング?スペインが予選で敗退したから?そういうブーイング?
    えっ、10月9日って何?」
お客さんから「C-C-Bが解散した日」と声が上がり・・・
田口さん「海パンを履いた日だって」
英樹さん「俺が海パン履いた日なんてよく覚えてるね!
    な~んてね。上手いことやるよね、本当に。
    そういうわけで皆さんも信じていれば、必ず夢が叶うという・・・、
    25年前からの俺のメッセージや。覚えとき~や!」


<総括>
 ツアーを6公演も終えた後の最終日ということだったわけですが、最終日に相応しいような完成度の高いライブを見せて頂きました。これも毎回DVDを見て反省し、次のライブに繋げていったからこそなんでしょうね。ツアーの初日の名古屋、ちょうど真ん中の福岡と見てきたからこそ、その違いがよく分かりました。

 MCでの田口さんのイスの音が鳴ったりして、最終的にKURE 5-56が登場する流れなんて本当に田口さんに笑いの神様がついているのではないかと思ってしまいます(笑)英樹さんが言うように、田口さんは何か持っていますよね。
 MCのことでいうと、『ナツハレ』での米川さんの「あ~め~が~♪」という部分、自分もCDで初めて聴いてからその部分がずっと気になっていたんですが、そんなマニアックな部分誰も気にしていないかななんて思っていたら、田口さんも気になっていたみたいで・・・(笑)思わず笑っちゃいました。

 そして、「ゴーゴーヒデキ」のサプライズ発表があった後の英樹さんの「信じていれば、必ず夢が叶う」というセリフ。福岡でも同じようなことを聞いたのにも関わらず、遂にあの4人がC-C-Bとして揃うんだという気持ちもあってか、泣いちゃいました。その後、英樹さんが「25年前からの俺のメッセージや。覚えとき~や!」と照れ隠しなのかわかりませんが、関西弁を使っていましたが、その言葉がとても温かく聞こえて余計に涙が・・・。
 『信じていれば』という曲は以前から良い曲だと思っていましたが、このツアーでより思い入れが深い曲になったような気がします。

 ツアーが無事に終了して、AJの活動も来年までお預けという形なのかな?
 できれば年内にもう一度くらい見たいような気がします。個人的な願望としては、去年の松木セッションで出演したような形でAJを見てみたいです。でも、松木さんもお忙しいようなので、実現は難しいみたいですね。

コメント

感動の集大成ですね(*^_^*)

レポありがとうございます!!!

残念ながら行かれへんかったけど、感動が充分伝わってきましたよ(^^)♪

田口さん、ず~っと面白かったけど、最終日は一段と面白そうだった感じですね 笑


「信じていれば」・・・福岡のアンコールで聴いた感動が忘れられません。私にとっても思い入れの深い曲になりました(*^_^*)

ゴーゴーヒデキは、きっと福岡での感動よりもっともっと大きなものになるんでしょうね!!


2014.07.03  AKI  編集

本当~にすばらしいライブでしたよね!
私、ゴーゴー英樹の発表の時おトイレにいっていたので、その瞬間どんな感じだったのか詳細がわかって嬉しいです。ありがとうございます。
トイレから戻りどうやらC-C-Bがライブするらしいと察して、あとはClimaxまで涙の洪水さー♪でした。

そうそう私かいしんさんの事わかりましたよ!
(絵とそっくりですね…)
席がかなり遠かったのでお声はかけられませんでしたが。
また同じ会場でお会いできたらいいですね。

2014.07.03  rikkie  編集

>AKIさん

コメントありがとうございます。

田口さん、最終日も絶好調でしたよ!
上手くピークを最終日に持ってきたような気がしました(笑)
それにしても、田口さんが調子が良いとMCも盛り上がりますよね。

「ゴーゴーヒデキ」も今から待ち遠しいですね。
C-C-Bがステージに揃ったとき、また泣いちゃいそうな予感がします。

2014.07.04  かいしん  編集

>rikkieさん

コメントありがとうございます。

素晴らしいライブでしたね!
サプライズ発表の時のお客さんの反応は凄かったですよ。特にC-C-Bという名前が出た瞬間の歓声を聞くと、みんなが待ち望んでいたんだと感じて、この時点でウルっときてしまったり・・・。

あっ、バレちゃいましたか(笑)
またどこかでご一緒できる機会があったら、お声をかけて下さいね。

2014.07.04  かいしん  編集

メンバー、ファン共々…

本当に楽しめたライヴだったようで…かいしんさんのライヴレポを読んで感じました。
相変わらず彼らの関係性がC-C-B時代から全く変わっていないのには感動すら覚えます(*^_^*)

ゴーゴーヒデキ…行けるかどうか今回も微妙だなぁ…。
そう言えば英樹のバースデイライヴ(英樹リサイタルだったかな?)の時
くみちょが『ハードボイルド物語』をハンドマイクと小道具(!?)のピストルを持って歌ったのがお客さんに大ウケして
英樹が主役のライヴなのに本人がくみちょにぶつぶつ文句言っていたの何故か思い出しました…(* ̄m ̄)

2014.07.12  ちょび  編集

>ちょびさん

コメントありがとうございます。

当時から関係性が変わらないというのもファンとしては嬉しいところがありますよね。
田口さんがみんなから愛されるイジられキャラだったり、英樹さんがそんな田口さんにツッコミを入れたり、それを見て米川さんが笑っていたり・・・、こういった関係性が僕も大好きです。

英樹さんのリサイタルの時の「ハードボイルド物語」の映像をユーストリームで配信されたときに見たことがありましたが、英樹さんを差し置いて小道具バッチリで歌っている田口さんを見て笑っちゃいました(笑)
根に持っているのか(?)、英樹さんも主役を差し置いて歌っていたことを今でもしっかり覚えているみたいです(苦笑)

2014.07.13  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad