かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

C-C-Bのカラフルココナッツ

2014.07.30

category : C-C-B ラジオレビュー

 こんばんは。

 C-C-Bのラジオ番組を解説しようと思い、ほとんど何も進まず5年ほど経ってしまいましたが、久しぶりに解説してみたいと思います。
 今回は85年から86年まで放送されたラジオ番組「C-C-Bのカラフルココナッツ」について解説したいと思います。
 4年前に一度解説しているんですが、改めて書いていきたいと思います。


C-C-Bのカラフルココナッツ


放送時期
85年4月~86年3月


放送局
TBSラジオ


オープニング曲
『カラフルコミックス』


主なコーナー
・お便りコーナー
・ドラマコーナー

解説
 C-C-Bが『Romanticが止まらない』のヒットで一躍人気者となり、すぐにラジオ番組のパーソナリティーを務めたわけですが、その番組の一つがこの「カラフルココナッツ」です(他には「いたずらコミックス」という番組も持っていました)
 所ジョージさんがパーソナリティーを務めていた「進め!おもしろバホバホ隊」という番組があったんですが、こちらの番組の中の箱番組(帯番組?)ということで85年4月から86年3月まで放送されました。
 
 箱番組ということもあり放送時間が短かったため、テンポが早くトークが繰り広げられている感じがします。時折唐突に「ハイ!」なんていう英樹さんの声が入っていたりすると、ここがカットの切れ目なのだなと分かるときがあったりして、面白いです。

 コーナーはお便りコーナーやドラマコーナーが中心です。
 お便りコーナーなんですけども、お便りコーナーに入るときは素直に入ろうとせず、続いてはお便りコーナーと紹介するミニドラマ(ミニコント?)が入ることが多いです。
 また、お便りコーナーの最後に紹介する宛先は毎回違うのが特徴です。「炎のお便り待ってるぜ係」、「お便りは任せなさい係」などなど・・・。何故毎回宛先の係が違うのか質問が寄せられていましたが、意味が違うのは特に意味がないみたいです。
 C-C-Bの人気ぶりを象徴するかのように一日にお便りは500通を越えていたんだとか。

 他には「こんな喫茶店は嫌だ」や「見てみたいTV番組」といった単発コーナーが多いのが特徴かもしれません。その単発コーナーも台本通りにメンバーがボケていく感じで、あまり自由に喋らせてもらっていないという感じがします。後にメンバー自身もツッコミからオチまで何から何まで台本通りに喋っていたそうで、「これ、台本でやってますけどね」ということまで台本に書いてあったと語っています(苦笑)

 後のC-C-Bのラジオ番組の恒例の企画となる「ラブレター大賞」や「C-C-B持ち歌ベストテン」はこの時からすでに始まっていました。
 「ラブレター大賞」はC-C-Bのメンバーに対して送ったラブレターからどれが一番良いラブレターなのか大賞を決定するというもの。この「カラフルコミックス」の放送中に第3回まで行われたそうです。
 「C-C-B持ち歌ベストテン」はその名の通り、リスナーが投票してC-C-Bの曲のランキングを発表するというもの。第1回目の第1位に輝いたのは『LuckyChanceをもう一度』でした。

 ある週だけ特別コーナーとして一日ごとにメンバー1人が自分のプロフィールを紹介するという週があったんですが、この頃のC-C-Bは年齢を鯖読みしていたため、自分の生年月日とは全く違う生年月日を言ったり、ふざけたりして誤魔化していた中、何故か関口さんだけが変な声を出しながらではありますが正しく自分の生年月日を言っていたのには笑っちゃいました。あれ?と思った人はいなかったのかな?

 この番組は生放送ではなく収録だったわけですが、生で放送されたこともあり、その時には所ジョージさんがゲストで出演されていました。ちょうどC-C-Bがハワイに行く直前ということで所さんがものすごく羨ましそうにしていましたね。
 所さんはC-C-Bと何かと番組で共演することが多かったですが、「C-C-Bは元気があって良い!」と誉めていました。

 この番組の放送作家であるKさんが度々番組中で話題に上がり、気になったリスナーさんから、Kさんとは誰なのかと質問のお便りが届き、Kさんについて紹介していました。その際に英樹さんがKさんの名前に対して「キレイな名前だ!」なんて言ったばかりに、Kさんは女性だと勘違いしたリスナーさんがC-C-Bと一緒にお仕事できるなんて羨ましいと少し嫉妬しているような感じのお便りが届き、Kさんは男性だと誤解を解いていました。実際に番組の方にも一度だけ出演されていました。

 この番組は86年3月で終了しましたが、4月からはC-C-Bが「バホバホ隊」の火曜日のパーソナリティーとなり、「C-C-Bの進め!おもしろバホバホ隊」が始まることになりました。

コメント

はじめまして。
私も中学3年の当時、受験勉強しながら聞いてたラジオがきっかけでCCBのファンになった1人です。
もう昔のことで、忘れてしまいましたが、CCBのカラフルココナッツは毎回録音して、何度も聞いて爆笑すると言った感じでしたね。
カセットだったので、今はどこに行ったやら、探しても見つからなくて・・・。

2014.08.02  naoni  編集

>naoniさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

ラジオがきっかけでC-C-Bファンになったとは珍しいですね。
でも、C-C-Bのラジオって面白いですよね。
トークが面白いですし、何よりもメンバーの皆さんが楽しそうにラジオをやっているような雰囲気もあったりして、ラジオの前の自分まで楽しい気持ちにさせてくれます。
そんなC-C-Bのラジオが僕も大好きです。

「カラフルココナッツ」はネット上ではアップされていないかと思いますが、C-C-Bの他のラジオ番組はニコニコ動画にあったと思うので、是非チェックしてみてください。

2014.08.03  かいしん  編集

ラジオ!!!

かいしんさん、ご・き・げ♪

っと、その前に…
「セットリストSPブログ」!!!!!
素晴らしいですよ!
ちょっと興奮しすぎて、しっくりくる単語が見つかりませんけれども笑
まさか、NKホールまであるなんてーーー!!!
もう、感激しすぎて泣けてきますよ!!!
とにかく、とにかく、ありがとうございます!!!

さて、かいしんさん
ラジオですね!待ってましたよ!!!
っというのは、ちょっと聞きたい事がありまして
コメントさせていただいたのです。
時期や番組名なんかも、曖昧ではっきり覚えてないんですけど…
田口さんが番組中にキレるんです!
何から何まで台本通りとは言え、コレばかりは素だと思うようなやり取りなんですよね。
確か、お手紙コーナーの後の雑談ぽくなってる時だったと思いますが、米川さんが自分たちが載ってる雑誌のインタビュー記事を読んでゲラゲラ笑ってるんですよね。
そして、英樹さんか誰かが米川さんに何を見て笑ってるの聞くと、それが田口さんが答えてる記事だという事で「なんて書いてあるの?」っという流れになりまして
「ねぇ、ねぇ、これほんと?」
っと言ってその記事を田口さんに読んで聞かせます。
すると、田口さんは「忘れたよ!」とか
「覚えてないけど、言ったんじゃないのたぶん」
っと答えてたんですがあまりにも米川さんが、
笑いながら質問してくるので最後に田口さんが
「もおーーーー怒ったよ!!!!!」っと怒鳴るんです!
これが、面白くて面白くて!!
当時、録音してたテープを何度も聞いた思い出があります。
気まぐれ…いや、バホバホ…あたりのような
気がしますけど
YouTubeやニコ生にはUPされてないんですよね…
かいしんさんなら、ご存知かな…
知っててくれたら嬉しいなぁ…
っと、今回長々とコメントしてしまいましたf^_^;)
いかがでしょうか?



2014.08.10  Junsuke  編集

>Junsukeさん

ごきげです。
コメントありがとうございます。

セトリをまとめるブログはあったら便利かなと思って2ヶ月くらい前から密かに始めていたんですけども、量が多すぎて先が見えませんね(苦笑)
でも、喜んで頂けて良かったです。
また、こちらのブログでもそのブログを紹介する記事を書こうかなと思っています。

ラジオで田口さんがキレてしまうというエピソード、自分も聞き覚えがあったので調べてみました。
「きまぐれナイトフェイス」の87年1月10日分のものですね。
田口さんがキレた後、雑誌に対して「たまにはよく撮ってくれよー、写真くらい!」「何で俺だけいつもバカみたいに写っているんだ」なんて言っていて、最後にはちょうど関口さんの独立発表があったときだったので「俺も来年の3月で辞めてやるよ!」と言っていたのは笑っちゃいました(笑)

ニコニコ動画にあったのでこちらに貼っておきますね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1165244
52:15くらいから田口さんがキレます(笑)

2014.08.10  かいしん  編集

聴きましたぁーーーーーーーー!!!!!

かいしんさん、いや、かいしん殿!!
もぉー何から何まで本当にありがとうございます!!
コレですよ!コレ!!
やっと聴けましたですよ!
私はてっきりバホバホかと思ってたんですが、
気まぐれ…だったんですね!
米川さんの「明星かコレ」とか、
田口さんにクイズありましたよね!
それも聴きたかったんですよ!
「スワンの涙」とか「モンスターは止まらない」
本当に最高ですよね笑
不自然のドラマは度々UPされていたので、
あーはいはいみたいな感じで流してたんですが、
まさか!まさか!でした!
ありがとうございましたo(^▽^)o
これから、また、聴きます笑

そして、セットリスト関係の方ですが、
楽しみにしながら、こちらもゆっくりじっくり
熟読させていただきますね☆

あ~なんて今日はしあわせなんだろう~っと、
台風で大変な所もあるというのに、そんな事をしみじみ感じた日でした。
何度も言いますけど、かいしんさん
ありがとうございます(^-^)

2014.08.10  Junsuke  編集

>Junsukeさん

コメントありがとうございます。

自分の中でもこの放送が印象に残っていたのは素直に面白かったということもありますが、ネットにアップされていて中学生のころから聴いていたからだと気づきました。

田口さんがC-C-Bクイズにチャレンジするも散々な結果になるのは今を考えるとちょっと意外ですよね。
逆に今の田口さんの方が答えられそうな気がします(笑)
というか若干ウケ狙いに走っていたのかも・・・?
ウケ狙いかそれとも本気で間違えているのか分からないのは今と変わらないですけども・・・(苦笑)

どういたしまして。
お役に立てて良かったです。

2014.08.10  かいしん  編集

ドラマコーナーの記憶です!

かいしん様、はじめまして!
私は30年前小学生だった時C-C-B大好きでした。当時「カラフル・ココナッツ」を録音して繰り返し何度も聴いていたので、覚えていることシェアさせてくださいませ!
トークの辺りは小学校低学年だったこともあり、分からない言葉も多かったので忘れてしまいましたが、ドラマコーナーは今でも耳に残っています…何回聴いたんだか(笑)
以下、覚えていることです。

ドラマコーナー
・ヨネルとハイド(主役は米川君。英樹君が恋人役、ゴム君がバーのママで殺されてしまう役。)
・ローマの休日のパロディ(主役マリー・アンコワネットが田口君。相手役が英樹君。)
・銭形平次パロディ(銭形平次役が笠君。子分がゴム君。)
・(タイトル忘れ)カラフル・タウンで巻き起こるウェスタン調の話(主役のカウボーイ(?)が田口君。英樹君が悪役だったかな?)

最近、当時の雑誌を手に入れてこのラジオも大変な過密スケジュールのなか収録したものであると知りました。そんなこと微塵も感じさせないほどリスナーを存分に楽しませてくれ、改めてC-C-Bすごいと思いました。
30年のブランク開けてしまって、しかも英樹さんが亡くなられた後で、本当に後悔しています…。今、毎晩C-C-B聴いています。大人になって改めてC-C-B聴いたら、素晴らしいアーティストだと思いました。C-C-B、スゴイです…!!

2015.11.26  たなか  編集

ラジオではありませんが

追記ですみません。
ラジオではなくTVの思い出ですが、確か「ベストテン」で空想KISSの時だったと思います。
スタンバイ前にメンバー全員の投げキッスを披露するということになって、田口さんが指をベロに付けて、ツバ付けるみたいにやっていたのがすっごく面白くて今でも覚えています(笑)

もうご本人も忘れていらっしゃるようなことですが、私の宝物のような大事な記憶です。

長々とスミマセン。これからもブログ楽しみに拝読させて頂きます。

2015.11.26  たなか  編集

>たなかさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

C-C-Bドラマは印象に残っているという方がたくさんいらっしゃいますよね。
それだけ大きなインパクトを残した作品が多いのかなと思います。

「ローマの休日」のパロディは「東京の休日」、ウェスタン調のお話は「決闘荒野の流れ星」だと思います。
銭形平次のドラマは何となく聞いたことがあるような気がしますが、ざっと探したらところ見つからなかったです。
こうして見るとパロディ作品が多いですね(苦笑)

ドラマではみんな色々なキャラクターを楽しく演じて、
トークでも番組を盛り上げていて、本当に当時の過密なスケジュールを感じさせないくらい
面白くて楽しい番組を作り上げていましたよね。
C-C-Bは音楽面でも素晴らしいですが、こうしたエンターテイナーとしての面も素晴らしいですよね。


「空想Kiss」のお話ですけども、調べたらどうやら「トップテン」のようです。
「空想KissとはどんなKissなのか」という問いに対して
メンバーそれぞれのKissを披露する中で、
田口さんは指をベロに付けて、その指を見せていましたね(笑)
これを見て「何だか汚いですね」とアナウンサーの方が仰っていたのに笑っちゃいました。

何気ないTVの1シーンでも見る人にとってはとても印象に残ることがありますよね。
これからも素敵な思い出をお聞かせ下さいね、

2015.11.27  かいしん  編集

はじめまして かいしんさん

この9月にこちらのブログに出逢い、2007年の記事から少しずつ読み進め、今日この記事まで来ました。
かいしんさんのような若いCCBファンが居ることを知り嬉しいです。
かいしんさんの丁寧なライブレポやレビューに感心し、そして私の同年代の方々のコメントを楽しく拝見してます。
私は当時ラジオを聴ける環境になく、みなさんの楽しそうな回想にただただ羨ましいばかりです。

ラジオネタではありませんが、高校生当時の雑誌の記事で(おそらくCCBのメンバーの会話だと思うのですが)、「ステージから客席を見てると会場のあちこちでキラッと光る。その光をつい見ちゃうよね~。」という言葉がありました。お客の双眼鏡やオペラグラスが照明に反射して光るんだ、と。
すぐにオペラグラスを買いました。そして会場で友達と交互にオペラグラスを覗いては「ヒデキがこっち見た!アタシを見た!」と騒いだものです。そんな女子がいっぱいいたはずです。
かいしんさんはライブの時にお姉様方からそんな話を聞いてるかな…。
かいしんさんのブログに背中を押され、先日米川さんの独奏会に初めて行きました。
かいしんさん、ありがとうございます。
いつか会えたら直接お礼が言いたいです。

2015.11.27  グレコフ  編集

さすが!!

かいしん様
お返事ありがとうございます!リサーチ力すごいですね!!あやふやな記憶をしっかり整理してくださり、ありがとうございました。
また「これ何だったっけ?」とお尋ねすることがあるかもしれません(汗)
これからもC-C-Bのこと勉強し直して参りたいと思います!
宜しくお願いします(^ー^)

2015.11.27  たなか  編集

>グレコフさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

最初の記事から読んで頂いているんですね。
ありがとうございます。
昔の記事は今よりも文章が拙いので何だかお恥ずかしいです(苦笑)

雑誌でのお話、とてもロマンチックですね。
ステージからの景色は限られた人しか見ることが出来ない景色ですよね。
ステージから見えた夜空に輝く星のような景色、
きっとキレイなものであったんでしょうね。

独奏会に行かれたんですね。
このブログがライブに行かれる方の背中を少しでも押すことが出来たら
記事を書いて良かったと思うことが出来て嬉しいです。

いつかどこかのライブでお会いできると良いですね!

2015.11.29  かいしん  編集

>たなかさん

コメントありがとうございます。

「トップテン」のお話はたまたま記憶にあるお話だったので見つけることが出来ました。

次もお答えできる自信はないですが、分かる範囲でお答えいたしますね。

こちらこそよろしくお願いします!

2015.11.29  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad