かいしんのMUSIC

C-C-Bファンのブログです。

桜前線真っ盛りー!

2017.04.06

category : C-C-B

 こんばんは。

 30年前の今日はよみうりランドEASTでC-C-BのTOUCH AND GOツアー最終日が行われた日でした。
 そのツアーをもって関口さんがC-C-Bを脱退するということで、この最終日が関口さんがC-C-Bとしての最後のライブになった日なので、C-C-Bにとっては大きな節目となった日でもあります。
 この時のライブの模様は映像化されていて、C-C-BのDVDBOX(Disc1に収録されてある「LIVE ON C-C-B」です)でも見ることが出来ます。

19870406-1.png

 このライブといえば、英樹さんが曲前に叫んだ「桜前線真っ盛りー!」や、『冒険のススメ』前の英樹さんのMCの中で「ステージが広く感じたら俺関口のことを思い出すと思います。だからみんなで歌ってあげて下さい。冒険のススメー!」など印象に残る言葉が多いライブなんですよね。
 僕の中で好きなシーンといえば、『冒険のススメ』のイントロが始まった時の関口さんの表情。

19870406-2.png

 涙を堪えながらも前を向こうとする関口さんの表情がこれから1人で活動を行っていくことへの決意も感じることが出来て、スゴく良いシーンだと思います。
 他には『破れたダイアリー』で関口さんが歌っている傍に駆け寄って英樹さんと米川さんがコーラスしているこのシーンなんかも好きですね。

19870406-3.png


 それと「PATiPATi」で記事を書いていた森田恭子さんがパーソナリティーを務めている「おとといラジオ」で、C-C-Bの『元気なブロークンハート』が流れました。
 その時の放送は番組4年目を記念して、森田さんの仕事の原点といえる大沢誉志幸さんと、森田さんが当時音楽ライターとして取材をしていた方たちを取り上げる内容でした。「PATiPATi」ではC-C-Bの記事を森田さんが担当していたので、そのことから今回取り上げられたようです。
 C-C-Bの数ある曲の中で『元気なブロークンハート』を選曲した理由として、この曲が発売された頃にC-C-Bの記事を担当するようになったからだそうですね。「PATiPATi」のC-C-Bの記事といえば、森田さんという図式が自分の中では成り立っていて、最初から最後まで森田さんが書いていたという認識が知らず知らずのうちにありました。そんなこともあってか、何だか意外に感じちゃいました。
 曲をかけた後の森田さんが「私の中ではいつまでも素敵なC-C-Bがいます」とコメントされていたのが嬉しかったです。
 3年前の「おとといラジオ」に英樹さんと笠さんがゲスト出演されましたが、その時にも森田さんが今でもC-C-Bを大切に思ってくださっていることが改めてよく分かりました。色々なことがあった今でもそうした気持ちを持ち続けてくださっているのが余計に嬉しかったり。


 明日は笠さんのソロライブです!一体どんな曲が演奏されるのか、珍しい曲が演奏されたりするのか、楽しみですね。

コメント

かいしんさんの記事を読みまして、もう一度DVD見ようかなと思いました(≧∇≦)
今年の桜が完全に散る前に英樹さんのお叫びを耳に焼き付けようかなと(*^^*)

笠さんのライブは楽しめましたか?
またブログ楽しみにしてますね(*^^*)

2017.04.11  ちあき  編集

>ちあきさん

コメントありがとうございます。

このEASTの映像、良いですよね。
記事の中でも触れましたが、
良いシーンがたくさんありますし、
演奏している5人の姿はやっぱりカッコ良いです。
暇な時間があれば見てみて下さいね。

笠さんのライブはとても楽しかったです!
また感想の方をアップしますね。

2017.04.12  かいしん  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

Author:かいしん
[年齢]
24歳
[住んでいる所]
名古屋

80年代を代表するバンドC-C-Bの
魅力にとりつかれたのが中学生の頃。
あれから約10年が経ちました。

C-C-Bを愛する気持ちは今も変わらず。
これからも応援していこうと思います。
いつも心にC-C-B!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索

Copyright ©かいしんのMUSIC. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad