かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

B×B 2014年9月20日

2014.09.24

category : ライブレポ

 こんばんは。

 今月20日にB×Bのライブに行ってきました。
 場所は高田馬場音楽室DX。
 音楽室DXではスタンプカードがあり、来場するとスタンプが貰えるんですが、そのスタンプカードを家に忘れてきてしまうというミスを犯してしまいました。何だか悔しかったです(苦笑)

 B×Bのライブに行くのは今回でもう6回目になります。予定が合いやすかったりするので、何だかんだでこんなにも行けちゃっています。
 今回のB×Bのライブは今までで一番楽しかったような気がします。周りの方も同じことを仰っている方もいらっしゃったので行って良かったと思えました。
 何といっても田口さんの調子が良くて、爆笑の連発!(笑)さすが田口さんという感じでした。
 B×Bのセトリは若干マンネリ化してきたかなと思っていましたが、今回のB×Bでは久しぶりにやる曲や初めてやる曲もあり、新鮮で楽しめました。


 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


<出演者>
B×B
田口智治(Vo、Key)
米川英之(Vo、Gt、Key)


<場所・ステージ>
高田馬場音楽室DX

DSC_0443.jpg

DSC_0440.jpg

1411203056624.jpg


<セットリスト>
(第一部)
ORDINARY(Vo.米川)
Rainy Farewell・・・アメノチワカレ(Vo.米川)
坂の途中(Vo.田口)
Catch The Rainbow(Vo.米川)
風のラリー(Vo.米川)
Velvet Touch(Vo.米川)

(第二部)
君がいた場所
丘を越えて(Vo.田口)
青いブランケット(Vo.米川)
Getting Better(Vo.米川)
走れ☆バンドマン
Telephone(Vo.田口)

(アンコール)
奇跡(Vo.米川)


<演奏曲について>
 第一部最初の曲はB×Bの前座として米川さんのみが登場して、『ORDINARY』を演奏しました。

 続いて演奏されたのは『Rainy Farewell・・・アメノチワカレ』でした。出だしのタイミングがなかなか合わずに四苦八苦するお二人に笑っちゃいました。
 この曲では米川さんが二番で歌詞が一番と混ざってしまい歌詞がグチャグチャになってしまっていて、米川さんも思わず苦笑い。その後、米川さんは田口さんの方をチラッと見ていたんですが、田口さんは一生懸命キーボードを弾いていて、米川さんの歌詞の間違いには全然気が付いていない様子でした(笑)

 次は田口さんがヴォーカルの『坂の途中』でした。スガシカオさんの曲みたいで初めて聴く曲でしたね。どうやら18日にあったお歌のライブでもこの曲を歌ったみたいなんですよね。一度歌っているだけあって、歌うのにも割と余裕があるように見えました。

 B×Bでは久しぶりに演奏されるという『風のラリー』も演奏されました。調べたら、一回目のB×Bでやっているんですね。この曲を演奏する前に「B×Bでは久しぶりにやる曲です」なんて言っていたので、『抱きしめたい』か『もう、遅すぎて』が来るのかなと思っていました。でも、『風のラリー』が久しぶりに生で聴けて良かったです。
 この曲のアコースティックバージョンは昔Youtubeでアップされていてよく聴いていたので、B×Bでのバージョンも聴いていて違和感がなかったです。

 第一部最後の曲は『Velvet Touch』で、B×Bでは初めて演奏される曲でした。この曲は最初ベースから始まっていてその印象が強すぎるため、イントロを少し聴いただけでは一瞬何の曲が分からなかったですね。
 笠さんのパートは田口さんが担当。1番は頑張って歌っていましたが、2番からは歌えなくなり、お客さん達ですかさずフォロー。さすが皆さん田口さんのことをよく分かっていらっしゃいます(笑)最後には田口さんはお客さんに笠さんのパートを丸投げしていました。

 第二部の最初は田口さんのみが登場。2年前に作ってHPでも公開されている『君がいた場所』を演奏しました。当初は弾き語りの予定だったみたいですが、一人ではもう弾き語りしないと宣言したため、歌わずにピアノでの演奏のみでした。
タイトルを聴いただけではピンと来なかったんですが、演奏されるとピンと来ましたね。しっとりした優しい曲で本当に素敵な演奏でした。こういう曲を聴くと、田口さんの独奏会を期待してしまう自分がいます。

 続いて演奏されたのが『丘を越えて』でした。元はBAKUの曲で、キーが高いから最後までそのキーで歌えるか田口さんは不安そうにしていましたが、キーを変えることなく歌うことができていました。でも、どうしてもキーが高いため歌いづらそうな気がしましたね。

 『青いブランケット』は米川さんがギターを置きエレピを弾きながら歌いました。最初は米川さんのピアノソロから始まったんですが、田口さんの方をチラチラと見てまるで何かを確信しているように弾いていました。そんな米川さんに対して、「目で語らないで」とボソッと言う田口さん(笑)
 お二人がピアノを弾く形は以前もありましたが、この形で『青いブランケット』を演奏するのは初めてかな?こういう形でC-C-Bの曲を演奏するのは新鮮で良いですよね。

 そして、B×Bでは初めて演奏される『走れ☆バンドマン』!オケとともに演奏されたんですけども、米川さんはアコギ、田口さんはエレピなのでいつもと雰囲気が違う『走れ☆バンドマン』を聴けました。
 歌パートの部分も歌っていたんですけども、田口さんはハモろうとしていたみたいですが米川さんと同じところを歌っていて、米川さんに「同じじゃない?」なんて言われていました(笑)


<MC>
米川さん「今回ライブをやるにあたり、田口さんと
    『何か曲のアイデアある?』なんてことからメールのやりとりをしたね」
田口さん「今回は米ちゃんとメールのやりとりをしたよね」
米川さん「したんですよ。ズラ~っとメールが10個くらい並んでた」
田口さん「電話だったら一本くらいで済むのにね。何で電話しないの?」
米川さん「電話して欲しいの?」
田口さん「だってメールを打つのが去年よりも倍くらいの時間になっちゃって・・・。
    米ちゃんとのメールは全然噛み合わなくて、俺が言いたいことを言って、
    向こうも言いたいことを言って・・・」
米川さん「そうそう、会話になってないんだよね」

田口さん「昨日Facebookで『弾き語りをしない』って宣言したので、
    ひょっとしたらお客さんの中で『今日は田口さん歌わないんじゃないか』と
    思われている方がたくさんいると思うんですけども、一人では弾き語りしないっていうことですよ。
    だから相手がいるとやります。相手の人がドラムだったら困りますけど・・・」

『Rainy Farewell・・・アメノチワカレ』の演奏終了後・・・
米川さん「しかし、皆さん歌詞を覚えていますよね。
    僕が間違えた時、クスクス笑っているもん。
    田口さん今一生懸命弾いていたから分かんなかったでしょ?」
田口さん「僕はいつでも一生懸命です」
米川さん「ありがとうございます。さすがです」
田口さん「皆さん一緒に歌わないのはそういう理由なんですね。
    一緒に歌うと本人が間違った時にバレるから。
    一緒に歌わないのも優しさなんだね~」
米川さん「うるさい!」

次に演奏する曲が『坂の途中』という曲だそうで・・・
米川さん「これ、誰の曲なんですか?」
田口さん「シカオさん」
米川さん「誰それ?」
田口さん「スガシカオ知らないんだ」
米川さん「あ~」
田口さん「スガシカオで思い出す曲は何かある?」
米川さん「・・・ない」
田口さん「珍しいよね、米川さんは」
米川さん「邦楽は興味ないもん」
田口さん「じゃあ、今一番流行っている邦楽のアーティストは誰?」
米川さん「嵐!それくらい知っとるわ!どうだ!」
田口さん「参りました(笑)確かに嵐でございます。4人の中では誰が好きなの?」
米川さん「知らねぇよ!」
田口さん「俺もメンバーの名前言えるか不安なんだよね。
    松潤と大野君と櫻井君と相葉君・・・だよね?えっ、もう一人いる?5人だっけ?」

『坂の途中』の演奏終了後・・・
米川さん「この『坂の途中』には意味があるのかなって考えちゃった。
    田口さんは今坂の途中にいるのかなって。上っているのか下ってんのか分からないけどさ」
田口さん「これ何で好きな曲かっていうと、
    『ノラネコが沢山いるけどエサをあげてる場合じゃないよ』っていう歌詞が好きなんだけど。
    それに、『坂』を『人生』みたいに例えているんだよね」
米川さん「そういう意味でさっき聞いたんですけど・・・」

田口さん「ここで本当はセカオワの曲を歌いたかったんだけど合わないから。
    そういえば、こないだ英ちゃんが娘さんに誘われて一緒にライブに行ったみたいですよ。
    そしたら、曲を結構覚えちゃったみたいで。
    だからこの年でセカオワを語れるのは英ちゃんくらいですよ」

ミスチルにはR指定の曲があるということで・・・
田口さん「うちらも作る?R指定の曲とかあったりするの?」
米川さん「ない」
田口さん「作ろう」
米川さん「どんな構想なんですか?」
田口さん「う~ん、ガチって言われそうだからやめる」
米川さん「そっちかよ!」

曲作りの話になり・・・
田口さん「俺、AJで新曲ボツにされたんですよ」
米川さん「あ~ありましたね」
田口さん「『ライブの時にやるから』って言っていたような気がするけどもやってくれなかった」
米川さん「何とかの三角形だっけ?」
田口さん「『歪な三角形』だっけな。あれだけ盛り上がったから作ったんですよ」

米川さん「田口さん歌うんだったら洋楽でも歌ってほしいなって思ってたけども邦楽だったから」
田口さん「うちらも邦楽ですけどね」
米川さん「そうそう、邦楽ですよ。J-POPとか言ってんじゃねぇよ」
田口さん「うちらの時はJ-POPって言われてなかった?」
米川さん「言われてなかったよ」
田口さん「C-C-Bは何に入るの?」
米川さん「レコード店的な区分けで言うと邦楽」

最近忘れっぽくなっているという話になり・・・
田口さん「俺ね、朝30分くらい前に起きて30分で支度していたんだけども、それができなくなってきたの」
米川さん「(支度が)長くなっているの?」
田口さん「そうそう。あれってどこに置いたんだっけ?みたいな」
米川さん「それ昔からじゃない?」
田口さん「そうでした~」
米川さん「そういう僕も今日衣装を忘れちゃいまして。
    スーツを着ようと思っていたんですけども、忘れちゃった」
田口さん「でも、50っていうのは良い節目なんだろうね。50代になって何か変わりましたか?」
米川さん「体力がちょっとね・・・」
田口さん「そう?演奏は全然変わらないよね?前よりも力強くなっている」
米川さん「力強くなっている?力抜こう抜こうとしているのに・・・」

田口さん「50になってもルックスを維持しているのは何かやっているんですか?」
米川さん「運動とか色々やってますよ」
田口さん「あっ、やってるんだ。やってないと俺とか英ちゃんみたいになるんだね。
    じゃあジムとか通ってみようかな」
米川さん「お散歩でいいじゃないですか?」
田口さん「あっ、お散歩だったらできるかも」
米川さん「いや、お散歩は侮るなかれ!」

『君がいた場所』の演奏終了後・・・
田口さん「レオがいつもいた場所があるんですけども、
    いつもいた場所にもういないという情景が頭にあって作った曲です。
    でも、いつまでもクヨクヨしていないで最近は違うことにも目を向けようと思っていますけど、
    またネコでも飼ってみようかなぁ」

次の曲は田口さんが歌うということで・・・
田口さん「俺の歌はお金が貰えるような歌じゃないんだよね。
    自分が歌うときはお金を渡したいくらいだよ。
    それを知りつつC-C-Bのメンバー達は色々なパートを俺にやらせるのよ。
    今日も笠のパートをやったけども、やっぱりツライね」
米川さん「良いように使われてるよね」
田口さん「だから2月1日(のゴーゴーヒデキ)は楽しみ!」
米川さん「歌わなくて済むから?」
田口さん「そう。それが本来の俺だから」

『丘を越えて』の演奏終了後・・・
田口さん「何とか歌えました。
    金を返せという人がいれば楽屋の方まで来てくれればお返しいたしますので(笑)」
米川さん「本当?(笑)大丈夫、銀行行かなくて?」

『青いブランケット』の演奏終了後・・・
田口さん「(米川さんに対して)ギターやめてピアノをやった方がいいんじゃない?」
米川さん「うるさいなー」
田口さん「イントロでピアノのソロ弾いちゃってね。俺に確認しつつ・・・(笑)やめてよ、見つめるの」
米川さん「見つめてないよ」
田口さん「じゃあ何ていうの?」
米川さん「動向を確認していたの」
田口さん「瞳孔?生きています、生きていますみたいな(笑)」

田口さん「田口をブッキングするときはライブの次の次の日くらいに
    ブッキングすると調子が良いと思います。
    でもライブが空いちゃって久しぶりにやるなんて日は危険。
    その時は先に誰かにやれせた方が良いと思うよ」

米川さん「B×Bで曲を作るの?」
田口さん「どうかなぁみたいな。自分のキーに合った曲を作りたいんですよ」
米川さん「でもB×Bで作った曲をTANaBEでも歌っちゃうんでしょ?」
田口さん「歌わないよ」
米川さん「うそ~?」
田口さん「本当だよ。TANaBEで作った曲をB×Bで歌うかもしれないけど(笑)」

田口さん「もしこの先私が死んだら色んな所で『愛の力コブ』を演奏して欲しいな。
    一番最後の曲でやって欲しい!これが遺言です!」
米川さん「ステージ上で言うのか!」


<総括>
 半年ぶりのB×B(自分にとっては8か月ぶりです)、本当に充実した内容でした!
 去年の12月のB×Bで田口さんが体調不良だった時を見ている分、調子が良い田口さんだとこんなにも盛り上がるのかと思っちゃいました(笑)
 来年のゴーゴーヒデキの時もこんな感じでピークを合わせて欲しいです。

 B×Bでは田口さんが演奏したい曲を1、2曲ほど選曲していて歌っているみたいですが、今回はスガシカオさんの『坂の途中』とBAKUの『丘を越えて』でした。MCの中でも仰っていましたが、セカオワの曲を聴いてみたかったなぁなんて。でも、B×Bでは演奏するのは合わないと判断したみたいですね。英樹さんがセカオワの曲を覚えてきているみたいなので、今後やるとしたらTANaBEなのかな。

 このライブの前日くらいに田口さんがFacebookでお歌のライブ以外では弾き語りをしない宣言をしていて、もうどのライブでも弾きながら歌う田口さんが見れないのかとガッカリしていました。でもライブ中にも仰っていましたが、あくまで一人の時には弾きながら歌わないということであって、相手がいたら歌うんですね。それを聞いて何だか安心しました。やっぱり田口さんヴォーカルの曲がないとファンとしては寂しいですから。

 すっかり忘れられていたと思っていた「歪な三角形」(あの時話題に挙がっていたのは「歪んだ正三角形」というタイトルだったような)ですが、ちゃんと田口さんによって作られていたんですね。どういった曲なのか気になります。もしかしたら今後AJのライブでやるかも?ボツのままで終わってしまう可能性もありますが・・・(苦笑)

 今回は田口さんのMCも面白かったですが、米川さんのリアクションも面白かったり。田口さんがおかしい発言をする度に米川さんの表情にも注目していました。前からこんな感じだったっけ?
 
 次回のB×Bは現時点ではまだ未定といった感じですかね。来年の1月くらいを予定しているみたいですけども、また行きたいなぁ。でも、1月には同じく高田馬場でBonDenGanのライブがあるんですよね。う~ん、どうしようかな。

コメント

いつもライブレポ☆ありがとうございます♪
風のラリー(^^)聴きたかったな~
ベルベットタッチも!
田口さんとヨネチの会話って
ホントにイイ感じですよね(^-^)
かいしん君のレポを読んでるだけで
楽しげにお話しているお2人が浮かびました!

2014.09.24  yumiち  編集

>yumiちさん

コメントありがとうございます。

「風のラリー」も「VelVet Touch」も良かったですよ~。
やっぱりC-C-Bの曲っていいですよね。
米川さんも「風のラリー」を演奏した後、「この曲良いですね」と自画自賛していました(笑)

yumiちさんもB×Bのライブにいらっしゃって下さいね
レポを読む以上に楽しめると思います!

2014.09.25  かいしん  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.09.25    編集

遅くなりましたが…

B×Bのライブレポ、嬉しいです(≧∇≦)
ありがとうございました!!
もちろん行った事はありません(^_^;)

かいしんさんのブログで今迄のライブとの違いまで詳細に知る事が出来て、一緒にそこに居てるような気分になれて、読みながら一人ニヤニヤしてしまいましたww

アタシも田口さんのホムペのStardustMemoriesが大好きで毎日聞いてて、子どもの子守唄!?になってます^_^
田口さんの独奏会、あるなら行きたいです^_^

2014.09.30  kasuga  編集

>kasugaさん

コメントありがとうございます。

そう言って頂けるとライブレポを書いて良かったと思えます。
東京までお越しになるのは大変かと思いますが、これをきっかけにB×Bのライブの方も是非見に行ってほしいです。
爆笑間違いなしのライブですよ~(笑)

田口さんのHPにある曲は素敵な曲ばかりですよね。
どの曲も田口さんの優しさが溢れた曲ばかりで癒されます。
そんな優しいメロディーは確かに子守唄にするにはピッタリですね!

田口さんは前々から冗談で独奏会やろうかと言っていますが、本気で実現して欲しいですよね。
今度機会があれば本人に直接言ってみようかな・・・?

2014.09.30  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad