かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

「Zen Sing」について

2016.01.24

category : VoThM

 こんばんは。

 先日、VoThMの「Zen Sing」を購入しました。

o0800045013536052525.jpg

 発売からもう半年も経ってしまったので、本当にようやくという感じですね。

 こちらの記事でも触れましたが、このアルバムは一昨年発売されたベース型USBに収録されている4曲に中国でレコーディングされた6曲を収録したアルバムです。中国でレコーディングされた6曲はこのアルバムのために書き下ろされた曲ではなく、VoThMのライブで以前から演奏されていた曲になっています。なので、VoThMのファンの方からすると待望の音源化になるんですよね。

 既に何度もこのアルバムを聴いていますが、このアルバムで一番好きな曲は『ソドミスト』です。
 『ソドミスト』は僕が一度だけ見に行った英丸のライブで演奏されたんですが、その時に初めて聴いた曲でした。とてもカッコ良くて気に入ったんですが、まだ音源化されていないこともあって、聴くことが出来たのはそのライブでの一度きりでした。
 それから1年後にこのアルバムの中に『ソドミスト』が収録されることを知り、喜びましたね。英丸ではベースとギターだけなので、これにドラムが加わるとどうなるのかと期待しました。アルバムを聴くよりも先にヒデキファイナルでこの曲が演奏され、僕はここで初めてVoThMバージョンの『ソドミスト』を初めて聴くことになりました。なので、この曲を聴くとどうしてもこの時のことを思い出してしまいますね。ベースから始まるこの曲・・・、もう一度生で聴きたかったです。

 他にも『それじゃあのゴッホをちょうだい』もお気に入りですね。初めて聴く曲ではありましたが、この明るい曲調に何だか懐かしさみたいなものを感じてしまいました。何となく「Welcome」の中に入っても違和感がないなと思ったんですが、調べてみたら92年の時点で演奏されていたみたいですね。その時とはアレンジが変わっているかもしれませんが・・・。

 そして、過去に何度かレコーディングされたことのある『アワテヅイソゲ』もVoThMで新たにレコーディングされると聞いて、楽しみにしていた曲でした。SijiMiバージョンとは大きくアレンジを加えずに演奏されているので、違和感を感じることがなく聴くことが出来ましたね。

 このアルバムの収録曲を初めて見た時に『つまさきで蹴って』という曲だけ分からなくて、新曲なのかなと思っていたんですが、どうやら『そろそろ帰ろうよ』というタイトルで以前から演奏されていた曲のようですね。
 
 
 このアルバムはCDだけではなく中国でのライブが収録されたDVDも付いています。ちょこちょこっとだけ見てみたんですが、やっぱり悲しくなってしまいましたね。結局全部見ることなくDVDプレーヤーから取り出してしまいました。まだ最近の映像を見るには時間がかかるかな・・・?


 それと、最近まで知らなかったことなんですが、このアルバムにも収録されている『それぞれ』の歌詞は英樹さんではなくVoThMの4代目ドラマーのGENさんが書いたものなんですね。GENさんによると、この詞は英樹さんをイメージして詞を書いたのだそうです。この『それぞれ』についてのお話はGENさんのブログで読むことが出来ます。

 GENさんのお話が出たので、GENさんについてお話したいと思います。
 GENさんがVoThMのドラマーになった時期は僕もそれほど熱心にC-C-B関連の情報を追いかけていなかった時期でもありました。VoThMの3代目ドラマーの木村さんがドラムを叩けなくなり、VoThMとして活動が出来なくなった時まで把握していたんですが、ある時に英樹さんのブログを覗いたら知らない間にVoThMに新しいドラマーさんが入っていたという記事を見て、驚いた記憶があります。写真で見ると英樹さんよりもお若い方だったので、英樹さんとはどういうつながりなのか、それにどういう形でVoThMに加入したのか、ライブに行っていない僕は全く分かりませんでした。
 VoThMへの加入に至った経緯は分からないままだったんですが、GENさんがご自身のブログで英樹さんとの出会いからVoThMへの加入に至った経緯などを詳しく書かれていたのを見て、初めてどういった経緯で加入したのか知ることが出来ました。こちらから読むことが出来ます。

 GENさんがVoThMとして活動していた時期は短く、僕もライブに行く前だったのでGENさんがドラムを叩く姿を見ることは出来なかったんですが、実は一度だけお会いしたことがあります。それは一昨年の大阪でのVoThMのライブ。僕は恥ずかしがり屋なので、一言二言くらいしかお話することは出来ませんでしたが、お別れする時に「お気をつけて。またいらして下さいね」と優しく声をかけて頂いたことがとても印象に残っています。

 

コメント

かいしんさん、こんばんは。
私はこのDVDを正月休みに観まして、正月早々号泣する羽目になりました。。。渡辺さんの姿見ると嬉しくて、でも悲しくて…。今回の悲しみは、時間が経っても、いくら泣いても癒えないです。

GENさんのブログを見に行かせて頂きました!話の面白い方ですね(^-^)早速お気に入りにさせて頂きました!!教えて下さって、ありがとうございます。「それぞれ」も改めて聴いてみます♪

2016.01.25  たなか  編集

こんにちは。いつも楽しみに読ませて頂いています。
私もZen Sing、CDの方は何度も聞いています。かいしんさんのお話を読ませて頂いて、より楽しんで聴くことができ、うれしいです。
でもDVDはかいしんさんと同じく、途中でやめちゃいました。まだUSBも未開封のままです。声だけなら楽しく聴けるのですが、姿を見るとやっぱりまだ涙が...
GENさんのブログは時々読ませてもらっていました。どうして英樹さんとこんなに近い距離にいらっしゃるのかと思っていましたが、そういう方だったのですね。今からもういちど「それそれ」を聴いてみようと思います。

2016.01.25  ゆかP  編集

>たなかさん

コメントありがとうございます。

たなかさんはこのDVDをご覧になったんですね。
やっぱり僕はまだ見れていないですね。
見たことのない英樹さんの映像を見れるのって嬉しいことなんですけどね・・・。
本当にこういう映像を見ていると
どこかで生きているのではないかと思いそうになります。

GENさんのブログの英樹さんとの記事を見て、
知らない英樹さんを知ることが出来たと同時に新しい発見もありますよね。
「それぞれ」も今度は詞を意識して聴いてみて下さいね。

2016.01.30  かいしん  編集

>ゆかPさん

コメントありがとうございます。

DVDを見るのは少し苦しいですよね。
USBの映像を見た時は英樹さんが亡くなる前だったので楽しく見ることが出来たんですが、
こちらも今は見ることが出来ずに袋にしまったままですね。

GENさんについてはずっと知らない方のままだったので、
今回知ることが出来て良かったです。
「それぞれ」もまた違った印象でこれからは聴くことが出来ますね。

2016.01.30  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad