かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

米川英之 ~The Trio Tour~ 名古屋公演

2014.11.13

category : ライブレポ

 おはようございます。

 今月7日に米川さんのライブに行ってきました。
 場所は名古屋BLcafe。
 こちらはボトムラインの1階にあるライブハウスで以前まで名古屋HYPEという名前だったんですが、今年改装されて名前も変わり新たにオープンしたみたいです。
 名古屋HYPEは三野姫のライブで2回ほど行ったことがありましたが、BLcafeになってからは初めて行きました。正直名古屋HYPEの時に詳しく内装を見ていなかったので、どこがどう変わったのはよく分からないというのが本音です(苦笑)

 今回の米川さんのツアーは珍しく3人編成で行うというもの。メンバーは米川さんの他には永井敏己さんと長谷川浩二さんのお二人で、スゴいステージになることは間違いなしと思ってライブを見に行きましたが、期待以上のステージでとても楽しかったです。
 事前にこのメンバーのライブは爆音だという話を聞いていて、米川さんのライブを何度も見たことがある自分には大丈夫でしょうと油断していたら、想像以上の爆音だったのでビックリしちゃいました。米川さん側の席に座っていたからなのか分かりませんが、今までのライブで一番の爆音だったような気がしました。この3人は別名荒くれトリオ(1号は米川さん、2号は長谷川さん、3号は永井さんのようです)なんて呼ばれているみたいで、とんでもない爆音なのも何だか納得しちゃいました(笑)
 

 今回もライブレポを書きました。
 「続きはこちら」から読んで下さい。


<出演者>
米川英之(Vo、Gt)
永井敏己(B)
長谷川浩二(Ds)


<場所・ステージ>
名古屋BLcafe

DSC_0498.jpg

DSC_0497.jpg

1415355002015.jpg


<セットリスト>
(第一部)
ムーンスパイラル
どこにもいないよ
Soul
Night View 
トワニナレル
Reach Out 

(第二部)
Dance Of The Harlequin
Resistance
魂の歌
Getting Better
真夜中へ8マイル
Broken Wings

(アンコール)
奇跡


<演奏曲について>
 1曲目は『ムーンスパイラル』でスタート!1曲目からテンションの上がる曲でしたね。爆音のライブにはこういった激しい曲は最高ですね!でも最初のギターの音の大きさでビックリしちゃいました(笑)

 続く『どこにもいないよ』では永井さんのシャウトが飛び出していました!永井さんってシャウトするようなイメージを勝手に持っていたので何だか意外でしたね。

 『Night View』は永井さんの曲です。この曲では米川さんはギターではなくキーボードを弾くということで、永井さんのベースソロの後、米川さんがキーボードを弾き始めます。しかし、永井さんが「あれ?」と思った表情で米川さんをじーっと見つめていますが、米川さんはキーボードの位置的に永井さんに背を向ける形で弾いていたのでその目線に気づかず。たまらず永井さんが「ストップ!」という言葉をかけていました(苦笑)どうやらキーボードのチューニングが変わってしまったみたいです。キーボードで弾くのは大人しく諦めて、仕切り直してギターで弾くことになりました。何だかそんなハプニングが見れて、ある意味貴重でしたね。
 キーボードでやる場合とギターでやる場合とソロの場所が違ったみたいですけども、一瞬のアイコンタクトでそれができちゃうところがスゴイですよね。

 『魂の歌』はいつもアコースティックバージョンしか聴いていなかったので、バンドバージョンで聴けるのは新鮮でした。それにキーボードがない中で演奏されるというのも新鮮でしたね。米川さん本人も仰っていましたが、今回のセットリストで米川さんの曲で静かな曲ってこの1曲しかないんですね。

 『Getting Better』からは米川さんのマイクにあったペンライト(今年から物販で売られていますよね)を点けていました。どうやらこれがお客さんのペンライトを点ける合図みたいですね。米川さんがペンライトを使ったのは自分は初めて見たような気がします。

 本編最後は『Broken Wings』!SPECIAL GIGのライブの時同様に長谷川さん以外のメンバーが一旦退場されて、10分以上にも亘る長谷川さんのドラムソロがありました。見るのは2回目となりますが、やっぱりスゴイです。このドラムソロの時なんですけども、照明が激しく点滅していて、それがあまりにも眩しくてちょっとどうなのかなと思ってしまいました。お客さんの中でも何人か目を伏せている方もいらっしゃったので、その点がちょっと残念なような気がしました。
 この曲では米川さんが客席に乱入していて、自分の間近で結構長い時間演奏してくれたりして嬉しかったり。
 
 アンコールはお馴染みの『奇跡』!最後の曲なのでとても盛り上がりました!この曲でも米川さんが客席に乱入していて、ここではお客さんにギターを弾かせたりしていました。


<MC>
長谷川さん「BLcafeは初めてですね。上(ボトムライン)ではしょっちゅうやっているんですけども、
     スゴく良いじゃないですか。それに今日は気分がスゴく良いんですよ。
     何故かというと、(ドラムが)昨日もP社一昨日もP社で、だいたいP社なんですよね。
     稀にY社。ごくごく稀にT社。今日はそのごくごく稀でやって参りました!
     T社は良いね!僕の心にスコーンと入ってきます。T社は名古屋の会社なんですよね」
別にT社って遠回しに言わなくてもいいということになり・・・
長谷川さん「あっ、T社って言わなくても良いんだね!TAMA!
      それで、僕が使っているスティックも名古屋で作られているんですよね」

永井さん「今回は3日間ですね、大阪、神戸、そして今日と・・・」
米川さん「京都は行っていないかもしれないです」
永井さん「今日です、名古屋です。
    ・・・大丈夫ですか?ガソリンが既に入ってますからね」

永井さん「僕が聞いた話ではアコースティックのライブをやるために
    オープンしたという話なんですが、こんなでかい音で
    上に干渉するんじゃないかなって思いますが、そこは無礼講ということで!」

神戸では永井さんと長谷川さんは早めに会場入りしていたそうで・・・
永井さん「やる気満々ですからね。俺なんかシャウトの練習しまくっているんだから。
    今日なんてのど飴なんか舐めたりして」
米川さん「じゃあ次の曲いっちゃいますか」
永井さん「あれ・・・?」
米川さん「スイマセン、僕B型なんで・・・(笑)」

キーボードのトラブルで『Night View』の演奏が途中ストップして・・・
永井さん「え~っと、彼が酔っぱらっているわけではありません。
    これはキーボードのチューニングが変わっているパターンですかね」
米川さん「合わせたんですけどね?」
永井さん「多分その後音色を変えたでしょ?それが原因だと思われます」
長谷川さん「慣れないものを使うもんじゃないね」
永井さん「僕も半音や1音なら対応できるんですけども、あまりに違っていたので」

『Dance Of The Harlequin』の演奏終了後・・・
米川さん「難しい曲ですよね。でも永井敏己さんとのセッションでたくさん弾かせて頂いているので
    フレット見なくても弾けるようになっちゃった」
永井さん「素晴らしい!作曲者の私ですらフレット見ながら弾いてますからね」

長谷川さんの物販紹介で・・・
長谷川さん「今回のツアーには手持ちで3作品持ってきたんですけども、
      初日に『重たい思いをして持ってきたので重たい思いをして帰りたくない』と
      お願いしたら結構売れまして・・・」
米川さん「その手があったか!」
長谷川さん「泣きを入れると結構買ってくれるという・・・。今回2枚売れ残っているんですが、
      2枚持って帰るのは重いです。是非お願いします」

米川さん「このユニットは別名荒くれトリオと呼ばれておりまして、僕が1号ということになっていて
    2号は長谷川君、3号は取りまとめ役の・・・」
永井さん「そうじゃないですよ。音が一番小さいのが3号です」
米川さん「何を言うか!(笑)」
永井さん「米川さんには敵いませんよ。だって大阪の時に最後の方で
    つまみをイジってボリュームを上げているのを目撃しましたから」
長谷川さん「あれはでかかった!」
永井さん「もうビックリしました。途中で本人も戻していましたからね。
    で、2号は人力でね。1号がでかくなると2号もでかくなる。
    私は大人しく弾いています」


<総括>
 この米川さんのトリオツアー、この名古屋でのライブがツアー最終公演だったわけですが、最終日に相応しくとても盛り上がりました!名古屋って大人しい方が多いとよく言われていますが、この日のライブはいつも以上に盛り上がったのではないでしょうか。お客さんも多かったです。
 アンコールの『奇跡』が終わった後ももう一度アンコールを望む声も多かったんですけども、残念ながらステージに3人に現れることなくそのまま終了しちゃいました。最終日なのでサプライズがあるかななんて思っていましたが・・・。

 荒くれトリオの演奏も大満足で、ライブで耳鳴りがスゴくなったのは初めてでした。MCで永井さんと長谷川さんが何度も何度も「ヨネチ!」と叫んでいたのが面白かったです(笑)最後の方には「ヨネチ」ではなく「1号!」と叫んでいました。
 
 ライブハウスもスゴく良かったんですが、どうしても残念だったのが照明かなぁ・・・。『Broken Wings』での照明のチカチカは見ていてツラかったです。他のライブハウスでもそうだったのかな?

コメント

大阪、神戸の照明はそんなでもなかった様に思いますが。。。(^_^;)
ドラムソロ、めちゃくちゃ凄かったですよね☆彡
あの人力に連チャンしちゃいましたよ♪(^_^)

BLcafeに変わって。。。
以前は控室が会場入口から真正面の一番奥にあったんです。
だからステージに上がる出演者が客席を通らないと行けない状態。。。
それが控室からステージに入れる様になったみたいですね☆

以前控室だった場所も客席(?)になっていてソファーなんかが置いてありましたけど
ステージ見えるんだろうか?って思ってしまいましたがどうなんでしょう?
入り口あたりのクネクネ通路(?)も変わってましたね(笑)

爆音は会場が狭い場所(?)だと耳がキンキンしちゃいますよね(^_^;)
神戸での爆音は気持ちいい音になってましたよ~♪
爆音には変わりないんですけどね(^O^;)

2014.11.14  のの♪  編集

>のの♪さん

コメントありがとうございます。

照明の件・・・、名古屋だけですかね。
本当に眩しくて、気分を悪くする人もいらっしゃるんじゃないかなと思っちゃうくらいでした。
特に長谷川さんの大きな見せ場のドラムソロの部分だったので残念でした。

あっ、そうでしたね!
確かにHYPEの時は奥から英樹さんと義男さんが出てきた記憶があります。
控室からステージにすぐに出ることができるというのは出演者の方にとっても魅力的ですよね。
入口もスッキリした感じに変わっていましたね。
何だかあまりにスッキリしていたので、あれ?と一瞬思っちゃいました(苦笑)

今回の爆音はビックリしちゃいましたね。
大阪では米川さんが最後の方で思い切りボリュームを回していたという話を聞いて、どれだけの音を出していたのかと想像しただけでブルブルしちゃいます(苦笑)

2014.11.14  かいしん  編集

はじめまして

いつも楽しく拝見しています。

ドラムソロの目潰しライトの件ですが、名古屋だけだと思います。
チカチカまぶしいのでそれが気になって演奏が全然耳に入ってこなくて、とても残念でした。結構好みの日だったので、それはもう悲しくて。
それで、そう言えばボトムラインて、ドラムソロのライティング張り切るんだって思い出しました(苦笑)

三島はライティングが気になることは殆ど無いですね。
川口は凝っていましたが、特に1部は暗くてベースソロの時にもライトが当たらないような状態で、よく見えないぐらいでした。ドラムソロの時は、問題なかったような記憶があります。

ハプニングありで、とても楽しいライブでした。またツアーやって欲しいですね!

2014.11.14  Mignon  編集

>Mignonさん

コメントありがとうございます。

Mignonさんも名古屋のライブにいらっしゃっていたんですね。
あの照明は演奏に集中できなくなってしまって残念でしたよね。
あの照明もちょっとの間だけだったら良い効果だったのかもしれませんが、あまりにも長い時間チカチカしていたので、やりすぎではないかと思っちゃいました。

ライブハウスの照明なんてあまり気にしたことがなかったのですが、今回のライブをきっかけに照明の重要さに気づいたのかもしれません。
暗すぎるというのもまた考え物ですね。

来年もまたツアーやって欲しいです!
米川さんの違う曲も聴きたいですね。新しいアルバムも発売されるとのことでそのアルバムから何曲か演奏して欲しいかもしれないです。

2014.11.15  かいしん  編集

米川さん

ハード過ぎて大丈夫かなとビビってる自分がいて、いまだにCD購入すら躊躇してるという(^_^;)

でも、絶対ライブがいいと思うんでDVDは購入考えてるという矛盾してる自分がいます(^_^;)

だから、米川さんのライブむっちゃカッコいいんやろなぁと思う反面、生ライブはアタシにはハードル高い感じもあります(^_^;)

初が前夜祭になるのでドキドキしてます☆

2014.11.26  kasuga  編集

>kasugaさん

コメントありがとうございます。

そんなに構えなくても大丈夫だと思いますよ。
とりあえずDVDを購入してみて、米川さんのライブの雰囲気がどんなものか確認してみると良いかもしれないですね。
ひょっとしたら病みつきになる可能性もあるかもしれないですね(笑)
もしも抵抗があるなら、田口さんと一緒にやっているB×Bのライブを見てみるのも良いかもしれないですね。
こちらはアコースティックでゆるゆるなライブなので違った一面が見れるかも・・・?

2014.11.27  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad