かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

お二人様 TOUR 2014 L'OFTRSM 名古屋公演

2014.07.25

category : ライブレポ

 こんにちは。

 今月11日にお二人様のライブに行ってきました。
 場所は名古屋STAR EYES。
 初めて行く場所でしたが、駅から分かりやすい所にあったので迷わず到着することができました。
 この会場はジャズバーということで落ち着いた雰囲気がありました。
 楽屋がないため、米川さんや亜土さんが奥の席で開演前にスタンバイしているお姿や休憩時間にリラックスしているお姿が見えてしまうという何とも不思議な光景でした。でも、直視するのも悪いかなと思ってなるべく見ないようにしました。ファンとしては嬉しい光景であるかもしれませんが、演者さんからすれば休憩中も気が抜けないのでちょっとツライところがあるのかなと思ったり。
 この会場は1ドリンク1フードオーダーで、ライブチャージの他に更にカバーチャージというものがかかるみたいで、飲食を3品以上オーダーするとそのカバーチャージが無料になるということで上手い戦略だと思ってしまいました。
 ライブ代の他に思わぬ出費が重なってしまったわけですが、お好み焼きポテトがとっても美味しかったので機会があればまた食べたいです。またこの会場でライブがあったら、オーダーしたいですね。

 お二人様のライブに参戦するのは去年の6月以来2回目です。
 落ち着いた会場に相応しくしっとりした曲が中心でした。
 お二人様といえば、MCがとても面白かった記憶があるんですけど、そのMCが今回は短く感じてしまいちょっと残念でした。前に行ったときはMCが結構長かったような感じがしたんですけどもどうだったかな。
 開演が19時半で終演が22時半でだいたい3時間ほどのライブだったわけですが、休憩時間がかなり長かったのがMCが短く感じた要因なのかも。


 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


<出演者>
お二人様
米川英之(Vo、Gt)
高橋亜土(Pf)


<場所>
名古屋STAR EYES

DSC_0372.jpg

DSC_0374.jpg


<セットリスト>
(第一部)
Oceans
秘密結社るるる
Black October
Stella
Tower side story

(第二部)
La Marea
木曽のキューバ人
月灯り
Rain
月に光る涙
Bramaz

(アンコール)
Getting Better


<演奏曲について>
 『Black October』は前回行ったライブで聴いたんですけども、どことなく新鮮な感じがしました。その時のライブレポを見てみると、『Black October』の演奏前に大勢のお客さんが会場に入ってきてゴチャゴチャしていたため、演奏の方が耳に入ってこなかったんですね。そんなことがありましたが、今回はじっくりと聴くことができました。
 米川さんが「難解なメロディー」というだけあり、複雑な感じがしましたが、渋い雰囲気があってカッコ良かったです。
 そういえば、この曲はツアーではオケを使って演奏していたみたいですが、オケのテンポが速くて大変だったみたいです。今回はオケ無での演奏だったので割とゆっくりなテンポで演奏できて米川さんもやりやすかったそうです。

 お二人様ではお馴染みの曲である『Tower side story』、米川さんの曲の中でも好きな曲の一曲なんですけども、初めて行ったお二人様のライブで聴けて嬉しかったことを思い出しました。この曲の最後の「雲が切れて~♪WoWWoW~また晴れになる日まで♪」というところが好きだったりします。ライブでは「WoWWoW~」というアレンジが入っているんですよね。

 『木曽のキューバ人』はオケありで演奏されました。前回のお二人様ではオケなしでの演奏だったので、オケがあるのとないのとではがらりと印象が変わりますよね。『木曽のキューバ人』もこんなにアップテンポな曲だったっけと思いました。

 『Rain』は初めて聴く曲でオケありでの演奏でした。タイトルを見る限り静かなバラードを連想してしまいましたが、アップテンポな感じ。というかオケが入るとどの曲もアップテンポな曲に聴こえてしまいます(汗)今回初めて聴いて、個人的に亜土さんの曲の中で『秘密結社るるる』と同じくらい好きな曲だと思いました。こういったノレる曲って好きです。

 『月に光る涙』もオケありでの演奏となりました。オケが流れてすぐにピアノが入る形となるので、曲を演奏する前にお二人で確認してしまいました(笑)独奏会で一度聴いた曲ではありますが、あまり演奏される機会がない曲なのでこういった珍しい曲を演奏されるのは貴重ですよね。特にお二人様は歌ものが少ないので歌もの好きな自分としてはこういった曲があるのは嬉しいです。

 アンコールの曲は『Getting Better』でこちらもオケ付きでの演奏となるんですが、亜土さんはキーボードの他に、ベースの音が鳴る鍵盤?を出してこちらでも演奏されていました。そんな亜土さんに負けないように米川さんもギターの音量を上げていたり・・・(笑)
 アンコールに相応しくとても盛り上がってライブが終了となりました。


<MC>
次に演奏する曲が『Black October』ということで・・・
米川さん「次の曲は『Black October』という亜土さんの曲なんですけども、
    割と難解なメロディーが続きます」
亜土さん「ん?あっ、難解ね」
米川さん「南の海じゃないよ」

米川さん「(このツアーは)台風が心配だったんですよ」
亜土さん「でもまぁ何とか・・・」
米川さん「ほとんど傘をさしませんでしたよね?」
亜土さん「台風に向かって行って、逃げて帰ってきた感じだよね」
米川さん「そうそう(笑)逃げて帰ってくるうちに追い越されちゃった」
亜土さん「下から抜かれたんだよね。早めに台風が来られると淡路島から出れない可能性もあったよね。
    でもその場合淡路島からのスタジオライブをユーストリーム中継を考えていたんだけどね。
    これはギャグじゃなくて本当にそういうことができる環境だったんだよね」

亜土さん「このツアーは7月4日から始まってまして、ちょっと空いて8日は淡路島で、
    淡路島だけはタイトルが『米川英之アコースティックライブ』ということで、
    ほぼ全部歌もので僕はバックバンドみたいな感じで。
    その翌日以降は・・・」
米川さん「L'OFTRSM」
亜土さん「さっきから彼は『L'OFTRSM』って言っていますが、これはライブタイトルなんですけど。
    お二人様で始めたのは10年位前からでいつもお二人様ライブとかお二人様ツアーという名前で、
    ネットで『お二人様』って検索すると『お一人様のみ』とか『お一人様焼肉』とか出てきて・・・」
米川さん「関係ないね、それ(笑)」
亜土さん「なので、お二人様って何のこっちゃということで、サブタイトルを付けようということになり
    『お二人様』の子音を並べてみて書いてみて、
    それで何でかよく分からないけどもフランス語の冠詞の『L』を付けてみました」

第二部が始まって・・・
米川さん「ビール飲んじゃいました、ごめんなさい。ご覧になっていたと思うんですけど、
    あまりにも待ち時間が長くて・・・」
亜土さん「別に謝らなくても・・・今日なんて遅い方です」
米川さん「昨日ね!」
亜土さん「昨日、一昨日は、段々とチャージ開始の時間が早くなってきて、
    昼チャージなんかもあったりして。晩酌の時間にチャージが終わってないのはおかしいです」

『木曽のキューバ人』の演奏終了後・・・
米川さん「今日高速で木曽川を渡ってきましたね」
亜土さん「あっ、そうですね」
米川さん「何で木曽なのにキューバ人なんですか?」
亜土さん「わかんない」
米川さん「キューバ人がいるんですか?」
亜土さん「います!一人くらい・・・。続編も作れますよ。
    『飛騨のルーマニア人』とか、『長良川ボヘミアン』とか・・・」


<総括>
 TANaBEやB×Bのライブはゆるゆるな感じなんですけども、お二人様もゆるゆるな感じでしたね。
 開演してすぐに亜土さんがパソコンのセッティングをし忘れていることに気づき、パソコンを取に行きセッティングしたり(結局それも第一部では使わないという)、米川さんも「次の曲は何だっけ?」と亜土さんに聞く場面もあったりと、ゆるゆるな感じ。でも、それがまたほのぼのとしていて良いですね。

 やっぱりMCが物足りないと感じてしまいましたね。亜土さんのボソボソと喋っては笑いを取るスタイルというのは自分がライブに行く人たちの中では珍しいので見てみたかったんですけども・・・。

 このツアーは会場ごとにセットリストも微妙に違っているみたいですね。他の会場では米川さんの新曲(『ノクターン』というタイトルみたいですね)が演奏されたそうなんですが、名古屋では演奏されなかったのが残念。今年の名古屋での独奏会で演奏されたみたいですが、残念ながらこの日参戦できなかったので未だに聴けずにいるんですよね。次回米川さんのライブに参戦する日までのお楽しみですね!

コメント

なんだか。。。

凄く昔に感じてしまう自分が怖くも。。。(笑)
今月はいろいろありましたから(^_^;)
まだ最後の週がすんごいコトになってますが。。。><;

セトリ、こんなに違うんですね?(@_@;)
って並びと2曲違うだけで、全然違うく見えてしまう。。。
私が分からなかった高橋さんの曲「Rain」だったんでしょうかねぇ?

神戸ではC曲が聴けちゃって凄くレアだったんでしょうね♪
きっと淡路島まで行ってたヒトも神戸に居ただろうし
それでお得なLiveになっていたのかもしれませんね☆彡
Luckyだったかも♪(^_^)

2014.07.28  のの♪  編集

>のの♪さん

コメントありがとうございます。

笠さんのバースデーライブも遠い昔に感じてしまいましたが、自分もこのお二人に対しても遠い昔に感じてしまいます。
なのに7月があっという間に終わってしまうという感じもあったりと不思議な感覚です。

セトリは米川さんの曲をちょこちょこ入れ替えているみたいですね。
別会場では「青いブランケット」も演奏されたんですよね。
アコースティックでの「青ブラ」はB×Bで聴いたことがありますが、亜土さんによる「青ブラ」も聴きたかったなぁ。
神戸でも「Rain」が演奏されているみたいなので、多分「Rain」で合っていると思いますよ~。

2014.07.28  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad