かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.02.09    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

4年前の話とVoThMについて

2017.02.09

category : VoThM

 こんばんは。

 今月2日に人生初めてライブに行った日から4年が経ったことをTwitterに書き込みしました。
 僕が初めて行ったライブはAJ -米田渡-のライブ。Let's Go Climaxツアーの名古屋でのライブでした。
 その時の感想(レポ)はこちらにも書きましたが、中学生からの憧れの人を生で見ることが出来た上に握手やサインまでして頂いて、本当に思い出深い1日となりました。
 それにライブ自体が初めてだったものですから、ワンドリンク制って?席はどこへ座ればいいの?と分からないことだらけでしたね。今じゃもうライブに行った回数が50回を越えてしまったので、そうした分からないことによる戸惑いはあまりありませんが、そうした戸惑いは人生初めてのライブだからこそですよね。

 Twitterといえば、実は「かいしん」の名前でTwitterを始めたのも4年前のこの時期でした。




 もともとTwitter自体はそれよりも1年くらい前に始めてはいたものの、完全にプライベートのアカウントでした。C-C-Bのことをつぶやくのだったら分けたいという思いがありましたし、ライブに行けるようになったことからたくさんのC-C-Bファンの方と交流できたらなという思いから「かいしん」という名前でTwitterを始めました。
 その頃のつぶやきを遡って見てみたら、あ~こんなこと思っていたんだと改めて確認することが出来てなかなか面白かったです。このブログの中でもその時々の思ったことなどは書いてはいますが、Twitterの方がやはり気軽に書けるということから、その時々の思いというのはよりハッキリと表れているように思います。
 今でこそTwitterでつぶやく機会は少なくなってしまいましたが、この頃はちょこちょことつぶやいていたんですね。

 そうだったなぁと思ったのが、それまで英樹さんのことを「渡辺さん」と呼んでいたんですが、「英樹さん」と呼び始めるようになったのもこの時期でした。
 今ではもう「渡辺さん」という呼び方に違和感しか感じないくらい「英樹さん」という呼び方がしっくりきています。


 話は変わりまして、丸山さんのお話。
 現在ファンキー末吉さんが中国で活躍されているミュージシャンの方と一緒にツアーをされていて、そのツアーに丸山さんがゲストで参加されているんですよね。
 ツアー自体は6日から19日まで全国各地で毎日ライブをされているわけですが、丸山さんとしては昨日の高田馬場音楽室DXのライブで前半戦が終了して、後半戦は15日から19日までといった感じになるようです。

 17日には名古屋でライブを行うということなので、見に行きたいなと思っています。丸山さんがライブで名古屋にいらっしゃるのはひょっとすると2009年のVoThMツアー以来・・・?ちゃんと調べていないのでハッキリとは分かりませんが、しばらく名古屋には来ていない印象があります。
 予定では2015年の秋にVoThMの「Zen Sing」のレコ発ツアーで名古屋に来るはずだったんですが、残念ながら実現しなかったので、名古屋で丸山さんの演奏が見れるのは嬉しいです。
 聞いた話によると、ファンキーさんと丸山さんが揃うということでVoThMの曲も演奏されているそうですね。名古屋ではどんな曲が演奏されるか楽しみです。
 問題は無事に行けるか・・・。その日は仕事があるので仕事が終わった後にライブ会場へ向かう形になります。開演時間を考えると余裕で間に合うはずなんですが、この日に限って仕事が遅くなるかもしれないです。まだ確定ではないので何とも言えないですが、ライブに間に合いますように!


 それと丸山さんは今年から英樹さんの月命日である13日に、「VoThM BEST」に収録されている曲の感想や思い出などを書きたいということを去年仰っていました。

vothmbest.jpg

 第1回目となった先月13日には曲の感想ではありませんでしたが、VoThM結成の経緯について書かれていました。

 こちらを読んで初めて知ることもありました。
 VoThMのオリジナルメンバーの英樹さん、丸山さん、田中さん・・・、この3人が初めて集まって音を合わせた曲の1曲がThe Policeの『Message In A Bottle(孤独のメッセージ)』が入っていたのが興味深かったり・・・。VoThMとしても後にライブなどにおいて何度も演奏されることになる曲ですよね。The Policeも3ピースバンドでベーシストがヴォーカルをとったりと、VoThMがイメージするバンドの方向性としてはこのバンドが真っ先に浮かんできたのかなと思います。

 それと、初期にレコーディングされた曲に英樹さんが作曲した曲が少ないのは、VoThMが動き出した時にまだ英樹さんがC-C-Bとしての最後のツアーをやっていて、その間に曲作りは丸山さんと田中さんが行っていたからなんですね。
 田中さんが作る曲に関して、英樹さんはあるインタビューの中で、当時の自分にとってスゴく新鮮だったことをお話されていました。こういうことも新たに違う人とバンドを組むことの醍醐味なのかもしれませんね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.02.09    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。