かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

英樹さんの一周忌

2016.07.13

category : 渡辺英樹

 こんばんは。

 今日は英樹さんの一周忌です。
 英樹さんが亡くなってから1年が経つことにもうそんなに経ってしまうのかという思いです。英樹さんが亡くなってから、その存在の大きさを以前よりも更に強く実感してしまう・・・、そんな1年だったように思います。

 英樹さんが亡くなったことを知ったのは去年の7月17日・・・、この時は英樹さんが亡くなったことは頭では分かっているものの、どこか実感がわかなかったところがあったのを覚えています。その翌月のヒデキファイナルを生で見て、そこで英樹さんがいなくなったことを実感して一気に感情が爆発しました。でも、その後も英樹さんはどこかで生きているんじゃないのかなと思ってしまう自分がいて、今もその思いが消えないです。やっぱり認めたくないという思いがあるんでしょうね・・・。

 今日という日だから・・・、下書きにしたままにしてあった1年前に書いた英樹さんについての記事を公開してみようかなと思います。とにかく書きたいこともまとまらないまま書いたので、とても中途半端な内容になっていますが・・・。

 今思えば自分がC-C-Bを好きになったのは英樹さんの存在がきっかけになったかもしれません。
 そもそも自分がC-C-Bを好きになったきっかけはC-C-Bの動画を見ていて、笠さん以外に他のメンバーの方もヴォーカルをとっていたことを知ったから。初めて見たC-C-Bの動画が「夜のヒットスタジオ」でシングルメドレーを演奏した時のもの。

h2.png

 『空想Kiss』で英樹さんが歌い出した衝撃は今でも忘れられません。当時中学生だった自分は「C-C-Bってドラムの人だけがヴォーカルをとっているバンドじゃないんだ!」と強く驚きを覚えました。
 それからベースという楽器の存在を知り、英樹さんの演奏を見てからベースのカッコ良さに気づきました。自分も英樹さんのようなベーシストになりたいと思ったことからベースを購入しました。英樹さんのように高い位置でベースを弾くのも真似したりしていましたね。残念ながらベースは挫折する形となってしまいましたが、英樹さんを目指してベースを練習していたのは自分にとってかけがえのない日々だったと思います。


 自分が中学生の頃、知り合いの方がVoThMのライブに行った時に「C-C-Bファンの中学生がいる」と英樹さんにお話してくれたみたいで、英樹さんは「だったら(ライブに)来ればいいじゃん」と仰っていたそうです。
 何だか英樹さんらしい言葉で思わず笑っちゃいました。「いつかその子がライブに来ることができると良いね」というありきたりな言葉じゃなくて、「だったら来ればいいじゃん」・・・。もちろん英樹さんの仰る通りなんですけどね。でも、いつか絶対にライブに行くぞという思いが強くなったような気がします。

 それから時が経ち大学生になり、バイトを始めたこともあり金銭的にも少し余裕が出てきたのでC-C-Bメンバーのライブに行くことができるようになりました。
 初めて生でライブを見ることができたのが一昨年のAJのライブ。終演後の握手会にも参加しました。「ようやくライブに来れましたよ!」なんてことを言えば良かったのですけれども、緊張で頭が真っ白になって英樹さんとは全然お話しできませんでした。でも、ずっと憧れていた人と握手できたのはものすごく嬉しかったです。そうそう、英樹さんの握手はギュッと力強い握手でしたね。

 ライブの楽しさを知り、英樹さんが出演するライブもたくさん見に行きました。AJ、王様トリオ、THE GATES、三野姫、TANaBE、小畑辺英吉、VoThM、英丸、そしてC-C-B。英樹さんが活動しているバンド、ユニットは全て見ることができたような気がします。それに自分が生でライブを見た回数が一番多いのも英樹さんでした。
 僕がライブに行き始めて2年ほどしか経っていませんが、その少ない時間の中でこれだけ英樹さんのユニットやバンドを見ることができたのが唯一の救いだったかもしれません。もちろん、まだまだ英樹さんのライブを見てみたかったというのが本音ですけども・・・。


 メンバーの方とお話しすることがあまりできない自分にとって、英樹さんと直接的な関わりは少なかったですが、一番印象に残っているのが一昨年のTANaBEのライブでの出来事。
 ライブのMCでC-C-Bの男性ファンはマニアックな人が多いという話題になり、ちょうど一番前の席に座っていた僕に対して「そうだよね?」と同意を求められました。突然のことだったので、ビックリしながらも僕は頷きました。
 ライブが終わり、僕が帰る時にちょうど英樹さんが出入り口にいたのでご挨拶をして帰ろうと思ったら、「マニアックだなんて言ってごめんね」と仰いました。こちらは全然気にしていなかったのに・・・。ファンにも心配りができる英樹さんの優しさに気づき、英樹さんの魅力がまた一つ分かったような気がしました。
 英樹さんは一見細かいことは気にしない方だと捉えられることもあるかもしれませんが、実際は誰に対しても優しく、心配りができる方なんですよね。英樹さんの人柄に気づいたのも自分がライブに行き始めてからだと思います。
 
 ライブの終演後にサインや握手、写真を一緒に撮ってもらうようにお願いした時も快く応じてくださいました。写真を撮るのは恥ずかしいのであまりお願いしたことはないんですが、そんな数少ない写真は大切な宝物です。


 英樹さんから頂いたものはたくさんあります。英樹さんの楽曲やライブを通じて力をたくさん頂きました。
 英樹さんが作った曲で『笑顔のままで』という曲があります。『愛の力コブ』からも元気を頂きましたが、自分はこの曲でも何度も励まされました。

 「いつまでも沈んでちゃダメさ あの頃に サヨナラで始めるヨ 僕の明日は晴れるね」

 「いつまで沈んでいるんだ」と英樹さんに言われている気がしますが、まだ「サヨナラ」は言えないです・・・。
 でも、これだけは・・・。英樹さん、本当にありがとうございました!



 最後は英樹さんへ感謝の言葉で締めくくられていますが、その気持ちは今も変わらないです。
 たくさんの思い出、たくさんの素敵な曲・・・、英樹さんには本当に感謝でいっぱいです。


 7月13日といえば、ファンキー末吉さんのお誕生日でもあります。
 思えば3年前の今日はAJのライブだったんですよね。

DSC_0041_convert_20130716184125.jpg

 こちらのライブは自分が生で見たAJのライブの中で特に良かったと思えるようなライブだったかもしれません。
 セットリストも自分好みでしたし、何よりもアンコールの『Romanticが歌えない』というシングルメドレーには大笑いしちゃいました。
 それに直前になってライブが見れなくなるかもしれないというトラブルも発生して周りの方にご迷惑をおかけしたこともあり、そんなこともあってかとても印象に残っているライブでもあります。

 
 そして、今日はよねまりゅのライブです。
 この記事を書いている今、ライブの真っ最中というところです。
 今頃盛り上がっているのかな、どんな曲をやっているのかな、そんなことをC-C-Bの曲を聴きながら考えています。

コメント

私も好きでした英樹。そして毎日youtube就寝前に見て、今日は何かコメントあるかなと開きました。もっともっと活躍姿見たかった。昨日カラオケ行きCCBの曲全部歌って来ました。車の中でCD毎日聞いているので歌えましたよ。もっと見たいな知りたいな。いつも心にCCB
忘れない。

2016.07.14    編集

英樹さん

こんにちは。
覚えてますかねぇ。以前、何度かコメントさせていただいたシャンパンゴールドです。
日付は変わりましたが、7月13日はきっとブログの更新されるだろうな、と思い拝見しました。
かいしんさんの穏やかな文章に癒されます。本当に20代?そう思ってしまうくらい、なんといいますか、落ち着いてらっしゃいますね。
英樹さんの人柄を表すようなエピソード、素敵ですね。
何で、あのタイミングで亡くなっちゃうの?と思ったり…。でも、亡くなったことをきっかけに、C-C-Bの、そして英樹さんのファンになりました。1980年代にタイムスリップして、その当時のコトを思い出します。うん、間違いなくC-C-Bは何となく気になる存在でした。ゴムくんが巣立っていく時のことは、雑誌でしっかりチェックしてましたから。
今年に入って…。ゴーゴーヒデキから1年の英樹さんの誕生日、熊本の地震、テレビや新聞で久しぶりに見かけた笠くん、田口さんの2度目の…。熊本で震度7の地震が起きた時は東京のホテルにおりましたが、何気に見たネットニュースの田口さんにショックを受けました。どうして?
長々と失礼しました。
これからもC-C-Bの曲、聴き続けましょう。沢山の素敵な作品を英樹さんは残してくれたのだから。
また覗きにきます。お元気で。

2016.07.14  シャンパンゴールド  編集

興奮して眠れません!

ご無沙汰しております。
かいしん君のブログに出逢ってから「おひとりさま参戦」、今夜のよねまりゅで6回目になりました。
私のように、しばらくファンを離れていた時間を埋めるようにDVDやCDを買ったり、ライブに足を運ぶ人が多いと思います。
かいしん君の2013年の初ライブのレポは、私、嬉しくて号泣しましたよ。

よねまりゅもチケット入手できました。かなり前の列でしたが端っこ過ぎてドラムと仮谷さんは全く見えず。(T-T)
笠さんは米川さんのギターで「I LOVE YOU 」を歌ってくれました。とてもキレイな声でした。
周りにこの嬉しさを分かち合える人がおらず、長々コメントしてしまいました。
かいしん君、ホントにどうもありがとう。

2016.07.14  グレコフ  編集

ご無沙汰してます

きっとブログが更新されると思ってやってきました。中学生の頃、ホントに大好きでした。
ラジオを聞いてて、いつの間にか時間が変わってしまいラジオ局に初めてハガキを出して問い合わせました。カセットテープを何度も何度も聴きました。英樹さんの声が一番好きでした。

改めて、なんて甘くかすれて切なくキュンとする声なんだって今更思います。

かいしんさん、また時々遊びに来ますね

2016.07.14  まるん  編集

よねまりゅライブの方、参戦してきました。

そして…昨日はヒデキさんの命日でもありましたね…。
そのこともあるのか昨日のよねまりゅのライブセットリストはまさにヒデキさんの事をいつも心に…忘れずに…という感じでしたね…。そして同時にライブ前に色々と不安だった気持ちが見事に払しょくされた…!…と思った楽しいライブでもありました。
後、既にツイッターにてかいしんさんにお伝えしていましたセットリストと感想ですが改めて特に気にいった曲と感想を書いておきますね。

Romanticが止まらないは去年の幻の再結成ツアーで出来なかったロックversion。更にライブ当日はファンキー末吉さんの誕生日でもあったので誕生日祝いも兼ねた楽しくも(ファンキーさんは関口さん及び田口さんのボーカルpartを担当されてました)カッコよくアレンジされていてよかったです。

Born in the 60's。本来はヒデキさんと米川さんのツインボーカル曲なのですがヒデキさんのpartをヒデキさんと同じく高音の笠さんが担当するかと思いきや…まさか歌いだしから米川さんが歌うとは思ってもいませんでした…。流石に全part全て米川さんが担当するとキーがきついので一部は笠さんが歌っていましたが米川さんの凄さと心意気を改めて痛感した曲でしたね…。
因みに僕の方は終盤の所を合唱していたのですが感極まって涙声になり歌えなくなってました…(涙)。…と、ちょっと話が脱線しましたが(汗)今回のライブでは一番自分が良かったなと思った曲でしたね~。

後、アンコールにて笠さんが歌うI LOVE YOUに、ヒデキさんの過去の音源と映像を使った信じていれば(こちらはヒデキさんの命日なのでもしかしたらこのversionが来るかなとある程度予想はできてましたが…)も実に良かったなと思いました。

他にも笠さんや米川さんのソロ曲等多数演奏され、スタンディング席でちょっと疲れちゃいましたがとても楽しい一日を過ごせました。

最後にいつになるかわかりませんが次回のよねまりゅライブの方行われることが決定しましたらまた参戦(次はチケットの方ゲットできるかわかりませんが・汗)したいなと思っています。
そして次はかいしんさんにも会えたら良いなと思っております。

2016.07.14  NIL  編集

素敵な思い出話をありがとうございます。
まだ気持ちをどこに持っていいのかわかりません。
私が中学の時にCCBは最盛期でした。
私はそんなに楽しい中学時代を過ごせなかったけど、でもその時の聴いた数々の歌のおかげで、そんなに悪い中学時代でもなかったと思い返すことができます。
亡くなったこと、まだ信じられません。
この世にいなくなって気づきました。とても大きな人でした。

2016.07.14  やまだ  編集

ヒデキ

英樹さんはいつも元気で明るくて、パワフルな人だな、というのが画面越しでも十二分に感じられる方でした。

最初は持ちまいの様子から少し誤解してました。ですがそののち、とても優しい気遣いなさる人柄だと気付きました。

残念なから私はご本人とは一度お会いに掛かることないままに、なってしまいました。

ですが、毎日毎日、音楽を聴いて来て

出会えてよかった、ファンでよかった、いつも思います。

コーラスも、ベーススタイルも大好きです。

英樹、音楽をありがとう。あるのは、その気持だけです。

2016.07.14  YNO  編集

誤字

前記の投稿、誤字が数箇所ある事に気づきました、

ご了承下さいませ。

2016.07.14  YNO  編集

こんばんは(^-^*)/よねまりゅ素晴らしかったです(//△//)私も最初からドキドキしていました。まさか毎晩悪夢が堕ちてくるからだったから。幻のセトリを再現してくれたのかと。ほんとうに素晴らしかったです。
米川さんの曲には特に思い入れのある歌もありました。まさか、これがって思ったのはアニメのようなABCでした(*´o)*ゞ
英樹さんのこと、少しずつ受け入れて
います。わたしなりに今できることを模索中です。

2016.07.15  しおりん  編集

>?さん

コメントありがとうございます。

仰る通り、7月13日という日には更新しないわけにはいかないと思い、記事を書きました。

英樹さんの活躍はもっともっと見たかったですよね・・・。
何度も書いていることですが、武道館で還暦ライブを行う英樹さんを見たかったです。

2016.07.15  かいしん  編集

>シャンパンゴールドさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

もちろんシャンパンゴールドさんのことは覚えておりますよ。
久しぶりにコメントを頂けて嬉しいです。

憧れの気持ちが強すぎて、ご本人を目の前にすると何も話せないため、
英樹さんとはあまりお話することが出来なかったのが残念です。
でも、英樹さんとの数少ない関わりの中でも
英樹さんの素敵な人柄を感じることが出来たのは良かったです。
きっと皆さんの英樹さんとの思い出の中にも
英樹さんの素敵な人柄を表すエピソードがあるのかなと思います。
これからも英樹さんの残した曲を聴き続けましょうね。

2016.07.15  かいしん  編集

>グレコフさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

あれからたくさんのライブに行かれているんですね。
このブログがグレコフさんのライブに行く背中を押すことが出来たことを光栄に思います。

人生初ライブというは本当に特別なものですよね。
ずっと会いたかった人たちにようやく会うことが出来たあのライブは今でも忘れられないです。

よねまりゅのライブも本当に素敵なライブだったようですね。
「I LOVE YOU」の笠さんの歌声、僕も聴きたかったです。

いつかはどこかのライブでお会いできると良いですね。

2016.07.15  かいしん  編集

>まるんさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

C-C-Bのラジオも良いですよね。
音楽もとても魅力的ですけども、
お喋りも上手いところもC-C-Bの魅力だと思います。
ラジオでは何度も笑わせて頂きました。
特に英樹さんの存在はラジオでも十分に感じることが出来ましたよね。

また遊びに来て下さいね。

2016.07.15  かいしん  編集

>NILさん

コメントありがとうございます。

セットリストを見ると、「トワニナレル」やVoThMの曲だったり、ラストの英樹さんの映像と合わせた「信じていれば」だったり、
随所で英樹さんのことを感じられるライブだったんですね。

「Romanticが止まらない」ではこの記事にも書いた
2013年の末吉のススメでの「Romanicが歌えない」を思わせるような展開もあったそうですね。
何だか楽しそうなやりとりを想像してしまいました(笑)

「Born in the 60's」の歌パートのほとんどを米川さんが歌ったというのはビックリですね。
どの曲も気になりますが、こちらも聴いてみたかったなと思ってしまいます。

またこのライブが来年も行われると良いですね。
ライブが行われたその時にはお会いできるのを楽しみにしていますね。

2016.07.15  かいしん  編集

>やまださん

コメントありがとうございます。

C-C-Bのおかげで・・・というのはありますよね。
実は僕も大学生活はあまり華やかなものではなかったんですが、
C-C-Bメンバーのライブに行くことが出来て、
自分の中ではとっても貴重で楽しい時間を過ごすことが出来ました。

亡くなったことは信じたくないですよね・・・。
でも、しっかりと前を向かなきゃなと思います。

2016.07.15  かいしん  編集

>YNOさん

コメントありがとうございます。

英樹さんは画面越しではストレートな性格で、
ズバッと物事を言われる方なのかなと思っておりましたが、
実際にお会いするとそんなことはなく、本当に優しい方でしたね。
この人のファンで良かったなと思えた瞬間でもありました。

2016.07.15  かいしん  編集

>しおりんさん

コメントありがとうございます。

よねまりゅに行かれた方のコメントをいくつか拝見しましたが、
本当に素敵なライブだったようですね。
あの曲からスタートしたのもやはり幻のC-C-Bのツアーの再現というところもあったんでしょうね。

「アニメのようなA.B.C」もまさかこのライブでやってくれるとは思わなかったですね。
どんな感じだったのか気になります。聴いてみたかったな。

2016.07.15  かいしん  編集

ご無沙汰してます!
英樹さんが亡くなって一年経って何だかあっという間だったような気がします
この日はココナッツボーイズ時代やシングルコレクション、解散時期にラジオでやってた公開ライブカセットに録音したのを聴いてました
英樹さんの歌声聴いてるといなくなってしまったなんて思えなくて涙腺が緩んでしまいます
実は出戻りファンで解散してから、VOTHMは知っていましたがそれもどんな活動してるかとは知らないでいて、ここ数年になってブログや
かいしんさんので沢山のユニットを組んでる事を知りました
恥ずかしながらCD持ってるのはVOTHMのZensingと三野姫のわすれもの5だけで…
聴いていてどうして知らずにいたのか後悔しました。そしてもっと今までのも聴きたくなりました!!
王様ライブ、群馬にも来て下さりその日は英樹さんのバースデーだった事もあり、盛り上がってとても楽しかったですが、前座で王様だけの時ヴァンヘイレン(あってるかな?)のジャンプの曲でジャンプに合わせて英樹さんが飛び跳ねているそんなお茶目な一面が見られました
(笑)
愛されキャラで明るい英樹さんもっともっといて欲しかった!
笠クンと米川さんを見守ってね
(長文すいませんでした)

2016.07.16  エメラルドグリーン  編集

>エメラルドグリーンさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

そうなんです、英樹さんはたくさんのユニットやバンドをされていたんですよね。
記事の中で挙げたもの以外にも過去には三喜屋・野村モーター'S BANDやSijiMi、WYなどなど
本当に数多くのユニットやバンドでライブをされていました。
その中でCDも何枚もリリースされていましたが、
ほとんどが現在は入手困難になっているのは悲しいですね。

群馬での英樹さんのバースデーライブ、自分も行きたいなと思っておりましたが、
都合がつかず見送ったライブだったと思います。
王様でやっている洋楽の曲以外にもC-C-Bの曲もやったりしたんですよね。
英樹さんが曲に合わせてジャンプしているのが何だか自分も想像が出来ちゃいます(笑)

2016.07.17  かいしん  編集

かいしんくんへ

ちょっとご無沙汰。
かいしんくんの英樹さんへの想いを読んでいたら泣けてきました。
かいしんくんがC-C-Bのファンになった頃、実際にライブに行ける時が来るのは長い長い時間がかかるな、って思ってたよ。そしてまた、かいしんくんがライブに行けるように(大学生)になった頃にはC-C-Bのメンバーはちゃんとライブしてくれてるかしら?な~んて心配もしてた(笑)
それが、AJで活動し始めて、解散後では最もC-C-Bに近い形でライブをやってくれるようになって・・・。そのタイミングでライブに行けるようになったかいしんくんはとてもラッキーだったよね。
ライブに行けるようになってからまだ数年だけど、たくさん行けてよかったね。

英樹さん、いなくなっちゃうの早すぎてぽっかり空いた穴がなかなか埋まらないんだけどね。
これからもよねまりゅとか英樹さんに関わる方々のライブで英樹さんの曲が聴ける機会があるといいな。
かいしんくんも行けるといいね。

2016.07.19  ななみ  編集

>ななみさん

こちらではお久しぶりです。
コメントありがとうございます。

あの頃は住んでいるところも住んでいるところだったので
余計にライブに行くことが出来ない環境でしたね。
それに1人で遠くへ行く勇気もなかったのでライブに行くことに躊躇していました。
大学生になり、名古屋で生活することをきっかけにして
ライブに行くことが出来るようになって本当に良かったです。
確かにタイミングでいうと、ちょうど良いところでライブに行くことが出来たんですね。
C-C-Bメンバーがこうして頻繁に集まってライブするのも
一昔前では考えられなかったことですもんね。

またライブで英樹さんの曲、C-C-Bの曲を聴きたいなと思います。
仕事の都合でライブに行くのが難しい状況にはなってしまいましたが、
行ける時には行きたいです。

2016.07.20  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad