かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

三喜屋・野村モーター's BAND フィルムライブ

2017.02.03

category : ライブ感想

 こんばんは。

 今月1日は渡辺英樹さんの57歳のお誕生日でした。
 英樹さん、お誕生日おめでとうございます!

 もう57歳なんだなと思ってしまいますね。ゴーゴーヒデキから2年ですもんね。
 ということは「ヒデキ還暦」まで後3年。この日には大きなイベントが行われて、皆さんで英樹さんの還暦をお祝いできたら良いですよね!


 その英樹さんのお誕生日の日には三軒茶屋グレープフルーツムーンで三喜屋・野村モーター's BANDのフィルムライブがありました。
 残念ながら僕は抽選で落ちてしまい、今回も諦めようと思っていました。しかし、ありがたいことにお誘いをして下さった方がいて、その方のおかげで行くことが出来ました。

20170201-1.jpg

20170201-2.jpg

 グレープフルーツムーンは過去には三喜屋・野村モーター's BANDでもライブをされたことがありますし、ここ数年の三野姫のライブではお馴染みの場所でした。
 東京の三野姫のライブには一度も行ったことがなかった自分にとっては今回が初めてのグループフルーツムーンでした。写真などでステージの雰囲気などは把握しておりましたが、やはり実際に行ってみてこうなっているんだと分かることもありますね。
 ここで三野姫はよくライブをされていたんだなぁなんてしみじみ思いながら会場内を見ていました。

20170201-3.jpg


 開演時間を少し過ぎた後、義男さんが登場されました。
 今回上映される映像の内容の説明と注意事項をお話されていました。この映像のDVD化をすることは出来ないということもお話されていたんですが、映像を見た後で納得しました。確かにこれはDVD化するのはかなり難しいなと。
 他にも義男さんとしてはこの映像を一緒に見ながら「あの時はこうだった」という風に解説して進行するやり方も考えていたそうですが、その方法は取らずに最初から最後まで一気に映像を見て自分の世界に入って頂きたいということを仰っていました。

 上映された映像は1時間半くらいでしょうか。時計を見て確認していなかったので正確な上映時間までは分からなかったんですが、だいたいそれくらいだと思います。
 三喜屋・野村モーター's BANDの歴史がギュッと詰まった映像でした。中にはえっ、そうなんだ!と初めて知ることもあったりして。
 内容について具体的に書きたいことも色々あったのですが、義男さんから「映像の内容については書かないで欲しい」という発言があったので、どういった映像があったのかについては書けません。
 でも、義男さんが上映後に「今回の反響を受けてこの映像でツアーを回りたい」、「たくさんの人にこの映像を見てもらいたい」と仰っていましたので、おそらく近いうちにフィルムライブツアーが行われるのではないでしょうか。
 無事に実現したその時にどんな内容の映像だったのか確認して頂ければと思います。

 映像の上映が終わった後は義男さんが再び登場し、今後の予定などをお話されていました。
 義男さんが所持している音源を集めて、三野姫のお喋りだけのCDを作る予定だということと、この映像を持ってツアーを回る予定だということの2つです。
 この時に義男さんも色々と思うことがあったのか、涙を堪えながらお話されていました。

 ここでサプライズが・・・。
 「三喜屋・野村モーター's BANDということでこの人も来てくれました」という義男さんの言葉の後に、三喜屋・野村モーター's BANDのドラマーの五十嵐公太さんが登場しました!
 三喜屋・野村モーター's BANDだったら五十嵐さんもゲストで登場されたら良いのになぁなんて期待をしているところがありましたが、まさか本当に登場されるとは!五十嵐さんのお姿を生で見るのは初めてだったので感動しちゃいました。
 「三喜屋・野村モーター's BAND、これからどうしますか?何かやりますか?」という義男さんの問いに、「もちろんですよ!」と五十嵐さんが力強く答えていました。今後の三喜屋・野村モーター's BANDの活動に期待しちゃいますね。このバンド名が付けられた経緯などを知ると、このバンドの名前をこれからも残して欲しいと思いました。
 他にも自分が座っていた位置からはちゃんと確認は出来なかったんですが、かつて三喜屋・野村モーター's BANDのライブに出演された方も見にいらっしゃっていたそうです。

 今回のライブ、本来の予定では演奏はないということでしたが、この日だからということで義男さんと五十嵐さんの2人で三野姫の『Happy Birthday』を演奏されました。いつもはライブを見に来たお客さんに向けて披露していた曲ではありますが、今回はもちろんあの人に向けて歌いました。「渡辺英樹にHappy birthday to you♪」
 義男さんはこの曲をやる前から少し涙ぐんでいたんですが、この曲を演奏する時には涙を堪え切れなくなっていました。この曲をやることだけでも泣けてしまうのに、泣いている義男さんにもらい泣きして、僕はボロボロ泣いちゃいました。

 最後には三野姫のライブ音源を乗せたスライドショーを公開してくれました。
 そのライブ音源は何の曲だったのかは書かないでおきますが、この曲もスゴく良かったです。そうか、三野姫ではこの曲もやっていたんだな~なんて。英樹さんが歌った曲なんですけども、こういった曲を歌う英樹さんも良いなぁと思いながら聴いていました。これからこの曲を聴く度に思い出してしまいそうです。

 締めの言葉として義男さんは「これからもみんなに英樹を届けたいと思います」と涙を堪えながらお話されていました。
 去年発売された「わすれもの5」もそうですし、今年はこうした機会を設けて頂いて、更にこれからも英樹さんの声や歌を届けて頂ける・・・、英樹さんのファンとしてはこれほどありがたいことはないですよね。


 去年は行けなかった分、今年はこの日この場所に来ることが出来て本当に良かったです。
 誘って下さった方にその時に直接お伝えしましたが、この場を借りて改めてお礼をします。誘って下さってありがとうございました!
 このライブの中で義男さんは「映像の内容には触れないで。でも、今日のことはネットなどでドンドン書いて欲しい」と仰っていました。ということで、自分もこうした形で色々と書いてみました。
 去年に続いて今回のライブも倍率が高くて、行きたくても行けなかったという方もたくさんいらっしゃったという話なので、行けなかった方に少しでも伝わったら良いなと思います。

コメント

よかったですね(*^^*)

かいしんさん
フィルムライブ行けて、本当によかったですね(*^^*)
ツアーが開催されたら是が非でも行きたいな!と思ったくらい、伝わりましたよ〜(≧∇≦)
ヒデキ還暦ライブ、実現したらいいなぁ…と思っています(*^^*)

2017.02.04  ちあき  編集

ありがとう♪

仕事忙しいのに、こんなに早く書いてくれるとは‼
ありがとう♪
義男さんが英樹さんを大切に思っている気持ちが伝わってくるね。
私も観たい(o^-^o)

7月は会えるかな?
楽しみにしてるよ♪
31日はお気遣いありがとうね‼

2017.02.05  香江  編集

ありがとう

かいしんくん、レポ本当にありがとう。
かいしんくんの丁寧な文章、とても好きです。
いつもありがとう

2017.02.05  あやとも  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.02.05    編集

良かった

こんばんは
かいしんくん、フィルムライブ参戦出来たのですね!羨ましい~
義男さんの「英樹を届けたい」この言葉で、また英樹さんに会えるっと嬉しく思いました。

かいしんくんのレポで、ライブの雰囲気が伝わってきました。ありがとうございます!

2017.02.06  s  編集

>ちあきさん

コメントありがとうございます。

落選メールが来た時は相変わらず自分のくじ運のなさにガッカリしちゃいましたが、
こうして行くことが出来て本当に良かったです。

ちあきさんがお住まいのところにもツアーがあると良いですね!
そして、「ヒデキ還暦」ライブも・・・!

2017.02.06  かいしん  編集

>香江さん

コメントありがとうございます。

感想の方は仕事の合間をぬってちょこちょこと書いていたので
割と早めに記事をアップすることが出来ました(笑)

義男さんの英樹さんへの思いがライブを通して伝わってきただけに
英樹さんは何でこんなに早く旅立ってしまったんだろうと思ってしまいました。
もっともっと2人で笑いながら曲作りやライブをして欲しかったなぁ。

7月は仕事のこととかチケットのこととか色々考えていると
本当に自分が行けるのか少し不安になってしまいますが、
行けると信じています!

2017.02.06  かいしん  編集

>あやともさん

コメントありがとうございます。

わ~、そう言って下って嬉しいです。
前みたいになかなか時間がないですし、書くのが大変なので
以前みたいに詳しいレポは書けなくなっちゃいましたが、
こうして喜んで頂けることは書いたかいがあったと思います。
ありがとうございます!

2017.02.06  かいしん  編集

>sさん

コメントありがとうございます。

知り合いの方のご厚意により行くことが出来ました。

義男さんのお気持ちには本当に嬉しくなりますよね。
義男さんもお忙しいので三野姫のお喋りだけのCDを制作するには
まだまだ時間がかかるとのことでしたが、
英樹さんの声にお会いできる日が今から楽しみです。

2017.02.06  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad