かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

かいしんさん、今晩は。流石詳しいですね。忘れてた曲もあったので、思い出すことができました☺。有難うございます。懐かしいですね。ちなみに解散後は、どんな曲を演奏したのか、あまり覚えてないので、機会があったら、また教えて下さい。

2016.01.22  さーちゃん  編集

詳細を整理してまとめてくださってありがとうございます。
記憶の奥底のものが甦ってきました。
かいしんさんの頭の中ってどんだけC-C-B情報が詰まってるんだって感じです。

英語が苦手なので洋楽は全く興味がなかったですが
メンバーの口から聞いたり演奏された曲はやはり気になっていましたね。
当時はC-C-Bのものだけで精一杯だったので私はレンタルさえ手が出なかったですが
不思議と今よりずっと洋楽を耳にする機会があったように思います。
テレビも深夜になれば洋楽の番組があったと思うし
ラジオでももっと流れてたような気がするし街にも今より流れてた気がする。
年を重ねて触れる機会が減っただけかな?

写真をラミネートした商品が当時確か100円で売ってて
でももっと優先順位が高いものがたくさんあるからいつも後回しで買えなくて
レンタルもしないのにレンタル屋さんでグッズ眺めたり
友達との買い食いも我慢したりしてたな~なんて
そんな事まで思い出しちゃいました(笑)

2016.01.22  あき  編集

>さーちゃんさん

コメントありがとうございます。

解散後ですけども、たくさんの洋楽を演奏されていますね。
英樹さんは三野姫や三喜屋・野村モーター's BANDでオリジナル曲が出来るまでは
たくさんの洋楽をライブで演奏されていますね。
「We're an American Band」、「Knockin' on Heaven's Door」、
「Crossroads」、「Superstition」などなど・・・。
TANaBEでは主にビートルズの曲、B×BではRainbowの「Catch The Rainbow」が定番の曲として演奏されていましたね。
自分も把握していないところがあるので、まとめるのは難しいかもしれませんが、
解散後のことも記事にしてみるのも面白いかもしれませんね。

2016.01.23  かいしん  編集

>あきさん

コメントありがとうございます。

いえいえ、とんでもないです。
C-C-Bについてとっても偏った知識しかないので、
こういうものしか書けないです(苦笑)

僕も英語が苦手ということもあってか洋楽をあまり聴く方ではなかったんですけど、
やはりC-C-Bがきっかけで色々な洋楽を知ることが出来ましたね。
当時は今よりも洋楽に触れる機会が多かったんですね。
今もTVなどで洋楽が流れる機会が多いので、
聴きなれた曲もたくさんあったんですけど、
興味を持って手を出さない限りその曲のことを知る機会ってなかなかないですよね。

2016.01.23  かいしん  編集

好きな曲だらけ

かいしんさん、おはようございます。
洋楽の記事。好きな曲だらけで、ビックリしました。こんなに詳細にまとめてくれて、感激です。
C-C-Bは、改めてロックバンドなんだなぁ〜って感じてます。ディープパープルのハイウエイスターとか、王様ライブで演奏されていたのを知ったときは驚きました。が、C-C-Bの時にも演奏していたんですね^^;
今になって、どこをどう振り返っても、やっぱりC-C-Bは、凄いバンドで改めて好きなバンドだなぁと、しみじみ感じています。
不思議なくらい魅力的なバンドです。
貴重な記事をありがとうございました。

2016.01.27  みぐ  編集

>みぐさん

コメントありがとうございます。

「High Way Star」、王様ライブで演奏されていましたね!
何だか懐かしいですね。
個人的にはC-C-Bがカバーするロックな曲をもっと聴きたかったです。
4人のC-C-Bで洋楽を演奏する時、ヴォーカルは基本的に英樹さんだったようですが、
他のメンバーの方のヴォーカルでも聴いてみたいなという思いもあります。

2016.01.30  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

C-C-Bと洋楽

2016.01.16

category : C-C-Bと○○

 こんばんは。

 久しぶりに「C-C-Bと○○」について、書いてみようと思います。
 
 今回はC-C-Bがライブでカバーした洋楽を特集します。というのも、TwitterでC-C-Bがカバーした洋楽リストをアップしたところ、思った以上に反響があったので、今回記事にしてみてまとめてみようかなと思いました。

 C-C-Bはオリジナル曲がたくさんありますが、ライブでは洋楽を度々カバーしていました。
 元々、ココナッツボーイズはビーチボーイズをコンセプトとして作られたバンドということもあって、ビーチボーイズの曲をカバーしていたんですよね。それにココナッツボーイズのアルバムの中の曲にもカバー曲がありました(『カレン』や『バラバラ』など・・・)。
 C-C-Bになってからのライブでは基本的に自分たちの曲をやることが多くなり、洋楽をカバーすることも少なくなっていったんですが、関口さんが抜けて4人になってからは洋楽の中でもロックな曲を演奏する機会が増えました。やはりこれはバンドの中でもサウンドが変わっていったことによる影響なのかなと思ってしまいます。
 
 
 さて、ここで自分が知る限りなんですけども、C-C-Bがカバーした洋楽を載せてみます。

I Get Around(The Beach Boys)
Surfer Girl(The Beach Boys)
Barbara Ann(The Beach Boys)
Fun,Fun,Fun(The Beach Boys)
White Christmas(The Beach Boys)
High Way Star(Deep Purple)
Daydream Believer(The Monkees)
Long Tall Sally(The Beatles)
We're an American Band(Grand Funk Railroad)
The Loco-Motion(Grand Funk Railroad)
Hold On(Yes)



 では、カバーした洋楽を1曲ずつ解説していこうと思います。
 
『I Get Around』(The Beach Boys)
 Beach Boysのカバーということでココナッツボーイズ時代にカバーした曲ですね。ライブでカバーした音源は聴いたことがないんですが、当時のセットリスト(1984年)を見るとこの曲が載っていました。84年なので、ココナッツボーイズとしての曲が増えていく中でもセットリストに加えられていたということはカバー曲の中でも定番の1曲だったのかなと思います。
 しかし、翌年以降のセットリストではこの曲が確認できなくなってしまったので、演奏されなくなってしまったものと思われます。
 
『Surfer Girl』(The Beach Boys)
 この曲はココナッツボーイズ時代からC-C-Bになってからも歌っていたのでファンにはお馴染みの曲だと思います。
 アカペラで歌われていたので、コーラスを堪能できる曲となっています。この曲から『バイバイムーン』へと繋がるのが印象的なんですが、アカペラで美しいコーラスを聴いた後、『バイバイムーン』をしっとりと演奏する流れが好きでした。
 TVでも何度か歌われていましたが、86年10月2日に放送された「ベストテン」でも美しいコーラスを披露していました。

yogaku2.png

『Barbara Ann』(The Beach Boys)
 この曲もココナッツボーイズ時代から演奏していて、86年10月2日に放送された「ベストテン」でも披露していました。当時のセットリストを見ていると、この曲は本編最後の曲として演奏されることが多い印象を受けますね。
 何度かこのブログで取り上げていることなんですが、89年9月16日に放送された「Lo-D ライブコンサート」でこの曲を演奏した時の音源が大好きです!この日の放送は解散間近のC-C-Bに関口さんをゲストに加えて、久しぶりの5人での演奏ということで選んだのが『破れたダイアリー』とこの曲!ココナッツボーイズ時代から更に磨きのかかったC-C-Bの演奏力とソロになって多くの経験を積んだ関口さんの歌唱力、この二つが合わさった最高の『Barbara Ann』で、この曲だけ何度も何度も聴いてしまいます。

『Fun,Fun,Fun』(The Beach Boys)
 この曲も演奏される機会が多かったのでファンにとってもお馴染みの曲ですね。なのに、僕がTwitterでリストをアップした時にこの曲のことをド忘れしてしまい、抜けたままリストをアップしてしまったのがお恥ずかしいです。
 英樹さんの爽やかなヴォーカルがこの曲に合っていました。ココナッツボーイズ時代には関口さんがこの曲だけはリードギターを弾いていたみたいですが、出だしでミスが多くて、関係者一同ドキドキの一瞬だったとか・・・(苦笑)
 「Lo-D ライブコンサート」では井上堯之さんと一緒にセッションしたり、「ヤングスタジオ101」では荻野目洋子さん、長山洋子さん、松本典子さんと一緒に歌っていました。

yogaku3.png

『White Christmas』(The Beach Boys)

 クリスマスの曲ということで、クリスマスが近くなるとライブで歌われました。
 ライブではもちろん、TV番組でもアカペラで歌うことがありました。85年12月23日の「トップテン」ではC-C-Bからのクリスマスプレゼントということで、『空想Kiss』を演奏する前にこの曲を歌われました。田口さんはコーラスには参加せず、1人で動き回っていたのが何だか印象的ですが・・・(苦笑)

yogaku4.png

 それから20年以上経った2008年、この年に再結成したC-C-Bの12月のライブで久しぶりに3人の美しいコーラスで『White Christmas』が披露されたそうです。僕はライブに行き出す前だったので、このライブは生で見ることが出来なかったんですが、生で聴きたかったなぁ。ちなみにこの曲の後には『ゴールドコーストのクリスマス』も演奏されたんだとか・・・!

『High Way Star』(Deep Purple)

 86年9月12日に人気も絶好調だったC-C-Bがココナッツボーイズとして1日限りのライブを行ったんですが、そのライブで披露されたのがこの曲でした。それまで挙げてきた曲からガラッと雰囲気の変わるジャンルの曲ですよね。それもそのはず、英樹さん、笠さん、田口さん、米川さんにローディーの方を加えたちょっと変則的な形での演奏でした。その一方で関口さんはギターを抱えてフォークソングメドレーを披露したんだとか・・・。

『Daydream Believer』(The Monkees)

 この曲は思い出に残っている方も多いと思います。後に忌野清志郎さんのザ・タイマーズがカバーしてヒットさせていますが、その発売よりも前の87年4月のEASTのライブで演奏されました。このライブが脱退ライブということもあり、関口さんと英樹さんの2人でキーボードを弾きながらこの曲を歌いました。この2人並んでキーボードを弾く場面はEASTのライブの名場面の1つであると思います。

yogaku5.png

『Long Tall Sally』(The Beatles)

 4人になり、演奏する曲のサウンドにも変化が起こる中、こういった曲を演奏することもかつてのC-C-Bから変化したと感じるところがありますね。既に4人(+ローディーの方)で『High Way Star』を演奏したりしたので、その前兆はあったのですが・・・。この曲を選曲したのは英樹さんによる意思が大きかったのかなと思います。
 この曲はライブだけでなく、「Lo-D ライブコンサート」で井上堯之さんと一緒にセッションしたり、「土曜深夜族」でも演奏しました。

yogaku1.png

『We're an American Band』(Grand Funk Railroad)

 笠さんの休養期間中に英樹さん、田口さん、米川さんの3人でイベントに出演しなければいけないことがあり、その3人で名乗ったバンドの「アメリカンバンド」はこの曲が元ネタです。
 後にライブでも演奏する機会があり、「土曜深夜族」でも演奏しました。
 解散後も英樹さんが出演するライブで演奏する機会が多く、近年でも王様トリオのライブで演奏されました。何度か生で聴くことが出来ましたが、やはりC-C-Bでも演奏された曲が聴けるのは嬉しかったですね。

yogaku0.png

『The Loco-Motion』(Grand Funk Railroad)

 様々なアーティストやバンドがカバーしているこの曲、C-C-Bのライブでも演奏されていました。だいたい同じ時期にKylie Minogueさんがこの曲をカバーし、大ヒットしていましたね。
 その影響もあってか?、「Come on baby do the Loco-Motion♪」というコーラスもお客さんも一緒になって歌っていたようですね。

『Hold On』(Yes)
 この曲を演奏している音源は聴いたことがないんですが、ライブで演奏されていたそうです。
 Yesと聞くと、田口さんが選曲したのかなと思いますが(当時のファンの方たちもそう思っていたんだとか・・・)、実は米川さんが選曲したみたいです。


 上で触れた英樹さん、田口さん、米川さんの3人で作ったバンドの「アメリカンバンド」なんですけども、出演したイベントではやはり洋楽をカバーされたそうですね。米川さんが後に「すげー楽しかった」と語るくらいだったので、普段のC-C-Bのライブとはまた違った形で演奏できて、よっぽど楽しいステージだったんだろうなと思います。

 C-C-B解散後もメンバーそれぞれがライブで洋楽をカバーしていますね。挙げればたくさんありすぎてキリがないくらいですが、今でも思うのが王様トリオで演奏されていたというPoliceの『Message in a Bottle』を生で聴きたかったなぁと思ってしまいます。

 このPoliceもそうですし、ビートルズといい、TOTOやYesなど、メンバーが影響を受けたバンドに興味を持つなんてこともありますよね。僕もライブでメンバーの方々が演奏されているのをきっかけにして興味を持ち、CDをレンタルしたりして、そのバンドの曲を聴いたりしました。同じようにして洋楽について興味を持った方ってきっとたくさんいらっしゃいますよね。

コメント

かいしんさん、今晩は。流石詳しいですね。忘れてた曲もあったので、思い出すことができました☺。有難うございます。懐かしいですね。ちなみに解散後は、どんな曲を演奏したのか、あまり覚えてないので、機会があったら、また教えて下さい。

2016.01.22  さーちゃん  編集

詳細を整理してまとめてくださってありがとうございます。
記憶の奥底のものが甦ってきました。
かいしんさんの頭の中ってどんだけC-C-B情報が詰まってるんだって感じです。

英語が苦手なので洋楽は全く興味がなかったですが
メンバーの口から聞いたり演奏された曲はやはり気になっていましたね。
当時はC-C-Bのものだけで精一杯だったので私はレンタルさえ手が出なかったですが
不思議と今よりずっと洋楽を耳にする機会があったように思います。
テレビも深夜になれば洋楽の番組があったと思うし
ラジオでももっと流れてたような気がするし街にも今より流れてた気がする。
年を重ねて触れる機会が減っただけかな?

写真をラミネートした商品が当時確か100円で売ってて
でももっと優先順位が高いものがたくさんあるからいつも後回しで買えなくて
レンタルもしないのにレンタル屋さんでグッズ眺めたり
友達との買い食いも我慢したりしてたな~なんて
そんな事まで思い出しちゃいました(笑)

2016.01.22  あき  編集

>さーちゃんさん

コメントありがとうございます。

解散後ですけども、たくさんの洋楽を演奏されていますね。
英樹さんは三野姫や三喜屋・野村モーター's BANDでオリジナル曲が出来るまでは
たくさんの洋楽をライブで演奏されていますね。
「We're an American Band」、「Knockin' on Heaven's Door」、
「Crossroads」、「Superstition」などなど・・・。
TANaBEでは主にビートルズの曲、B×BではRainbowの「Catch The Rainbow」が定番の曲として演奏されていましたね。
自分も把握していないところがあるので、まとめるのは難しいかもしれませんが、
解散後のことも記事にしてみるのも面白いかもしれませんね。

2016.01.23  かいしん  編集

>あきさん

コメントありがとうございます。

いえいえ、とんでもないです。
C-C-Bについてとっても偏った知識しかないので、
こういうものしか書けないです(苦笑)

僕も英語が苦手ということもあってか洋楽をあまり聴く方ではなかったんですけど、
やはりC-C-Bがきっかけで色々な洋楽を知ることが出来ましたね。
当時は今よりも洋楽に触れる機会が多かったんですね。
今もTVなどで洋楽が流れる機会が多いので、
聴きなれた曲もたくさんあったんですけど、
興味を持って手を出さない限りその曲のことを知る機会ってなかなかないですよね。

2016.01.23  かいしん  編集

好きな曲だらけ

かいしんさん、おはようございます。
洋楽の記事。好きな曲だらけで、ビックリしました。こんなに詳細にまとめてくれて、感激です。
C-C-Bは、改めてロックバンドなんだなぁ〜って感じてます。ディープパープルのハイウエイスターとか、王様ライブで演奏されていたのを知ったときは驚きました。が、C-C-Bの時にも演奏していたんですね^^;
今になって、どこをどう振り返っても、やっぱりC-C-Bは、凄いバンドで改めて好きなバンドだなぁと、しみじみ感じています。
不思議なくらい魅力的なバンドです。
貴重な記事をありがとうございました。

2016.01.27  みぐ  編集

>みぐさん

コメントありがとうございます。

「High Way Star」、王様ライブで演奏されていましたね!
何だか懐かしいですね。
個人的にはC-C-Bがカバーするロックな曲をもっと聴きたかったです。
4人のC-C-Bで洋楽を演奏する時、ヴォーカルは基本的に英樹さんだったようですが、
他のメンバーの方のヴォーカルでも聴いてみたいなという思いもあります。

2016.01.30  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。